2018年版 介護食、高齢者食、治療食の市場実態と展望

発刊日
2018/09/下旬
体裁
A4 / 約350頁
資料コード
C60112500
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

140,400
130,000
10,400
140,400
130,000
10,400
172,800
160,000
12,800
280,800
260,000
20,800
313,200
290,000
23,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 高齢者人口は3,500万人時代に
  • 要支援・要介護者は640万人に
  • 高齢者の単身世帯が急増
  • 介護・高齢者食の市場規模は堅調に推移
  • 加工食品は施設向け、在宅向けに多様化
  • 生協、外食、流通が在宅配食に本格参入
  • 医療・介護現場の省力化ニーズに対応
  • 在宅市場が市場を牽引、新規参入促す
  • ロコモ、サルコペニア、フレイルが市場を後押し
  • 治療食市場は在宅向けで製品改良進む
  • 異常気象で経口補水液に注目集まる
  • 注目集める有力70社の個別戦略を掲載

リサーチ内容

2018年7月26日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

調査のポイント

1.市場動向
2.企業動向
3.展望と課題

第Ⅰ章 注目市場動向

1.介護食、高齢者食、治療食は成長市場
2.高齢化、単身化、生活習慣病が追い風
3.高齢者は病院、施設から在宅へ
4.注目されるフレイル、ロコモティブシンドローム
5.増え続ける要介護・要支援認定者
6.シニアの健康と食事
7.スマイルケア食の進捗状況
8.在宅高齢者の栄養管理ガイドライン
9.加工食品メーカーは高齢者食事業を強化
10.在宅配食サービスが市場を拡大
11.在宅配食サービスは冷凍タイプが増加
12.ドラッグストア、通販が介護食のメインチャネル
13.様々な形態に分化する濃厚流動食
14.暑さ対策で経口補水液市場に注目
15.注目集める介護予防食
16.介護食、高齢者食、治療食の将来展望

第Ⅱ章 介護食の市場分析

1.市場動向
  1)咀嚼困難者食
  2)嚥下食
  3)濃厚流動食
2.参入企業動向
  1)加工食品メーカー
  2)給食企業
  3)在宅配食企業
3.製品動向
  1)嚥下食(とろみ調整食品、ゲル化剤、デザートベース食品、水分補給ゼリー)
  2)咀嚼困難者食(やわらか食、ブレンダー食、形そのまま、ゼリー食)
  3)濃厚流動食(総合栄養流動食、病態に合わせた組成の流動食)
4.市場規模推移(2013~2017年度)
5.カテゴリ別市場構成比(2017年度)
6.現状の問題点と課題
7.今後の市場見通し
8.市場規模予測(2018~2022年度)

第Ⅲ章 高齢者食の市場分析

1.市場動向
2.参入企業動向
  1)加工食品メーカー
  2)給食企業
  3)在宅配食企業
3.製品動向
  1)健康バランス食(在宅配食サービス)
  2)予防食
4.市場規模推移(2013~2017年度)
5.カテゴリ別市場構成比(2017年度)
6.現状の問題点と課題
7.今後の市場見通し
8.市場規模予測(2018~2022年度)

第Ⅳ章 治療食の市場分析

1.市場動向
  1)入院患者食、入所高齢者食
  2)在宅配食サービス
  3)加工食品
2.参入企業動向
  1)加工食品メーカー
  2)給食企業
  3)在宅配食企業
3.製品動向
  1)エネルギーコントロール食(給食、在宅配食サービス、加工食品)
  2)脂質コントロール食(給食、在宅配食サービス、加工食品)
  3)たんぱく質コントロール食(給食、在宅配食サービス、加工食品)
4.市場規模推移(2013~2017年度)
5.カテゴリ別市場構成比(2017年度)
6.現状の問題点と課題
7.今後の市場見通し
8.市場規模予測(2018~2022年度)

第Ⅴ章 有力介護・高齢者食、治療食企業の個別実態

<加工食品メーカー>
(以下より35~40社を掲載)
アサヒグループ食品、旭松食品、味の素、アボットジャパン、イーエヌ大塚製薬、伊那食品工業、ウエルハーモニー、H+Bライフサイエンス、大塚製薬工場、大塚食品、カゴメ、カセイ食品、キッセイ薬品工業、キユーピー、クラシエ薬品、クリニコ、グンプン、サラヤ、大和製罐、テルモ、トーアス、ニチレイフーズ、日油、日清オイリオグループ、ニプロ、日本水産、ニュートリー、ネスレ日本、ハウス食品、林兼産業、バイオテックジャパン、バランス、フードケア、ファイン、ふくなお、伏見製薬所、フジッコ、ベスト、ヘルシーフード、北洋本多フーズ、ホリカフーズ、マルハチ村松、マルハニチロ、三島食品、宮源、明治、ヤヨイサンフーズ、療食サービス、その他

<給食・在宅配食サービス企業>
(以下より30~35社を掲載)
アスモフードサービス、あおもりコープフーズ、秋田キャッスルホテル、一冨士フードサービス、イフスコヘルスケア、ウオクニ、魚国総本社、エ-ムサービス、栄食メディックス、栄養食、NECライベックス、エム・ティー・フード、オーシャンシステム、大阪いずみ市民生活協同組合、クックデリ、グローカル・アイ、グローバルキッチン、グリーンハウス、コープこうべ、コープさっぽろ、四国医療サービス、シダックスフードサービス、シニアライフクリエイト、ジョイント、シルバーライフ、西洋フード・コンパスグループ、ソーシャルクリエーション、タイヘイ、ティー・エフ・ピー、テスティパル、
トーカイフーズ、東京天竜、トオカツフーズ、トモ、東洋食品フードサービス、どうきゅう、ナリコマエンタープライズ、ニチダン、日米クック、日京クリエイト、ニックス、ニッコクトラスト、日清医療食品、日総、日本栄養給食協会、日本給食サービス、日本ケータリング、日本国民食、日本ゼネラルフード、ハークスレイ、はーと&はあとライフサポート、ハーベスト、葉隠勇進、HITOWAフードサービス、ファンズエーピー、ファンデリー、フジ産業、富士産業、ベストフードサービス、ベネッセパレット、ベネミール、ホンダ開発、馬渕商事、マルタマフーズ、マルワ、ミールケア、三菱電機ライフサービス、みやぎ保健企画、武蔵野フーズ、村上給食、メーキュー、メディカルフードサービス、メフォス、淀川食品、LEOC、レクトン、レパスト、ロイヤルコントラクトサービス、ワタミ、その他

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

140,400
130,000
10,400
140,400
130,000
10,400
172,800
160,000
12,800
280,800
260,000
20,800
313,200
290,000
23,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。