2020年版 化粧品マーケティング総鑑

当調査は、化粧品関連企業における化粧品の取扱い実態と、各社の市場戦略を調査、分析することにより、化粧品市場の現状把握と今後を展望することを目的とする。

発刊日
2020/09/25
体裁
A4 / 742頁
資料コード
C62112400
PDFサイズ
9.4MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 742頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「目次をダウンロード」「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象製品:スキンケア化粧品、メイクアップ化粧品、ヘアケア化粧品、フレグランス化粧品、男性用化粧品
調査対象流通:制度品流通、一般品流通、訪販品流通、通販品流通、直販品流通、業務用流通
調査対象先:化粧品ブランドメーカー、受託製造・OEM 企業、輸入商社、化粧品原料メーカー・商社
調査方法:直接面接調査、電話調査を実施
調査期間:2020年6月~2020年9月

調査結果サマリー
Close

化粧品市場に関する調査を実施(2020年)
新型コロナウイルスによるインバウンド需要減少、外出自粛や行動制限などに伴う国内需要縮小により、市場はほぼ横ばいの推移に
​~2019年度の国内化粧品市場は前年度比100.0%の2兆6,480億円~

資料ポイント
Close

  • 2019年度化粧品市場のトレンドを徹底調査、ウイズコロナ・アフターコロナのトレンドを予測
  • 有力ブランドメーカーの研究開発戦略・生産戦略を調査、今後のトレンドと構造変化を展望
  • 各流通(制度品・一般品・訪販品・通販品・直販品・業務用)の2015~2024年度の市場規模・予測を掲載
  • 各カテゴリー(スキンケア・メイクアップ・ヘアケア・フレグランス・男性用)の2015~2024年度の市場規模・予測を掲載
  • 2019年度各カテゴリー(スキンケア・メイクアップ・ヘアケア・フレグランス・男性用)のメーカーシェアを掲載
  • 2019年度各流通(制度品・一般品・訪販品・通販品・直販品・業務用)のメーカーシェアを掲載
  • 化粧品市場関連基礎データ(工業統計、化学工業統計、家計調査)を分析
  • 有力原料メーカー・商社(3社)、有力受託メーカー(3社)を、有力容器メーカー・ディーラー(3社)を調査、化粧品産業のサプライチェーンのトレンドを俯瞰
  • 有力卸売業(4社)・有力小売業(10社)を調査、化粧品小売市場のトレンドを俯瞰
  • 有力ブランドメーカー(43社)・有力業務用化粧品メーカー(3社)のマーケティング戦略を研究分析
  • <前回版との違い>アフターコロナ、ウイズコロナ時代における化粧品市場の構造変革を徹底予測

資料概要
Close

第Ⅰ章 化粧品市場の総論
第Ⅱ章 製品カテゴリー別の市場動向分析
第Ⅲ章 流通ルート別の市場動向分析
第Ⅳ章 有力参入企業のマーケティング戦略(69 社)
第Ⅴ章 化粧品関連基礎データ分析

リサーチ内容

調査結果のポイント

第Ⅰ章 化粧品市場の総論

1.2019年度日本の化粧品総市場
  (1)化粧品の市場規模推移(2015~2019年度)
  (2)化粧品の地域別市場構成比(2019年度)
  (3)化粧品市場のメーカーシェア(2019年度)
  (4)化粧品総市場のメーカーシェア一覧(2019年度)
2.化粧品市場の今後の方向性と見通し
  (1)化粧品市場の市場見通し
  (2)化粧品の市場規模予測(2020~2024年度)
3.アフターコロナ、ウイズコロナ時代の化粧品市場の展望
  (1)生産でのデジタル化が進展
  (2)EC の台頭とオムニチャネル化の進展、ライブコマースが
    メインストリームに
  (3)店舗のデジタル化の進展
  (4)マイクロインフルエンサー・マーケティングの台頭
  (5)D2C(Direct to Consumer)戦略で新規参入するメーカーの増加
  (6)マスク着用・テレワークを前提とした商品開発の進展
4.化粧品市場の注目動向
  (1)2019年の化粧品輸出総額は前年比109.4%の5,757 億円に拡大
  (2)アフターコロナ、ウイズコロナ時代への対応を図る化粧品業界
  (3)大手メーカーのSDGs への取り組みが活発化
  (4)チャネル、ターゲット層、価格帯の広がりで注目集める
    敏感肌化粧品
  (5)価格帯・チャネル・ターゲット層の拡がりにより
    ‘シワ改善’化粧品が市場を席巻
  (6)デジタル化を背景に細分化する需要への対応策として
    注目集める‘パーソナライズ化’
  (7)クリーンビューティーの観点から注目集める自然派・
    オーガニック化粧品市場
  (8)多様化するストレスをケアするストレスケア化粧品に注目集まる
5.化粧品メーカーの研究開発戦略
6.化粧品メーカーの生産戦略
7.化粧品受託製造市場の動向
8.化粧品原料市場の動向
9.化粧品容器市場の動向
10.化粧品卸の動向
11.ドラッグストアの化粧品戦略

第Ⅱ章 製品カテゴリー別の市場動向分析

1.化粧品の製品カテゴリー別市場
  (1)製品カテゴリー別市場構成比(2019年度)
  (2)製品カテゴリー別市場規模推移(2015~2019年度)
  (3)製品カテゴリー別市場規模予測(2020~2024年度)
2.スキンケア市場
  (1)スキンケアの市場概況
  (2)スキンケアの市場規模推移(2015~2019年度)
  (3)スキンケアのメーカーシェア(2019年度)
  (4)スキンケアのメーカーシェア一覧(2019年度)
  (5)スキンケアの製品別市場規模(2019年度)
  (6)スキンケアの市場見通し
  (7)スキンケアの市場規模予測(2020~2024年度)
3.メイクアップ市場
  (1)メイクアップの市場概況
  (2)メイクアップの市場規模推移(2015~2019年度)
  (3)メイクアップのメーカーシェア(2019年度)
  (4)メイクアップのメーカーシェア一覧(2019年度)
  (5)メイクアップの製品別市場規模(2019年度)
  (6)メイクアップの市場見通し
  (7)メイクアップの市場規模予測(2020~2024年度)
4.ヘアケア市場
  (1)ヘアケアの市場概況
  (2)ヘアケアの市場規模推移(2015~2019年度)
  (3)ヘアケアのメーカーシェア(2019年度)
  (4)ヘアケアのメーカーシェア一覧(2019年度)
  (5)ヘアケアの製品別市場規模(2019年度)
  (6)ヘアケアの市場見通し
  (7)ヘアケアの市場規模予測(2020~2024年度)
5.フレグランス市場
  (1)フレグランスの市場概況
  (2)フレグランスの市場規模(2015~2019年度)
  (3)フレグランスのメーカーシェア(2019年度)
  (4)フレグランスのメーカーシェア一覧(2019年度)
  (5)フレグランスの市場見通し
  (6)フレグランスの市場規模予測(2020~2024年度)
6.男性用化粧品市場
  (1)男性用化粧品の市場概況
  (2)男性用化粧品の市場規模推移(2015~2019年度)
  (3)男性化粧品のメーカーシェア(2019年度)
  (4)男性用化粧品のメーカーシェア一覧(2019年度)
  (5)男性用化粧品の製品別市場規模(2019年度)
  (6)男性用化粧品の市場見通し
  (7)男性用化粧品の市場規模予測(2020~2024年度)

第Ⅲ章 流通ルート別の市場動向分析

1.化粧品の流通ルート別市場
  (1)流通ルート別市場構成比(2019年度)
  (2)流通ルート別市場規模推移(2015~2019年度)
  (3)流通ルート別市場規模予測(2020~2024年度)
2.制度品流通
  (1)制度品流通の市場概況
  (2)制度品流通の市場規模推移(2015~2019年度)
  (3)制度品流通のメーカーシェア(2019年度)
  (4)制度品流通のメーカーシェアランキング一覧(2019年度)
  (5)制度品流通の市場見通し
  (6)制度品流通の市場規模予測(2020~2024年度)
3.一般品流通
  (1)一般品流通の市場概況
  (2)一般品流通の市場規模推移(2015~2019年度)
  (3)一般品流通におけるチャネル別動向
    ①一般品流通におけるチャネル別市場構成比(2019年度)
    ②ドラッグストアルートの市場規模推移(2015~2019年度)
    ③量販店の市場規模推移(2015~2019年度)
    ④CVS の市場規模推移(2015~2019年度)
  (4)一般品流通のメーカーシェア(2019年度)
  (5)一般品流通のメーカーシェアランキング一覧(2019年度)
  (6)一般品流通の市場見通し
  (7)一般品流通の市場規模予測(2020~2024年度)
4.訪販品流通
  (1)訪販品流通の市場概況
  (2)訪販品流通の市場規模推移(2015~2019年度)
  (3)訪販品流通のメーカーシェア(2019年度)
  (4)訪販品流通のメーカーシェアランキング一覧(2019年度)
  (5)訪販品流通の市場見通し
  (6)訪販品流通の市場規模予測(2020~2024年度)
5.通販品流通
  (1)通販品流通の市場概況
  (2)通販品流通の市場規模推移(2015~2019年度)
  (3)通販品流通のメーカーシェア(2019年度)
  (4)通販品流通のメーカーシェアランキング一覧(2019年度)
  (5)通販品流通の市場見通し
  (6)通販品流通の市場規模予測(2020~2024年度)
6.直販品流通
  (1)直販品流通の市場概況
  (2)直販品流通の市場規模推移(2015~2019年度)
  (3)直販品流通のメーカーシェア(2019年度)
  (4)直販品流通のメーカーシェアランキング一覧(2019年度)
  (5)直販品流通製品の市場見通し
  (6)直販品流通の市場規模予測(2020~2024年度)
7.理美容(業務用)流通
  (1)理美容(業務用)流通の市場概況
  (2)理美容(業務用)流通の市場規模推移(2015~2019年度)
  (3)理美容(業務用)流通のメーカーシェア(2019年度)
  (4)理美容(業務用)流通のメーカーシェアランキング一覧
    (2019年度)
  (5)理美容(業務用)流通の市場見通し
  (6)理美容(業務用)流通の市場規模予測(2020~2024年度)

第Ⅳ章 有力参入企業のマーケティング戦略(69 社)

【化粧品ブランドメーカー(43 社)】
  株式会社I-ne
  株式会社アイビー化粧品
  株式会社アイム
  株式会社アルビオン
  アンファー株式会社
  株式会社イオンフォレスト
  株式会社伊勢半
  株式会社オージオ
  オッペン化粧品株式会社
  オルビス株式会社
  花王株式会社
  株式会社カネボウ化粧品
  川辺株式会社
  クラシエホームプロダクツ株式会社
  株式会社コーセー
  株式会社再春館製薬所
  株式会社シーボン
  株式会社資生堂
  株式会社シャルレ
  新日本製薬株式会社
  株式会社スタイリングライフ・ホールディングス
  (BCL カンパニー・(株)CP コスメティクス)
  ちふれホールディングス株式会社
  株式会社ディーエイチシー
  常盤薬品工業株式会社
  株式会社ナリス化粧品
  日本アムウェイ 合同会社
  日本ロレアル株式会社
  ニュー スキン ジャパン株式会社
  株式会社ノエビア
  株式会社ハーバー研究所
  株式会社ハウス オブ ローゼ
  P&G プレステージ 合同会社
  株式会社ファンケル
  フォーデイズ株式会社
  ブルーベル・ジャパン株式会社
  プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社
  株式会社ポーラ
  株式会社マンダム
  株式会社ヤマサキ
  ユニリーバ・ジャパン株式会社
  株式会社ラッシュジャパン
  ロート製薬株式会社
  ロクシタンジャポン株式会社
【理美容(業務用)化粧品メーカー(3 社)】
  コタ株式会社
  日華化学株式会社
  株式会社ミルボン
【化粧品原料メーカー・商社(3 社)】
  岩瀬コスファ株式会社
  日光ケミカルズ株式会社
  株式会社マツモト交商
【化粧品受託メーカー(3 社)】
  東洋ビューティ株式会社
  株式会社トキワ
  日本コルマー株式会社
【化粧品容器メーカー・ディーラー(3 社)】
  浅井硝子株式会社
  株式会社グラセル
  竹本容器株式会社
【化粧品卸企業(4 社)】
  株式会社あらた
  株式会社大木
  CB グループマネジメント株式会社
  株式会社PALTAC
【化粧品小売企業(10 社)】
  株式会社アインホールディングス
  株式会社キリン堂ホールディングス
  株式会社クリエイトSD ホールディングス
  Genky DrugStores株式会社
  株式会社ココカラファイン
  サツドラホールディングス株式会社
  株式会社スタイリングライフ・ホールディングス
  (プラザスタイルカンパニー)
  株式会社ツルハホールディングス
  株式会社トモズ
  株式会社マツモトキヨシホールディングス

第Ⅴ章 化粧品関連基礎データ分析

1.工業統計分析
  (1)出荷金額、事業所数推移(2014~2018年)
  (2)都道府県別出荷ランキング
2.化学工業統計調査
  (1)2015年
  (2)2016年
  (3)2017年
  (4)2018年
  (5)2019年
3.家計調査にみる化粧品消費支出動向(2019年)

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 742頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。