2018年版 オーガニック食品市場の現状と将来展望

消費者の健康志向と食の安全性に対する意識が高まるなか、オーガニック食品市場がにわかに脚光を浴びている。
欧米では各々、数兆円規模のマーケットが形成され、現在も右肩上がりの成長が続いているが、日本ではこれまで、一部の消費者の需要を満たすため、限られた生産者や小売業者が対応するにとどまっており、有機農業の生産面積は農業全体の1%にも満たないのが現状である。
ところが、これまで「安全・安心」と信じられてきた国産農産物や加工食品の安全性が脅かされる事件や事故が多発し、食のグローバル化が進展するなかで、有機農業や有機(オーガニック)食品に対する見方が変化しつつある。
農林水産省では、2000年から有機JAS規格を設け、認定事業者によって格付の表示(有機JASマーク)が付された有機農産物や加工食品でなければ、「有機」や「オーガニック」とは表示できなくなった。また、2017年のJAS制度改正では、JASを活用した輸出力の強化と規格の国際化を謳っており、国際取引における高付加価値農産物や加工食品の需要は、今後益々高まると予想される。
そこで、本レポートでは、オーガニック食品(農産物及び加工食品)の需要動向や市場特性、現状の課題等を明らかにするとともに、今後の方向性についてまとめ、市場性を展望する。

発刊日
2018/09/下旬
体裁
A4 / 約200頁
資料コード
C60102400
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

2018年5月8日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

第Ⅰ章 オーガニック食品に関する政策とトピックス

1.健康志向の高まりと「食」の安全意識
2.有機食品の検査認証(有機JAS規格)制度について
3.オーガニック食品に関するトピックス(海外のオーガニック食品事情を含む)

第Ⅱ章 オーガニック農産物の市場動向

1.オーガニック農産物の生産&加工業者動向
2.オーガニック農産物の流通(卸売・小売)業者動向
3.オーガニック農産物の消費者動向
4.オーガニック農産物の市場概況(市場規模と予測)
5.有機JAS規格に関する取り組み
6.現状の課題・問題点
7.事業の方向性と市場拡大に向けた取り組み

第Ⅲ章 オーガニック加工食品の市場動向

1.オーガニック加工食品のメーカー動向
2.オーガニック加工食品の流通(卸売・小売)&輸入業者動向
3.オーガニック加工食品の消費者動向
4.オーガニック加工食品の市場概況(市場規模と予測)
5.有機JAS規格に関する取り組み
6.現状の課題・問題点
7.事業の方向性と市場拡大に向けた取り組み

第Ⅳ章 オーガニック食品の需要動向(需要家調査)

◆事業者(小売業者、惣菜・中食業者、外食業者等)を対象にアンケート調査を実施予定
1.オーガニック食品(農産物・加工食品)の取り扱い(使用)の有無
2.オーガニック食品を取り扱う(使用する)理由/取り扱わない(使用しない)理由
3.取り扱っている(使用している)オーガニック食品の種類・産地
4.取り扱い(使用)食品に占めるオーガニックの割合
5.近年のオーガニック食品の取り扱い(使用)傾向
6.オーガニック食品を取り扱う(使用する)上での課題・問題点
7.オーガニック食品の今後の使用意向
8.オーガニック食品に関する意見等

第Ⅴ章 参入企業・関連団体の個別動向

※下記リストを始めとする15~20社・団体を取材予定
イオン(イオンアグリ創造)
ECA
オーサワジャパン
オイシックスドット大地
オーガニックnico
オーガニックパートナーズ
金沢大地
クレヨンハウス
こだわりや
坂ノ途中
桜井食品
サラダコスモ
自然農法販売協同機構
東都生活協同組合
冨田農園
ナチュラルハウス
日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会
日本有機農業普及協会
ビオセボン・ジャポン
ビオ・マーケット
ポラン オーガニックフーズ デリバリ
マヴィ
ムソー
むそう商事
ライフコーポレーション ほか
※オーガニック農産物には、低次加工品(ジュース・お茶、乾燥野菜・ドライフルーツ、ジャム・スプレッド、漬物、水煮・蒸し煮、米飯等)が含まれる。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。