2024年版 MedTech市場調査レポート

AI、IoT、VR/ARなどのデジタル技術が多様な産業に浸透している。AIを利用したSaMD(Software as a Medical Device) が2020年に上市されて以降、現時点で20製品以上が薬事承認をされている。一部の医療機関でのAIを活用したSaMD製品の導入が進みつつある。
医療でのAIを活用したSaMDは、放射線画像領域や内視鏡を中心に開発が進めらてきたが、近年では対応するモダリティおよび対象疾患も広がりを見せており、参入企業も増加傾向にある。規制当局の組織体制、審査フロー、法整備などの改革がなされ、2022年度にはAIの医療利用に診療報酬制度のインセンティブが与えられるなど外部環境の変化がみられる。
また、2023年には大規模言語モデル(LLM)が台頭し、社会的なブームとなっている。種々の課題はあるものの医療分野での利用が期待されるなど技術革新のスピードは非常に速い。今後、デジタル技術の活用は生産性、医療の質の向上に寄与することが期待されるだけではなく、医療の在り方を大きく変革することが予測される。
このように医療における診療・診断・治療支援領域に最新の ICT 技術を活用した新たな価値を提供する製品やサービス、およびその取り組みが進められる。本資料では、「MedTech(Medical×Technology・メドテック)とし、市場動向や将来展望について紹介・分析する。

発刊日
2024/03/下旬
体裁
A4 / 約250頁
資料コード
C65127500
PDFサイズ
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 約250頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

前回版との違い:
・SaMD関連の政策動向を更新
・新たに上市されたAI医療機器ソフトウェア製品状況の更新

リサーチ内容

2024年2月7日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。
 
■掲載予定内容
 
<参考資料:目次2023年版(2024年版は作成中です)>
 
第1章 総論
 
1.市場概況
  (1)AI、VR、4K、5Gへの一般社会の関心が高まる
  (2)MedTech市場とは
  (3)AI(Artificial Intelligence・人工知能)
    ①AIの定義
    ②AIの歴史的変遷
  (4)XR(VR・AR・MR)
    ①XRの定義
    ②XR(VR・AR・MR)の技術的経緯
  (5)医療分野におけるAI・XRの活用動向
    ①医療AIの動向
    ②医療XRの動向
2.日本におけるICTの普及状況および関心
  (1)国民へのIT 技術は普及している
3.日本の医療の現状
  (1)国民医療費は年々上昇
  (2)医師数は増加傾向にあるものの地域偏在が課題
  (3)医療機関のICT化は浸透しつつあるものの電子カルテの導入は約57%
4.MedTech関連の政策動向
  (1)政府のAI戦略は社会実装の促進に向けた新たな取り組みを開始
  (2)政府のAI戦略を踏まえてAI開発・利活用に向けて厚生労働省で検討が進められる
  (3)医療AIの人材育成
5.MedTech関連の規制・ガイドライン動向
  (1)薬機法改正によりAIに適用した承認制度の導入
  (2)SaMDの早期実用化を促進するための二段階承認制度が検討される
  (3)2022年度診療報酬改定で、画像診断支援AIの管理に関する要件が追加
  (4)AIに関する原則・ガイドライン
    ①日本のAI開発・利用に係る原則やガイドラインが取り纏められる
    ②AI利用に関する医用画像診断支援システムの評価指標・開発ガイドラインの整備
    ③医療機器プログラムへの該当性判断に係る明確化・精緻化のためのガイドラインの整備
  (5)次世代医療基盤法
6.医療分野におけるAI/XR普及への課題
  (1)共通の課題
    ①データの収集方法、信頼性の担保およびディープフェイク・フェイク体験への対策
    ②診療情報の活用と個人情報の保護のバランス
    ③デジタルテクノロジーへの依存
  (2)医療AIに関する課題
  (3)医療XRに関する課題
7.MedTech関連の研究開発動向
  (1)5G・4K/8Kを活用した取り組み
  (2)手術支援ロボットに関する取り組み
8.MedTech市場における今後の見通し
  (1)市場規模予測
  (2)将来展望
 
第2章 セグメント別市場動向
 
1.診断支援AI市場
  (1)市場概要
    ①CADの種類
    ②日本における放射線画像診断装置は先進国内でもトップクラスの水準
    ③読影医の人材不足が課題
    ④画像認識技術はディープラーニングの登場により飛躍的に向上
    ⑤病院を中心にPACSの普及が進む
    ⑥診断支援AI市場の現状
  (2)参入企業の状況
    ①放射線画像(CT・MRI)
    ②放射線画像(単純X線)
    ③放射線画像(新型コロナウイルス肺炎)
    ④放射線画像(画像再構成)
    ⑤消化器内視鏡
    ⑥眼科(眼底画像)
    ⑦病理
    ⑧心電図
    ⑨認知症・精神疾患領域
    ⑩上記以外の主な診断支援AI(喉、超音波、皮膚、婦人科)
  (3)将来展望と市場規模予測
    ①市場規模予測
    ②将来展望
2.診療支援AI市場
  (1)市場概要
    ①医療機関のデジタル化は着実に進展
    ②医療分野での働き方改革が進められる
  (2)参入企業の状況
    ①問診・診察支援
    ②患者状態予測・疾患リスク予測
  (3)診療支援AIシステムの市場規模予測および将来展望
    ①市場規模予測
    ②将来展望
3.医療AIプラットフォームにおける主な取り組み
  (1)医療AIプラットフォーム
    ①SIPによる医療AIプラットフォーム構想
  (2)企業を中心とした医療AIプラットフォームの取り組み
4.海外における医療AIの動向
  (1)米国での医療AIの規制動向
  (2)米国におけるAI医療機器の動向
  (3)韓国での医療AIの動向
5.創薬支援AI市場の動向
  (1)創薬支援AI市場の定義
  (2)製薬企業の研究開発コストは増大
  (3)創薬プロセスへのAIの利活用状況
    ①ディープラーニングの活用によりタンパク質構造解析技術が飛躍的に向上
    ②データ駆動型ドラッグ・リポジショニングによる新薬開発のアプローチ
  (4)政策動向、AMEDのプラットフォーム事業の動向
  (5)参入企業の状況
    ①異業種からの参入企業
    ②主な国内の創薬支援AIスタートアップ企業
  (6)市場展望
    ①AIを活用した創薬は実装段階にシフト
6.医療XR(VR・AR・MR)市場
  (1)XRの定義
  (2)XR市場概況
    ①VR用ヘッドマウントディスプレイの動向
    ②AR/MR用デバイスの動向
  (3)医療XRの市場動向
    ①医学教育、手術シミュレーション
    ②リハビリテーション支援、診療・治療支援
  (4)医療XR市場に対する課題
  (5)参入企業の状況
  (6)医療XRの海外事例
  (7)医療XR市場の将来展望と市場規模予測
    ①市場規模予測
    ②将来展望
 
第3章 注目企業動向
 
アイリス株式会社
株式会社AIメディカルサービス
株式会社Elix
株式会社エルピクセル
キヤノンメディカルシステムズ株式会社
株式会社Splink
DeepEyeVision株式会社
株式会社HACARUS
株式会社BiPSEE
富士フイルムメディカル株式会社
株式会社FRONTEO
株式会社MOLCURE
 
※上記内容は2023年版のものとなりますので、2024年版では作成過程で変更になる可能性がある旨予めご了承ください。

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 約250頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。