2020 おひとりさま市場総覧

単独(一人暮らし)世帯や未婚者・非婚者の増加、ライフスタイルや趣味嗜好の多様化、女性の社会進出の進展などを背景に行動・消費がますます単独(おひとりさま)化している。
そのような環境下、本調査レポートでは様々な産業・業種における「ひとり(一人、独り)」を対象とした市場の動向を調査・分析し、幅広い業界の「おひとりさま」を対象としたビジネスの現状把握と将来性をまとめた。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可」、「印刷不可・編集・加工不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:矢野経済研究所で定義した「おひとりさま」に関連する16 分野と関連する事業者および業界団体。対象分野は「外食」「中食」「賃貸住宅」「旅行」「ホテル・旅館」「カラオケ」「フットサル」「婚活(結婚情報サービス・仲介業)」「終活(遺言書作成市場、個人墓市場)」「フィギュア」「ジグソーパズル」「セルフ給油」「コインランドリー」「24 時間型フィットネス施設」「セルフレジ」「セルフプレジャー」の16分野である。
調査方法:事業者への面接取材、アンケート調査、電話調査、弊社独自の資料等により調査を実施
調査期間:2020年1月~2020年3月

調査結果サマリー
Close

おひとりさま関連市場の動向調査を実施(2020年)
2019年のおひとりさま関連市場では15分野のうち13分野で成長の見込
~単身者、単身世帯の増加に加え、あらゆる業界で「一人利用」を対象としたサービスの提供が増えてきていることから、今後もおひとりさま市場は拡大していくと予測~

資料ポイント
Close

  • 「おひとりさま」市場16分野の市場動向・ポテンシャル等を調査
    「お一人さま」「お独りさま」「セルフサービス」各16分野、計17市場のおひとりさま市場について、業界構造・市場規模推移・おひとりさま率・主要企業の取り組み・業界トピックス・今後の展望などを解説。
  • 独自解析「Xビジネスエンジン」によるブランド分析を3テーマで実施
    矢野経済研究所が保有する産業別市場データと独自の商品・サービス・ブランド計測システムを元に、おひとりさまに関連するブランドを「熱量」「魅力度」「温度」という観点から分析。
    ①おひとりさま外食市場:ひとり焼肉・ひとりしゃぶしゃぶ専門店の比較
    ②婚活市場:婚活サイト(アプリ)の比較
    ③24時間型フィットネス施設市場:24時間型フィットネス施設の比較
  • 「おひとりさま」の属性、意識、消費行動などを消費者調査で明らかに
    20代~60代を対象に「おひとりさま」の属性、傾向、特徴、行動スタイルなどを調査。
    ・「おひとりさま」のイメージ、関連16分野における「ひとり」好きの属性傾向や消費動向等
    ・「おひとりさま」に評価が高い飲食チェーン店ランキング
    「おひとりさま向け旅行ツアー」「ファストフード系チェーン店」「立ち食い・立ち飲みチェーン店」「カフェ・喫茶チェーン店」「ちょい飲みファミリーレストラン」「カラオケボックス」
  • 前回版との違い
    ・「おひとりさま」関連事業者(12社)の事例分析を掲載。
    ・消費者調査では、前回調査(2019年)との比較分析を掲載。

資料概要
Close

第1章 総論
第2章 分野別市場動向
第3章 関連事業者個票
第4章 「おひとりさま」に関する消費者アンケート
付録:アンケート調査票

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1章 総論

おひとりさま市場の全体動向
 おひとりさま市場の定義
  【表】① おひとりさま(お一人さま)市場
  【表】② おひとりさま(お独りさま)市場
  【表】③ おひとりさま(セルフ分野)市場
 おひとりさま市場規模の推移
  【表】① おひとりさま(お一人さま)市場規模推移
  【表】② おひとりさま(お独りさま)市場規模推移
  【表】③ おひとりさま(セルフ分野)市場規模推移
 分野別「おひとりさま率」一覧
  ●おひとりさま率が最も高い市場は「中食市場」
  【表】2018年(年度)のおひとりさま率と伸長率
  ●おひとりさまの伸長率が最も高い市場は「セルフレジ市場」
  「おひとりさま」に関する消費者調査との比較分析
  ●「性欲処理」は依然としておひとりさまのハードルが高い?!
  【表】おひとりさま率と「ひとり好き」な人の比率(消費者調査)の単純比較
 おひとりさま市場の今後の見通し
  ●「おひとりさま」世帯は全世帯の27.7%で増加傾向
  【表】世帯構成の状況
  ●婚姻件数の減少に歯止めがかからず、少子化も加速
  【表】出生/婚姻/離婚状況
  【表】おひとりさま市場の今後の見通し

第2章 分野別市場動向

1.おひとりさま外食市場
 市場概況/市場定義/業界構造、市場の特徴
  【図】食品衛生法による許可を要する飲食店営業施設数推移
  【表】2018年度 外食事業者売上高ランキング
 外食市場全体の動向
  ●一般外食市場規模は7年連続のプラス成長で推移
  【図】一般外食店 市場規模推移
  【表】一般外食店 業態別市場規模推移
  【図】一般外食店 業態別シェア
 おひとりさま外食市場規模
  ●2018年度のおひとりさま外食市場は7兆9,133億円、おひとりさま率は37.4%
  【図】おひとりさま外食市場規模推移
  【表】外食市場の業態別おひとりさま市場規模
  【図】外食市場のおひとりさま率
 主要事業者の動向
  ●「ちょい飲み」人気が続く一方、居酒屋の苦戦が続く
  ●フルサービス型カフェの人気継続とともに、おひとりさま需要も拡大傾向
 業界トピックス
  ●ラム肉に特化したひとり焼肉専門店「LAMB ONE」がオープン
 今後の展望
  ●2019年内は堅調を維持するも、2020年に入り新型コロナウイルスによる
  感染症の拡大に襲われ、マイナス影響は長期的な見通しも
 Xビジネスエンジン LOVE度の分析(ひとり焼肉・ひとりしゃぶしゃぶ専門店) 
 10ブランド:焼肉ライク/しゃぶしゃぶれたす/立喰い焼肉 治郎丸/しゃぶせん/
 しゃぶしゃぶ 山笑ふ/焼肉 房家/ひとり焼肉 美そ乃/しゃぶしゃぶ つかだ/
 しゃぶしゃぶKINTAN/カウンター焼肉専門 焼肉おおにし
2.おひとりさま中食(惣菜)市場
 市場概況/市場定義/業界構造、市場の特徴
  【図】1世帯当たりの年間食料品支出に占める「中食(調理食品)」の構成比
  【図】1世帯当たりの年間食料品支出に占める「中食(調理食品)」の支出額推移
  【表】中食事業者(販売店舗運営事業者)ランキング
  【図】中食・惣菜の販売チャネル構成比
 中食市場全体の動向
  ●中食市場は引き続き市場規模拡大が続く
  【図】中食(惣菜)市場規模推移
 おひとりさま中食市場規模
  ●2018年度のおひとりさま中食市場は7兆4,000億円、おひとりさま率は82.4%
  【図】おひとりさま中食市場規模推移
  【図】中食市場のおひとりさま率
 主要事業者の動向
  【表】主要各社のメインコンセプトと主力商品、主な事業戦略
 業界トピックス
  ●ドラッグストアチェーンが食品売場を強化しシェア拡大を図る
  【表】ドラッグストアの食品売上高ランキング
 今後の展望
  ●今後も外部環境の変化を受け、おひとりさま中食需要は高まる見込み
3.おひとりさま賃貸住宅市場
 市場概況/市場定義/業界構造、市場の特徴
  【図】世帯類型別世帯数の推移
  【表】主な賃貸住宅開発・管理事業者
  【表】主な賃貸仲介事業者
 賃貸住宅市場全体の動向
  ●2018年度の新設着工戸数は2年連続の減少
  【図】賃貸住宅新設着工戸数
  【表】主要賃貸住宅メーカーの賃貸住宅供給戸数推移
 おひとりさま賃貸住宅市場規模
  ●2018年度のおひとりさま賃貸住宅市場規模は13,160千戸
  【図】おひとりさま賃貸住宅市場規模推移
 主要事業者の動向
  大東建託/東建コーポレーション/レオパレス21
 業界トピックス
  ●都心を中心に3畳程度のコンパクト物件が人気
 今後の展望
  ●賃貸住宅の新設着工数は引き続き減少傾向にあり、単身用住宅の増加率も鈍化傾向に
4.おひとりさま旅行市場
 市場概況/市場定義/業界構造、市場の特徴
  【表】主な旅行業者と主要ブランド
  【表】主なひとり旅行会社の比較
 旅行市場全体の動向
  ●旅行者数、消費額ともに堅調続くも、2020年以降は新型ウィルスの影響で失速
  【表】旅行市場の推移
  【図】旅行業 市場規模(手数料収入)推移
  【表】旅行業者数の推移
  【図】2018年度主要旅行業者49社取扱高 サービス種別構成比
  【図】訪日外国人旅行者の旅行消費額と人数の推移
  【図】旅行者数(訪日外客数・出国日本人)の推移
 おひとりさま旅行市場規模
  ●おひとりさま旅行市場規模は国内1兆8,800億円、海外9,400億円
  【図】おひとりさま旅行市場(国内)規模推移
  【図】おひとりさま旅行市場(海外)規模推移
  【図】旅行市場(国内)おひとりさま率
  【図】旅行市場(海外)おひとりさま率
 主要事業者の動向
 業界トピックス
  ●「全員おひとりさま限定」旅行の定着で参加が容易に
 今後の展望
  ●SNSの進展や「おひとりさま旅行」の認知拡大で今後も市場は拡大傾向
5.おひとりさまホテル・旅館市場
 市場概況/市場定義/業界構造、市場の特徴
  【表】主なホテル事業者
  【表】主な宿泊予約サイトの「おひとりさま」対応の比較
 ホテル・旅館市場全体の動向
  ●ホテルの市場規模は拡大基調にある一方、旅館は微減傾向
  【図】旅館・ホテル市場規模推移
  【表】ホテル・旅館営業の施設数、客室数及び簡易宿所・下宿営業の施設数
  【図】宿泊施設別にみた客室稼働率(2012年~2018年)
 おひとりさまホテル・旅館市場規模
  ●おひとりさまホテル・旅館市場規模は6,270億円、
   おひとりさま率はホテルが35.4%、旅館が5.2%
  【図】おひとりさま宿泊市場(ホテル)規模推移
  【図】おひとりさま宿泊市場(旅館)規模推移
  【図】宿泊市場(ホテル)のおひとりさま率
  【図】宿泊市場(旅館)のおひとりさま率
 主要宿泊事業者の動向
 業界トピックス
  ●宿泊施設の各業態で「おひとりさま」に特化した宿泊サービスが活発化
 今後の展望
  ●観光目的の「おひとりさま」需要は今後も活発化する見込み
6.おひとりさまカラオケ市場
 市場概況/市場定義/業界構造、市場の特徴
  【表】主なカラオケボックス運営事業者
  【表】主なひとりカラオケ専門店の比較
 カラオケ市場全体の動向
  ●2018年のカラオケ市場は、参加人口は増えるも売上ベースでは微減推移が続く
  【図】カラオケボックス(ルーム)の市場規模・参加人口推移
  【図】カラオケボックス(ルーム)一人あたりの年間平均費用と活動回数推移
  【図】業務用カラオケのユーザー市場規模推移
  【図】業務用カラオケのユーザー市場 2018年度販売先別構成比
  【図】カラオケボックス(ルーム)施設数・1施設当たりの平均ルーム数推移
 おひとりさまカラオケ市場規模推移
  ●2018年のおひとりさまカラオケ市場は450億円、おひとりさま率11.7%
  【図】おひとりさまカラオケ市場規模推移
  【図】カラオケボックス市場のおひとりさま率
 主要事業者の動向
  【表】主要事業者の取り組み
  ●ひとりカラオケ専門店「ワンカラ」の既存店売上高は堅調に推移
  【表】ワンカラ店舗数推移
  【表】ワンカラ会員数推移
 業界トピックス
  ●新しいカラオケのスタイル「ミニカラオケボックス」が登場
  ●カラオケチェーン最大手「シダックス」が撤退、B&Vに売却
 今後の展望
  ●「ひとりカラオケ」需要は今後も堅調に推移するも専門業態は停滞が続く見込み
7.おひとりさまフットサル(個人参加型フットサル)市場
 市場概況/市場定義/業界構造、市場の特徴
  【表】主な国内フットサル施設運営事業者
  【表】主なフットサル関連サイト運営事業者
 フットサル市場全体の動向
  ●2018年のフットサル市場は参加人口回復も、金額ベースで大幅減
  【図】フットサル市場規模と参加人口推移
  【表】2018年 フットサルの参加・消費実態
  【図】サッカーとフットサルの参加人口推移
  【表】日本サッカー協会(JFA)フットサル登録数
 おひとりさまフットサル市場規模推移
  ●フットサル人口全体が減少する中、個サル人口は堅調に拡大傾向
  【図】おひとりさまフットサル市場規模推移
  【図】フットサル市場のおひとりさま率
 主要事業者の動向
  ●IT企業からの新規参入「個サルのBonita」の取り組み
 今後の展望
  ●今後も個サル需要は拡大傾向にあり、事業者は新たな価値を生み出す必要が生じている
8.婚活関連(結婚情報サービス・仲介業)市場
 市場概況/市場定義/婚活関連市場を取り巻く社会背景
  ●2018年の婚姻件数は6年連続で減少し、60万件を下回る
  【図】婚姻件数、婚姻率の推移
 市場規模、トレンド動向
  ●2018年の結婚情報サービス・仲介業市場規模は増加傾向が続く
  【図】結婚情報サービス・仲介業市場規模推移
 主要事業者の動向
  IJB/パートナーエージェント/その他
  【表】婚活・結婚情報サービス 上位ランキング
 主要事業者のサービス名、特徴
 今後の展望
 Xビジネスエンジン LOVE度の分析(婚活サイト(アプリ))
  10ブランド:pairs(ペアーズ)/パートナーズ/ゼクシィ縁結び/
  Yahoo!パートナー/Omiai/ブライダルネット/marrish(マリッシュ)/
  youbride(ユーブライド)/match.com(マッチドットコム)/
  エキサイト婚活
9.終活関連(遺言書作成、個人墓)市場
 市場概況/市場定義/終活関連(周辺)市場の動向
  ●フューネラル(葬祭)市場における終活関連市場の区分について
  【図】フューネラル関連市場の相関図
  ●全国の死亡者数推移
  【表】死亡数、死亡率の推移
  ●フューネラル(葬祭式)市場
  【図】葬祭ビジネス市場規模推移
  【表】葬祭ビジネスの市場規模
  【表】フューネラルの種類
 遺言書作成市場動向
  ●遺言書の作成状況
  ●遺言書作成のアンケート調査結果
  遺言書の作成について
  【図】年代別 自筆証書遺言・公正証書遺書作成の経験
  遺言書作成の意思について
  【図】年代別 自筆証書遺言・公正証書遺書を作成したいと思うか
  ●遺言書作成市場
  遺言書作成単価
  【表】公証人に支払う手数料
  遺言書作成先の構成
  【表】遺言関連業務取扱状況
  遺言書作成市場規模推定
  【表】2018年 依頼先別市場規模
  【図】遺言書作成市場規模推移
 個人墓市場の動向
  ●墓を取り巻く市場環境
  樹木葬等にみられる新形態の埋葬需要について
  【表】実際に購入したお墓のタイプ
  【図】アンケート結果(実際に購入したお墓の種類について)
  【表】購入したお墓の構成比
  夫婦別墓について
  【図】アンケート結果(配偶者と同じ墓に入りたいか否か
  ●個人墓市場規模
  家計調査年報からの単純な墓石市場
  【表】家計調査年報による祭具・墓石支出状況推移
  墓単位の状況
  【表】購入したお墓の費用
  個人墓の件数
  個人墓の市場規模推定
  個人墓 埋葬形態別市場規模
  【図】個人墓市場規模推移
 業界トピックス
  ●三井住友信託銀行が「おひとりさま信託」の取扱いを開始
  【図】サービス提供の仕組み
 今後の展望
  ●今後も死亡数の増加とともに「終活」の重要性も高まり、関連市場は活性化する見込み
  【表】将来死亡数
  【図】人口問題研究所・将来死亡数
10.フィギュア市場
 市場概況/市場定義/業界構造、市場の特徴
 フィギュア市場の動向
  ●コンテンツの制作スピード向上に合わせ、フィギュア制作の効率化が求められている
  ●アニメ作品数の増加に伴い、フィギュア化するコンテンツの見極めが重要に
  【図】フィギュア業界の現状分析と将来予測
  フィギュア市場規模推移
  ●大手中心に海外販売に注力し、国内市場規模は伸び悩む
  【図】フィギュア市場規模推移
 主要事業者の動向
  グッドスマイルカンパニー/BANDAI SPIRITS(バンダイスピリッツ)/
  壽屋/海洋堂/フリュー
 主要事業者のメーカーシェア
  【図】フィギュア市場参入事業者シェア
 業界トピックス
  ●海外需要は引き続き拡大傾向
11.ジグソーパズル市場
 市場概況/市場定義/業界構造、市場の特徴
 ジグソーパズル市場の動向
  ●低年齢層向けのジグソーパズルの人気が高まる
 ジグソーパズル市場規模推移
  ●2018年の市場規模は減少傾向が底を打ち、増加に転じる
  【図】ジグソーパズル市場規模推移
 主要事業者の動向
  テンヨー/エンスカイ/ビバリー/エポック社/やのまん
  メーカーシェアと主要事業者の売上高推移
  【図】ジグソーパズル市場 メーカーシェア
  【表】主要事業者の売上高推移
12.セルフ給油所(セルフSS)市場
 市場概況/市場定義/業界構造、市場の特徴
  【表】サービスステーション(ガソリンスタンド)の主な運営事業者
  【表】サービスステーション(ガソリンスタンド)の主要ブランド別店舗数
 市場規模、トレンド動向
  【図】給油所総数の推移とセルフSSの推移
  【図】給油所におけるセルフSS店舗の割合推移
  【図】揮発油販売業者数の推移
  【図】セルフ給油(セルフSS)市場規模の推移
 主要事業者の動向
  【表】サービスステーション(ガソリンスタンド)を運営する事業者の取り組み動向
 業界トピックス
 今後の展望
13.コインランドリー市場
 市場概況/市場定義/業界構造、市場の特徴
  【表】コインランドリー店の主な運営事業者
 市場規模、トレンド動向
  【図】コインランドリー店舗数の推移
  【図】(参考)クリーニング取次所/クリーニング所の推移
  【図】クリーニングサービス店におけるコインランドリー店の割合推移
  【図】コインランドリー市場の推移
 主要事業者の動向
  TOSEI/アクア/エムアイエス/WASHハウス
 業界トピックス
 今後の展望
14.24時間型フィットネス施設市場
 市場概況/市場定義/業界構造、市場の特徴
  【表】主な24時間型フィットネス運営事業者
  【図】24時間型フィットネス 施設構成比
  【図】24時間型 立地別施設構成比
  ●24時間型フィットネスの出店動向
  【図】2018年 フィットネス施設 業態別施設数
  【表】24時間型フィットネス施設の出店モデル
  ●24時間型フィットネスのユーザー動向
  ●24時間型フィットネスの新規参入動向
  【表】主な参入企業例
 市場規模推移、今後の展望
  ●2018年の24時間型フィットネス施設市場は757億円
  【図】24時間型フィットネス市場規模推移
  Xビジネスエンジン LOVE度の分析(24時間型フィットネス施設)
  10ブランド:ANYTIME FITNESS(エニタイムフィットネス)/
  セントラルスポーツジム24th/JOYFIT24/メガロス24/ルネサンス24/
  東急スポーツオアシス24Plus/FASTGYM24/FIT EASY(フィットイージー)/
  NAスポーツクラブ A-1 EXPRESS/スマートフィット100
15.セルフレジ市場
 市場概況/市場定義/業界構造、市場の特徴
 市場規模、トレンド動向
  【図】POSターミナル/うちセルフレジの台数推移
  【図】POSターミナル全体におけるセルフレジの割合推移
  【図】POSターミナル市場/セルフレジ市場規模の推移
 主な事業者の動向
  【表】セルフレジメーカーの取り組み動向
 業界トピックス
 今後の展望
16.セルフプレジャー(アダルトグッズ)市場
 市場概況/市場定義
  「アダルトグッズ」市場/「非接触風俗(映像送信型風俗特殊営業)」市場
 業界構造、市場の特徴
  アダルトグッズ市場
  【表】主なアダルトグッズの分類/参入プレイヤー
  【図】アダルトグッズの流通構図
  「非接触風俗(映像送信型風俗特殊営業)」市場
  【表】主非接触風俗(映像送信型風俗特殊営業)の分類/参入プレイヤー
  市場規模、トレンド動向
  アダルトグッズ市場
  【図】アダルトグッズ市場規模の推移
  「非接触風俗(映像送信型風俗特殊営業)」市場
  【図】非接触風俗市場規模の推移
  周辺市場の動向
  【図】主要風俗産業の市場規模推移
  【図】主要風俗(非セルフ)/セルフプレジャー市場規模 セルフ率推移
  主要事業者の動向
  今後の展望

第3章 関連事業者個票

クラブツーリズム(株)(おひとりさま旅行市場)
Genky DrugStores(おひとりさま中食市場)
コシダカ(おひとりさまカラオケ市場)
コスモス薬局(おひとりさま中食市場)
シノケングループ(おひとりさま賃貸住宅市場)
SPILYTUS(おひとりさま賃貸住宅市場)
旅工房(おひとりさま旅行市場)
プリンスホテル(おひとりさまホテル・旅館市場)
ホーン(おひとりさま外食市場)
星野リゾート(おひとりさまホテル・旅館市場)
焼肉ライク(おひとりさま外食市場)
レオパレス21(おひとりさま賃貸住宅市場)

第4章 「おひとりさま」に関する消費者アンケート

1.調査概要
 調査目的/調査実施期間/調査手法/調査対象/回答者属性
2.調査結果

Ⅰ.「おひとりさま」関連の用語に対するイメージ
 (1)「おひとりさま」関連する10個の用語に対するイメージについて
  ●「自分磨き」「自分探し」などが良い、「おこなしさま」「ぼっち」などが悪いイメージで認識
 (2)「おひとりさま」に対するイメージ
 (2-1)「おひとりさま」に対する属性別イメージ
  ●全体では7割程度の人が良いイメージで認識、男性は20代30代、女性は50代で良く認識する人が多い
 (2-2)「おひとりさま」をポジティブに捉える理由(フリーアンサー)
  ●「おひとりさま」をポジティブと思う理由、1位「気楽である」
 (2-3)「おひとりさま」をネガティブに捉える理由(フリーアンサー)
  ●「おひとりさま」をネガティブと思う理由、1位「寂しい感じがする」
 (3)「ひとり○○」に対するイメージ
  ●全体では6割程度の人が「良い」イメージで認識、女性20代で良く、50代以上で悪く認識する人が多い
 (4)「シングル消費」に対するイメージ
  ●全体では6割程度の人が「良い」イメージで認識、男性20代30代で良く、女性20代・30代で悪く認識する人が多い
 (5)「ぼっち」に対するイメージ
  ●全体では約8割以上の人が「悪い」イメージで認識、特に女性20代・60代で悪く認識する人が多い
 (6)「ソロ活」に対するイメージ
  ●全体では5割以上の人が「悪い」イメージで認識、男性50代・60代、女性60代で悪く認識する人が多い
 (7)「婚活」に対するイメージ
  ●全体では6割程度の人が「良い」イメージで認識、男女とも20代で良く認識する人が多い
 (8)「終活」に対するイメージ
  ●全体では6割程度の人が「良い」イメージで認識、女性全般で良く、男性30代・50代で悪く認識する人が多い
 (9)「おこなしさま」に対するイメージ
  ●全体では8割程度の人が「悪い」イメージで認識、男女60代で悪く認識する人が多い
 (10)「自分探し」に対するイメージ
  ●全体では6割程度の人が「良い」イメージで認識、女性全般で良く、男性50代で悪く認識する人が多い
 (11)「自分磨き」に対するイメージ
  ●全体では75%の人が良いイメージで認識、女性全般で良く、男性も60代で特に良く認識する人が多い
Ⅱ.「おひとりさま」の性格・特徴、生活スタイル、趣味・嗜好
 (1)10項目のおひとりさま的な性格や特徴にあてはまるか
  ●「ひとりの時間が大切」「集団よりひとりが楽しい」「ひとりでできないことがある」にあてはまる人が多い
 (2)「人間よりネットやアニメの方が落ち着く」が該当する人
  ●全体では7割が「あてはまらない」が、20代男性では約6割が「あてはまる」!
 (3)「『ひとり』で過ごす時間が最も大切である」が該当する人
  ●全体で約7割が「あてはまる」、「離別・死別者」は8割が「あてはまる」
 (4)「SNSによく投稿する」が該当する人
  ●「SNSによく投稿する」人は2割未満だが、20代男女、30代女性は約3割に上る
 (5)おひとりさま向けアダルトグッズの認知度
 (5-1)主要アダルトグッズ7項目の認知度
  ●「バイブレーター」「電マ」は約半数が認知、「TENGA」「ラブドール」は4割程度の認知度
 (5-2)「TENGA」の認知度
  ●「TENGA」は20~30代の男性の5割以上が認知、20代女性も過半数が認知
 (5-3)「バイブレーター」の認知度
  ●「バイブレーター」は40代の男性の7割が認知、20代・30代女性も過半数が認知
 (6)消費やサービスに対する「無人・セルフ」志向
 (6-1)消費やサービス10項目の「無人・セルフ」志向
  ●「ガソリンの給油」「駐車場・駐輪場」は「無人・セルフ」志向が高い
 (6-2)「飲食店での注文」で「無人・セルフ」を志向する人
  ●年齢が若い程「飲食店での注文」は「無人・セルフ」志向が強い
 (6-3)「受付・入店・サービス窓口での対応」で「無人・セルフ」を志向する人
  ●男性では年齢が若い程「無人・セルフ」志向が強い
Ⅲ.「ひとり」好きの属性・消費動向
 (1)「ひとり」が好まれるのはどんな行動か
 (1-1)レジャー等16分野における「ひとりでの行動が好まれる」比率
  ●「買い物」は6割が、「ゲーム」「映画」は4割程度が「ひとり」での行動を好む。
 (1-2)ひとりで行動する15分野の1回あたりの支出
  ●1回あたりの支出、金額平均が高いのは「旅行・ツアー」「ギャンブル」「買い物」
 (2)16分野の「ひとりが好き」回答者の属性
 (2-1)性別
  ●「性欲処理」「ギャンブル」「外食」は男性、「カラオケ」「買い物」は女性の割合が高い
 (2-2)男性年代別
  ●「買い物」は全世代、「ゲーム」は20~50代で「ひとりが好き」が多い
 (2-3)女性年代別
  ●「買い物」は全世代、20~40代は「ゲーム」、50代・60代は「映画」で「ひとりが好き」が多い
 (2-4)婚姻状況別
  ●「未婚」「離別・死別」は「旅行・ツアー」「住まい・生活」のひとりが好き率が高い
 (2-5)ひとり暮らしかどうか別
  ●1人暮らしは「旅行・ツアー」「外食」「ゲーム」「飲酒」「ギャンブル」「性欲処理」「自動車(ドライブ)」のひとり好き率が高い
 (3)16分野の「ひとりが好き」回答者の性格・特徴
 (3-1)「人間よりネットやアニメがよい」X「レジャー等16分野/ひとりが好き」
  ●ネット・アニメ好きは「買い物」「ゲーム」「映画」「住まい・生活」でひとり好き率が高い
 (3-2)「他人に合わせるのが苦手」X「レジャー等16分野/ひとりが好き」
  ●「買い物」「ゲーム」「映画」「カフェ・喫茶」でひとり好き率が高い
 (3-3)「ひとりで過ごす時間が大切」X「レジャー等16分野/ひとりが好き」
  ●「買い物」「ゲーム」「映画」「カフェ・喫茶」でひとり好き率が高い
 (3-4)「自分は『オタク』だと思う」X「レジャー等16分野/ひとりが好き」
  ●「買い物」「ゲーム」「映画」でひとり好き率が高い
 (3-5)「SNSによく投稿する」X「レジャー等16分野/ひとりが好き」
  ●「買い物」「ゲーム」「映画」でひとり好き率が高い
 (3-6)「『集団』より『ひとり』が楽しい」X「レジャー等16分野/ひとりが好き」
  ●「買い物」「ゲーム」「映画」「カフェ・喫茶」でひとり好き率が高い
 (3-7)「ひとりでしたいができないことがある」X「レジャー等16分野/ひとりが好き」
  ●「買い物」「ゲーム」でひとり好き率が高い
 (3-8)「死後お墓に入りたくない」X「レジャー等16分野/ひとりが好き」
  ●「買い物」「ゲーム」「映画」「カフェ・喫茶」でひとり好き率が高い
 (3-9)「死後、身内以外にも財産分与したい」X「レジャー等16分野/ひとりが好き」
  ●「買い物」「ゲーム」「映画」「カフェ・喫茶」でひとり好き率が高い
 (3-10)「ボランティアに参加したい」X「レジャー等16分野/ひとりが好き」
  ●「買い物」「ゲーム」「映画」でひとり好き率が高い
 (4)「旅行・ツアー」ひとり好きの消費動向
 (4-1)「旅行・ツアー」ひとり好きの1回あたりの支出
  ●平均支出は62,500円程度、年齢が高いほど支出が増える。女性50代・60代の支出が高い
 (4-2)「おひとりさま旅行・ツアー」の認知度
  ●代表的なおひとりさま旅行・ツアーの認知度は10~15%前後、80%以上の人に認知されていない。
 (5)「外食」ひとり好きの消費動向
 (5-1)「外食」ひとり好きの1回あたりの支出
  ●平均支出は2,800円程度、男性20代・40代・60代、女性40代の支出が高い。
 (5-2)ひとりでよく利用するファストフード店①(ランチ)
  ●ランチでは「マクドナルド」(1位)と「吉野家」(2位)が多く利用されている
 (5-3)ひとりでよく利用するファストフード店②(ディナー)
  ●ディナーでは「吉野家」「餃子の王将」「すき家」などが多く利用されているが分散している
 (5-4)ひとりでよく利用する立ち食い・立ち飲み店
  ●立ち食い・立ち飲み店では「いきなりステーキ」が多く利用され、居酒屋は低位であった
 (6)「買い物」ひとり好きの消費動向
 (6-1)「買い物」ひとり好きの1回あたりの支出
  ●平均支出は11.000円程度、男性60代の支出が高く、男性30代・40代の支出が低い
 (7)「映画」ひとり好きの消費動向
 (7-1)「映画」ひとり好きの1回あたりの支出
  ●平均支出は1,900円程度、年齢が低いほど支出が多い。男性20代・30代・40代、女性20代の支出が高い。
 (8)「遊園地・テーマパーク」ひとり好きの消費動向
 (8-1)「遊園地・テーマパーク」ひとり好きの1回あたりの支出
  ●平均支出は6,000円程度
 (9)「動物園・水族館・博物館」ひとり好きの消費動向
 (9-1)「動物園・水族館・博物館」ひとり好きの1回あたりの支出
   ●平均支出は2,900円程度、男性20代と女性30代、離別・死別者の支出が高い。
 (10)「カラオケ」ひとり好きの消費動向
 (10-1)「カラオケ」ひとり好きの1回あたりの支出
  ●平均支出は1,500円程度、男性20代・30代の支出が高い。
 (10-2)ひとりでよく利用するカラオケ店
  ●ひとりカラオケでは「まねきねこ」(1位)、「ビッグエコー」(2位)、「カラオケ館」(3位)が多く利用されている。
 (11)「スポーツ・アウトドア」ひとり好きの消費動向
 (11-1)「スポーツ・アウトドア」ひとり好きの1回あたりの支出
  ●平均支出は2,700円程度、男性60代、既婚の支出が高い。
 (11-2)ひとりでよく行くスポーツ・アウトドア
  ●ひとりでよく行うスポーツでは「ウォーキング」が圧倒的に多い。
 (12)「ライブ観戦(スポーツ・音楽・舞台など)」ひとり好きの消費動向
 (12-1)「ライブ観戦」ひとり好きの1回あたりの支出
  ●平均支出は7,000円程度、男性60代、既婚の支出が高い。
 (12-2)ひとりでよく行くライブ観戦
  ●「アーティストのライプ」と「プロ野球」が多く観戦されている
 (13)「ゲーム」ひとり好きの消費動向
 (13-1)「ゲーム」ひとり好きの1回あたりの支出
  ●平均支出は2,000円程度、男性60代・既婚の支出が高い。
 (14)「カフェ・喫茶」ひとり好きの消費動向
 (14-1)「カフェ・喫茶」ひとり好きの1回あたりの支出
  ●平均支出は1,600円程度、男性20代・30代・40代、女性40代の支出が高い。
 (14-2)ひとりでよく行くカフェ・喫茶店
  ●「スタバ」が1位、「ドトール」が2位
 (15)「酒」ひとり好きの消費動向
 (15-1)「酒」ひとり好きの1回あたりの支出
  ●平均支出は2,700円程度、男性20代・30代、女性40代の支出が高い。
 (15-2)ひとりでよく行く酒を飲むファミリーレストラン
  ●ひとり酒では「ガスト」が1位、「サイゼリヤ」が2位
 (16)「ギャンブル」ひとり好きの消費動向
 (16-1)「ギャンブル」ひとり好きの1回あたりの支出
  ●平均支出は14,300円程度、男性は全世代で総じて高く、女性は40代・50代の支出が高い。
 (17)「性欲処理」ひとり好きの消費動向
 (17-1)「性欲処理」ひとり好きの1回あたりの支出
  ●平均支出は6,700円程度、男性60代、離別・死別者の支出が高い。
 (18)「自動車(ドライブ)」ひとり好きの消費動向
 (18-1)「自動車(ドライブ)」ひとり好きの1回あたりの支出
  ●平均支出は3,100円程度、男性30代・60代の支出が高い。
Ⅳ.「ひとり」で食事以外に飲食店を利用する目的
 (1)「食事」以外で飲食店を利用する目的
 (1-1)目的
  ●1位「休息」、2位「時間調整」、3位「読書」の順に多くなっている
 (1-2)性別・婚姻別・年収別
  ●休息は女性、時間調整と読書は既婚者の利用が多い
 (1-3)男女年代別
  ●休息は女性40代・50代・60代が多い、時間調整は女性30代・40代、読書は、女性30代が多い

付録:アンケート調査票

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。