2030年における語学ビジネス市場の長期予測 ~人口減少による影響とビジネスチャンス~

本レポートでは、矢野経済研究所が毎年発刊している「語学ビジネス徹底調査レポート」を基に、外国語教室市場の将来予測を行った。「語学ビジネス」の2030年度の市場動向の予測を掲載。

発刊日
2023/08/31
体裁
A4 / 129頁
資料コード
C65114320
PDFサイズ
6.4MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

本書について:本書は、矢野経済研究所が毎年発刊している「語学ビジネス徹底調査レポート」を基に、外国語教室市場の将来予測を行なったレポートである。
「語学ビジネス徹底調査レポート」では、マーケットの現状を詳らかにすることを主眼に置いているが、本レポートでは将来予測、2030年度の市場規模予測を試みた。
外国語教室市場は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、大きなダメージを負った。その影響は非常に大きく、2020年度だけではなく、2021~2022年度にかけても市場規模がシュリンクするほどであった。2023年度に入り、海外との行き来が回復したり、感染症分類が5類へと移行したりと、人々の生活は正常化しつつあることを背景に徐々にであるが、教室へ回帰する動きもみられる。
そうした環境下、2030年度の外国語教室市場に予測したレポートである。本書が読者のビジネス・研究活動の一助となれば幸いである。
調査・集計・分析実施期間:2023年04月09日~2023年08月24日
調査方法:事業者への面接取材(対面・オンライン)、アンケート調査、電話調査、各省庁等による公的データ、弊社独自の資料等により調査・分析を実施
調査対象:外国語教室各社、語学に関わる教材を開発・販売する事業者、語学に関わるビジネスを展開する事業者

調査結果サマリー
Close

2030年の語学ビジネス市場に関する調査を実施(2023年)
2022年度の外国語教室市場(成人向け外国語教室、幼児・子供向け外国語教室、プリスクール市場)は前年度比2.3%減の2,952億円
~2030年度には3,500億円まで拡大するものと予測~

資料ポイント
Close

  • 「語学ビジネス」の2030年度の市場動向を予測したレポート
  • 【解説市場分野】外国語教室全体市場/成人向け外国語教室全体市場/幼児・子供英会話教室市場/プリスクール市場/英語学童保育市場
  • 各分野の市場規模、市場推移予測(2019年度~2030年度予測値)を掲載
  • 主要事業者に対しては、①2030年の市場展望、②テクノロジーの進化による影響と対策についてヒアリングを実施

リサーチ内容

【調査結果のポイント】

第1章 語学ビジネス市場の長期予測

1.語学ビジネス市場の市場規模予測(2023~2030年度)
  ①外国語教室全体市場予測
  ②成人向け外国語教室市場予測
  ③幼児・子供向け外国語教室市場予測
  ④プリスクール市場予測
  ⑤英語学童市場予測

第2章 語学ビジネスを取り巻く外部環境

1.人口動態
  (1)総人口・日本人人口・出生数・合計特殊出生率の推移
  (2)住民基本台帳に基づいた日本人人口と外国人人口
  (3)人口構成の推移
  (4)日本の将来推計人口(令和5(2023)年推計)
2.経済環境の動向
  (1)実質GDPの推移
  (2)有効求人倍率と完全失業率~国内の雇用状況~
  (3)生活意識の変遷
  (4)教育関連支出
  (5)語学月謝支出の推移(2005年~2022年)
3.海外渡航者の動向
  (1)日本人出国者数の推移
  (2)日本人の年齢別出国者数
  (3)海外在留邦人数の推移
  (4)地域別海外在留邦人数の推移
  (5)海外在留邦人数推計推移(平成元年~令和4年)
  (6)国(地域)別在留邦人数推計上位50位推移
4.語学教育の動向
  (1)公立小学校における英語教育の現状
  (2)高校生の外国への研修旅行(3ヵ月未満)について
  (3)高校生の留学(3ヵ月以上)について
  (4)高等学校・中学校における英語以外の外国語の開設状況
  (5)高等学校等における英語以外の外国語科目の開設状況について
  (6)高校生の留学に対する意識について
  (7)「初等中等教育段階における生成AIの利用に関する暫定的なガイドライン」
  (8)教育振興基本計画
  (9)学校数の推移(2013~2022年度)
  (10)経営区分別学校数の推移
  (11)経営区分別学校数(学校種別)
  (12)在学生数の推移(2013~2022年度)
5.ビジネスパーソンの語学習得に関する状況
  (1)教育訓練給付金(翻訳技能・実用英語検定等)の受給状況
  (2)個人のリスキリングに対する公的支援

第3章 ケーススタディ

1.株式会社ECC
2.イッティージャパン株式会社
3.株式会社EnglishCentralJAPAN
4.株式会社Kids-UP
5.有限会社キャンプリンカーン
6.株式会社QQEnglish
7.株式会社シェーンコーポレーション
8.セイハネットワーク株式会社
9.株式会社ゼノファイル
10.株式会社チャイナワン
11.合同会社DMM.com
12.株式会社東京インターナショナルスクールグループ
13.公益財団法人日本YMCA同盟
14.株式会社ネイティブキャンプ
15.株式会社NOVA
16.株式会社ハグカム
17.ビズメイツ株式会社
18.株式会社FREEMIND
19.株式会社プログリット
20.株式会社ベネッセビーズタジオ
21.株式会社ベルリッツ・ジャパン
22.株式会社ヤマハミュージックジャパン
23.株式会社やる気スイッチグループ
24.RIZAP ENGLISH株式会社
25.株式会社レアジョブ
26.株式会社アルク
27.株式会社Edulinx
28.株式会社ポリグロッツ
29.株式会社ワールド・ファミリー
30.ウィッシュインターナショナル株式会社
31.株式会社コングレ・グローバルコミュニケーションズ
32.株式会社ジージー
33.株式会社スクールウィズ
34.全研本社株式会社
35.公益財団法人日本英語検定協会
36.一般社団法人日本通訳士協会
37.株式会社翻訳センター
38.株式会社毎日コミュニケーション
39.有限会社マンナミコンサルタント
40.株式会社留学情報館

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。