2019年版 パン市場の展望と戦略

発刊日
2019/03/下旬
体裁
A4 / 約500頁
資料コード
C60120800
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

140,400
130,000
10,400
140,400
130,000
10,400
172,800
160,000
12,800
280,800
260,000
20,800
313,200
290,000
23,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • パンの総市場規模は1兆5,000億円に
  • チャネル構成比の20年を掲載
  • パンMDを見直すコンビニ本部
  • PBからプレミアムまで、全方位展開の量販店
  • ブームが続くプレミアム食パン
  • 安全・安心を訴求する食卓パン、バラエティブレッド
  • ロングライフパンが非常食需要を取り込む
  • 一過性に終わるか?低糖質パン
  • 2013~2022年度のパン市場規模を推計・予測
  • 全国・地域別メーカーシェアを掲載
  • 商品・チャネル別メーカーシェアを掲載
  • パンの注目チャネル動向を分析
  • 主婦のパン消費と購買実態をインターネット調査
  • 大手メーカー・ベーカリー30社の企業戦略を研究
  • パン製造・販売300社名鑑を掲載
  • パン原材料・機械メーカー、卸150社名鑑を掲載

リサーチ内容

2019年1月15日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

調査のポイント

2019年の市場動向
2019年の企業動向
2019年の課題と展望

第Ⅰ章 注目市場動向

1.市場概況 ~少子高齢化とパン市場の未来
2.商品動向 ~いつまで続くかプレミアム食パンブーム
3.企業動向 ~収益性で企業間格差が拡大
4.チャネル動向 ~チャネル構成比の20年
5.パンのMDを見直すコンビニ本部
6.PBからプレミアムまで、全方位展開の量販店
7.HMRでインストアベーカリーが復活
8.出店立地で競い合う有力ベーカリー
9.冷凍パンはビジネスホテル、ブライダル、居酒屋へ拡大
10.安定需要の100円均一パン
11.ロングライフパンが非常食需要を取り込む
12.一過性に終わるか低糖質パン
13.介護需要、健康志向がパン市場で注目集める
14.もち麦が嚥下対応で商品化
15.メーカー、ベーカリーの海外展開
16.パン関連統計データ分析

第Ⅱ章 マーケットの現状分析と展望

1.パンの総市場規模推移(2013~2017年度)
2.商品別市場構成比(2017年度)
3.末端チャネル別市場構成比(2017年度)
4.地域別市場構成比(2017年度)
5.メーカーシェア(2017年度)
6.商品別メーカーシェア(2017年度)
  (1)食パン
  (2)食卓パン
  (3)菓子パン(惣菜パン含む)
  (4)デニッシュ
  (5)フランスパン
  (6)調理パン
  (7)冷凍パン生地
7.チャネル別メーカーシェア(2017年度)
  (1)量販店 (2)コンビニ (3)ベーカリー
8.全国地域別メーカーシェア(2017年度)
  □全国 □北海道 □東北 □関東 □中部
  □近畿 □中国 □四国 □九州
9.商品別動向
  (1)食パン (2)食卓パン (3)菓子パン
  (4)惣菜パン (5)デニッシュ (6)フランスパン
  (7)調理パン (8)冷凍パン生地
10.末端小売動向分析
  (1)量販店 (2)コンビニ (3)ベーカリー
  (4)百貨店 (5)一般小売店
11.パンの消費動向分析
12.パン市場の拡大要因・阻害要因と2022年展望
13.パンの総市場規模予測(2018~2022年度)

第Ⅲ章 有力企業の市場戦略分析

1.事業の基本方針と方向性
2.商品政策(商品開発体制、商品開発ポイント、品揃え)
3.生産体制と衛生管理(HACCP、AIB)対策
4.焼き立てパン、冷凍パン生地への取組状況
5.直営店、FC店の出店状況
6.営業展開状況とコンビニ、量販店、生協との取引状況
7.販売促進策(キャンペーン、消費者対策)、物流対策
8.今後の市場戦略事業の基本方針と方向性

第Ⅳ章 末端チャネルにおけるパン販売状況調査

1.店舗の特徴(立地、地域、商品構成)
2.商品特徴(売れ筋商品と価格)
3.最近の特徴的な商品傾向
4.新商品発売状況、商品改廃のタイミング
5.情報入手先(商品開発情報、販売情報)
6.消費者情報の収集方法
7.インターネットの活用状況
8.今後、お客様に提供したいサービス
9.材料仕入上のポイント
10.冷凍パン生地、冷凍パンの使用状況
11.材料仕入先(メーカー、卸)に対する不満、要望

第Ⅴ章 主婦のパン消費に関する調査

調査の実施概要と回答者属性
1.1週間のパンの購入回数
2.1回あたりのパンの購入個数
3.1回あたりのパンの購入金額
4.パンを選ぶ理由
5.よく食べるパン
6.よく食べるパンのブランド名、メーカー名、ベーカリー名
  1)食パン 2)食卓パン 3)菓子パン 4)惣菜パン
  5)デニッシュ 6)フランスパン 7)調理パン 8)ドーナツ
7.一番多く食べる食パンの枚数
8.よく食べるパンの購入場所
9.よくパンを食べる場所
  1)朝食 2)昼食 3)おやつ 4)夕食 5)夜食
10.食事でよく食べるパンの適当と思う価格
11.パンへの不満や要望
12.今後、食べたいと思うパンの特徴
13.プレミアム食パンの購入状況
14.プレミアム食パンの購入目的
15.プレミアム食パンへの要望
16.低糖質、低たんぱく、低カロリー、食物繊維入りなどの購入意向

第Ⅵ章 注目企業の個別実態(以下中心に約30社)

味の素ベーカリー(東京)、あけぼのパン(東京)、浅野屋(東京)、アルヘイム(大阪)、アンジェリーク東京(東京)、アンテンドゥ(東京)、アンデルセン・パン生活文化研究所(広島)、イオンベーカリー(千葉)、イケダパン(鹿児島)、一麦〔パンネル〕(兵庫)、伊藤製パン(埼玉)、ヴイ・ディー・エフ・サンロイヤル(埼玉)、ヴィ・ド・フランス(東京)、エーワンベーカリー(大阪)、エフビーエス(北海道)、オイシス(兵庫)、岡野食品グループ(兵庫)、岡山木村屋(岡山)、オリエンタルベーカリー(大阪)、オリオンベーカリー(岩手)、金谷ホテルベーカリー(栃木)、カワ(和歌山)、木村屋總本店(東京)、銀嶺食品工業(福島)、工藤パン(青森)、ぐしけん(沖縄)、グリーンデリカ(宮城)、コープベーカリー(兵庫)、神戸屋(大阪)、神戸屋レストラン(神奈川)、コモ(愛知)、コペンハーベスト(大阪)、サンジェルマン(神奈川)、サンマルクホールディングス(岡山)、サンメリー(東京)、敷島製パン(愛知)、志津屋(京都)、シノブフーズ(大阪)、シベール(山形)、ジャパンフレッシュ(神奈川)、白石食品工業(岩手)、進々堂(京都)、スイートスタイル(愛知)、スターバックスコーヒージャパン(東京)、スタイルブレッド(群馬)、第一屋製パン(東京)、タカキベーカリー(広島)、タマヤ(大阪)、テーブルマーク(東京)、たけや製パン(秋田)、デイジイ(埼玉)、デイプラス(群馬)、トオカツフーズ(神奈川)、ドトールコーヒー(東京)、ドンク(兵庫)、中村屋(東京)、ニシカワ食品(兵庫)、日糧製パン(北海道)、日本サブウェイ(東京)、日本マクドナルドホールディングス(東京)、日本レストランエンタプライズ(東京)、乃が美(大阪)、阪急ベーカリー(大阪)、パン・アキモト(栃木)、バイオテックジャパン(新潟)、バンデロール(静岡)、ピーターパン(千葉)、ビゴ(兵庫)、フジパングループ本社(愛知)、フジパンストアー(愛知)、フジフーズ(千葉)、フランソア(福岡)、ボンテ(東京)、武蔵野フーズ(埼玉)、モスフードサービス(東京)、ヤオコー(埼玉)、ヤタロー(静岡)、山崎製パン(東京)、横浜ポンパドウル(神奈川)、リョーユーパン(福岡)、ル・スティル(東京)、レアールパスコベーカリーズ(愛知)、ロッテリア(東京)、ロバパン(北海道)、わらべや日洋(東京)、その他有力企業

第Ⅶ章 全国主要製パン企業名鑑(約300社)

第Ⅷ章 全国パン関連企業名鑑(約150社)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

140,400
130,000
10,400
140,400
130,000
10,400
172,800
160,000
12,800
280,800
260,000
20,800
313,200
290,000
23,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。