2024年版 食品通販市場の展望 ~顧客体験を創るSNSコミュニケーション~

アフターコロナの本格的な到来により、2020~2021年度にみられたコロナ禍の特需は落ち着き、2022年度の食品通販市場規模は前年度並みでの着地となった。コロナ禍の反動に加え、新規参入が一服したこと、さらに物価上昇を背景に節約志向が強まったことが影響した。
2023年度も食品価格の値上がりが続いており、節約志向が強まっている。加えて、物流2024年問題に起因した配送料値上げの影響もあり、全体的に市場は逆風である。そうした市場環境下におけるマーケティング手法として、SNSの活用は益々重要度を増している。

発刊日
2024/02/29
体裁
A4 / 324頁
資料コード
C65122900
PDFサイズ
7.5MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 324頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査の目的:食品通販市場を広く調査・収録することによって、当該市場に関するマーケティング戦略作成のための基礎資料とする。
調査対象:通信販売事業者、食品関連企業、生協、食品小売事業者、食品卸、等
調査方法:弊社専門調査員による、アンケート調査、電話取材、関連統計の集計・分析を実施した。
調査期間:2023年11月~2024年2月

資料ポイント
Close

  • 資料のポイント:
    本資料では、2022年度までの市場規模算出と、2023~2027年度までの市場規模予測を実施。(予測は総市場規模と業態別市場規模のみ)
    <製品分野別>生鮮食品、米、酒類、飲料、菓子類、健康食品、その他加工食品
    <業態別>ショッピングモール、生協、自然派食品宅配、ネットスーパー、メーカー直販
  • 最新版特集:
    近年、SNSツールは多様化し、幅広い年代においてSNSとの接点が増加している。その中で食品通販を拡大する上でもSNSを活用したコミュニケーションや顧客体験の創出は必至となっている。
    例年実施している食品通販参入企業へのアンケート調査では、特にSNSの活用状況や参入企業が抱える課題感を調査し、分析した。

リサーチ内容

第Ⅰ章 食品通販市場の概況

1.食品通販の市場規模推移
  <各製品カテゴリの概況>
  <各業態の概況>
2.食品通販の市場規模予測
3.注目の市場動向
  (1)拡大する食のサブスクリプション
    ①概況
    ②食品関連のサブスクリプションサービス事例研究
    i)「ココノミ」(ココノミ)
    ii)「パンスク」(パンフォーユー)
    iii)「ひらけ!よなよな月の生活」(ヤッホーブルーイング)
    iv)スナックミー
    v)酒類サブスクサービス
    vi)クロスオーバー・サブスクリプション(食品×家電利用など)
    ■「foodable」(運営:パナソニック)
    ■「MIO!De’Longhi(ミーオ!デロンギ)」(運営:デロンギジャパン)
    vii)その他の企業動向
  (2)食品ギフトの拡大 ~ソーシャルギフトは2桁増~
  (3)市場拡大が続くミールキット市場
  (4)食品通販を支える物流の状況
  (5)顧客体験を創るSNSコミュニケーション
    ①ECサイトにおけるSNSの利用拡大
    ②食品通販におけるSNSの重要性の高まり
    ③アンケート結果
  (6)ライブコマースの広がり
  (7)越境EC
    ①日本の農林水産物輸出目標と越境EC
    ②2022年における世界の越境EC
    ③越境ECにおけるトレンド・トピックス
    ④主要企業の動向
    i)クロスシー
    ii)インアゴーラ
    iii)その他の越境EC取組事例
  (8)食品ロス削減と食品EC ~SDGsへの関心急伸で拡大~
    ①市場の概況
    ②有力企業の動向
    i)「Kuradashi」(株式会社クラダシ)
    ii)その他食品ロス削減に繋がるECの取組動向

第Ⅱ章 食品通販の製品分野別動向

1.製品分野別市場規模
  <各製品カテゴリの概況>
2.各製品カテゴリの分析
  (1)生鮮食品
    ①市場規模推移
    ②市場トレンド
    ③主要企業の動向
    i)クーネルワーク(新潟直送計画/山形直送計画)
    ii)その他企業
  (2)米
    ①市場規模推移
    ②市場トレンド、主要企業の動向
  (3)酒類
    ①市場規模推移
    ②市場トレンド
    ③主要企業の動向
    i)カクヤス
    ii)エノテカオンライン
    iii)その他酒類通販の動向
    ■大手プラットフォーマーの酒類通販動向
    ■酒類のカテゴリ別動向
  (4)飲料
    ①市場規模推移
    ②市場トレンド、主要企業の動向
  (5)菓子類
    ①市場規模推移
    ②菓子通販の市場構成
    ③市場トレンド・トピックス
    ④主要企業の動向
    i)プラットフォーマーの動向
    ■「楽天市場」
    ■オンワード・マルシェ
    ■LINEギフト
    ■「Cake.jp」(株式会社Cake.jp)
    ii)メーカーの動向 ~製造小売系を中心に~
  (6)健康食品
    ①市場規模推移
    ②市場トレンド、主要企業の動向
  (7)その他
    ①フローズングルメの動向
    ②パン・ベーカリー
    ③おせち料理
    ④介護食品
    ⑤防災食

第Ⅲ章 食品通販の業態別動向

1.業態別市場規模
  ■業態別構成比の推移
  ■各業態の概況
2.各チャネルの分析
  (1)ショッピングモール
    ①市場規模推移
    ②市場トレンド、シェア
    ③主要企業の動向
    i)アマゾンジャパン合同会社
    ii)LOHACO(アスクル株式会社)
    iii)楽天市場(楽天株式会社)
    iv)Yahoo!ショッピング(LINEヤフー)
    v)「au PAY マーケット」(auコマース&ライフ株式会社)
    vi)Qoo10(eBay Japan合同会社)
    vii)百貨店通販の動向
    viii)「オンワード・マルシェ」(株式会社オンワードホールディングス)
    ④市場の課題、将来展望
  (2)生協
    ①市場規模推移
    ②市場トレンド
    ③地域生協宅配供給高ランキング(2021~2022年度)
    ④主要企業の動向
    i)コープみらい
    ii)コープこうべ
    ⑤市場の課題
    ⑥市場の将来展望
  (3)自然派食品通販
    ①市場規模推移
    ②市場トレンド、シェア
    ③主要企業の動向
    i)オイシックス・ラ・大地
    ii)ビオセボン・ジャポン
    ④市場の課題
    ⑤市場の将来展望
  (4)ネットスーパー
    ①市場規模推移
    ②市場のトレンド、シェア
    ③主要企業の動向
    i)セブン&アイ ホールディングス
    ii)イオングループ
    iii)楽天西友ネットスーパー(西友/楽天)
    iv)アマゾンジャパン合同会社(Amazon Fresh)
    v)その他
    ④市場の課題
    ⑤市場の将来展望
  (5)メーカー直販
    ①市場規模推移
    ②食品関連企業の通販展開概況
    ③食品通販の事業規模
    ④食品通販の平均受注単価
    ⑤食品通販事業における課題

第Ⅳ章 食品関連企業の通販展開動向調査 ~アンケート調査~

[調査実施要綱]
1.回答企業のECサイト運用状況
2.食品通販における商品展開動向(商品数、商品カテゴリ、温度帯)
3.ネット通販で取り組んでいるWEBプロモーション
4.食品通販展開企業におけるSNS取組状況
5.活用しているSNSの種類と活用年数
6.SNS活用目的
7.SNS活用目的の達成度
8.SNS活用強化に向けた取組内容
9.SNSコンテンツ制作時の留意点
10.SNSの運用体制
11.SNS活用における課題
12.SNSを活用していない理由
13.平均受注単価
14.食品通販の配送料設定について
15.直近1年間の配送料見直しについて
16.直近1年間における受注から配送完了までの必要日数の変化
17.食品通販事業社が物流問題に感じている課題
18.食品通販事業社として物流課題に対して取り組んでいること
19.食品通販事業者として感じている物流2024年問題の課題感
20.食品通販事業における課題(上位5位)
21.食品通販の売上規模(2022年度)と伸長率
22.現在の購買層と今後のターゲット層

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 324頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。