2020~2021年版 フラワー&グリーンビジネス白書

本調査レポートは、花き関連業界(生産・流通・小売)全般に亘る各企業・団体における植物資材の取り扱い実態、販売状況、参入各社の市場戦略を調査・分析することにより、2025年のフラワー&グリーンビジネス市場を展望することを目的として実施している。

発刊日
2021/01/下旬
体裁
A4 / 約350頁
資料コード
C62118200
PDFサイズ
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

143,000
130,000
13,000
143,000
130,000
13,000
176,000
160,000
16,000
286,000
260,000
26,000
319,000
290,000
29,000
429,000
390,000
39,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

前回版との違い
・参入企業における新型コロナウイルスの影響と対応策について掲載
・アフターコロナのフラワービジネスを予測

リサーチ内容

2020年12月16日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

1章 フラワー&グリーンビジネスの現状分析と展望(総論)

1.花卉類の市場規模推移(出荷ベース)
  (1)花卉類の市場規模推移(2014~2020年(見込み))
  (2)商品分野別構成比(2019年)
  (3)花卉類の市場規模予測(2020~2025年(予測))
2.花卉流通の市場規模推移(小売ベース)
  (1)花卉流通の市場規模推移(2014~2020年(見込み))
  (2)チャネル別構成比(2019年)
  (3)花卉流通の市場規模予測(2020~2025年(予測))
3.2025年に向けたフラワー&グリーンビジネスの見通し
  (1)主要参入企業による新規顧客獲得戦略
  (2)拡大するインスタグラム・SNSの活用事例
  (3)切花アレンジメント商品に対する消費者需要

2章 注目業界動向 ~働き方改革で注目される屋内緑化、オフィス需要の拡大~

1.屋内緑化の市場動向
2.商品トレンドと参入企業動向
3.需要動向(業種別)
4.導入企業による投資効果の可視化・KPI設定事例
5.現状の課題点と市場見通し

3章 商品分野別市場動向(出荷ベース)

1.花卉類の商品分野別動向
  (1)切花
    ・商品トレンドと参入企業動向(2014~2020年(見込み))
    ・現状の課題点と市場見通し(2020~2025年(予測))
  (2)鉢物
    ・商品トレンドと参入企業動向(2014~2020年(見込み))
    ・現状の課題点と市場見通し(2020~2025年(予測))
  (3)花壇用苗物
    ・商品トレンドと参入企業動向(2014~2020年(見込み))
    ・現状の課題点と市場見通し(2020~2025年(予測))
  (4)花木
    ・商品トレンドと参入企業動向(2014~2020年(見込み))
    ・現状の課題点と市場見通し(2020~2025年(予測))
  (5)球根
    ・商品トレンドと参入企業動向(2014~2020年(見込み))
    ・現状の課題点と市場見通し(2020~2025年(予測))
  (6)芝・地被類
    ・商品トレンドと参入企業動向(2014~2020年(見込み))
    ・現状の課題点と市場見通し(2020~2025年(予測))
2.花卉生産・研究の状況
  (1)新品種の登録状況
  (2)花卉関連の遺伝子組換え植物(GMO)の一覧
  (3)有力種苗メーカーの花卉種苗戦略
  (4)有力種苗メーカーの注目切花品種
  (5)都道府県別の生産状況
  (6)主要伸長品種
3.輸入切花の市場動向
  (1)国内切花市場における輸入切花のポジショニング
  (2)輸入切花の市場規模推移
  (3)切花の品種別・国別輸入状況
  (4)切花輸入商社の動向
  (5)切花輸入商社の国内シェア

4章 流通チャネル別の市場動向(小売ベース)

1.小売店
  ・市場の推移と参入企業動向(2014~2020年(見込み))
  ・現状の課題点と市場見通し(2020~2025年(予測))
2.量販店
  ・市場の推移と参入企業動向(2014~2020年(見込み))
  ・現状の課題点と市場見通し(2020~2025年(予測))
3.ホームセンター
  ・市場の推移と参入企業動向(2014~2020年(見込み))
  ・現状の課題点と市場見通し(2020~2025年(予測))
4.リース・レンタル業
  ・市場の推移と参入企業動向(2014~2020年(見込み))
  ・現状の課題点と市場見通し(2020~2025年(予測))
5.造園・緑化業
  ・市場の推移と参入企業動向(2014~2020年(見込み))
  ・現状の課題点と市場見通し(2020~2025年(予測))

5章 フラワー&グリーンビジネス関連の最新データ

1.花・植木小売業の年間販売額の推移
2.切花への支出額の推移
3.切花への支出額上位10都市(1世帯あたり)
4.プリザーブドフラワー市場
5.葬儀花市場
6.生け花・フラワーアレンジメント需要
7.ブライダル装花需要、等

6章 有力参入企業の個別動向

1.種苗会社
  ・カネコ種苗
  ・京成バラ園芸
  ・サカタのタネ
  ・サントリーフラワーズ
  ・ジャパンアグリバイオ
  ・タキイ種苗、等
2.輸入商社
  ・オーシャン貿易
  ・クラシック
  ・クリエイト
  ・ワイエムエス、等
3.卸市場
  ・オークネット
  ・大田花き
  ・JF鶴見花き
  ・豊明花き
  ・フラワーオークションジャパン
  ・名港フラワーブリッジ、等
4.小売
  ・イオンリテール
  ・インパック
  ・カインズ
  ・Crunch Style
  ・クリエイティブ・フラワー・コーポレーション
  ・グリーンコンチネンタル
  ・ジャパンフラワーコーポレーション
  ・千趣会イイハナ
  ・トヨタエンタプライズ
  ・パーク・コーポレーション
  ・花プラス
  ・日比谷花壇
  ・ブルーミスト
  ・medelu
  ・ユニバーサル園芸社、等
5.プリザーブドフラワー
  ・アスク
  ・大地農園
  ・東京堂
  ・モノ・インターナショナル、等
6.生花祭壇
  ・ザ・ネクスト・ワン
  ・花智
  ・ビューティ花壇
  ・ユー花園、等
7.屋内緑化
  ・岡村製作所
  ・パソナ・パナソニック ビジネスサービス
  ・パーク・コーポレーション、など
  (導入企業)
  ・Indeed Japan
  ・ジンズ、など
8.Webメディア関連
  ・GreenSnap
  ・ストロボライト、など

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

143,000
130,000
13,000
143,000
130,000
13,000
176,000
160,000
16,000
286,000
260,000
26,000
319,000
290,000
29,000
429,000
390,000
39,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。