2020年版 オーガニック・ナチュラルフード市場の現状と将来展望

新型コロナウイルス感染症拡大によって、東京オリンピック・パラリンピック(以下、東京2020)が延期となった。東京2020の食材調達基準にオーガニックは残念ながら含まれなかったが、これを機に、海外では既に広く普及・定着しているオーガニック食品の露出が日本でも増え、普及に向けて一歩前進することが期待されていたため、開催延期となったことは市場にもマイナスになった。一方で、新型コロナウイルス感染症拡大によってうまれた、内食化や健康志向の高まりという潮流は、日本国内の消費者とオーガニック食品との接点を増やした。また、レジ袋有料化に伴い、消費者の環境配慮に対する意識が高まっていることも、オーガニック食品に目線を向けるきっかけとなっている。withコロナにおけるオーガニック食品市場はどのように推移しているのか、その状況を調査・分析した。

発刊日
2020/10/23
体裁
A4 / 201頁
資料コード
C62111200
PDFサイズ
5.0MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:オーガニック食品市場を広く調査・収録することによって、当該市場に関連する事業者のマーケティング戦略のための一助となることを目的とする。
調査対象:オーガニック食品関連市場に参入する企業のほか、需要家として、オーガニック食品を取り扱う小売業者やオーガニック食品を利用する中食・外食業者を調査対象とした。
調査方法:参入企業に対しては、弊社専門研究員による直接面談調査を主体に、電話及びアンケート調査を併用した。また、事業者を対象としたテレマーケティング(アンケート)調査を実施した。
調査期間:2020年8月~2020年10月

調査結果サマリー
Close

オーガニック加工食品市場の調査を実施(2020年)
国内のオーガニック加工食品市場は、2015年度から2019年度までのCAGR3.2%で成長見込
~背景にはオーガニック・自然食品専門店舗数の増加、一般食品スーパーでのオーガニック食品取り扱い拡大、さらにコロナ禍における巣ごもり需要・内食化進行が後押し~

資料ポイント
Close

  • オーガニック食品市場規模推移(2015~2019年度)と予測(2020~2024年度)を算出。
  • カテゴリ別では、酒類、飲料、畜産加工品、農産加工品、麺類、調味料類、食用油脂、冷凍食品、その他のそれぞれについて、2015~2019年度の市場規模を算出。
  • 関連市場として、昨今注目度が高まっている、ヴィーガン食品の市場動向を中心に、グルテンフリー、アレルギーフリーなど、“ナチュラル”をキーワードに拡大がみられる市場についても取り上げた。

資料概要
Close

第Ⅰ章 オーガニック加工食品の市場概況
第Ⅱ章 オーガニック食品の小売市場動向
第Ⅲ章 オーガニック食品の需要動向(アンケート調査)
第Ⅳ章 主要企業の動向
[付録] ヴィーガン/グルテンフリー/アレルギーフリー 関連企業(簡易個票)

リサーチ内容

第Ⅰ章 オーガニック加工食品の市場概況

1.オーガニック加工食品の市場概況
  (1)市場規模推移(2015-2019年度)
  (2)カテゴリ別市場規模推移・市場構成比推移(2015-2019年度)
  (3)新型コロナウイルス感染症拡大(COVID-19)の影響
2.カテゴリ別の動向
  (1)酒類
  (2)飲料
  (3)畜産加工品
  (4)農産加工品
  (5)麺類
  (6)調味料類
  (7)食用油脂
  (8)冷凍食品
  (9)その他
3.オーガニック加工食品市場の課題
4.オーガニック加工食品の市場規模予測(2020-2024年度)
5.市場トピックス
  (1)オーガニック(有機)食品の検査認証制度
    ①制度創設の経緯
    ②制度の仕組み
    ③直近の制度改正
    ④オーガニック食品の日本農林規格
    ⑤オーガニック食品の輸出入について
    ⑥日本における有機圃場および有機農産物について
    ⑦オーガニック(有機)食品に関する2020年度予算の概要
  (2)オーガニック農産品市場の動向
  (3)ナチュラルフード市場の動向
    ①ヴィーガンの動向
    ②グルテンフリーの動向
    ③アレルギーフリーの動向

第Ⅱ章 オーガニック食品の小売市場動向

1.小売全体動向
2.専門店の動向
  ①ビオセボン
  ②こだわりや
3.スーパー・量販店の動向
  ①イオン
  ②ライフ
4.EC・宅配(無店舗販売ルート)の動向
  ①オイシックス・ラ・大地
  ②ビオ・マーケット
  ③Organic Story(サイオステクノロジー)
  ④ワタミ
5.外食の動向

第Ⅲ章 オーガニック食品の需要動向(アンケート調査)

1.調査概要
2.調査結果
  (1)オーガニック食品(農産物、加工食品)の使用状況
  (2)オーガニック食品の使用開始時期
  (3)使用食品全体に占めるオーガニック食品の割合と近年の傾向
  (4)取り扱っているオーガニック食品の種類
  (5)取り扱っているオーガニック食品の国産/海外産比率
  (6)オーガニック食品の取扱が販売に与える影響
  (7)オーガニック食品を広げるための課題
  (8)オーガニック食品を取り扱う理由
  (9)オーガニック食品を取り扱わない理由
  (10)今後のオーガニック食品取扱意向
  (11)オーガニック食品に対する意見

第Ⅳ章 主要企業の動向

オーサワジャパン
金沢大地
クレヨンハウス
サイオステクノロジー
桜井食品
サンジルシ醸造
創健社
辻安全食品
ビオセボン・ジャポン
光食品
ひかり味噌
マヴィ
ミトク
むそう商事
ライフコーポレーション
ワタミ

[付録] ヴィーガン/グルテンフリー/アレルギーフリー 関連企業(簡易個票)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。