LGBTマーケティングレポート2021 シリーズ2:職場におけるLGBT調査

LGBTマーケティングシリーズ第2弾。社会的に性的マイノリティーとされるLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)の方を、あくまで1人1人の「就労者」「労働者」として捉え、その職場環境、労働者としての意識を分析するレポート。職場でのLGBTへの理解度、研修実施状況、職場環境への満足度等をデータで解説。

発刊日
2021/01/12
体裁
A4 / 56頁
資料コード
R62200701
PDFサイズ
1.8MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

16,500
15,000
1,500
33,000
30,000
3,000
49,500
45,000
4,500
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:この調査の実施目的は、社会的には性的マイノリティーとして位置付けられているLGBTの方を、あくまで市場における、1人1人の「従業員」「労働者」として捉え、その職場における行動、意識を調査、分析するものである。LGBTの方の職場における行動・意識を客観的に分析するため、非LGBTの方へも同様の調査を並行して行った。
調査対象:20~59歳の日本在住の方 かつ なんらかの職業についている方
調査方法:インターネットアンケート調査
調査期間:2020年11月~2020年12月

リサーチ内容

1.職場での研修実施状況

1.職場でのLGBTへの理解
2.職場におけるパワーハラスメント防止に関する研修の有無
3.職場におけるセクシャルハラスメント防止に関する研修の
4.職場における人権・差別防止に関する研修の有無
5.職場における女性の活躍支援、女性差別防止に関する研修の有無
6.メンタルヘルス(心の健康)に関する研修の有無
7.LGBTに関する研修の有無

2.職場環境の満足度

1.服装規定についての満足度
2.個人情報保護についての満足度
3.仕事内容についての満足度
4.職場のトイレ施設についての満足度
5.職場での人間関係についての満足度 / 上司との人間関係
6.職場での人間関係についての満足度 / 同僚との人間関係
7.賃金・待遇についての満足度

3.職場での「好き・嫌い」

1.職場関係者との飲み会・会食
2.職場関係者との恋愛話
3.職場関係者との結婚に関する話題
4.職場関係者とのLGBTに関する話題

4.まとめ

本調査で判明したこと(まとめ)
参考データ LGBTの出現率・推定人口

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

16,500
15,000
1,500
33,000
30,000
3,000
49,500
45,000
4,500

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。