2020 テレワーク関連ソリューションの実態と将来予測 -ポストコロナの働き方-

2020年5月、新型コロナウイルス感染症の対応として緊急事態宣言が発令され、多くの企業が一斉に在宅勤務を中心としたテレワークを開始した。政府が提唱する「新しい生活様式」においてもテレワークの継続が呼びかけられている。この影響で、Web会議ツールやビジネスチャットなどを利用したコミュニケーション機会が急増するなど、企業のIT環境は大きく変わりつつある。利用された/高い評価を得たサービス・製品を明らかにする。
他方で、マネジメントの難しさや、捺印などアナログ業務が妨げになるといった課題も明らかになった。長年定着しなかった日本企業のテレワークだが、この機に本格的な変化が起きるか、分析と予測を行う。

発刊日
2020/06/26
体裁
A4 / 188頁
資料コード
C62107100
PDFサイズ
6.8MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

198,000
180,000
18,000
198,000
180,000
18,000
231,000
210,000
21,000
396,000
360,000
36,000
429,000
390,000
39,000
594,000
540,000
54,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:2020年、新型コロナウイルスの感染拡大により緊急事態宣言が発令され、かつてない規模で大勢のワーカーがテレワーク(在宅勤務)を実施するという経験をすることとなった。テレワークの実施状況及びIT ツール(テレワーク関連ソリューション)の利用動向などを調査するとともに、ポストコロナの働き方の変化を考察した。
調査対象
①ユーザンケート調査:緊急事態宣言下にある東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の各都府県に勤務する20歳~70歳代の男女
②ベンダー調査:国内テレワーク関連ソリューション提供事業者
調査方法:Webアンケート調査、直接面接取材、文献調査その他データ収集
調査期間:2020年5月~2020年6月

調査結果サマリー
Close

テレワーク関連ソリューションの動向調査を実施(2020年)
緊急事態宣言下の7都府県に勤務する男女500人を対象、テレワークでのオンラインツール利用状況についてアンケート調査を実施
~Web会議システムの利用率は約8割、ビジネスチャットは5割弱との回答、今後の市場拡大が見込まれる~

資料ポイント
Close

  • テレワークのために利用/導入されたツールの利用率とシェア、評価(Web会議、ビジネスチャット、オンラインストレージ、プロジェクト管理ツール)
  • テレワーク関連ソリューション市場規模(テレビ・Web会議システム、ワークフロー、働き方改革ソリューション)
  • 経営層・マネジメント層へのアンケート調査によるテレワークの評価や課題
  • 「ポストコロナ」の日本社会にテレワークが定着するかについての分析と予測

資料概要
Close

1章 ポストコロナの働き方
2章 テレワーク関連ソリューションの利用実態と市場動向
3章 データ編
4章 テレワーク実施状況の 国際比較

リサーチ内容

調査結果のポイント

1.市場規模
  図表1 ビデオ・Web会議システム市場規模(国内)
2.企業動向
  図表2 テレワーク関連ソリューションベンダー
3.展望と課題

1章 ポストコロナの働き方

1.ポストコロナの働き方
 1.1.コロナ禍とテレワーク
   図表3 緊急宣言下のテレワーク対象者
   図表4 「新しい生活様式」における働き方の新しいスタイル
   図表5 テレワークの三類型
 1.2.ポストコロナの日本にテレワークは定着するか
   図表6 職位別テレワーク実施のメリット
   図表7 テレワークのメリットと企業存続
   図表8 職位別今後の働き方について
   図表9 コロナ禍後のテレワーク進展予測(経営層)
 1.3.テレワークとジョブ型雇用
   図表10 ジョブ型・メンバーシップ型雇用形態の比較
 1.4.テレワークの推進からデジタル化の推進へ
2.テレワークに関するアンケート調査結果
 2.1.調査概要
   図表11 テレワークの実施状況
 2.2.テレワークの実施状況
  2.2.1.コロナ禍以前のテレワーク実施状況
   図表12 コロナ禍以前のテレワーク実施状況
   図表13 コロナ禍以前の業種別テレワーク実施状況
   図表14 コロナ禍以前の従業員規模別テレワーク実施状況
  2.2.2.緊急事態宣言下のテレワークの対象者
   図表15 緊急事態宣言下のテレワーク対象者(再掲)
   図表16 緊急事態宣言下の業種別テレワーク実施状況
  2.2.3.テレワーク対象者における実施率
   図表17 対象者のテレワーク実施率
   図表18 対象者の業務別テレワーク実施率
  2.2.4.テレワークの課題
  2.2.4.1.テレワーク実施段階における課題
   図表19 テレワーク実施時の課題
  2.2.4.2.テレワーク運用上の課題
   図表20 テレワーク運用上の課題
  2.2.4.3.業務特有の課題
  2.2.5.テレワークに対する評価
  2.2.5.1.テレワーク実施のメリット
   図表21 テレワーク実施のメリット
   図表22 属性別 テレワーク実施のメリット
   図表23 家族状況別 テレワーク実施のメリット
   図表24 職位別テレワークのメリット(再掲)
  2.2.5.2.テレワークに対する総合評価
   図表25 テレワークの総合評価
   図表26 属性別 テレワークの総合評価
   図表27 家族状況別 テレワークの総合評価
   図表28 職位別 テレワークの総合評価
  2.2.6.今後の働き方について
   図表29 今後の働き方について
   図表30 職位別今後の働き方について(再掲)
  2.2.7.今後のテレワークの進展
  2.2.7.1.テレワークの継続意向
   図表31 テレワークの継続意向
   図表32 属性別 テレワークの継続意向
   図表33 家族状況別 テレワークの継続意向
   図表34 職位別 テレワークの継続意向
  2.2.7.2.テレワークの進展に関する予想
   図表35 コロナ禍後のテレワーク進展予測

2章 テレワーク関連ソリューションの利用実態と市場動向

1.テレワーク関連ソリューションの活用動向
   図表36 緊急事態宣言下のテレワークで利用したITツール
   図表37 Web会議システム 今後の利用意向
   図表38 テレワーク関連ソリューション導入・活用の時間軸
2.テレワーク関連ソリューションに関するアンケート調査結果
 2.1.Web会議システム
  2.1.1.利用したサービス名と利用目的
   図表39 利用したWeb会議システム(MA)
   図表40 Web会議システムで行った業務
  2.1.2.最も利用したサービス名
   図表41 最も利用したWeb会議システム(SA)
  2.1.3.サービスを選択した理由
   図表42 サービスを選択した理由
  2.1.4.コロナ禍以前の利用状況
   図表43 コロナ禍以前の利用状況
  2.1.5.Web会議システムの利用頻度
   図表44 Web会議システム利用頻度
  2.1.6.テレワークへの貢献状況
   図表45 Web会議システムのテレワークへの貢献
  2.1.7.Web会議システムが何の役に立ったか
   図表46 Web会議システムが役立った内容
  2.1.8.Web会議システムでは解決できなかった内容
   図表47 Web会議システムでは解決できなかった内容
  2.1.9.サービス別総合満足度
   図表48 サービス別満足度
  2.1.10.働き方の変化に及ぼす影響
   図表49 Web会議システムによる働き方の変化
  2.1.11.今後の利用意向
   図表50 Web会議システム 今後の利用意向(再掲)
  2.2.チャットツール
  2.2.1.利用したサービス名
   図表51 利用したチャットツール(MA)
   図表52 最も利用したチャットツール(SA)
  2.2.2.サービスを選択した理由
   図表53 サービスを選択した理由
  2.2.3.コロナ禍以前の利用状況
   図表54 コロナ禍以前の利用状況
  2.2.4.チャットツールの利用頻度
   図表55 チャットツールの利用頻度
  2.2.5.テレワークへの貢献状況
   図表56 テレワークへの貢献状況
  2.2.6.チャットツールが何の役に立ったか
   図表57 チャットツールが役立った内容
  2.2.7.チャットツールでは解決できなかった内容
   図表58 チャットツールでは解決できなかった内容
  2.2.8.サービス別総合満足度
   図表59 サービス別満足度
  2.2.9.働き方の変化に及ぼす影響
   図表60 チャットツールによる働き方の変化
  2.2.10.今後の利用意向
   図表61 チャットツール 今後の利用意向
  2.3.オンラインストレージ
  2.3.1.利用したサービス名
   図表62 利用したオンラインストレージ(MA)
   図表63 最も利用したオンラインストレージ(SA)
  2.3.2.サービスを選択した理由
   図表64 サービスを選択した理由
  2.3.3.コロナ禍以前の利用状況
   図表65 コロナ禍以前の利用状況
  2.3.4.オンラインストレージの利用頻度
   図表66 オンラインストレージの利用頻度
  2.3.5.テレワークへの貢献状況
   図表67 テレワークへの貢献状況
  2.3.6.オンラインストレージが何の役に立ったか
   図表68 オンラインストレージが役立った内容
  2.3.7.オンラインストレージでは解決できなかった内容
   図表69 オンラインストレージでは解決できなかった内容
  2.3.8.サービス別総合満足度
   図表70 サービス別満足度
  2.3.9.働き方の変化に及ぼす影響
   図表71 オンラインストレージによる働き方の変化
  2.3.10.今後の利用意向
   図表72 オンラインストレージ 今後の利用意向
  2.4.タスク・プロジェクト管理ツール
  2.4.1.利用したサービス名
   図表73 利用したタスク・プロジェクト管理ツール(MA)
  2.4.2.サービスを選択した理由
   図表74 サービスを選択した理由
  2.4.3.コロナ禍以前の利用状況
   図表75 コロナ禍以前の利用状況
  2.4.4.タスク・プロジェクト管理ツールの利用頻度
   図表76 タスク・プロジェクト管理ツールの利用頻度
  2.4.5.テレワークへの貢献状況
   図表77 テレワークへの貢献状況
  2.4.6.タスク・プロジェクト管理ツールが何の役に立ったか
   図表78 タスク・プロジェクト管理ツールが役立った内容
  2.4.7.タスク・プロジェクト管理ツールでは解決できなかった内容
   図表79 タスク・プロジェクト管理ツールでは解決できなかった内容
  2.4.8.働き方の変化に及ぼす影響
   図表80 タスク・プロジェクト管理ツールによる働き方の変化
  2.4.9.今後の利用意向
   図表81 タスク・プロジェクト管理ツール 今後の利用意向
  2.5.ツール間の比較
  2.5.1.緊急事態宣言下における利用状況
   図表82 緊急事態下における利用の有無
  2.5.2.コロナ禍以前の利用状況
   図表83 コロナ禍以前の利用状況
  2.5.3.テレワークへの貢献度
   図表84 テレワークへの貢献度
  2.5.4.今後の利用意向
   図表85 今後の利用意向
3.テレワーク関連ソリューションの市場動向
  3.1.ビデオ・Web会議システム
  3.1.1.ビデオ・Web会議システム市場規模
   図表86 ビデオ・Web会議システム市場規模(国内)
  3.1.2.ビデオ・Web会議システムの主なサービス
   図表87 ビデオ・Web会議システムの主な参入企業
  3.2.ワークフロー
  3.2.1.ワークフロー市場規模
   図表88 ワークフロー・BPM市場規模推移
  3.2.2.ワークフローの主なサービス
   図表89 ワークフローの主な参入企業
  3.3.働き方改革ソリューション
   図表90 働き方改革ソリューション市場規模
4.テレワーク関連ソリューション企業の動向
  株式会社エイトレッド
   会社概要
   テレワーク関連サービス/ソリューション
   2019~2020年の事業概況
   新型コロナウイルス感染症に関する事業動向
   自社の強みと差別化ポイント
   主なターゲット市場
   ターゲットユーザの反応・動向
   販売体制
   今後の事業展開と基本戦略
   テレワーク及びテレワークソリューションに対する見解

  日本マイクロソフト株式会社
   会社概要
   テレワーク関連サービス/ソリューション
   事業概況及び新型コロナウイルス感染症に関する事業動向
   自社の強みと差別化ポイント
   主なターゲット市場
   ユーザの反応・動向
   販売体制
   今後の事業展開と基本戦略
   テレワーク及びテレワークソリューションに対する見解

  株式会社ブイキューブ
   会社概要
   展開サービス/ソリューション
   2019年の事業概況
   新型コロナウイルス感染症に関する事業動向
   自社の強みと差別化ポイント
   主なターゲット市場
   ターゲットユーザの反応・動向
   拡販戦略
   今後の事業展開と基本戦略
   市場の展望

3章 データ編

図表91 経営層でのテレワーク実施上の課題(FA)
図表92 営業・カスタマ対応業務でのテレワーク実施上の課題(FA)
図表93 バックオフィス系業務でのテレワーク実施上の課題(FA)
図表94 企画・研究・開発・設計系業務でのテレワーク実施上の課題(FA)
図表95 テレワークを実施したか
図表96 新型コロナウイルス終息後のテレワークの継続意向
図表97 新型コロナウイルス前と同じ働き方に戻ることについてどう感じるか
図表98 最も利用したWeb会議システムがテレワークに役立ったか
図表99 最も利用したWeb会議システムがテレワークにどう役立ったか
図表100 最も利用したWeb会議システムの満足度
図表101 最も利用したWeb会議システムの継続利用意向
図表102 Web会議システムの使い方についての発見(FA)
図表103 最も利用したチャットツールがテレワークに役立ったか
図表104 最も利用したチャットツールがテレワークにどう役立ったか
図表105 最も利用したチャットツールの評価
図表106 最も利用したチャットツールの継続利用意向
図表107 チャットツールの使い方についての発見(FA)

4章 テレワーク実施状況の 国際比較

1.各国のテレワーク実施率と日本の位置づけ
   図表108 テレワーク導入状況の国際比較(2016年企業導入率)
   図表109 各国の労働環境とテレワークの関係(コロナ禍前)
2.日本のテレワークの利用状況とコロナ禍による変化
 2.1.企業のテレワークの利用状況(コロナ禍前)
   図表110 企業のテレワーク導入率の推移
   図表111 産業別 テレワーク導入状況(企業)
   図表112 人数規模別 テレワーク導入状況(企業)
   図表113 テレワークの三類型(再掲)
   図表114 導入しているテレワークの形態
   図表115 テレワークの導入目的(企業) 複数回答
   図表116 テレワークの効果
 2.2.テレワーク関連ソリューションの利用状況(コロナ禍以前)
   図表117 ビジネスICTツールの利用状況
   図表118 テレワーカーのコミュニケーション確保のための対策
 2.3.新型コロナウイルス感染症でのテレワーク利用状況の変化
   図表119 感染症対策としてのテレワーク(在宅勤務に限る)の実施有無
   図表120 テレワーク(在宅勤務に限る)を実施してみて問題があったこと
   図表121 都内企業(従業員30人以上)のテレワーク導入率
   図表122 業種別のテレワーク利用状況
3.世界のテレワークの利用状況とコロナ禍による変化
 3.1.米国
  3.1.1.企業のテレワーク・在宅勤務の利用状況(コロナ禍前)
   図表123 在宅勤務の実施状況(2004年~2018年)
   図表124 業界別 在宅勤務の実施状況(2018年)
   図表125 最終学歴別 在宅勤務の実施状況(2018年)
   図表126 テレワークの実施理由(2019年)
   図表127 マネージャー(管理職)が考えるリモートワーク実施にあたっての課題/懸念
  3.1.2.新型コロナウイルス感染症でのテレワーク利用状況の変化
   図表128 コロナ禍後の勤務形態の希望
   図表129 ロナ禍後のテレワークについての意向
 3.2.中国
  3.2.2.1.新型コロナウイルス感染症でのテレワーク利用状況
   図表130 新型コロナウイルス流行期間中の勤務形態(2020年2月)
   図表131 在宅勤務における課題
  3.2.2.2.中国のテレワーク関連ソリューション市場
   図表132 中国 テレワーク業界市場規模(2017年~2024年予測)
   図表133 総合コミュニケーションツール 新規加入者数推移(2020/1/22~2020/2/12)
   図表134 Web会議ツール 新規加入者数推移(2020/1/22~2020/2/12)
   図表135 オンラインファイル編集サービス 新規利用者数推移(2020/1/25~2020/2/12)
 3.3.欧州
  3.3.1.企業のテレワーク・在宅勤務の利用状況(コロナ禍前)
   図表136 EU28ヶ国別(イギリス含む) 日常的に在宅勤務を行っている従業者割合(2019年)
   図表137 EU28ヶ国(イギリス含む)別 時々在宅勤務を行っている従業者割合(2019年)
  3.3.2.新型コロナウイルス感染症でのテレワーク利用状況の変化
   図表138 EU諸国(5ヶ国)別 職場復帰の意向(2020年5月7日~2020年5月10日)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

198,000
180,000
18,000
198,000
180,000
18,000
231,000
210,000
21,000
396,000
360,000
36,000
429,000
390,000
39,000
594,000
540,000
54,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。