2020年版 スマート農業の現状と将来展望 ~省力化・高品質生産を実現する農業IoT・精密農業・農業ロボットの方向性~

国内総農家数は1990年には482万戸であったのに対し、2020年には174.7万戸と過去30年間で約300万戸以上が激減している。加えて、基幹的農業従事者(主に仕事が農業の人)は136万1,000人(2020年)で、この内65歳以上が94万9千人(69.7%)で、高齢者の割合が著しく高まっている。担い手の減少・高齢化の進行等により労働力不足が深刻な農業では、近年外国人材受入れを積極的に行っており、この5年で2倍の増加傾向推移しているが、コロナ禍に伴う入国制限により、一時は全国で受入の見通しが立たない状況になった。このような中、国内農業の活性化を図るために、ICTの活用による農作物の栽培条件の最適化や、高い生産技術を持つ篤農家の技術・ノウハウをデータ化し、活用可能とする技術の確立による生産性向上、生産から消費までの情報連携による消費者のニーズに対応したスマート農業が期待されている。政府も2025 年までに農業の担い手のほぼ全てが、データを活用した農業「スマート農業」を実践することを目標に掲げ、普及を後押ししている。
当該レポートでは、現在普及し始めている農業IoT(農業クラウド(栽培支援・販売支援・経営支援)、精密農業、農業ロボットなどの参入メーカーの現状の取組みと方向性と、農業生産法人のICT利用意向を調査することで、拡大が期待されるスマート農業市場を明らかにします。

発刊日
2020/12/24
体裁
A4 / 625頁
資料コード
C62104400
PDFサイズ
51.8MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

209,000
190,000
19,000
209,000
190,000
19,000
242,000
220,000
22,000
418,000
380,000
38,000
451,000
410,000
41,000
627,000
570,000
57,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:当調査は、スマート農業市場参入企業における、農業ICT・精密農業の方向性と企業戦略、及び取扱商品の動向を調査・分析することにより、スマート農業市場を展望することを目的と調査を実施した。
調査対象製品
・栽培支援ソリューション(農業クラウド、複合環境制御装置、畜産向け生産支援ソリューション)
・販売支援ソリューション(農作物の販売先(食品関連事業者・JA)の業務をICT で軽減するシステム、気象データなどを利用した販売支援サービス、等)
・経営支援ソリューション(農業向け会計ソフト、農業法人向け会計支援サービス、気象データなどを利用した経営支援サービス、等)
・精密農業(GPS ガイダンスシステム、自動操舵、ロボット農機システム(スマート田植機システム、ロボットトラクターシステム)、衛星情報を活用したシステム、等)
・農業用ドローンソリューション(ドローンを利用した農薬・肥料散布サービス、ドローンを利用したセンシング・モニタリングサービス、等(ドローンのハードウェアは含まない))
・農業用ロボット(設備型ロボット(接ぎ木ロボット等)、マニピュレータ型ロボット(収穫ロボット等)、アシスト型ロボット(パワーアシストスーツ等))
※農業向けPOS、農機・ドローンのハードウェア当該市場に含まれていない。
調査対象先
・スマート農業参入企業(48 社)
・農業生産法人(水稲/農園芸(野菜・果樹・花き)/酪農・畜産) 100 社
・その他大学、関連官公庁・協会
調査方法:直接面接取材と電話取材を実施
調査期間:2020年7月~2020年12月

調査結果サマリー
Close

スマート農業に関する調査を実施(2020年)
スマート農業の普及
~農業用ドローンが普及拡大、ロボット農機の普及に期待~

資料ポイント
Close

前回版との違い

  • 普及拡大しているロボット農機(ロボットトラクター、コンバイン、スマート田植機)の市場動向を掲載
  • 普及しつつある衛星画像を利用したリモートセンシングの参入企業を掲載
  • コロナ影響について、農業生産法人(100件)に対して、調査

資料概要
Close

第Ⅰ章 農業の現状と将来展望
第Ⅱ章 スマート農業市場の現状と将来展望
第Ⅲ章 農業生産法人(100法人)における農業ICT利用意向調査
第Ⅳ章 スマート農業 有力参入企業の個別動向

リサーチ内容

第Ⅰ章 農業の現状と将来展望

1.国内農業の現状
  (1)農業総産出額と生産農業所得推移(1984、2012~2018年)
  (2)農作物の作付面積推移(2012~2019年)
  (3)農業就業人口の推移(2007~2019年)
  (4)全国農業経営体における経営耕地面積規模別耕地集積割合の変化
  (5)農業経営体あたりの経営耕地面積
2.急増する農地所有適格法人の状況
  (1)農業法人の種類
  (2)現行の農地所有適格法人の農地権利取得の要件
  (3)組織形態別 農地所有適格法人数の推移(2009~2019年)
    ~農地所有適格法人(農業生産法人)数は19,000法人を突破~
  (4)主要生産作物別農業生産法人構成比(2019年)
    ~米・麦作法人は2019年総数で8,314法人~
3.農業の6次産業化への取組状況
4.農業政策の動向
  (1)スマート農業の加速化と農業のデジタルトランスフォーメーションの推進
  (2)農林水産省 2021年度 予算概算要求
    ~コロナと共存する生活・生産様式への転換~
  (3)農林水産省 「スマート農業の実証農場」を全国148地区にて展開
  (4)スマート農業実証プロジェクト 中間報告
    ~水田作の労働時間短縮を実証~

第Ⅱ章 スマート農業市場の現状と将来展望

1.スマート農業市場概要
  (1)スマート農業とは
  (2)スマート農業が求められている背景
  (3)データを活用した農業を行っている農業経営体数
  (4)スマート農業版プラットフォーム構築を目指し、
    他企業団体との連携・協業が相次ぐ
2.政府におけるスマート農業の取組み
  ~農業分野におけるオープンAPIを2021年度まで整備~
3.農業データ連携基盤協議会(WAGRI)
  (1)現状の農業データ連携基盤協議会(WAGRI)の取組み
  (2)スマート農業参入企業における農業データ連携基盤(WAGRI)に対する見解
  (3)現状の農業データ連携基盤(WAGRI)の課題・問題点
  (4)農業データ連携基盤(WAGRI)の今後の方向性
4.海外におけるスマート農業の動向
  (1)海外におけるスマート農業プラットフォームの動向
  (2)バイエルクロップサイエンス社におけるスマート農業の取組み
  (3)BASF社におけるスマート農業の取組み
  (4)イスラエルにおけるアグリテックの動向
  (5)海外におけるスマート農業を展開している主な企業
5.主要参入企業の動向
  (1)栽培支援ソリューション
    ①農業クラウド
    ②複合環境制御装置
    ③畜産向け生産支援ソリューション
  (2)販売支援ソリューション
  (3)経営支援ソリューション
  (4)精密農業
    ①リモートセンシングの動向
    ②ロボット農機の動向
    ③スマート田植機システムの普及状況
    ④スマート田植機システムの市場規模(2016~2020年度見込み)
    ⑤農業向けGPSガイダンスシステム・自動操舵装置の普及状況
    ⑥農業向けGPSガイダンスシステム・自動操舵装置の市場規模
    (2008~2019年度)
    ⑦脱炭素社会の中で、農機でも電動化の研究開発が加速化
  (5)農業用ドローンソリューション
    ①農業用ドローンにおける規制緩和
    ②農業用ドローンの普及計画
  (6)農業用ロボット
  (7)主要参入企業におけるスマート農業の展開分野
6.主要参入企業の販売動向
  (1)栽培支援ソリューション
    ①農業クラウド
    ~農業クラウドが生産者に普及、登録生産者が2万人の製品も~
    ②複合環境制御装置
    ~複合環境制御装置メーカーの他企業との連携・協業が活発~
    ③畜産向け生産支援ソリューション
    ~感染症の影響で販売面は足踏み、コロナ後に期待~
  (2)販売支援ソリューション
    ~コロナの影響で、巣籠消費で「産直テック」の販売拡大~
  (3)経営支援ソリューション ~農業会計ソフトの販売が好調~
  (4)精密農業
    ~レベル2のロボット農機(トラクター、田植え機)が世界に先駆けて商品化
  (5)農業用ドローンソリューション
    ~農業用ドローン市場全体で6,000台以上に普及拡大~
  (6)農業用ロボット
    ~アグリテックスタートアップ企業や大手企業の実証試験が活発化~
  (7)主要参入企業におけるスマート農業関連売上高
7.スマート農業の現状の課題と問題点
  (1)ロボット農機・農業用ドローンにおける課題・問題点
  (2)ソリューション別 スマート農業の現状の課題・問題点
8.スマート農業における今後の事業の方向性
  (1)スマート農業の潜在ターゲットユーザー数
  (2)スマート農業における関連市場動向
    ①農林水産・畜産におけるローカル5Gビジネスの動向
    ②世界市場におけるドローンの動向
  (3)ソリューション別 スマート農業の今後の事業の方向性
9.スマート農業市場規模推移と予測(2019年度~2026年度予測)
  (1)栽培支援ソリューション
    ①農業クラウド
    ②複合環境制御装置
    ③畜産向け生産支援ソリューション
  (2)販売支援ソリューション
  (3)経営支援ソリューション
  (4)精密農業
  (5)農業用ドローンソリューション
  (6)農業用ロボット
  (7)スマート農業 総市場規模推移
    ①スマート農業 市場構成比(2019年度→2026年度予測)
    ②スマート農業 総市場規模推移
    ③スマート農業が普及するための施策

第Ⅲ章 農業生産法人(100法人)における農業ICT利用意向調査

1.回答属性
2.ICTの利用動向
3.現在、農業生産・農業経営で利用しているICTサービス
  (1)現在、利用しているICTサービス
  (2)ここ数年、普及拡大しているICTサービス
4.農業生産現場、農業経営におけるICTの普及が遅れている理由
5.農業分野においてICT普及のために必要な条件
6.今後、利用してみたいICTソリューション
7.今後ICT利用する際の年間投資可能額
8.農業ICT関連製品の認知度
9.利用している農業ICT製品
10.利用している農業ICT製品の評価
11.今後利用したい農業ICT製品
12.新型コロナウイルスによる影響
  (1)新型コロナウイルスによる経営の影響
  (2)新型コロナウイルスによる具体的な影響
  (3)新型コロナウイルスによる経営環境の変化
13.農業人材確保について
  (1)農業人材確保の現状の満足度
  (2)現状の農業人材確保の満足度と、その理由
  (3)今後の短期雇用者の方向性
14.農業ICT・精密農業についての自由意見

<農業生産法人(100法人) 個別調査票)>

1.水稲<63法人>
(有)いわみ農産、新潟ゆうき(株)、(有)アグセス愛知、みすず農場、(農)ほづ、(農)大潟ナショナルカントリー、(株)千手、(有)リトリート田倉、(有)農業カズミ、(株)田伝むし、(株)青木農場、(農)アイガモの谷口、(有)さくさく村、(農)丹波たぶち農場、(農)さだしげ、(有)米耕農、(株)暮坪農場、(有)グリーンパワーなのはな、(農)アバンセ乾側、ナカウンファーム(株)、(有)ケイホットライス、(有)グリーン松任、(株)グリーンファーム大黒、(農)りぞねっと、(有)ファームリンクル、(株)紅農友会、(農)西紀農産加工組合、(株)宮崎アグリアート、(有)アグリベースにいやま、十和田アグリ(株)、(有)すとう農産、(農)みずほファーミング、(株)農健、(農)二島西、(有)ファームランド五島、(有)あした、(有)リバーサイド石津、(農)木喰の郷もろはた、北山農産(有)、(有)厚真ファーム、農業屋ファーム(株)、(有)川原農産、(有)もりかわ農場、(農)士別農園、(有)PFTサービス、(株)まいすたぁ、(有)でんぱた、(有)北浦郷、(農)よしやま、(有)七島農産、(農)小国ファーム、山梨自然エネルギー発電(株)、(株)六星、(有)金沢、(有)木曽岬農業センター、(有)類農園、(農)越野営農組合、(農)田中営農組合、一般財団法人池田町農林公社、(有)親和、かみやま(農)、(有)樫山農園、(有)アグリセンターみやこ

2.農園芸(野菜・果樹・花き)<33法人>
日本農産(株)、(株)風の丘ファーム、(株)青森りんごランド、(株)グリンリーフ、(有)岩手園芸、(株)門真れんこん屋、(有)北部農園、(株)箱根牧場、(有)永田バイオ研究所、(有)サンファーム、佐藤農場(株)、(有)トップリバー、(株)長有研、(農)安行グリーン、(有)山田農園、(株)照沼勝一商店、(農)富山東部球根プラント組合、(有)オキツローズナーセリー、(有)山口農園、(株)井ヶ田製茶北郷茶園、(有)金丸物産金井きのこ園、(株)プラネット、(農)吉野ホタルの里ファーム、(有)ビオ・ファーム、(有)ネクト、(株)吉田農園、(有)フロンティアアグリカルチャーながさき、(農)クラインガルテン、(農)JAアグリひみ、(有)ナチュラルファーム、(株)マッシュアンドフルーツ、(株)ハラダ製茶農園、(有)まるせい果樹園

3.酪農・畜産<4法人>
大江ノ郷自然牧場、(有)福田ファーム、(株)平田牧場、(有)レクスト

第Ⅳ章 スマート農業 有力参入企業の個別動向

AGRIST(株)
~低価格吊り下げ式収穫ロボットで市場へ参入、農家からの評価も高く今後に期待~

イーサポートリンク(株)
~こと京都とも協業、流通販売情報からの農業生産のサポート展開を進める~

井関農機(株)
~国内のみならず、アジアにおいてもスマート農業の普及に注力~

伊藤忠飼料(株)
~豚の体重推定システム「デジタル目勘」を展開~

inaho(株)
~NTT東日本との関係性も構築でき、協業の可能性を図る~

イノチオアグリ(株)
~従来の農業ハウスに比べ、低コストで高機能・耐候性が高い「ドリームフィールド」を発売~

(株)インターネットイニシアティブ
~水田の水管理の省力化と低コスト化を実現する「ICT水管理システム」を販売~

(株)Eco-Pork
~「養豚自働化プロジェクト」の一環としてIoT・ロボティクス事業を開始~

SBテクノロジー(株)
~農家とメーカーらをつなぐ農業プラットフォーム「agmiru(アグミル)」を展開~

(株)NTTアグリテクノロジー
~NTTグループ初の「農業×ICT」専業会社、「農業を起点とした街づくり」を支援~

NTTテクノクロス(株)
~ハウス施設内の温度・湿度を見える化する「Fermier Monitor」を発売~

(株)NTTドコモ
~次世代農業に対応した営農支援プラットフォーム「畑アシスト」を提供開始~

(株)笑農和
~「paditch」は着実に浸透、ガラケーにも対応し拡販を図る~

(株)オプティム
~スマート農業プロフェッショナルサービスによる、農業ビジネスのワンストップ提供を図る~

(株)クボタ
~世界で初めて自動運転の「アグリロボ田植機」を2020年から販売開始~

KDDI(株)
~地方自治体との実証実験を進め、農業全体の活性化に取り組む~

SAgri(株)
~衛星データと地上データを活用し、地球上に暮らす人類の営みを最適化する~

(株)JSOL
~地方自治体との実証実験を進め、農業全体の活性化に取り組む~

ジオサーフ(株)
~新型オートステアリングを展開、機能が大幅にアップ、今後の浸透に期待~

(株)誠和
~統合環境制御により、光合成と環境作りにこだわり、生産者の収穫量、収益性の拡大に貢献~

(株)セラク
~「みどりクラウド」の中核となる食農データ連携プラットフォーム「みどりマーケット」の開発に着手~

全国農業協同組合連合会
~「Z-GIS」の機能グレードアップ、BASF社 の「xarvio(ザルビオ)」と2021年春から連携~

ソフトバンク(株)
~コロンビアの「スマートライスファーミングプロジェクト」に「e-kakashi」を納入~

ソリマチ(株)
~消費税率10%・軽減税率制度に対応した農業会計ソフト「農業簿記11」が好調~

DJI JAPAN(株)
~より安全で効率の高い農薬散布新ドローン「AGRAS T20」の販売が拡大~

テラスマイル(株)
~「RightARM」に出荷予測機能が実装され、農作業の効率化をエリア単位で図る~

(株)デンソー
~自動車で培った技術を活かし持続可能な農業生産に貢献、農食分野への新たな価値の提供を目指す~

(株)天地人
~「宇宙からの情報を使い 人類の文明活動を最適化する」をミッションに展開~

(株)トプコン
~タイでの実証実験も開始、グローバルでの展開を中心に進める~

トヨタネ(株)
~デンソーの技術力とトヨタネの栽培ノウハウを融合した環境制御システム「ProFarm」の推進~~

(株)ナイルワークス
~農業用ドローンの完全自動運転技術と生育診断技術の高度化を図る~

(株)ニコン・トリンブル
~自動操舵補助システム新製品の展開と圃場管理サービスの提供を模索~

日本電気(株)
~カゴメとの戦略パートナーシップを締結、グローバル規模での展開を図る~

(株)農業情報設計社
~トラクター用ガイダンスナビアプリ「AgriBus-NAVI」は、世界で100万ダウンロードを突破~

(株)農業総合研究所
~卸売事業者との業務提携、IT・地域性・集荷力を集結し委託販売先の開拓へ~

パナソニック(株)
~トマト収穫ロボットを開発、テストを継続、実用化検証をさらに進める~

(株)ハレックス
~営農サポートに向けて、一歩一歩進めている段階~

(株)日立システムズ
~データ入力という作業に対する新たな提案で市場開拓を図る~

(株)日立ソリューションズ
~日立ソリューションズ東日本に移管しつつ、グループとしての取組は堅持~

(株)ファームノート
~自社牧場での実証実験も開始、酪農の総合ノウハウをさらに高度化していく~

富士通(株)
~「豊かな食の未来へICTで貢献する」方針の下、食・農クラウド 「Akisai(秋彩)」シリーズを展開~

ベジタリア(株)
~3G通信の終了に向けて後継機の展開が改題~

(株)ポケットマルシェ
~生産者と消費者を直接繋ぐCtoCプラットフォームを展開~

ボッシュ(株)
~「Plantect」は、2021年1月からバイエル クロップサイエンス社が事業を展開~

マゼランシステムズジャパン(株)
~準天頂衛星対応受信機システムを2019年から農機メーカーへ供給開始~

ヤマハ発動機(株)
~空からのスマート農業支援サービスを軸に自動化・効率化を推進~

ヤンマーアグリ(株)
~農地の大規模化に伴い、圃場を細分化したセンシングソリューションに注力~

(株)ルートレック・ネットワークス
~AI養液土耕ロボット「ゼロアグリ(ZeRo.agri)」による持続型農業に貢献を目指す~

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

209,000
190,000
19,000
209,000
190,000
19,000
242,000
220,000
22,000
418,000
380,000
38,000
451,000
410,000
41,000
627,000
570,000
57,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。