2018 CAE市場の実態と展望

開発リードタイムの短縮、開発コスト圧縮といった観点から、CAEはなくてはならないものになりつつある。HPCクラウドサービスの普及により、計算処理速度の向上と計算コストの低減が実現し、CAEが実用的になりつつある。設計の最適化、モデルベース開発、オープンソースの適用などを背景に、CAEの注目度が挙がっている。本調査レポートでは、解析種類別にCAEツールの詳細販売動向を掲載するとともに、直近の市場動向について徹底解説した。

発刊日
2018/06/18
体裁
A4 / 309頁
資料コード
C60102500
PDFサイズ
4.9MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

216,000
200,000
16,000
216,000
200,000
16,000
248,400
230,000
18,400
432,000
400,000
32,000
464,400
430,000
34,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、「お問い合わせ」からご請求ください。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:本レポートは、CAEメーカーおよびベンダーの製品戦略分析、およびユーザー企業の製品選定に資するものとして、CAE市場の実態を調査・分析することを目的とする。
調査対象企業:機械系CAEメーカー33社、数値解析メーカー3社、バイオロジクス・計算化学メーカー6社
調査方法:直接面接取材、文献調査その他データ収集
調査期間:2018年1月~2018年5月

調査結果サマリー
Close

機械系CAE市場に関する調査を実施(2018年)
2017年の機械系CAE世界市場規模は前年比6.7%増、2018年も同8.2%増と予測
​~製造業の強気な設備投資はCAE市場にも好影響~

資料ポイント
Close

  • CAE(Computer Aided Engineering)ツールの市場動向を、解析種類別に徹底調査
  • <解析種類>構造解析(線形)、構造解析(非線形)、機構解析、衝突解析、プレス成形解析、樹脂成形解析、鋳造解析、鍛造解析、熱流体解析、磁場解析、音響解析、MEMS解析、その他機械系CAE、1DCAE、数値解析、バイオロジクス解析、計算化学

資料概要
Close

Ⅰ.総論
Ⅱ.データ編
Ⅲ.主要アプリケーション分野の動向
Ⅳ.主要メーカーの戦略展望
Ⅴ.個別企業編

リサーチ内容

調査結果のポイント

1.市場動向
  1.1.機械系CAE売上高の推移(全世界)
  1.2.機械系CAE売上高の推移(日本国内)
  1.3.機械系CAEアプリケーション分野別集計
  1.4.機械系CAE市場規模予測(全世界/2016-2023)
  1.5.機械系CAE市場規模予測(日本国内/2016-2023)
2.企業動向
  2.1.機械系CAE市場シェア(全世界)
  2.2.機械系CAE市場シェア(日本国内)
  2.3.1DCAE市場シェア(日本国内)
  2.4.数値解析市場シェア(日本国内)
  2.5.バイオロジクス市場シェア(日本国内)
  2.6.計算化学市場シェア(日本国内)
3.展望と課題

Ⅰ.総論

1.CAE市場概況
  1.1.2017年の機械系CAE市場は約3,365百万USドル(全世界)
  1.2.日本国内は約762億円(6.0%増)
  1.3.一段落感があるCAE市場
  1.4.オープンソースの普及がすすむ
  1.5.AIがCAEに革新を起こす
  1.6.MBSEとCAEの連携
  1.7.バイオロジクスと計算化学は今後大きく成長が見込まれる
  1.8.CAE市場の展望と課題
2.CAE市場中期予測
  2-1.機械系CAE市場予測(全世界/メーカー出荷ベース/2016-2023予測)
  2-2.機械系CAE地域別市場予測(全世界/メーカー出荷ベース/2016-2023予測)
  2-3.ソフトウェアライセンス、サービス別市場予測(全世界/メーカー出荷ベース/2016-2023予測)
  2-4.機械系CAE市場予測(日本国内/メーカー出荷ベース/2016-2023予測)
  2-5.ソフトウェアライセンス、サービス別市場予測(日本国内/メーカー出荷ベース/2016-2023予測)
    2-5-1.ソフトウェアライセンス市場予測(日本国内/メーカー出荷ベース/2016-2023予測)
    2-5-2.サポート・保守・サービス市場予測(日本国内/メーカー出荷ベース/2016-2023予測)
  2-6.アプリケーション別市場予測(日本国内/メーカー出荷ベース/2016-2023予測)
    2-6-1.構造解析(線形)市場予測(日本国内/メーカー出荷ベース/2016-2023予測)
    2-6-2.構造解析(非線形)市場予測(日本国内/メーカー出荷ベース/2016-2023予測)
    2-6-3.機構解析市場予測(日本国内/メーカー出荷ベース/2016-2023予測)
    2-6-4.衝突解析市場予測(日本国内/メーカー出荷ベース/2016-2023予測)
    2-6-5.プレス成形解析市場予測(日本国内/メーカー出荷ベース/2016-2023予測)
    2-6-6.樹脂射出成形解析市場予測(日本国内/メーカー出荷ベース/2016-2023予測)
    2-6-7.鋳造解析市場予測(日本国内/メーカー出荷ベース/2016-2023予測)
    2-6-8.鍛造解析市場予測(日本国内/メーカー出荷ベース/2016-2023予測)
    2-6-9.熱流体解析市場予測(日本国内/メーカー出荷ベース/2016-2023予測)
    2-6-10.磁場解析市場予測(日本国内/メーカー出荷ベース/2016-2023予測)
    2-6-11.音響解析市場予測(日本国内/メーカー出荷ベース/2016-2023予測)
    2-6-12.MEMS解析市場予測(日本国内/メーカー出荷ベース/2016-2023予測)
    2-6-13.その他機械系CAE市場予測(日本国内/メーカー出荷ベース/2016-2023予測)
3.機械系に属さない解析ソフト
  3-1.1DCAE市場予測(日本国内/メーカー出荷ベース/2016-2023予測)
  3-2.数値解析市場予測(日本国内/メーカー出荷ベース/2016-2023予測)
  3-3.バイオロジクス市場予測(日本国内/メーカー出荷ベース/2016-2023予測)
  3-4.計算化学市場予測(日本国内/メーカー出荷ベース/2016-2023予測)

Ⅱ.データ編

1.機械系CAEの出荷状況(全世界)
  1-1.機械系CAE売上高推移(全世界)
  1-2.機械系CAE売上高シェア(全世界)
  1-3.地域別売上高の推移
  1-4.ソフトウェアライセンスおよびサービス・保守別売上高の推移(全世界)
2.機械系CAEの出荷状況(日本国内)
  2-1.機械系CAE売上高推移(日本国内)
  2-2.機械系CAE売上高シェア(日本国内)
  2-3.ソフトウェアライセンス、サービス別売上高の推移(日本国内)
    2-3-1.ソフトウェアライセンス売上高の推移(日本国内)
    2-3-2.ソフトウェアライセンス売上高シェア(日本国内)
    2-3-3.サポート・保守・サービス売上高の推移(日本国内)
    2-3-4.サポート・保守・サービス売上高シェア(日本国内)
  2-4.機械系CAEアプリケーション別売上高推移(日本国内)
    2-4-1.構造解析(線形)売上高の推移(日本国内)
    2-4-2.構造解析(線形)メーカー別売上高の推移(日本国内)
    2-4-3.構造解析(非線形)売上高の推移(日本国内)
    2-4-4.構造解析(非線形)メーカー別売上高の推移(日本国内)
    2-4-5.機構解析売上高の推移(日本国内)
    2-4-6.機構解析メーカー別売上高の推移(日本国内)
    2-4-7.衝突解析売上高の推移(日本国内)
    2-4-8.衝突解析メーカー別売上高の推移(日本国内)
    2-4-9.プレス成形解析売上高の推移(日本国内)
    2-4-10.プレス成形解析メーカー別売上高の推移(日本国内)
    2-4-11.樹脂射出成形解析売上高の推移(日本国内)
    2-4-12.樹脂射出成形解析メーカー別売上高の推移(日本国内)
    2-4-13.鋳造解析売上高の推移(日本国内)
    2-4-14.鋳造解析メーカー別売上高の推移(日本国内)
    2-4-15.鍛造解析売上高の推移(日本国内)
    2-4-16.鍛造解析メーカー別売上高の推移(日本国内)
    2-4-17.熱流体解析売上高の推移(日本国内)
    2-4-18.熱流体解析メーカー別売上高の推移(日本国内)
    2-4-19.磁場解析売上高の推移(日本国内)
    2-4-20.磁場解析メーカー別売上高の推移(日本国内)
    2-4-21.音響解析売上高の推移(日本国内)
    2-4-22.音響解析メーカー別売上高の推移(日本国内)
    2-4-23.MEMS解析売上高の推移(日本国内)
    2-4-24.MEMS解析メーカー別売上高の推移(日本国内)
    2-4-25.その他機械系CAE売上高の推移(日本国内)
    2-4-26.その他機械系CAEメーカー別売上高の推移(日本国内)
3.機械系に属さない解析ソフトの出荷状況(日本国内)
  3-1.1DCAE売上高推移(日本国内)
  3-2.1DCAEメーカー別売上高の推移(日本国内)
  3-3.数値解析売上高推移(日本国内)
  3-4.数値解析メーカー別売上高の推移(日本国内)
  3-5.バイオロジクス売上高推移(日本国内)
  3-6.バイオロジクスメーカー別売上高の推移(日本国内)
  3-7.計算化学売上高推移(日本国内)
  3-8.計算化学メーカー別売上高の推移(日本国内)

Ⅲ.主要アプリケーション分野の動向

<機械系CAE>
  1.構造解析(線形)
  2.構造解析(非線形)
  3.機構解析
  4.衝突解析
  5.プレス成形解析
  6.樹脂成形解析
  7.鋳造解析
  8.鍛造解析
  9.熱流体解析
  10.磁場解析
  11.音響解析
  12.MEMS解析
  13.その他
<機械系に属さない解析ソフト>
  14.1DCAE
  15.数値解析
  16.バイオロジクス
  17.計算化学

Ⅳ.主要メーカーの戦略展望

アライドエンジニアリング
 『大規模解析に強いADVENTUREClusterを開発』
アンシスジャパン
 『ANSYS 19を発表』
ヴァイナス
 『多目的最適設計ソフトウェア「iDIOS」を発表』
MSCソフトウェア
 『MSC Apex Harris Hawkを発表』
シーメンスPLMソフトウェア
 『Simcenter 3Dの最新バージョンをリリース』
JSOL
 『生産技術CAEと材料設計の2本柱』
ソフトウェアクレイドル
 『MSCソフトウェアのグループ企業に』
先端力学シミュレーション研究所
 『最新のエンジニアリング技術とIT技術により5つの事業を展開』
ダッソー・システムズ
 『熱流体解析ソリューションの強化をはかる』

Ⅴ.個別企業編

<海外メーカー(アルファベット順)>
  Altair Engineering
  Ansys
  Autodesk
  AutoForm Engineering
  CoreTech System
  Dassault Systems
  DS SolidWorks
  ESI Group
  Flow Science
  FunctionBay
  MSC Software
  Siemens PLM Software
<国産メーカー(50音順)>
  株式会社アライドエンジニアリング
  株式会社ヴァイナス
  株式会社エルフ
  クオリカ株式会社
  サイエンス ソリューションズ株式会社
  サイバネットシステム株式会社
  株式会社JSOL
  株式会社先端力学シミュレーション研究所
  株式会社ソフトウェアクレイドル
  株式会社テクノスター
  東レエンジニアリング株式会社
  プロメテック・ソフトウェア株式会社

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

216,000
200,000
16,000
216,000
200,000
16,000
248,400
230,000
18,400
432,000
400,000
32,000
464,400
430,000
34,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。