2023年版 冷凍パン生地、冷凍パンの市場実態と展望

発刊日
2023/09/27
体裁
A4 / 349頁
資料コード
C65113900
PDFサイズ
5.4MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 349頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:冷凍パン生地と冷凍パンについて、国内のメーカーと輸入商社における取扱状況と、各社の市場戦略について調査し、冷凍パン生地、冷凍パンの市場実態と今後の市場見通しを行うことを当調査の目的とする。
調査対象製品:冷凍パン生地(生地玉冷凍、成型冷凍生地、ホイロ後冷凍生地)/冷凍パン(半焼成冷凍、焼成後冷凍〔製品冷凍〕)
調査対象企業:国内の冷凍パン生地と冷凍パンのメーカー、及び輸入商社
調査方法:当社専門研究員による直接面接調査を実施した。
調査期間:2023年7月~2023年9月

調査結果サマリー
Close

冷凍パン生地・冷凍パン市場に関する調査を実施(2023年)
冷凍パン生地、冷凍パンともに、コロナ禍を経て市場は回復基調

資料ポイント
Close

  • 冷凍パン生地・冷凍パン市場は1,800億円に
  • コロナ禍収束で業務用が着実に回復
  • 参入各社は業務用で次の一手を探る
  • 生協宅配、ネット通販が家庭用に定着
  • 本格商品と小型商品が牽引する食事パン
  • 菓子パンはコンビニPBがコロナ禍前に接近
  • 生地玉は原価率低減対策でベーカリーに定着
  • コンビニの来店客増で成型後冷凍が回復
  • インバウンド需要で外食、ホテルの焼成後冷凍が拡大
  • 為替の影響受ける輸入冷凍パン生地
  • インストアベーカリーが市場を牽引
  • 大手ホールセールがRTBと焼成後を強化
  • 中堅専業メーカーが大口需要家のPBに積極対応
  • 需要回復を見込み市場は変動
  • 製品別、加工度別、チャネル別に市場規模を算出
  • 注目企業のビジネスモデルを研究
  • 2027年の市場規模、業界地図を予測
  • 【前回版との違い】
    ・メーカー、商社における原材料高騰対応を取材
    ・アフターコロナにおける冷凍パン生地、冷凍パンの市場を展望

リサーチ内容

第Ⅰ章 マーケットの現状分析と展望

1.冷凍パン生地、冷凍パンの市場概況
  (1)パン市場における冷凍パン生地、冷凍パンの位置付け
  (2)長期的な人手不足が市場拡大の追い風に
  (3)冷凍パン生地、冷凍パンの主要参入企業
  (4)参入パターン別の流通ルート
  (5)冷凍パン生地、冷凍パンの販売チャネル動向
  (6)冷凍パン生地、冷凍パンの輸入商社動向(海外動向)
  (7)冷凍パン生地、冷凍パンの主要製品
  (8)省人化を図るインストアベーカリー
  (9)インバウンド需要回復と移動緩和でホテル需要が復活
  (10)外食とウエディングに明るい兆し
  (11)アフターコロナにおける小売流通
  (12)セブン-イレブンオリジナルパンの現状
  (13)新たな需要を掘り起こす給食市場
  (14)参入企業のインターネット販売(業務用、一般用)
  (15)食品宅配は日常利用が進み、生活に不可欠なサービスとして定着
  (16)冷凍パン生地向け小麦粉使用量の推移(2014~2022年)
  (17)ベーカリー製品の輸入推移(2014~2022年) ~輸入額は回復傾向~
2.冷凍パン生地、冷凍パンの現状と展望
  (1)加工度別の市場動向
  (2)販売チャネル別の市場動向
  (3)冷凍パン生地、冷凍パン市場の問題点と課題
  (4)冷凍パン生地、冷凍パンの市場拡大要因
3.冷凍パン生地、冷凍パンの市場規模推移(2018~2022年度)
  (1)冷凍パン生地全体 ~2022年度は1,806億円に~
  (2)食パン、食卓パン ~小型の食卓パンが市場を牽引~
  (3)菓子パン類 ~市場は回復の兆しが見える~
  (4)生地玉冷凍 ~原価率低減の立役者~
  (5)成型後冷凍 ~メイン市場として微増~
  (6)ホイロ後冷凍 ~輸入品の回復で久々の拡大~
  (7)半焼成冷凍パン、焼成後冷凍パン(冷凍パン) ~国内メーカーが商品強化~
  (8)外部販売分 ~コロナ禍からの回復で復調~
  (9)内部使用分 ~閉店による店舗減少が尾を引く~
  (10)輸入冷凍パン生地・冷凍パン ~ホテルやレストランが需要回復~
  (11)国産冷凍パン生地・冷凍パン ~大手メーカーが焼成後冷凍に注力~
4.冷凍パン生地、冷凍パンのメーカーシェア(2022年度)
  (1)全体 ~トップは山崎製パン~
    ①メーカーシェア
    ②売上高ランキング一覧
  (2)食パン、食卓パン ~アンデルセングループがトップ~
    ①メーカーシェア
    ②売上高ランキング一覧
  (3)菓子パン類 ~山崎製パンがトップ~
    ①メーカーシェア
    ②売上高ランキング一覧
  (4)生地玉冷凍 ~ホールセール系企業が上位に~
    ①メーカーシェア
    ②売上高ランキング一覧
  (5)成型後冷凍 ~セブン-イレブン向けが名を連ねる~
    ①メーカーシェア
    ②売上高ランキング一覧
  (6)ホイロ後冷凍 ~外資系の独壇場~
    ①メーカーシェア
    ②売上高ランキング一覧
  (7)半焼成冷凍パン、焼成後冷凍パン ~国内メーカーが健闘~
    ①メーカーシェア
    ②売上高ランキング一覧
  (8)外部販売分 ~ホールセール大手が上位に~
    ①メーカーシェア
    ②売上高ランキング一覧
  (9)内部使用分 ~セブン-イレブン向けが上位に~
    ①メーカーシェア
    ②売上高ランキング一覧
5.冷凍パン生地、冷凍パンの今後の市場見通し
6.冷凍パン生地、冷凍パンの市場規模予測(2023~2027年度)
  (1)冷凍パン生地全体 ~2027年度は2,090億円に~
  (2)食パン、食卓パン ~半焼成、焼成後冷凍の牽引で市場拡大~
  (3)菓子パン類 ~コロナ禍の反動を経て堅調推移~
  (4)生地玉冷凍 ~20%強の市場シェア、微増推移~
  (5)成型後冷凍 ~高加工度品に押されシェアダウン~
  (6)ホイロ後冷凍 ~今後も横這い推移を予測~
  (7)半焼成冷凍パン、焼成後冷凍パン(冷凍パン) ~500億円市場に近付く~
  (8)外部販売分 ~コロナ禍の反動後、年率2~3%を予測~
  (9)内部使用分 ~自社・FCベーカリーが伸びず微増~
  (10)輸入冷凍パン生地・冷凍パン ~2027年度の市場規模は193億円に~
  (11)国産冷凍パン生地・冷凍パン ~2027年度の市場規模は1,897億円に~
7.冷凍パン生地、冷凍パンの市場規模推移と予測一覧(2018~2027年度)

第Ⅱ章 パン市場の現状分析と展望

1.市場概況 ~新たな時代のパン業界~
2.商品動向 ~2023年の商品トレンド~
3.企業動向 ~原材料高騰の影響と対応~
4.チャネル動向 ~20年でチャネル構成比は大きく変化~
5.ホールセールメーカーのコロナ禍からの脱却
6.出勤・通学・外出が戻りコンビニが復調
7.アフターコロナにおけるリテールベーカリーの戦略
8.ドラッグストアは数少ない拡大チャネル
9.パンの新チャネル、ネット通販とサブスク
10.高級食パンブームの現状と今後
11.備蓄用途で注目されるロングライフパン、缶詰パン
12.完全栄養食がパン市場の救世主に
13.パンの介護食、病者食、アレルギー対応食
14.少子高齢社会とパン需要の今後
15.パン業界で進む「SDGs」への取り組み
16.原材料の高騰と価格改定
17.輸入小麦の政府売渡価格が過去最高値に
18.パンの総市場規模推移(2017~2021年度) ~コロナ禍を経て1兆5,354億円に~
19.商品別市場構成比(2021年度) ~食パンと食卓パンがシェア拡大~
20.末端チャネル別市場構成比(2021年度) ~量販店、ドラッグストアが拡大~
21.地域別市場構成比(2021年度) ~関東は39.9%、近畿は18.1%~
22.メーカーシェア(2021年度) ~上位10社の占有率は6割弱~
23.パン市場の拡大要因・阻害要因と2026年展望
24.パンの総市場規模予測(2022~2026年度) ~2026年は1兆6,000億円超~

第Ⅲ章 有力冷凍パン生地・冷凍パンメーカー、商社の市場戦略分析

1.参入経緯、参入方法
2.注力商品の傾向と商品開発動向
3.生産・輸入動向
4.販売動向
5.販売促進策
6.原材料高騰対策
7.物流対策
8.今後の市場戦略

第Ⅳ章 注目企業の個別実態調査(19社)

(株)アンデルセン・パン生活文化研究所
 ~石窯焼成後冷凍の小型のパンが牽引~
 
(株)イズム
 ~マーケティング機能を独立させ提案力を強化~
 
(株)オイシス
 ~インストアベーカリーやカフェなど、外販が好調~
 
岡野食品グループ
 ~事業構造を見直す中、冷凍パン生地を強化~
 
(株)神戸屋
 ~新たな事業体制でフローズン事業とフレッシュベーカリー事業を推進~
 
(株)サンジェルマン
 ~新体制でグループシナジーを発揮、店舗事業を強化~
 
(株)サンフレッセ
 ~新規事業で業績拡大目指す~
 
敷島製パン(株)
 ~業務用の焼成後冷凍パンが拡大~
 
(株)進々堂
 ~需要の拡大を受けて、コロナ禍前に業績回復~
 
(株)スタイルブレッド
 ~ホテル需要が大幅回復、前年比約140%を見込む~
 
(株)セブン-イレブン・ジャパン
 ~オリジナルパンを全国21,400店で販売~
 
テーブルマーク(株)
 ~調理方法の提案でスーパーの惣菜部門を開拓~
 
トップ・トレーディング(株)
 ~インストアベーカリーとの新規取引が拡大~
 
(株)パンフォーユー
 ~ベーカリーの課題を独自の冷凍技術とDXで解決~
 
フジパングループ本社(株)
 ~冷凍パン生地工場を集約、生産効率を向上~
 
(株)フランソア
 ~ベンダー事業とホールセール事業の冷凍パン生地が堅調~
 
ミヨシ油脂(株)
 ~冷凍パン生地から油脂商品開発へフィードバック~
 
山崎製パン(株)
 ~販路の新規開拓が奏功し冷凍パン事業は拡大~
 
(株)リョーユーパン
 ~アフターコロナで外部販売が大幅に増加~

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 349頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。