2024年版 住宅用断熱建材の市場実態

断熱建材の市場は、2025年省エネ義務化やZEH化などを背景に需要が高まっている。本レポートでは、主要断熱建材の市場実態を明らかにすると共に、高断熱化に関する住宅メーカーの動向や断熱リフォームの浸透状況など、断熱建材の最新の動向を追う。

発刊日
2023/12/28
体裁
A4 / 239頁
資料コード
C65119500
PDFサイズ
3.2MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 239頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:多岐にわたる断熱材の現状を調査把握し、今後の断熱材の方向性を探ることを目的とする。
調査対象:断熱材メーカー(掲載企業16社、他)。各種断熱材協会・団体
調査方法:当社調査員による断熱材メーカー・各種断熱材協会などへのヒアリング調査活動を基に、断熱材に関する様々な情報を参考に整理・分析を行う。
調査・編集期間
調査期間 2023年9月~2023年12月
編集期間 2023年10月~2023年12月

調査結果サマリー
Close

住宅用断熱建材市場に関する調査を実施(2023年)
2022年度の住宅用断熱材(7分野計)市場規模は、数量ベースでは前年度比0.9%減の34万5,336t、金額ベースでは同4.5%増の1,818億円
~今後は新築住宅の高断熱化ニーズの高まりにより、住宅用断熱材は市場拡大を見込む~

資料ポイント
Close

  • 法環境、建物の着工状況など市場環境の動向を整理
  • 断熱材の素材分野別の市場規模を推計
  • 有力参入事業者16社に断熱材の販売動向、物流課題、環境への取組等をヒアリング
  • 前回資料との違い:開口部の断熱性能向上として注目を集める「窓市場」について掲載!

リサーチ内容

調査結果のポイント

1.市場動向
2.展望と課題

第1章 住宅用断熱材を取り巻く環境の変化

1.住宅用断熱材の市場規模
2.住宅用窓の市場規模
3.断熱材市場に関連する政策・制度等の動き
  (1)住宅の省エネ性能適合義務化に向けた動向
  (2)断熱等性能等級について
  (3)トップランナー制度の動向
  (4)住生活基本計画
  (5)その他制度の動向
4.断熱材市場に関連する経済的環境の動向
  (1)新築住宅市場の動向
  (2)中古住宅市場の動向
  (3)非住宅市場の動向
  (4)非住宅木造市場の動向
  (5)リフォーム市場の動向
5.住宅高断熱化に関する住宅供給事業者の動向
6.断熱材事業者の取組状況
  (1)リフォームへの取組状況
  (2)環境への取組状況

第2章 主要断熱材の素材別市場動向

[1]グラスウール
  1.市場概況と販売動向
  2.市場規模推移
  3.参入メーカーの動向とシェア
  4.販売・営業体制
  5.商品実態と戦略
  6.生産能力の実態と方向性
  7.課題・問題点と今後の市場見通し
[2]ロックウール
  1.市場概況と販売動向
  2.市場規模推移
  3.参入メーカーの動向とシェア
  4.販売体制
  5.商品の展開と商品開発の方向性
  6.地域別販売状況
  7.生産体制
  8.課題・問題点と今後の市場見通し
[3]セルローズファイバー
  1.市場概況と販売動向
  2.市場規模推移
  3.参入企業の動向とシェア
  4.生産・販売・施工体制
  5.商品展開の現状
  6.今後の方向性
[4]押出法ポリスチレンフォーム
  1.市場概況と販売動向
  2.市場規模推移
  3.参入企業の動向とシェア
  4.生産・販売・施工体制
  5.商品展開の現状
  6.今後の方向性
[5]ビーズ法ポリスチレンフォーム
  1.市場概況と販売動向
  2.断熱材の市場規模推移
  3.参入企業の動向とシェア
  4.生産・販売体制
  5.商品展開の現状
  6.今後の方向性
[6]硬質ウレタンフォーム
  1.市場概況と販売動向
  2.市場規模推移
  3.参入企業のメーカーシェア
  4.販売体制・営業展開
  5.施工体制
  6.商品展開の現状と商品開発の方向性
  7.生産体制
  8.課題・問題点と今後の市場見通し
[7]フェノールフォーム
  1.市場概況と販売動向
  2.市場規模推移
  3.参入企業の動向とシェア
  4.生産・販売体制
  5.商品展開の現状
  6.今後の方向性

第3章 その他注目断熱材と断熱ビジネス

1.主要7種類以外の断熱材(その他の断熱材)
2.注目断熱材の概要
  (1)羊毛断熱材
  (2)炭化コルク断熱材
  (3)真空断熱材
  (4)ポリエステル断熱材
  (5)エアロゲル

第4章 窓の市場動向

1.市場概況と販売動向
2.市場規模推移
3.地域別販売状況
4.販売体制
5.生産体制
6.商品の展開と商品開発の方向性
7.課題・問題点と今後の市場見通し

第5章 断熱材メーカーの個別実態

旭ファイバーグラス <グラスウール、他>
マグ・イゾベール <グラスウール、他>
パラマウント硝子工業 <グラスウール>
JFEロックファイバー <ロックウール>
太平洋マテリアル <ロックウール>
デコス <セルローズファイバー>
デュポン・スタイロ <押出法ポリスチレン、硬質ウレタンフォーム>
JSP <押出法ポリスチレン、ビーズ法ポリスチレン>
日本アクア <硬質ウレタンフォーム>
積水ソフランウイズ <硬質ウレタンフォーム>
日本パフテム <硬質ウレタンフォーム>
アキレス <硬質ウレタンフォーム、ビーズ法ポリスチレンフォーム>
日清紡ケミカル <硬質ウレタンフォーム>
旭化成建材 <フェノールフォーム>
フクビ化学工業 <フェノールフォーム、ビーズ法ポリスチレンフォーム>

第6章 窓・サッシメーカーの個別実態

エクセルシャノン <樹脂サッシ>
フクビ化学工業 <樹脂サッシ>

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 239頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。