2019 おひとりさま市場総覧

単独(一人暮らし)世帯や未婚者・非婚者の増加、ライフスタイルや趣味嗜好の多様化、女性の社会進出の進展などを背景に行動・消費がますます単独(おひとりさま)化している。
そのような環境下、本調査レポートでは様々な産業・業種における「ひとり(一人、独り)」を対象とした市場の動向を調査・分析し、幅広い業界の「おひとりさま」を対象としたビジネスの現状把握と将来性をまとめた。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:矢野経済研究所で定義した「おひとりさま」に関連する16分野と関連する事業者および業界団体。
対象分野は「外食」「中食」「賃貸住宅」「旅行」「ホテル・旅館」「カラオケ」「遊園地・テーマパーク」「フットサル」「婚活」「終活」「フィギュア」「ジグソーパズル」「セルフ給油」「コインランドリー」「セルフレジ」「セルフプレジャー」としている。
調査方法:事業者への面接取材、アンケート調査、電話調査、弊社独自の資料等により調査を実施
調査期間:2019年1月~2019年3月

調査結果サマリー
Close

おひとりさま関連16市場の動向調査を実施(2018年)
2018年のおひとりさま関連16市場では、16市場のうち14市場で成長の見込
~単身世帯の増加、一人で行動し楽しむ人が増えることで、おひとりさまが経済に与える影響は拡大していくと予測~

資料ポイント
Close

  • 「おひとりさま」市場16分野の市場動向・ポテンシャル等を調査
    「お一人さま」「お独りさま」「セルフサービス」各分野、計16市場のおひとりさま市場について、業界構造・市場規模推移・おひとりさま率・主要企業の取り組み・業界トピックス・今後の展望などを解説!
  • 独自解析「Xビジネスエンジン」によるブランド分析を4テーマで実施
    矢野経済研究所が保有する産業別市場データと独自の商品・サービス・ブランド計測システムを元に、おひとりさまに関連するブランドを「熱量」「魅力度」「温度」という観点から分析!
    ①ホテル市場:カプセルホテルチェーンの比較
    ②外食市場:ファストフード系外食チェーンのブランド比較
    ③外食市場:カフェ・喫茶チェーンのブランド比較
    ④外食市場:立ち食い・立ち飲み飲食チェーンの比較
  • 「おひとりさま」の消費行動をインターネットモニター調査で明らかに
    20代~60代を対象に「おひとりさま」のイメージ、性格・特徴、生活スタイル、趣味・嗜好、セルフ志向などを調査。16分野で「おひとりさま」の出現率を抽出、うち15分野の消費動向を調査。おひとりさまからの評価をランキング!
    「おひとりさま向け旅行ツアーの認知度」
    「よく利用するファストフード系チェーン店」
    「よく利用する立ち食い・立ち飲みチェーン店」
    「よく利用するカフェ・喫茶チェーン店」
    「ちょい飲み利用するファミリーレストラン」
    「よく利用するカラオケチェーン店」
    「よく行うスポーツ・アウトドア」
    「よく行くライブ観戦」

資料概要
Close

第1章 総論
第2章 注目事例分析
第3章 分野別市場動向
第4章 「おひとりさま」に関する消費者アンケート

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1章 総論

1.おひとりさま市場の環境
  爆発的成長を予感させる「おひとりさま」の構造的拡大!
   【表】「おひとりさま」の増加傾向を示す重要データ
  平均婚姻年齢は年々上昇
   【表】平均婚姻年齢状況
  婚姻件数が激減し離婚件数まで減少、少子化加速
   【表】出生/婚姻/離婚状況
  合計特出生率は微減傾向
   【表】合計特殊出生率推移
  単身世帯数は継続して拡大、全世帯の27%を占める
   【表】世帯構成の状況
  「高齢者のみ」の単身世帯は全世帯の12.4%を占めるように
   【表】高齢者世帯の状況
  男性は40代前半で30%、50代前半でも20%が未婚に!
   【表】未婚率/年代別・男女別 推移
2.おひとりさま市場の全体動向
  おひとりさま市場の定義
   【表】① おひとりさま(お一人さま)市場
   【表】② おひとりさま(お独りさま)市場
   【表】③ おひとりさま(セルフ分野)市場
  おひとりさま市場規模の推移
   【表】① おひとりさま(お一人さま)市場規模推移
   【表】② おひとりさま(お独りさま)市場規模推移
   【表】③ おひとりさま(セルフ分野)市場規模推移
  分野別「おひとりさま率」
   ・おひとりさま率が最も高い市場は「中食市場」
   ・おひとりさまの伸長率が最も高い市場は「フットサル市場」
   【表】2017年(年度)のおひとりさま率と伸長率
  「おひとりさま」に関する消費者調査との比較分析
   ・「遊園地・テーマパーク」「性欲処理」はおひとりさまのハードルが高い?!
   【表】おひとりさま率と「ひとり好き」な人の比率(消費者調査)の単純比較
  おひとりさま市場の今後の見通し
   【表】おひとりさま市場の今後の見通し

第2章 注目事例分析

1.注目事例分析① 一般社団法人ひとりとひとり
  事業者概要
  事業業況/活動内容
  1.資格試験やゲーム?「ひとりとひとり」のサービスの特徴
   ・フリーマガジンの発行だけでなく、資格試験やゲームなど活動は多岐にわたる
   ・「おひとりさま」に特化した活動・情報を発信する
    フリーマガジン「ひとりとひとり®」
   ・セミナー、勉強会の開催
   ・おひとりさま検定
   ・ゲーム会の開催
  2.おひとりさま市場へ切り込む事業戦略
  3.今後の展開、課題
   ・ひとりではできない「ひとりとひとり」
2.注目事例分析② 圧倒的おひとりさま消費「独身の日」
  ・「独身の日」とは?
  ・「独身の日」を仕掛けた「アリババ集団」
  ・「アリババ集団」事業者概要
  ・「アリババ集団」が「独身の日」を仕掛けた経緯
  ・「独身の日」の大規模オペレーションを支える
   「アリババ集団」の最先端テクノロジー
  ・「独身の日」の経済規模
   【図】中国における「独身の日」市場規模の推移
  ・「独身の日」に向けた日本および周辺国の取り組み
  ・注目される第二の「独身の日」
  ・「独身の日」の今後の見通しと「おひとりさま市場」
3.注目事例分析③ 世界のセルフプレジャーを支援する「TENGA」
  ・「TENGA」とは?
   【図】「TENGA」製品例:
  ・事業者概要
  ・(株)典雅の設立経緯
  ・ユニークなプロモーション戦略① バレンタインデー向け「義理TENGA」
  ・ユニークなプロモーション戦略② 季節需要の創造
  ・コラボアイテム商品・協業の拡大
  ・同社の主なコラボ・協業【表】
  ・秀逸なデザイン
  ・販売チャネルの拡大
   【図】「iroha」製品例:
  ・医療福祉分野に広がる「TENGA」

第3章 分野別市場動向

1.おひとりさま外食市場
  市場概況/市場定義/業界構造、市場の特徴
   【図】食品衛生法による許可を要する飲食店営業施設数推移
   【表】一般外食店 主要事業者一覧
  外食市場全体の動向
   ・一般外食市場規模は6年連続のプラス成長
   【図】一般外食店 市場規模推移
   【表】一般外食店 業態別市場規模推移
   【図】一般外食店 業態別シェア
  おひとりさま外食市場規模
   ・2017年度のおひとりさま外食市場は7兆6,415億円、
    おひとりさま率は37.0%
   【図】おひとりさま外食市場規模推移
   【表】外食市場の業態別おひとりさま市場規模
   【図】外食市場のおひとりさま率
  主要事業者の動向
   ・「ちょい飲み」人気拡大で、ファミレス、ファストフード、
    カフェ業態などで参入が相次ぐ
   ・おひとりさまのくつろぎの場として、フルサービス型カフェが人気に
  外食チェーン店の比較 by Xビジネスエンジン
   ①ファストフード系外食チェーンのブランド比較
   ②カフェ・喫茶チェーンのブランド比較
   ③立ち食い・立ち飲みチェーンのブランド比較
  業界トピックス
   ・おひとりさま向け新業態「焼肉のファストフード店」がオープン
  今後の展望
   ・「おひとりさま」需要は今後も堅調を見込むも、
    コスト高が外食産業全般の懸念材料
2.おひとりさま中食(持ち帰り弁当・惣菜店)市場
  市場概況/市場定義/業界構造、市場の特徴
   【図】1世帯当たりの年間食料品支出に占める「中食(調理食品)」の構成比
   【図】1世帯当たりの年間食料品支出に占める「中食(調理食品)」の支出額推移
   【表】中食事業者(持ち帰り弁当・惣菜店)ランキング
   【図】持ち帰り弁当・惣菜店部門売上シェア
  中食市場全体の動向
   ・中食市場は市場規模拡大が続く
   【図】中食(持ち帰り弁当・惣菜店)市場規模推移
  おひとりさま中食市場規模推移
   ・2017年度のおひとりさま中食市場は8兆1,000億円、
    おひとりさま率は81.8%
   【図】おひとりさま中食市場規模推移
   【図】中食市場のおひとりさま率
  主要事業者の動向
   【表】主要各社のメインコンセプトと主力商品、主な事業戦略
  今後の展望
3.おひとりさま賃貸住宅市場
  市場概況/市場定義/業界構造、市場の特徴
   【図】世帯類型別世帯数の推移
   【表】主な賃貸住宅開発・管理事業者
   【表】主な賃貸仲介事業者
  賃貸住宅市場全体の動向
   ・2017年度の新設着工戸数は3年ぶりの減少
   【図】賃貸住宅新設着工数
   【表】賃貸住宅メーカー3社の賃貸住宅供給戸数実績
  おひとりさま賃貸住宅市場規模
   ・2017年度のおひとりさま賃貸住宅市場規模は13,210千戸
   【図】おひとりさま賃貸住宅市場規模推移
  主要事業者の動向
   大東建託/東建コーポレーション/レオパレス21
  業界トピックス
   ・都心を中心にコンパクトタイプのワンルーム人気が上昇
  今後の展望
   ・消費税増税による賃貸住宅への影響は過去の増税時に比べて小規模に
4.おひとりさま旅行市場
  市場概況/市場定義/業界構造、市場の特徴
   【表】主な旅行業者
   【表】主なひとり旅行会社の比較
  旅行市場全体の動向
   【表】旅行市場の推移
   【図】日本人海外旅行者数の推移
  おひとりさま旅行市場規模
   ・国内のおひとりさま旅行市場規模は8,700億円、おひとりさま率は17.4%
   【図】おひとりさま旅行市場(国内)規模推移
   【図】おひとりさま旅行市場(海外)規模推移
   【図】旅行市場(国内)おひとりさま率
   【図】旅行市場(海外)おひとりさま率
  主要事業者の動向
  業界トピックス
   ・「全員一人参加型」おひとりさま旅行の人気が拡大
  今後の展望
   ・SNSの進展や「おひとりさま旅行」の認知拡大で今後も市場は拡大傾向
5.おひとりさまホテル・旅館市場
  市場概況/市場定義/業界構造、市場の特徴
   【表】主なホテル事業者
   【表】主な宿泊予約サイトの「おひとりさま」対応の比較
  ホテル・旅館市場全体の動向
   ・ホテルの市場規模は拡大基調にある一方、旅館は微減傾向
   【図】旅館・ホテル市場規模推移
   【図】ホテル・旅館の施設数
  おひとりさまホテル・旅館市場規模
   ・おひとりさまホテル・旅館市場規模は5,540億円、
    おひとりさま率はホテルが35.0%、旅館が5.0%
   【図】おひとりさま宿泊市場(ホテル)規模推移
   【図】おひとりさま宿泊市場(旅館)規模推移
   【図】宿泊市場(ホテル)のおひとりさま率
   【図】宿泊市場(旅館)のおひとりさま率
  主要宿泊事業者の動向
  カプセルホテル業態の比較 by Xビジネスエンジン
  業界トピックス
   ・「おひとりさま」に特化した宿泊サービスが活発化
  今後の展望
   ・観光目的の「おひとりさま」需要は今後も活発化する見込み
6.おひとりさまカラオケ市場
  市場概況/市場定義/業界構造、市場の特徴
   【表】カラオケボックスチェーンの主な運営事業者
   【表】主なひとりカラオケ専門店の比較
  カラオケ市場全体の動向
   ・2017年のカラオケ市場は、参加人口は持ち直すも売り上げベースは微減推移
   【図】カラオケボックス(ルーム)の市場規模・参加人口推移
   【図】カラオケボックス(ルーム)施設数・1施設当たりの平均ルーム数推移
  おひとりさまカラオケ市場規模推移
   ・2017年のおひとりさまカラオケ市場は320万人、おひとりさま率11.0%
   【図】おひとりさまカラオケ市場規模推移
   【図】カラオケボックス市場のおひとりさま率
  主要事業者の動向
   【表】主要事業者の取り組み
   ・ひとりカラオケ専門店「ワンカラ」の既存店売上高は好調に推移
   【表】ワンカラ店舗数推移
   【表】ワンカラ会員数推移
  業界トピックス
   ・カラオケチェーン最大手「シダックス」が撤退、B&Vに売却
  今後の展望
   ・「ひとりカラオケ」需要は今後も堅調に推移するも
    専門業態は停滞が続く見込み
7.おひとりさま遊園地・テーマパーク市場
  市場概況/市場定義/業界構造、市場の特徴
   【表】主な遊園地・テーマパーク事業者
   【表】主な宿泊予約サイトの「おひとりさま」対応の比較
  遊園地・テーマパーク市場全体の動向
   ・遊園地・テーマパークの市場規模は5年連続の増加で過去最高を更新
   【図】遊園地・レジャーランドの市場規模
  おひとりさま遊園地・テーマパーク市場規模推移
   ・2017のおひとりさま遊園地・テーマパーク市場は79億円、
    おひとりさま率は1.0%
   【図】おひとりさま遊園地・テーマパーク市場規模推移
   【図】遊園地・テーマパーク市場のおひとりさま率
  今後の展望
   ・「おひとりさま」は今後も大幅な拡大は見込めず、
    「シングルライダー」需要が中心
8.おひとりさまフットサル(個人参加型フットサル)市場
  市場概況/市場定義/業界構造、市場の特徴
   【図】サッカー・フットサルの参加人口
   【表】2017年 フットサルの参加・消費実態
   【表】日本サッカー協会(JFA)フットサル登録数
   【表】主なフットサル運営事業者
   【表】主なフットサル関連サイト運営事業者
  おひとりさまフットサル市場規模推移
   ・フットサル人口全体が減少する中、個サル人口は堅調に拡大傾向
   【図】おひとりさまフットサル市場規模推移
   【図】フットサル市場のおひとりさま率
  主要事業者の動向
   ・フットサルユーザーの多様な志向性に対応し、個サルの集客力向上を図る
   ・若年層ユーザーを中心に会員数を伸ばす(株)ソーサルの取り組み
  今後の展望
   ・今後も個サル人口は増加傾向の見込み
9.婚活関連市場
  市場概況/市場定義/業界構造、市場の特徴
   ・出生率は依然として減少に歯止めがかからず
   ・2017年の婚姻数は5年連続の下落で過去最低水準
   【図】婚姻数の推移
   ・ライフスタイルの変化による晩婚化・非婚化により婚姻率も下落傾向に
   【図】婚姻率の推移
  市場規模、トレンド動向
   ・2017年度の婚活(結婚情報サービス・仲介業・情報誌)市場規模は
    減少傾向にて推移
   【図】結婚情報サービス・仲介業等市場規模
   ・オンラインマッチングサービス市場は成長が続く
   【図】オンラインマッチングサービス市場規模推移
  主要事業者の動向
   ・オンラインマッチングサービス
   【表】主要事業者のオンラインマッチングサービス展開状況
   IJB/ツヴァイ
   ・マッチング婚活アプリ
   【表】主要事業者のマッチングアプリ展開状況
   マッチ・ドットコムジャパン
  業界トピックス
   ・オンラインマッチングサービス
   ・マッチング婚活アプリ
  今後の展望
   ・オンラインマッチングサービス
   ・マッチング婚活アプリ
10.終活関連市場
  市場概況/市場定義/業界構造、市場の特徴
   ・フューネラル(葬儀式)市場
   ・介護関連市場
   ・保険関連市場(生命保険)
   【表】生命保険会社の種類
   ・保険関連市場(おひとりさま向け保険)
  市場規模、トレンド動向
   ・フューネラル(葬儀式)市場
   【表】フューネラルの種類
   【図】フューネラルビジネス市場規模推移
   ・介護関連市場
   【図】介護費と給付件数の推移(総額)
   ・保険関連市場
   【図】保険業界の市場規模推移
  主要事業者の動向
   ・フューネラル(葬儀式)市場
   【表】葬祭業主要企業ランキング
   【図】フューネラルビジネス市場の事業者シェア(2017年)
   メモリード/燦(さん)ホールディングス/ティア
   ・介護関連市場
   【表】訪問介護サービス事業者の売上高ランキング
   ニチイ学館/ケア21
   ・保険関連市場(生命保険)
   【表】保険会社保険料等収入ランキング
   第一生命ホールディングス/ほけんの窓口グループ
  業界トピックス
   ・フューネラル(葬儀式)市場
   ・介護関連市場
   ・保険関連市場
  今後の展望
   ・フューネラル(葬儀式)市場
   ・介護関連市場
   ・保険関連市場
11.フィギュア市場
  市場概況/市場定義/業界構造、市場の特徴
  フィギュア市場の動向
   ・コンテンツの制作スピード向上に合わせ、
    フィギュア制作の効率化が求められている
   ・アニメ作品数の増加に伴い、フィギュア化するコンテンツの見極めが重要に
   【図】フィギュア業界の現状分析と将来予測
  フィギュア市場規模推移
   ・大手中心に海外販売に注力し、国内市場規模は伸び悩む
   【図】フィギュア市場規模推移
  主要事業者の動向
   グッドスマイルカンパニー/BANDAI SPIRITS(バンダイスピリッツ)/
   壽屋/海洋堂/キューズQ/フリュー
  主要事業者のメーカーシェア
   【図】フィギュア市場参入事業者シェア
  業界トピックス
   ・人気キャラクターを分析し、確実に売れる商品を出す時代に
   ・「FGO」が人気、各社で同一作品のフィギュアを展開
   【表】「アルトリア・ペンドラゴン」のフィギュアを
    Amazonで検索してヒットした企業
   ・美少女(ガール系)アクションフィギュアが人気、1/12スケールも好調
   ・海外需要は引き続き拡大傾向
12.ジグソーパズル市場
  市場概況/市場定義/業界構造、市場の特徴
  ジグソーパズル市場の動向
   ・難易度の高いジグソーパズルの人気が高まる
  ジグソーパズル市場規模推移
   ・市場規模は減少傾向が続く
   【図】ジグソーパズル市場規模推移
  主要事業者の動向
   テンヨー/エンスカイ/ビバリー/エポック社/やのまん
  メーカーシェアと主要事業者の売上高推移
   【図】ジグソーパズル市場 メーカーシェア
   【表】主要事業者の売上高推移
13.セルフ給油所(セルフSS)市場
  市場概況/市場定義/業界構造、市場の特徴
   【表】サービスステーション(ガソリンスタンド)の主な運営事業者
  市場規模、トレンド動向
   ・給油所総数は減少が続くがセルフSSは増加
   【図】給油所総数の推移とセルフSSの推移
   【図】給油所におけるセルフSS店舗の割合推移
   【図】揮発油販売業者数の推移
   【図】セルフ給油(セルフSS)市場規模の推移
  主要事業者の動向
   ・統合拡大・サービス複合化進む
   【表】サービスステーション(ガソリンスタンド)を運営する事業者の取り組み動向
  業界トピックス
   ・出光興産、昭和シェル石油が経営統合
  今後の展望
   ・今後も進むサービス複合化、セルフSSの需要増
14.コインランドリー市場
  市場概況/市場定義/業界構造、市場の特徴
   【表】コインランドリー店の主な運営事業者
  市場規模、トレンド動向
   ・急速に拡大するコインランドリー市場
   【図】一般クリーニング所/取次所の推移
   【図】コインランドリー店舗数の推移
   【図】クリーニングサービス店におけるコインランドリー店の割合推移
   【図】コインランドリー市場の推移
  主要事業者の動向
   ・技術革新進む
   【表】コインランドリー店を運営する事業者の取り組み動向
  業界トピックス
   ・ファミリーマートが参入
  今後の展望
   ・消費税増税を機にプレイヤーの顔ぶれが変わる方向に
15.セルフレジ市場
  市場概況/市場定義/業界構造、市場の特徴
   【表】POSレジの主なメーカー
  市場規模、トレンド動向
   ・「セミセルフレジ」を中心にリプレイス需要が拡大
   【図】POSターミナル/うちセルフレジの台数推移
   【図】POSターミナル全体におけるセルフレジの割合推移
   【図】POSターミナル市場/セルフレジ市場規模の推移
  主要事業者の動向
   ・主要メーカー各社は「セミセルフレジ」の拡販強化
   【表】セルフレジメーカーの取り組み動向
  業界トピックス
   ・注目される完全無人店舗「Amazon GO」
  今後の展望
   ・食品流通以外にも浸透するセルフレジ
16.セルフプレジャー(アダルトグッズ)市場
  市場概況/市場定義
   【表】セルフプレジャー市場の対象製品の名称
  業界構造、市場の特徴
   【図】アダルトグッズの流通構図
   【表】主要事業者の主力商品
  市場規模、トレンド動向
   ・女性ユーザーの増加と販売チャネル多様化で市場拡大
   【図】セルフプレジャー(アダルトグッズ)市場規模の推移
  周辺市場の動向
   ・デリヘル市場が拡大し相対的に「セルフ」プレジャーの比率が減少
   【図】主要風俗産業の市場規模推移
   【図】主要風俗産業市場に対するセルフプレジャー市場の割合推移
  主要事業者の動向
   ・(株)TENGAが業界を牽引
  今後の展望
   ・技術革新で触感付きバーチャルプレイも可能に!?

第4章 「おひとりさま」に関する消費者アンケート

1.調査概要
  調査目的/調査実施期間/調査手法/調査対象
  回答者属性
2.調査結果

Ⅰ.「おひとりさま」関連の用語に対するイメージ
(1)「おひとりさま」関連する10個の用語に対するイメージについて
  ・「自分磨き」「自分探し」などが良い、
   「おこなしさま」「ぼっち」などが悪いイメージで認識
(2)「おひとりさま」に対するイメージ
  (2-1)「おひとりさま」に対する属性別イメージ
  ・全体では7割程度の人が良いイメージで認識、
   男性40代で良く、50代以上で悪く認識する人が多い
  (2-2)「おひとりさま」をポジティブに捉える理由(フリーアンサー)
  ・「おひとりさま」をポジティブと思う理由、1位「気楽である」
  (2-3)「おひとりさま」をネガティブに捉える理由(フリーアンサー)
  ・「おひとりさま」をネガティブと思う理由、1位「寂しい感じがする」
(3)「ひとり○○」に対するイメージ
  ・全体では6割程度の人が「良い」イメージで認識、
   女性20代で良く、50代以上で悪く認識する人が多い。
(4)「シングル消費」に対するイメージ
  ・全体では6割程度の人が「良い」イメージで認識、
   女性20代で良く、50代以上で悪く認識する人が多い。
(5)「ぼっち」に対するイメージ
  ・全体では約85%の人が「悪い」イメージで認識、
   特に女性50代以上で悪く認識する人が多い。
(6)「ソロ活」に対するイメージ
  ・全体では6割程度の人が「悪い」イメージで認識、
   男性60代で悪く、40代で良く認識する人が多い。
(7)「婚活」に対するイメージ
  ・全体では6割程度の人が「良い」イメージで認識、
   女性40代以下で良く認識する人が多い。
(8)「終活」に対するイメージ
  ・全体では6割程度の人が「良い」イメージで認識、
   女性全般で良く、男性50代で悪く認識する人が多い。
(9)「おこなしさま」に対するイメージ
  ・全体では8割程度の人が「悪い」イメージで認識、
   男女60代で悪く認識する人が多い。
(10)「自分探し」に対するイメージ
  ・全体では6割程度の人が「良い」イメージで認識、
   女性全般で良く、男性50代で悪く認識する人が多い。
(11)「自分磨き」に対するイメージ
  ・全体では75%の人が良いイメージで認識、
   女性全般で良く、男性50代以上で悪く認識する人が多い。

Ⅱ.「おひとりさま」の性格・特徴、生活スタイル、趣味・嗜好
(1)10項目のおひとりさま的な性格や特徴にあてはまるか
  ・「ひとりの時間が大切」「集団よりひとりが楽しい」
   「ひとりでできないことがある」にあてはまる人が多い
(2)「人間よりネットやアニメの方が落ち着く」が該当する人
  ・全体では7割が「あてはまらない」が、
   20代男性では約6割が「あてはまる」!
(3)「『ひとり』で過ごす時間が最も大切である」が該当する人
  ・全体で約7割が「あてはまる」、「離別・死別者」は8割が「あてはまる」
(4)「SNSによく投稿する」が該当する人
  ・「SNSによく投稿する」人は2割未満だが、20代男女では35%に上る
(5)おひとりさま向けアダルトグッズの認知度
  (5-1)主要アダルトグッズ7項目の認知度
  ・「バイブレーター」「電マ」は約半数が認知、
   「TENGA」「ラブドール」は4割程度の認知度
  (5-2)「TENGA」の認知度
  ・「TENGA」は20~30代の男性の7割が認知、
   20代女性も過半数が認知
  (5-3)「バイブレーター」の認知度
  ・「バイブレーター」は40代の男性の8割が認知、
   20代女性も過半数が認知
(6)消費やサービスに対する「無人・セルフ」志向
  (6-1)消費やサービス10項目の「無人・セルフ」志向
  ・「ガソリンの給油」「駐車場・駐輪場」は「無人・セルフ」志向が高い
  (6-2)「飲食店での注文」で「無人・セルフ」を志向する人
  ・年齢が若い程「飲食店での注文」は「無人・セルフ」志向が強い
  (6-3)「受付・入店・サービス窓口での対応」で「無人・セルフ」を志向する人
  ・男性では年齢が若い程「無人・セルフ」志向が強い

Ⅲ.「ひとり」好きの属性・消費動向
(1)「ひとり」が好まれるのはどんな行動か
  (1-1)レジャー等16分野における「ひとりでの行動が好まれる」比率
  ・「買い物」は6割が、「ゲーム」「映画」は4割程度が「ひとり」での行動を好む。
  (1-2)ひとりで行動する15分野の1回あたりの支出
  ・1回あたりの支出、金額平均が高いのは「旅行・ツアー」「ギャンブル」「買い物」
(2)16分野の「ひとりが好き」回答者の属性
  (2-1)性別
  ・「性欲処理」「ギャンブル」「外食」は男性、
   「カラオケ」「買い物」は女性の割合が高い
  (2-2)男性年代別
  ・「カラオケ」「遊園地・テーマパーク」は男性の20代で「ひとりが好き」が多い
  (2-3)女性年代別
  ・「遊園地・テーマパーク」「性欲処理」は女性の20代で「ひとりが好き」が多い
  (2-4)婚姻状況別
  ・「遊園地・テーマパーク」「動物園・水族館・博物館」は
   未婚で「ひとりが好き」が多い
  (2-5)ひとり暮らしかどうか別
  ・「住まい・生活」「遊園地・テーマパーク」「旅行・ツアー」は
   「ひとり暮らし」率が高い
(3)16分野の「ひとりが好き」回答者の性格・特徴
  (3-1)「人間よりネットやアニメがよい」X「レジャー等16分野/ひとりが好き」
  ・「遊園地・テーマパーク」「カラオケ」「動物園・水族館・博物館」は該当率が高い
  (3-2)「他人に合わせるのが苦手」X「レジャー等16分野/ひとりが好き」
  ・「遊園地・テーマパーク」「動物園・水族館・博物館」「カラオケ」は該当率が高い
  (3-3)「ひとりで過ごす時間が大切」X「レジャー等16分野/ひとりが好き」
  ・「遊園地・テーマパーク」「住まい・生活」「外食」
   「旅行・ツアー」「動物園・水族館・博物館」は該当率が高い
  (3-4)「自分は『オタク』だと思う」X「レジャー等16分野/ひとりが好き」
  ・「カラオケ」「遊園地・テーマパーク」「動物園・水族館・博物館」は該当率が高い
  (3-5)「SNSによく投稿する」X「レジャー等16分野/ひとりが好き」
  ・「カラオケ」「遊園地・テーマパーク」「動物園・水族館・博物館」
   「ライブ観戦」は該当率が高い
  (3-6)「『集団』より『ひとり』が楽しい」X「レジャー等16分野/ひとりが好き」
  ・「外食」「住まい・生活」「動物園・水族館・博物館」は該当率が高い
  (3-7)「ひとりでしたいができないことがある」X「レジャー等16分野/ひとりが好き」
  ・「遊園地・テーマパーク」「動物園・水族館・博物館」
   「カラオケ」は該当率が高い
  (3-8)「死後お墓に入りたくない」X「レジャー等16分野/ひとりが好き」
  ・「遊園地・テーマパーク」「住まい・生活」
   「動物園・水族館・博物館」は該当率が高い
  (3-9)「死後、身内以外にも財産分与したい」X「レジャー等16分野/ひとりが好き」
  ・「遊園地・テーマパーク」「動物園・水族館・博物館」「カラオケ」は該当率が高い
  (3-10)「ボランティアに参加したい」X「レジャー等16分野/ひとりが好き」
  ・「カラオケ」「自動車(ドライブ)」「遊園地・テーマパーク」は
   該当率が比較的高い
(4)「旅行・ツアー」ひとり好きの消費動向
  (4-1)「旅行・ツアー」ひとり好きの1回あたりの支出
  ・平均支出は62,500円程度、年齢が高いほど支出が増える。
   男性60代、女性50代、一人暮らしの支出が高い。
  (4-2)「おひとりさま旅行・ツアー」の認知度
  ・代表的なおひとりさま旅行・ツアーの認知度は20%前後、
   80%程度の人に認知されていない。
(5)「外食」ひとり好きの消費動向
  (5-1)「外食」ひとり好きの1回あたりの支出
  ・平均支出は2,800円程度、女性40代・60代の支出が高い
  (5-2)ひとりでよく利用するファストフード店①(ランチ)
  ・ランチでは「マクドナルド」(1位)と「吉野家」(2位)が多く利用されている
  (5-3)ひとりでよく利用するファストフード店②(ディナー)
  ・ディナーでは「マクドナルド」「松屋」「餃子の王将」
   などが多く利用されているが分散している
  (5-4)ひとりでよく利用する立ち食い・立ち飲み店
  ・立ち食い・立ち飲み店では「いきなりステーキ」が多く利用され、
   居酒屋は低位であった
(6)「買い物」ひとり好きの消費動向
  (6-1)「買い物」ひとり好きの1回あたりの支出
  ・平均支出は11.000円程度、男性40代、女性50代の支出が高い
(7)「映画」ひとり好きの消費動向
  (7-1)「映画」ひとり好きの1回あたりの支出
  ・平均支出は1,900円程度、年齢が低いほど支出が多い。
   男性20代・30代・40代、女性20代の支出が高い。
(8)「遊園地・テーマパーク」ひとり好きの消費動向
  (8-1)「遊園地・テーマパーク」ひとり好きの1回あたりの支出
  ・平均支出は6,100円程度
(9)「動物園・水族館・博物館」ひとり好きの消費動向
  (9-1)「動物園・水族館・博物館」ひとり好きの1回あたりの支出
  ・平均支出は2,900円程度、男性20代と女性30代、離別・死別者の支出が高い。
(10)「カラオケ」ひとり好きの消費動向
  (10-1)「カラオケ」ひとり好きの1回あたりの支出
  ・平均支出は1,500円程度、男性20代・30代の支出が高い。
  (10-2)ひとりでよく利用するカラオケ店
  ・ひとりカラオケでは「ビッグエコー」(1位)、「カラオケ館」(2位)、
   「まねきねこ」(3位)が多く利用されている
(11)「スポーツ・アウトドア」ひとり好きの消費動向
  (11-1)「スポーツ・アウトドア」ひとり好きの1回あたりの支出
  ・平均支出は2,700円程度、
   男性20代、女30代・60代、一人暮らし以外の支出が高い。
  (11-2)ひとりでよく行くスポーツ・アウトドア
  ・ひとりでよく行うスポーツでは「ランニング」が圧倒的に多い
(12)「ライブ観戦(スポーツ・音楽・舞台など)」ひとり好きの消費動向
  (12-1)「ライブ観戦」ひとり好きの1回あたりの支出
  ・平均支出は7,000円程度、男性は年齢が高いほど支出が増える。
   女性50代の支出が高い。
  (12-2)ひとりでよく行くライブ観戦
  ・「アーティストのライプ」と「プロ野球」が多く観戦されている
(13)「ゲーム」ひとり好きの消費動向
  (13-1)「ゲーム」ひとり好きの1回あたりの支出
  ・平均支出は2,000円程度、年男性20代・40代、未婚者、一人暮らしの支出が高い。
(14)「カフェ・喫茶」ひとり好きの消費動向
  (14-1)「カフェ・喫茶」ひとり好きの1回あたりの支出
  ・平均支出は1,600円程度、男性20代・40代、未婚者の支出が高い。
  (14-2)ひとりでよく行くカフェ・喫茶店
  ・「スタバ」が1位、「ドトール」が2位
(15)「酒」ひとり好きの消費動向
  (15-1)「酒」ひとり好きの1回あたりの支出
  ・平均支出は2,600円程度、男性、女性共に20代の支出が高い。
  (15-2)ひとりでよく行く酒を飲むファミリーレストラン
  ・ひとり酒では「ガスト」が1位、「サイゼリア」が2位
(16)「ギャンブル」ひとり好きの消費動向
  (16-1)「ギャンブル」ひとり好きの1回あたりの支出
  ・平均支出は14,300円程度、
   男性50代、一人暮らし以外、女性では30代の支出が高い。
(17)「性欲処理」ひとり好きの消費動向
  (17-1)「性欲処理」ひとり好きの1回あたりの支出
  ・平均支出は6,700円程度、男性20代、離別・死別者、一人暮らしの支出が高い。
(18)「自動車(ドライブ)」ひとり好きの消費動向
  (18-1)「自動車(ドライブ)」ひとり好きの1回あたりの支出
  ・平均支出は3,100円程度、男性50代・20代、女性60代の支出が高い。

Ⅳ.「ひとり」で食事以外に飲食店を利用する目的
(1)「食事」以外で飲食店を利用する目的
   (1-1)目的
  ・1位「休息」、2位「時間調整」、3位「読書」の順に多くなっている
   (1-2)性別・婚姻別・年収別
  ・休息は女性と高年収者、時間調整は低年収者、読書は高年収者の利用が多い
   (1-3)男女年代別
  ・休息は女性60代、時間調整は男性20代、女性30代・40代、
   読書は、男性30代、女性20代・50代が多い

付録:アンケート調査票

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。