2019 ベビー・こども服市場年鑑

少子化の時代、ひとりの子供に費やす金額は年々増えていますが、ベビー・こども服の市場自体は他のアパレル分野同様に厳しい環境下にあります。しかし、淘汰される企業もあるなかで、新規参入する企業も少なくありません。二桁成長を続けている企業もあります。苦戦を強いられていた百貨店や量販店でも、“ライフスタイル提案”や“コト体験”などを切り口に、新たな戦略に出ています。3世代が購買するという特異な消費行動を踏まえ、シニアを狙った戦略、ファミリーを切り口にした戦略も多く目にするようになっています。
このような概況下、業績を伸ばしている企業、顧客に支持されている企業など、注目の動きを取材し、まとめました。ベビー・こども服関連企業の個表や各種統計による多角的な情報等を満載。商品開発・売場拡大・経営戦略・営業開拓・新規事業参入に、また市場の行方を探る資料として、ぜひご活用ください。

発刊日
2019/03/下旬
体裁
A4 / 約350頁
資料コード
C60126100
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

140,400
130,000
10,400
140,400
130,000
10,400
172,800
160,000
12,800
280,800
260,000
20,800
313,200
290,000
23,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 各社の取り組みを徹底取材
    ・ベビー・こども服関連企業の戦略分析~商品、チャネルなど直接取材レポート
    ・ベビー・こども服関連企業の概要表~メーカー/卸/SPA/専門小売店/通販
    ・チャネル別、アイテム別市場規模
    ・ベビー・こども服関連企業の売上高ランキング
    ・小売市場の動向分析~百貨店、量販店、専門店、総合衣料品店、通販など各チャネルの行方を予測
  • ベビー・こども服業界を体系的に調査した業界人必携のマーケティング資料
  • 参入大手各社への直接取材・各種統計より当該市場全容を分析、市場の行方を予測

リサーチ内容

2019年2月4日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

第1編:ベビー・こども服小売市場

《ベビー・こども服小売市場規模の推移と予測》
  ◆ベビー市場規模推移
  ◆チャネル別市場規模(百貨店/量販店/専門店/通販・その他)
  ◆カテゴリー別市場規模(ベビー/トドラー・キッズ/スクール・ジュニア)
《チャネル別販売動向》

Ⅰ.百貨店市場
  1.全国百貨店売上高
  2.大手百貨店の売上動向と主要百貨店の近況
  3.百貨店のベビー・こども服売場動向
    ・百貨店チャネルの市場規模
    ・百貨店のベビー・こども服売場の動向
Ⅱ.量販店市場
  1.量販店売上高
  2.量販店のベビー・こども服売場動向
    ・量販店チャネルの市場規模
    ・量販店のベビー・こども服売場の動向
Ⅲ.専門店(総合衣料品店、アパレル直営店含む)市場
  1.専門店におけるベビー・こども服の動向
    ・専門店チャネルの市場規模
    ・専門店チャネルの各社取り組み動向
    ・ベビー・こども服アパレルの直営店戦略
  2.ショッピングセンター(SC)の動向
Ⅳ.通信販売市場
  1.通信販売業界の動向
  2.通信販売におけるベビー・こども服の動向
    ・通販チャネルの市場規模
    ・各社の取り組み動向
Ⅴ.インバウンド動向
《ベビー・こども服〔小売〕売上高ランキング(2015年度)》

第2編:ベビー・こども服メーカー/卸市場

《ベビー・こども服卸売市場規模の推移と予測》
  ◆ベビー・こども服卸売市場規模推移
  ◆ベビー・こども服アパレル企業の動向
    ・チャネル戦略
    ・プロモーション戦略
    ・海外生産・海外販売への取り組み
    ・課題と中期戦略
《ベビー・こども服の国内生産動向》
  工業統計に見る生産動向
《ベビー・こども服の輸入動向》
  貿易統計に見る製品輸入動向
《ベビー・こども服〔卸〕売上高ランキング(2015年度)》

第3編:ベビー・こどもアイテム海外ブランド動向

《ベビー・こども海外アイテム市場規模・動向》
《有力ブランド動向》
  GAP、プチバトー、H&Mなど
《ブランド一覧》

第4編:ベビー・こども服消費者市場

《人口動態に見る消費者動向》
  年少人口の動態
  出生数の動態
《家計調査年報に見る消費者動向》
  家計収支の概要
《訪日外国人動向》
  訪日外国人観光客数推移
  訪日外国人消費推移・動向

第5編:ベビー・こども服関連企業実態調査

I.主要メーカー・小売詳細個表
(株)赤ちゃん本舗、イオンリテール(株)、(株)しまむら、(株)ストンプ・スタンプ、タキヒヨー(株)、(株)髙島屋、(株)ナルミヤ・インターナショナル、(株)西松屋チェーン、(株)ニットプランナー、(株)ノーザンスカイ、(株)バンダイ、(株)ファミリア、(株)マーキーズ、丸高衣料(株)、三起商行(株)、(株)三越伊勢丹、(株)ユニクロ、(株)リトルアンデルセン など

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

140,400
130,000
10,400
140,400
130,000
10,400
172,800
160,000
12,800
280,800
260,000
20,800
313,200
290,000
23,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。