リチウムイオン電池のリユース・リサイクル動向と展望

従来、ノートPCやスマートフォン等の民生小型機器向けがメインであったリチウムイオン電池市場は、HEV、PHEV、EVといった電動車やESS(定置用蓄電システム)といった新たな需要を牽引役に市場拡大を続けている。リチウムイオン電池にはCoやNi等のレアメタルが使用されており、民生小型機器向けの使用済みリチウムイオン電池に関しては業界団体の自主回収によるリサイクルが実施されているケースが見られる。民生小型機器に比べ、電動車やESSは電池搭載容量が大きく、資源リスク対策、資源循環の観点から、今後、使用済みリチウムイオン電池のリユース、リサイクルに向けた取り組みはより重要度を増すと見られるが、一方で回収、解体に伴うコスト負担増等の課題も指摘されている。
 本調査レポートでは、リチウムイオン電池市場(民生小型、車載、ESS)動向を踏まえた上で、世界(日本、中国、欧州、米国)におけるリチウムイオン電池のリユース、リサイクル動向を調査、分析し、今後のリユース、リサイクルの課題、可能性ついて展望することを目的とする。

発刊日
2019/06/28
体裁
A4 / 63頁
資料コード
C61108800
PDFサイズ
7.4MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

93,500
85,000
8,500
93,500
85,000
8,500
126,500
115,000
11,500
187,000
170,000
17,000
220,000
200,000
20,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:リチウムイオン電池(民生小型、車載、ESS用)のリユース、リサイクル事業、技術(※参考事例としてのニッケル水素電池のリユース、リサイクル動向含む)
調査方法:文献調査及びヒアリング調査
調査期間:2018年8月~2019年6月

調査結果サマリー
Close

リチウムイオン電池のリユース・リサイクル動向に関する調査を実施(2019年)
リチウムイオン電池リユース・リサイクルの世界動向
~事業化に求められるは、過渡期の先を見据えた利益創出の仕組み作り~

資料ポイント
Close

  • リチウムイオン電池市場(民生小型、車載、ESS)の概要を収録
  • 主要国(日本、中国、欧州、北米)におけるリチウムイオン電池に関するのリユース、リサイクル関連政策、法規の現状を整理
  • 主要国(日本、中国、欧州、北米)におけるリチウムイオン電池のリユース、リサイクル事例を掲載
  • ※参考事例としてニッケル水素電池のリユース、リサイクル動向を含む

資料概要
Close

第一章 リチウムイオン電池リユース、リサイクルの現状と展望
第二章 リチウムイオン電池リユース、リサイクルの取組み事例

リサーチ内容

調査結果のポイント

第一章 リチウムイオン電池リユース、リサイクルの現状と展望

1-1 リチウムイオン電池市場の概要
 1-1-1 民生小型リチウムイオン電池市場動向
 1-1-2 車載用リチウムイオン電池市場動向
 1-1-3 ESS用リチウムイオン電池市場動向(日本)
1-2 リチウムイオン電池のリユース、リサイクルの現状
 1-2-1 民生小型リチウムイオン電池のリサイクル動向
 1-2-2 車載用リチウムイオン電池のリユース、リサイクル動向
 1-2-3 ESS用リチウムイオン電池の今後のリユース、リサイクル課題
1-3 主要国(日本、中国、欧州、北米)におけるリユース、リサイクル関連政策、法規動向
 1-3-1 各国のLiB関連廃棄規制動向
 1-3-2 日本におけるリユース、リサイクル関連政策、法規動向
 1-3-3 中国におけるリユース、リサイクル関連政策、法規動向
 1-3-4 欧州におけるリユース、リサイクル関連政策、法規動向
 1-3-5 北米におけるリユース、リサイクル関連政策、法規動向
1-4 リチウムイオン電池のリユース、リサイクルの展望
 1-4-1 リチウムイオン電池の廃棄量予測
 1-4-2 リチウムイオン電池のリユース、リサイクルの展望

第二章 リチウムイオン電池リユース、リサイクルの取組み事例

2-1 リユース事例
 2-1-1 日本におけるリユース取り組み事例
  (1)トヨタ自動車株式会社(Ni-MH)
  (2)日産自動車株式会社/住友商事株式会社/フォーアールエナジー株式会社
  (3)株式会社日本ベネックス
 2-1-2 中国におけるリユース取り組み事例
  (1)北京汽車集団(北汽新能源/北京匠芯電池)
  (2)中国鉄塔公司
  (3)中天鸿锂清源股份有限公司
 2-1-3 欧州におけるリユース取り組み事例
  (1)VW
  (2)Daimler
 2-1-4 北米におけるリユース取り組み事例
  (1)GM
  (2)Ford
2-2 リサイクル事例
 2-2-1 日本におけるリサイクル取り組み事例
  (1)トヨタ自動車株式会社/住友金属鉱山株式会社(Ni-MH、LiB)
  (2)日本リサイクルセンター株式会社
  (3)三菱マテリアル株式会社・日本磁力選鉱株式会社
  (4)松田産業株式会社・太平洋セメント株式会社
  (5)JX金属株式会社
 2-2-2 中国におけるリサイクル取り組み事例
  (1)格林美新材料有限公司(GEM)
  (2)邦普循環科技有限公司(BRUNP)
  (3)桑徳集団有限公司(Sound Group)
 2-2-3 欧州におけるリサイクル取り組み事例
  (1)Umicore
 2-2-4 北米におけるリサイクル取り組み事例
  (1)Li-Cycle
  (2)Retriev Technologies(旧Toxco Inc.)

関連リンク

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

93,500
85,000
8,500
93,500
85,000
8,500
126,500
115,000
11,500
187,000
170,000
17,000
220,000
200,000
20,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。