2020年版 飲料受託製造企業(パッカー)マーケティング総覧

飲料市場において欠かせない存在であるのが受託製造企業(パッカー)であり、ブランドオーナーが内製化率を高める中、各社が知恵を絞って自社の特徴を明確に打ち出すことで戦略的な受託獲得を図っている。一方で、設備の更新時期を迎え、新たな設備投資を行うか、更新せずに採算性の低いラインを閉鎖するかの判断も求められている。また、2020年度は新型コロナウイルス感染拡大や長梅雨で、ブランドオーナーもパッカーもかつてない苦境に陥っており、アフターコロナを見据えた新たな戦略が不可欠となっている。
コロナ禍で飲料市場の低迷が予想される中、本レポートではパッカーへの影響とアフターコロナに向けた各社の戦略を調査すると共に、エリア別、カテゴリー別のパッカー動向を取材する事で各社の今後の方向性、マーケットの方向性を分析する。

発刊日
2020/09/29
体裁
A4 / 482頁
資料コード
C62113700
PDFサイズ
24.4MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

154,000
140,000
14,000
154,000
140,000
14,000
187,000
170,000
17,000
308,000
280,000
28,000
341,000
310,000
31,000
462,000
420,000
42,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:飲料受託製造市場を広く調査・収録することによって当該市場に関するマーケティング戦略作成のための基礎資料とする。
調査対象:受託製造企業(パッカー)、飲料メーカー(ブランドオーナー)等を調査対象とした
調査方法:直接面接取材、アンケート調査、電話取材を実施した。
調査期間:2020年7月~2020年9月

調査結果サマリー
Close

飲料受託製造市場に関する調査を実施(2020年)
ブランドオーナーの継続的な設備投資が続く中、新型コロナウイルスで飲料受託製造企業(パッカー)市場はさらなる苦境に直面
~市場の流れをつかみ、自社の強みを前面に出した明確な訴求が必要不可欠に~

資料ポイント
Close

  • 大手飲料メーカー(ブランドオーナー)の内製化が進む中、パッカー各社が成長するカギはどこに?市場の問題点と課題、成長のカギを分析、逆風下にあるパッカー市場の将来を見通す。
  • コロナ禍で変化を余儀なくされる飲料市場。アフターコロナのパッカーに求められる役割、必要な要素は何か?今後の変化を予測する。
  • ブランドオーナーの設備投資動向、SCM戦略、パッカー戦略を解説。ブランドオーナーがパッカーに求める点を明らかにすることで、受託獲得に必要なものを導き出す。主要ブランドオーナーの各工場における製造可能容器も掲載。
  • 主要パッカー、ブランドオーナーの製造拠点をエリア別にマッピング。各社の位置関係・エリア別の特徴がさらに明確化。
  • 主要企業26社の営業・販売戦略、設備投資動向、今後の方針を詳説。パッカーリスト(81社)、各社の製造体制一覧も大量掲載。この一冊で飲料受託製造の全てが分かる!
  • 前回版との違い
    ウイズコロナとアフターコロナにおける飲料市場の変化とパッカーの今後を予測。

資料概要
Close

第Ⅰ章 パッカー市場の構造と業界動向分析
第Ⅱ章 飲料市場の分析
第Ⅲ章 有力参入企業の市場戦略分析

リサーチ内容

第Ⅰ章 パッカー市場の構造と業界動向分析

1.飲料受託製造市場の構造
 (1) 飲料市場における飲料受託製造市場の位置づけ
  【清涼飲料の自社・グループ会社・委託生産数量割合推移】
 (2) 市場規模の定義
 (3) 飲料受託製造市場の動向
  ①飲料受託製造の飲料市場における市場規模推移(2012~2019年度)
  【飲料受託製造の飲料市場における市場規模推移(メーカー出荷ベース)】
  ②飲料受託製造企業の〔受託製造〕売上高推移と企業別シェア
  【飲料受託製造市場規模推移(2012~2019年度)】
  【飲料受託製造市場の企業別シェア(2018/2019年度)】
  ・主要飲料受託製造企業〔受託製造〕売上高推移
 (4) 品目別受託製造の状況
  【主要品目別受託生産数量割合の推移・大分類】
  【主要品目別受託における生産数量の推移・大分類】
  ①炭酸飲料
  ②果実飲料
  ③コーヒー飲料
  ④ミネラルウォーター
  ⑤スポーツ・機能性飲料
  ⑥茶系飲料
  ⑦野菜飲料
 (5) 飲料受託製造市場における問題点と課題
 (6) ウィズ・アフターコロナにおける飲料市場の変化と飲料受託製造市場への影響
  ①コロナ禍における飲料市場動向
  ・主要カテゴリーの2020年度の見通し
  ②アフターコロナにおける飲料市場の変化
  ③飲料受託製造市場への影響
 (7) 飲料受託製造市場の今後
2.パッカー各社の戦略と事業展開
 (1) パッカー各社の事業戦略
  ①商品戦略
  ・パッカー各社の商品戦略
  ②営業戦略
  ・パッカー各社の営業戦略
  ③価格戦略
  ・パッカー各社の価格戦略
  ④自社ブランド戦略
  ・パッカー各社の自社ブランド戦略
  ⑤設備投資動向
  ・パッカー各社の設備投資動向
  ⑥コスト削減に向けた取り組み
  ・パッカー各社のコスト削減に向けた取り組み
  ⑦脱プラに向けた取り組み・方針
  ・パッカー各社の脱プラに向けた取り組み・方針
 (2) エリア別パッカー各社の概況
  ①北海道エリア
  ・北海道エリア主要パッカー動向
  ②東北エリア
  ・東北エリア主要パッカー動向
  ③関東・甲信エリア
  ・関東・甲信エリア主要パッカー動向
  ④東海・長野・中京・北陸エリア
  ⅰ.東海エリア
  ・東海エリア主要パッカー動向
  ⅱ.長野エリア
  ・長野エリア主要パッカー動向
  ⅲ.中京エリア
  ・中京エリア主要パッカー動向
  ⅳ.北陸エリア
  ・北陸エリア主要パッカー動向
  ⑤関西エリア
  ・関西エリア主要パッカー動向
  ⑥中国・四国エリア
  ・中国・四国エリア主要パッカー動向
  ⑦九州・沖縄エリア
  ・九州・沖縄エリア主要パッカー動向
  ・主要パッカー各社の生産設備一覧
3.ブランドオーナー各社の動向とパッカー戦略
 (1) 大手ブランドオーナー各社のパッカー戦略
 (2) 大手ブランドオーナー各社の設備投資動向
 【主要ブランドオーナーの企業概要と製造体制】
  アサヒ飲料(株)
  (株)伊藤園
  大塚食品(株)
  大塚製薬(株)
  キリンビバレッジ(株)
  コカ・コーラ ボトラーズジャパン ホールディングス(株)
  サントリーフーズ(株)
  ダイドードリンコ(株)
  北海道コカ・コーラボトリング(株)
  ポッカサッポロフード&ビバレッジ(株)
  (株)明治
  森永乳業(株)
  (株)ヤクルト本社
  雪印メグミルク(株)
  ・ ブランドオーナーとその委託先

第Ⅱ章 飲料市場の分析

1.飲料市場概況
 (1) 2019年度の飲料市場動向
  ①2019年度の飲料市場概況
  ②2019年度の主なトピックス
 (2) 飲料市場における注目動向
  ①健康・機能性訴求に関する飲料市場の動向(トクホ飲料、機能性表示食品)
  ②炭酸水市場の動向
  ⅰ. 炭酸水市場の概況
  ⅱ. チャネル別動向
  ⅲ. 今後の課題と展望
  ③通販チャネルの動向
  ⅰ. 通販チャネルの概況
  ⅱ. 大手ECサイトの食品販売の取組みと飲料販売の動向
  ⅲ. 飲料メーカー各社の取り組み
  ⅳ. その他のトピックス
  ④加速する脱プラ問題と飲料市場の動向
  ⅰ. 脱プラ問題と飲料業界の対応
  ・主要メーカーの脱プラに向けた取り組み
  ⅱ. 脱プラを契機とした他容器の可能性
 (3) 飲料市場の今後の見通し
  ①飲料市場の課題と問題点
  ②飲料市場の見通し
  ③市場規模予測(2020~2024年度)
2.飲料容器の動向
 (1) 2019年度飲料容器動向
 (2) 容器別飲料市場の動向
  ①PETボトル
  ⅰ. 市場概況
  ⅱ. インライン成形・アセプ充填ライン向けプリフォーム(PF)は
   2020年に全体の80%超が確実視
  ⅲ. ボトルの高機能化が進む
  ②缶容器
  ⅰ. 市場概況
  ⅱ. アルミ缶の市場動向
  ⅲ.ボトル缶の市場動向
  ⅳ.スチール缶の市場動向
  ③紙容器
  ⅰ. 市場概況
  ⅱ. 口栓付き紙容器は牛乳・加工乳、清涼飲料等で需要が増加
  ⅲ. テトラパックが2019年にイギリス、カナダ、スウェーデンで
   紙製ストロー付きTBAを上市
  ④チルドカップ
  ⅰ. 市場概況
  ⅱ. オーバーキャップレスとストローレス、いずれもトーンダウン
  ・清涼飲料の容器別生産量とシェア(2019年)

第Ⅲ章 有力参入企業の市場戦略分析

【詳細個表】
青森県りんごジュース(株)
アシードブリュー(株)
(株)小原
木村飲料(株)
ゴールドパック(株)
(株)コスモフーズ
(株)サーフビバレッジ
サカイキャニング(株)
三和罐詰(株)
(株)ジェイエイビバレッジ佐賀
(株)ジェイエイフーズおおいた
ジェーシーボトリング(株)
ジャパンフーズ(株)
鈴木鉱泉(株)
全国農業協同組合連合会 長崎県本部(JA全農ながさき)
大円食品工業(株)
(株)友桝飲料
(株)トンボ飲料
日本果実工業(株)
(株)日本キャンパック
(株)ふくれん
プラム食品(株)
宝積飲料(株)
(株)ホテイフーズコーポレーション
山形食品(株)
和歌山ノーキョー食品工業(株)

【簡易個表】

≪掲載企業一覧≫
(株)秋田屋本店、(株)アップルファクトリージャパン、岩手罐詰(株)、エスエスケイフーズ、FVジャパン(株)、大山食品(株)、神奈川柑橘果工(株)、川崎飲料(株)、(株)神田食品研究所、(株)喜八食品、九星飲料工業(株)、キンキサイン(株)、楠原壜罐詰工業(株)、(株)久保養蜂園、熊本県果実農業協同組合連合会、黒松内銘水(株)、(株)コダマ飲料、寿屋清涼食品(株)、小松飲料(株)、齋藤飲料工業(株)、サクラ食品工業(株)、サンキョーヒカリ(株)、三幸食品工業(株)、サンフーズ(株)、さんべ食品工業(株)、四国化工機(株)、静岡ジェイエイフーズ(株)、信州ビバレッジ(株)、スミダ飲料(株)、(株)静水社、(株)全農ハイパック、大東乳業(株)、(有)太洋、田村薬品工業(株)、タンポポ産業(株)、(株)チェリオ中部、(株)秩父源流水、中京サインボトリング協業組合、ティーエムパック(株)、トーショービバレッジ(株)、(株)トッパンパッケージングサービス、長野興農(株)、(株)中元本店、南海果工(株)、南西食品(株)、(株)西日本キャンパック、ニック食品(株)、(株)ニッセー、ニットービバレッジ(株)、日本アスパラガス(株)、(株)日本名水サービス、(株)布引礦泉所、能勢酒造(株)、野田ハニー食品工業(株)、ハタ鉱泉(株)、ハルナプロデュース(株)、(株)ヒロシマ・コープ、ファーマパック(株)、(株)フジコーポレーション、フジスコ(株)、富士ボトリング(株)、(株)ホーマーコーポレーション、(株)北潤ボトリング、ホッピービバレッジ(株)、(株)マルキョー、丸源飲料工業(株)、丸善食品工業(株)、丸富産業(株)、丸菱食品(株)、三田飲料(株)、(株)みと、(株)ミロク、宮崎県農協果汁(株)、(株)名水の里、メトロ(株) 、森乳業(株)、(株)美盛(ヨシモリ)、リフレカップ(株)、(株)琉球アジアン、ルナ物産(株)、(株)YCL

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

154,000
140,000
14,000
154,000
140,000
14,000
187,000
170,000
17,000
308,000
280,000
28,000
341,000
310,000
31,000
462,000
420,000
42,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。