2018年版 給食市場の展望と戦略

事業所対面給食は、東京都心を除きオフィスの新築・移転は一巡したが、工場の海外移転は中国のカントリーリスクやASEAN諸国の人件費高騰から国内回帰の傾向にある。一事業所あたりの喫食数も伸びている。
弁当給食は、小規模な事業所や工場が需要の中心で、従業員数の減少は未だ続いており、微減傾向にある。一方、在宅高齢者向けの配食サービスは、市場を牽引したワタミの失速を除き、生協や給食サービス企業の本格参入で需要が掘り起こされ拡大傾向にある。2市場のせめぎ合いで弁当給食はプラス成長である。
病院給食の外部委託化は進んでいるが、既に安定期にあり、病院数や病床数の減少から市場は継続的に縮小している。なお、同じメディカル給食でも高齢者施設給食等は堅調に推移しており、有料老人ホームを中心に数少ない成長分野である。
学校給食の民間委託化は堅調推移している。実施率の低かった中学校の完全給食拡大もあり注目されている。少子化で喫食者の小・中学生数は減少傾向にあるが給食喫食数は伸びている。幼稚園では他園との差別化から、弁当持参から給食実施へシフトする施設が増えている。また、文部科学省が推進する『食育』もこれを後押ししている。一方、保育所は政府や地方自治体が待機児童解消を積極化しており、保育施設の拡充を図っている。園児数の増加から給食需要は堅調である。
高齢者と事業所向けの給食が市場を牽引した結果、2013年度に前年対比100.5%、4兆4,712億円であった給食市場は、2017年度には同101.6%、4兆7,219億円に拡大した。

発刊日
2018/06/29
体裁
A4 / 463頁
資料コード
C60109200
PDFサイズ
6.5MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

140,400
130,000
10,400
140,400
130,000
10,400
172,800
160,000
12,800
280,800
260,000
20,800
313,200
290,000
23,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:給食市場(事業所対面給食、弁当給食〔高齢者向け在宅配食サービス含む〕、病院給食、高齢者施設給食等、学校給食、幼稚園・保育所給食)における、市場の現状と方向性、及び参入企業の事業戦略を調査・分析することで、2022年の給食市場を展望することを目的として実施した。
調査対象市場:日本国内の給食6市場(事業所対面給食、弁当給食(事業所弁当給食、在宅配食サービス)、病院給食(病院、診療所)、高齢者施設給食(特養、老健、有料老人ホーム)、学校給食、幼稚園・保育所給食)
調査対象企業:給食サービス企業 30 社(詳細は目次参照)
調査方法:直接面接調査と電話による間接調査、及び、各種統計資料、各種協会・団体資料の収集、分析
調査期間:2018年4月~2018年6月

調査結果サマリー
Close

給食市場に関する調査を実施(2018年)
2017年度の給食市場規模は前年度比1.6%増の4兆7,219億円に
~高齢者向け給食と事業所向け給食が市場を牽引~

資料ポイント
Close

  • 2022年、給食市場は5兆円を超える
  • 高齢化と健康志向が給食市場に大きく影響
  • 健康管理に重点置く事業所対面給食
  • 事業所弁当は昼食の多様化で微減
  • 在宅配食で国が栄養管理ガイドラインを設置
  • 在宅配食はチルドから冷凍に拡大
  • 有料老人ホームが高齢者施設給食を牽引
  • 高齢者施設の外部委託が更に進行
  • 予防食が高齢者の低栄養を改善
  • 学校、幼稚園・保育所は民間委託が更に進む
  • 調理現場の人手不足で加工品の使用拡大
  • 人手不足がCK設置を後押し
  • 注目集める有力30社を徹底研究
  • 給食サービス企業570社名鑑を掲載

資料概要
Close

第Ⅰ章 注目業界動向
第Ⅱ章 マーケットの現状分析と展望
第Ⅲ章 有力給食サービス企業の市場戦略分析
第Ⅳ章 有力給食サービス企業の個別実態(30社)
第Ⅴ章 全国給食サービス企業名鑑(570社)

リサーチ内容

調査のポイント

1.市場動向
2.企業動向
3.展望と課題

第Ⅰ章 注目業界動向

1.変化する4兆7,000億円の給食市場
2.給食施設数の増減傾向と市場背景
3.多様化する給食市場・企業(M&A、海外展開、異業種参入)
4.人手不足で加工食品とCKに注目集まる
5.見直し必要な産業給食とメディカル給食の公的負担
6.注目集める学校給食、幼稚園・保育所給食
7.在宅高齢者の栄養管理ガイドラインの設置
8.注目集める配食サービス、生協、外食が本格参入
9.NSTで栄養管理の重要性を認識
10.嚥下食、咀嚼困難者食の市場は堅調推移
11.新たに生まれた介護予防食の概念
12.コスト削減に貢献する食材調達企業

第Ⅱ章 マーケットの現状分析と展望

1.全体市場(2013~2017年度)~高齢者と事業所向けが市場を牽引
  1)給食の総市場規模推移(2013~2017年度)~前年対比101.6%、4兆7,219億円に
  2)給食の分野別市場構成比(2017年度)~景気回復で事業所対面給食が伸長
  3)給食の地域別市場構成比(2017年度)~関東が32.9%で最大
  4)給食サービス企業シェア(2017年度)~上位20社で23%
  5)給食市場の拡大要因と阻害要因~様々に交錯
  6)今後の市場見通し~産業構造と人口構成が給食市場に影響
  7)給食の総市場規模予測(2018~2022年度) ~5兆円を超える市場に
2.事業所対面給食~市場は回復、前年比102.3%
  1)市場動向
  2)参入企業動向
  3)市場規模推移(2013~2017年度)
  4)現状の問題点と課題
  5)今後の市場見通し
  6)市場規模予測(2018~2022年度)
3.弁当給食~事業所向けを高齢者向けがカバーし市場は微増
  1)市場動向
  2)参入企業動向
  3)市場規模推移(2013~2017度)
  4)現状の問題点と課題
  5)今後の市場見通し
  6)市場規模予測(2018~2022年度)
4.病院給食~病床数減少の中、委託率は上昇
  1)市場動向
  2)参入企業動向
  3)市場規模推移(2013~2017年度)
  4)現状の問題点と課題
  5)今後の市場見通し
  6)市場規模予測(2018~2022年度)
5.高齢者施設給食~市場規模は堅調推移、9,300億円超
  1)市場動向
  2)参入企業動向
  3)市場規模推移(2013~2017年度)
  4)現状の問題点と課題
  5)今後の市場見通し
  6)市場規模予測(2018~2022年度)
6.学校給食~民間委託が鈍化も、今後数年で50%超に
  1)市場動向
  2)参入企業動向
  3)市場規模推移(2013~2017年度)
  4)現状の問題点と課題
  5)今後の市場見通し
  6)市場規模予測(2018~2022年度)
7.幼稚園・保育所給食~制度変更と新設増で保育所が注目集める
  1)市場動向
  2)参入企業動向
  3)市場規模推移(2013~2017年度)
  4)現状の問題点と課題
  5)今後の市場見通し
  6)市場規模予測(2018~2022年度)

第Ⅲ章 有力給食サービス企業の市場戦略分析

1.給食事業の方針と展開パターン(事業スキーム)
2.調理加工方法とCKの設置状況
3.メニュー開発と食材調達、物流対策
4.営業状況(営業体制、注力地域・ユーザー)
5.鮮度維持・安全管理対策、人材教育方法
6.海外展開(日系企業のサポート、海外法人設立)
7.今後の市場戦略

第Ⅳ章 有力給食サービス企業の個別実態(30社)

あおもりコープフーズ
  ~CK/SK方式で生産性向上、食数増加に向け人材育成~

一冨士フードサービス
  ~メディカル・シルバー、保育所給食が産業給食をカバー~

イフスコヘルスケア
  ~高齢者施設給食が構成比を高め、保育所給食が伸長~

魚国総本社
  ~ASPを積極活用、自然農園とも複数契約~

エームサービス
  ~健康経営支援に加え、スポーツ選手の栄養サポートにも一日の長~

NECライベックス
  ~グループ外事業所に加え、学校と保育所を強化~

グリーンハウス
  ~社員の健康作りを推進、受託先でも健康メニューを充実~

シダックスフードサービス
  ~トータルアウトソーシングの受託でグループシナジー高める~

シニアライフクリエイト
  ~やわらか弁当を強化、人手不足で特助くんが拡大~

シルバーライフ
  ~製造から配達を一気通貫、連携強化で企業価値を向上~

玉子屋
  ~効率的なマネジメントで、1食450円を維持~

東洋食品
  ~学校給食の専門企業、追い風を受け業績拡大~

東洋食品フードサービス
  ~事業分割により主にメディカル給食、保育所給食を受託~

ナリコマエンタープライズ
  CK食材活用、高齢者施設に特化~

日米クック
  ~創業65周年を迎え、新たな取り組みを強化~

ニッコクトラスト
  ~学校給食と保育所給食が伸長~

日清医療食品
  ~ISO26000による企業統治を推進~

日総
  ~有料老人ホーム、サ高住が好調、リージョナルトップとして道内で総合展開~

日本ゼネラルフード
  ~次の50年を見据え新本社へ移転、研究開発設備など拡充~

ハーベスト
  ~学校給食が伸長、学校給食専門企業を設立~

ファンズエーピー
  ~給食会社の共同仕入れ会社、加盟社の売上高総計は6,400億円~

富士産業
  ~F/Lコストが上昇する中、高レベルの人材を育成~

ベスト
  ~地元密着で給食事業を総合展開、配食は1日800食~

ミールケア
  ~首都圏中心に幼稚園・保育所給食が堅調~

メーキュー
  ~高齢者施設給食と学校給食が業績牽引~

メフォス
  ~学校給食、保育所給食が二桁成長~

幼稚園給食
  ~保育所5ヶ所、幼稚園「認定こども園」13ヶ所で園内調理へ~

LEOC
  ~コミュニケーション充実、定年延長や様々な施策で離職率低減~

レパスト
  ~多様な人材施策で雇用の安定図る~

ワタミ(宅食事業)
  ~宅食事業は23万3,000食/日に~

第Ⅴ章 全国給食サービス企業名鑑(570社)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

140,400
130,000
10,400
140,400
130,000
10,400
172,800
160,000
12,800
280,800
260,000
20,800
313,200
290,000
23,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。