2020年版 食品向け非破壊検査装置市場の現状と将来展望

昨今、食農×IT(フードテック)による新たなビジネスが続々と登場し、利便性を追求するだけでなく、食農にまつわる様々な課題解決に貢献することが期待されている。
矢野経済研究所においてもIoTやAIを活用した「スマート農業」を始め、「機能性農産物」の開発や「フードロス」問題、「代替肉」ビジネスなど話題の市場をレポート化してきた。「食の安全・安心」についても従来の食品分析サービスや検査キット市場に加えて、IT化が進む検査装置・システム市場に着目。なかでも非破壊検査装置は食の安全・安心を守るだけでなく、製造・加工現場の人手不足解消に貢献し、食品の高付加価値化にも一役買っている。
そこで、本調査レポートでは、食品分野(加工食品・農産物)における非破壊検査装置・システムの需要及び開発動向をまとめ、現状の課題を明らかにするとともに今後の方向性を展望する。

発刊日
2020/09/29
体裁
A4 / 329頁
資料コード
C62100800
PDFサイズ
11.4MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

275,000
250,000
25,000
275,000
250,000
25,000
308,000
280,000
28,000
550,000
500,000
50,000
583,000
530,000
53,000
825,000
750,000
75,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:食品検査装置メーカー及び販売業者/食品検査関連サービス事業者/食品(飲料)製造・加工業者、外食・中食(惣菜)・給食業者、商社・流通・小売業者(需要動向調査対象先)/その他、官公庁、関連団体ほか
調査方法:直接面談調査と電話・アンケート調査を併用
調査期間:2020年6月~2020年9月

調査結果サマリー
Close

食品用非破壊検査装置市場に関する調査を実施(2020年)
“食の安全”と人手不足を背景に、食品用非破壊検査の少人化・自動化ニーズが高まる
食品用非破壊検査装置の国内需要は堅調、今後は海外への輸出拡大の見込

資料ポイント
Close

  • 食品検査の自動化と食品の高付加価値化に貢献する最新機器・システム市場
  • 目視検査を代替する外観検査装置市場は技術開発&新規参入が活発化
  • X線検査装置は海外市場開拓で躍進
  • 農産物の品質評価で農業生産・流通のスマート化を実現
  • 非破壊検査装置ユーザー100社の個票掲載
  • 参入企業の製品概要、需要動向、事業戦略を詳細掲載

資料概要
Close

第Ⅰ章 食品向け非破壊検査関連のトピックス
第Ⅱ章 食品向け非破壊検査装置の市場動向
第Ⅲ章 食品向け非破壊検査装置の需要動向(実需者調査)
第Ⅳ章 参入企業の個別動向

リサーチ内容

第Ⅰ章 食品向け非破壊検査関連のトピックス

1.非破壊検査の進化を支える注目技術!
 (1)近赤外分光法
 (2)ハイパースペクトルイメージング(ハイパースペクトルカメラ)
 (3)AI(ディープラーニング)
2.食品検査をデジタル化、話題のAI画像判定サービスとは?
 (1)AI画像判定サービス「MMEye」と食品検査
 (2)「MMEye」の特長
 (3)食品工場における導入事例
 (4)今後の取り組み

第Ⅱ章 食品向け非破壊検査装置の市場動向

1.食品向け非破壊検査装置総市場
 (1)市場概況と市場規模推移(2017~2019年度)
 (2)分野別市場構成比(2019年度)
 (3)今後の見通しと市場規模予測(2020、2025年度)
2.外観検査装置(色彩・光学式、機械式選別機)市場
 (1)市場概況と参入企業動向
 (2)製品概要と技術開発動向
 (3)需要動向
 (4)現状の課題と取り組み
 (5)今後の市場見通しと市場規模推移(2017~2020、2025年度、予測を含む)
3.内部検査装置(金属検出機&X線検査装置)市場
 (1)市場概況と参入企業動向
 (2)製品概要と技術開発動向
 (3)需要動向
 (4)現状の課題と取り組み
 (5)今後の市場見通しと市場規模推移(2017~2020、2025年度、予測を含む)
4.農産物の外観・内部品質検査装置(等級選別機)市場
 (1)市場概況と参入企業動向
 (2)製品概要と技術開発動向
 (3)需要動向
 (4)現状の課題と取り組み
 (5)今後の市場見通しと市場規模推移(2017~2020、2025年度、予測を含む)

第Ⅲ章 食品向け非破壊検査装置の需要動向(実需者調査)

回答属性
1.食品(原料を含む)の安全性確保に向けた取り組み
2.食品向け非破壊検査の実施状況
 (1)非破壊検査を実施している工程について
 (2)使用している非破壊検査装置・システムについて
 (3)非破壊検査装置・システムのメーカーについて
3.自社の食品検査において、非破壊検査装置・システムを利用している場合
 (1)自社で非破壊検査装置・システムを利用する理由
 (2)非破壊検査装置・システムの不満点・改善点
4.食品の非破壊検査を外部委託、あるいは外部のシステムやサービスを利用している場合
5.今後の非破壊検査(体制)の方向性・意向
6.食品検査・分析に関する課題や要望

<アンケート回答事業者 100社・団体>
 食品(飲料)製造+加工業者
 外食・中食(惣菜)・給食業者
 商社・流通・小売業者

第Ⅳ章 参入企業の個別動向

アイ・アール・システム
~ハイパースペクトルカメラで食品業界に新規参入~

イシダ
~「はかり」だけではないX線検査装置のリーディングカンパニー~

キユーピー
~世界初の良品学習型原料検査装置を開発 他社に販売も~

システムスクエア
~世界トップレベルの精度を誇る非破壊検査装置メーカー~

シブヤ精機
~選果機のトップメーカーとして、農業生産・流通のスマート化を目指す~

JFEテクノリサーチ
~近赤外線(NIR)機器のパイオニア~

服部製作所
~食品用選別機のパイオニア 高付加価値製品で差別化を~

日立造船
~食の安全・安心と省人化を両立する、大量・高速異物選別に強み~

三井金属計測機工
~青果物非破壊内部品質検査で30年の実績 新規需要の開拓にも注力~

YE DIGITAL
~安川電機グループならではのAIとリアルなラインの連携を提案~

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

275,000
250,000
25,000
275,000
250,000
25,000
308,000
280,000
28,000
550,000
500,000
50,000
583,000
530,000
53,000
825,000
750,000
75,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。