2020年版 ベビー関連市場マーケティング年鑑

少子化の進行によって、ベビー関連市場の多くは、長期的な漸減トレンドにある。出生数が減少傾向にあり、需要層の拡大が期待しにくい中、ベビー関連商品・サービスにおける需要喚起のひとつとして、安全性(信頼性)や品質、機能性、ファッション性の向上による更なる価値訴求が挙げられる。参入事業者各社には、安全・安心を第一に、ユーザー(赤ちゃん或いは親)目線に立ち、子育ての悩みや負担を解消・軽減するニーズを汲み取った商品開発を進め、子育てのサポートに留まらず、子育てが楽しくなるような商品提案が求められている。こうした市場環境下、ベビー・マタニティ・育児支援に関する商品・サービスのマーケットを体系的に捉え、各商品・サービス分野の市場分析と今後の市場見通しを展望する。

発刊日
2019/12/下旬
体裁
A4 / 約330頁
資料コード
C61118200
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

2019年11月26日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

第1章 ベビー関連市場の動向

1.ベビー関連ビジネスの市場規模推移
2.ベビー関連ビジネスの参入事業者の動向
  (1)ベビー用品メーカー
  (2)ベビー用品専門店
  (3)ベビー・子ども服関連小売事業者
  (4)ベビー及び親子向け各種サービス
3.ベビー用品流通市場の動向
  (1)ベビー用品専門店
    ・主要専門店の売上高推移
    ・主要専門店のPB戦略
  (2)百貨店
    ・百貨店における子供服・洋服の売上高推移
    ・主要百貨店3社の子供服・洋服の売上高推移
  (3)ネット通販
    ・ベビー・マタニティ向け通販サイトの概況
    ・商品別ショッピングサイト利用状況
    ・ベビー用品購入時に利用するショッピングサイト
    ・ベビー専門事業者のネット通販事業の取り組み
4.出産・育児を取り巻く市場環境
  (1)日本国内における出生数の推移と動向
    ・出生数の推移
    ・合計特殊出生率の推移
  (2)婚姻件数の推移
  (3)ベビー人口の推移
  (4)男性の育児参加の動向・影響
  (5)出産・育児を取り巻く市場環境
5.ベビーテック・スマートベビー用品の展開状況
  (1)市場概況
  (2)商品展開状況
    【参考】ベビー市場における消費者動向(※2018年調査結果を一部再掲)
    ・ベビー関連商品の消費支出の動向
    ・ベビー関連商品の購入決定者
    ・専業主婦と兼業主婦の消費動向比較

第2章 商品・サービス分野別市場動向

各分野について以下の項目を掲載。
①市場規模推移【2012~2018年実績、2019~2020年予測】
②市場概況
③主要企業動向

1.出産・育児用品
  (1)哺乳瓶・乳首
  (2)ベビー用食器
  (3)ベビー用紙おむつ
  (4)スキンケア関連商品
  (5)ベビーベッド・子ども用寝具
  (6)ベビーカー
  (7)ベビーチェア・ベビーラック
  (8)チャイルドシート
  (9)ベビーキャリア(抱っこひも)
  (10)ベビー用オーラルケア用品(※市場概況、主要企業動向を掲載)
2.食品
  (1)粉ミルク
  (2)ベビーフード
3.衣料品・身の回り品
  (1)ベビーウェア
  (2)ベビーシューズ
  (3)マタニティウェア
4.玩具・知育・情報
  (1)育児雑誌
  (2)絵本・知育本
  (3)知育・乳幼児玩具
5.関連サービス
  (1)マタニティスクール
  (2)保育園・託児所
  (3)ベビーシッター
  (4)ベビー用品レンタルサービス

第3章 ベビー関連事業者の個別動向(企業個票)

・詳細データ収録企業(20社程度を掲載予定)
(株)赤ちゃん本舗、アサヒグループ食品(株)、アップリカ・チルドレンズプロダクツ(同)、キユーピー(株)、(株)くもん出版、コンビ(株)、コンビウィズ(株)、(株)JPホールディングス、(株)ダッドウェイ、(株)西松屋チェーン、日本トイザらス(株)、ピープル(株)、ピジョン(株)、ピジョンハーツ(株)、ブリオジャパン(株)、(株)ポピンズ、マテル・インターナショナル(株)、三起商行(株)、(株)明治、森永乳業(株)

第4章 ベビー関連事業者リスト

・ベビー関連事業者リスト
(1)ベビー用品
(2)紙おむつ・スキンケア用品
(3)粉ミルク・ベビーフード
(4)ベビー服・ベビー靴
(5)乳幼児向け玩具
(6)乳幼児向け出版
(7)保育園・託児所・ベビーシッター
(8)ベビー用品レンタル・リサイクル
(9)キャラクター商品
(10)流通
(11)書籍(ベビー親向け情報誌/赤ちゃんの名づけ)
(12)乳幼児向けスクール
(13)その他サービス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。