2020年版 美白化粧品マーケティング総鑑

美白化粧品の製品動向と、参入メーカーの市場戦略を調査・分析することで、敏感肌化粧品市場の現状把握と将来性を展望することを目的とする。

発刊日
2020/09/08
体裁
A4 / 141頁
資料コード
C62111600
PDFサイズ
3.8MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000
396,000
360,000
36,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可」、「印刷不可・編集・加工不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象市場:美白化粧品(1.美白有効成分を配合したスキンケア薬用化粧品、2.顔全体の明度や透明感を訴求したスキンケア一般化粧品)市場
調査対象エリア:日本
調査方法:直接面接及び電話取材、その他周辺間接調査を実施。
調査期間:2020年6月~2020年8月

調査結果サマリー
Close

美白化粧品市場に関する調査を実施(2020年)
新型コロナウイルス感染拡大によるインバウンド需要減少と、外出自粛に伴う国内需要減少により、美白化粧品市場は減少推移に
~2019年度の国内美白化粧品市場は前年度比98.9%の2,610億円~

資料ポイント
Close

  • 注目集める美白スキンケア化粧品市場の動向を調査分析した必読のレポート
  • 市場の沿革、市場概況、市場トレンドを調査分析
  • 総市場規模推移を調査(2015~2019年度)
  • 製品別市場規模推移を調査(2015~2019年度)
  • 成分別市場規模推移を調査(2015~2019年度)
  • 流通ルート別市場規模推移を調査(2015~2019年度)
  • 美白成分開発年表を掲載
  • メーカー売上高ランキング一覧(2017~2019年度、上位15社)を掲載
  • ブランド売上高ランキング一覧(2017~2019年度、上位15ブランド)を掲載
  • 主要ブランドの戦略(ターゲット、成分、価格、チャネル、プロモーション)を調査分析
  • アフターコロナ・ウイズコロナの市場構造変革を大胆展望
  • 総市場規模を予測(2020~2024年度)
  • 主要参入メーカーのマーケティング戦略を徹底調査(9社)

資料概要
Close

第Ⅰ章 化粧品総市場の動向分析
第Ⅱ章 美白化粧品市場の動向分析
第Ⅲ章 有力参入企業のマーケティング戦略(9社)

リサーチ内容

調査結果のポイント

第Ⅰ章 化粧品総市場の動向分析

1.化粧品総市場の動向
  1)化粧品総市場の概況
  2)化粧品総市場の市場規模推移(2015~2019年度)
  3)化粧品の地域別市場構成比(2019年度)
  4)化粧品の都道府県別市場規模構成比(2019年度)
  5)化粧品総市場の製品カテゴリー別市場規模推移(2015~2019年度)
  6)化粧品総市場の製品カテゴリー別市場構成比(2019年度)
  7)化粧品総市場の今後の見通し
  8)化粧品総市場の市場規模予測(2020~2024年度)
2.スキンケア化粧品市場の動向
  1)スキンケア化粧品市場の市場概況
  2)スキンケア化粧品の市場規模推移(2015~2019年度)
  3)スキンケアの製品別市場規模(2019年度)
  4)スキンケア化粧品の市場見通し
  5)スキンケア化粧品の市場規模予測(2020~2024年度)

第Ⅱ章 美白化粧品市場の動向分析

1.市場概況
2.市場沿革
3.美白成分開発年表
4.市場規模推移(2015~2019年度)
5.美白化粧品市場とスキンケア化粧品市場の伸長率比較(2015~2019年度)
6.製品別市場規模推移(2015~2019年度)
7.有効成分別市場規模推移(2015~2019年度)
8.価格帯別市場規模推移(2015~2019年度)
9.メーカーシェア(2019年度)
10.メーカー売上高ランキング一覧(2017~2019年度、上位15社)
11.ブランドシェア(2019年度)
12.ブランド売上高ランキング一覧(2017~2019年度、上位15ブランド)
13.主要ブランドの戦略分析
  1)ターゲット戦略
  2)成分戦略
  3)製品戦略
  4)価格戦略
  5)チャネル戦略
  6)プロモーション戦略
14.今後の市場展望
  1)根本ケアへのニーズの高まりを背景に長期的には美白化粧品市場は活性化
  2)美白プラスαの機能付加による高付加価値化の進展
  3)EC拡大によるマルチチャネル化の進展
  4)インフルエンサーマーケティングの台頭
  5)欧米の化粧品メーカーにおける美白化粧品販売中止の影響
15.市場規模予測(2020~2024年度)

第Ⅲ章 有力参入企業のマーケティング戦略(9社)

株式会社アルビオン
オルビス株式会社
株式会社花王
株式会社カネボウ化粧品
株式会社コーセー
株式会社資生堂
日本ロレアル株式会社
P&Gプレステージ合同会社
株式会社ポーラ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000
396,000
360,000
36,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。