2024年版 自動車車室内センシング市場の現状と将来展望

2030年代の自動車技術トレンドとしては、もはやBEV化・自動運転化は当たり前の大前提になっていることであろう。全固体をはじめとする次世代電池が開発され低価格化し、BEV自体の低価格化が進んでいる。E/Eアーキテクチャーが進化し、自動運転ソフトウェアがOTAで販売後のクルマに配信されてバージョンアップされるようになっている。自動車システムのSDV化が進み、製造時間が短縮されて、開発から数か月で完成車が作られるようになっている。
だが、2030年代の変化とは、このような走行系、ハードウェアなどの“モノづくり”に関するものばかりではない。ハードウェアの均一化が進む2030年代において、“モノづくり”の進化だけでは、各企業はなかなか他社との差別化を図り、充分な利益を得ることが難しくなっていくからだ。
2030年代の自動車産業において、各社が競争に打ち勝ち、競合他社と差別化するための“次の一手”の技術のひとつは“コトづくり”ではないか。自動車の性能を競う事ではなく、自動車によるヒトの様々な体験をこそ価値として売るビジネスである。そこではドライバーや他の乗員の健康、興味、趣味、欲望、といったものを把握して、それをかなえるためのアプリケーションが重要になっていく。
そうした視点に立てば、「車室内センシング(=DMS,ドライバー・モニタリング・システム)」こそが2030年代の勝負手といえるのではないか。DMSとは、ドライバーや他の乗員の健康、興味、趣味、欲望を各種センサーで把握し、それをコンピューター処理し、外部のネットワークと連携させることで多様なアプリを構築するシステムだ。

発刊日
2024/02/27
体裁
A4 / 164頁
資料コード
C65127700
PDFサイズ
11.7MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 164頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:国内の自動車メーカー、サプライヤー、半導体メーカー、車載ソフトウェアベンダーなど車室内センシング関連事業者の実態を調査・分析することで、同市場関連事業者および関係者のマーケティング活動、特に2035年予測に資することを目的とする。
調査対象
 ◆対象区分
 〇総論
 〇ドライブレコーダー(乗用車向け,業務車向け)
 〇スマートキー/バーチャルキー
 〇アルコール検知器(ALC)
 〇顔認証
 〇生体信号認証/脳波・感情解析/ジェスチャー認識
 ◆対象企業、研究機関
 上記対象品目関連の生産・販売・取り扱い企業、及び技術研究機関
調査方法:弊社専門調査員による直接面談取材による(一部電話やメールによる取材含む)
調査・分析期間:2023年6月26日~2024年1月25日
※月刊誌「Yano E plus」(2023年7月号~2024年2月号)での関連特集をベースに編集、市場数値なども抜粋

資料ポイント
Close

自動車技術の“次の一手”新モビリティ産業が誕生

  • 総論:車室内センシングが推進するクルマのパーソナル化
  • 乗用車向けドライブレコーダー:2030年にはクルマ1台当たりカメラ3個以上搭載に
  • スマートキー/バーチャルキー:自動車産業は“UWB無線システム”で、IT産業とガチンコ勝負
  • アルコール検知器(ALC):車室内センシング注目の急成長アプリに
  • 顔認証:多様なアプリと連携進む
  • 生体認証・脳波・ジェスチャー認識:ドライバーの気持ちを予測し寄り添えるクルマを作る

※月刊誌「Yano E plus」(2023年6月号~2024年2月号)での関連特集をベースに編集、市場数値なども抜粋

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1章 総論

1.はじめに ~2030年代、クルマの勝負手は「車室内センシング」~
  1-1.車室内センシング(DMS)が作る「これから」のクルマの魅力
    【表.クルマの魅力(価値)の「これまで」「これから」】
  1-2.車室内センシング(DMS)が提供する「SDVの競争力」
2.センシングデータ活用によるアウトカー・データ・サービス
    【図.「自動車のパーソナル化」に向けて収集・解析しているデータ】
3.車室内センシングのシステム(DMS)の構成
    【図.車室内センシングシステム(DMS)の構成】
4.2つのモビリティ世界と3rdパーティ事業の可能性
    【表.世界の地域別「未来のモビリティ社会と車室内センシング市場の特徴」】
5.車室内センシング(DMS)市場予測
  5-1.世界の車室内センシング(DMS)市場予測
    【図・表.世界の車室内センシング(DMS)搭載車販売台数推移
    (数量:2020-2035年予測)】
  5-2.国内の車室内センシング(DMS)市場予測
    【図・表.国内の車室内センシング(DMS)搭載車販売台数推移
    (数量:2020-2035年予測)】
6.欧州の新規則で24年からのDMS搭載義務化
    【表.世界の「新車に搭載義務化する3つのデバイス」】
7.注目企業の取り組み
  7-1.ソニー・ホンダモビリティ株式会社「アフィーラの車室内空間アプリ」
  7-2.TESLA, Inc.「FSDのβ版に、隠し機能「イーロン・モード」
  7-3.BMW(Bayerische Motoren Werke AG)「Dee Concept」
  7-4.マツダ株式会社「ドライバー状態異常検知」
    【図.車室内センシングシステム(DMS)の構成】
  7-5.NIO(上海蔚来汽車NIO Inc.)「NOMI」
  7-6.パナソニック株式会社「未来の車室内空間」
    【表.パナソニックが考える車室内空間の変化】
    【表.パナソニックが考える未来(2035年~)車室内空間の技術】
  7-7.Robert Bosch GmbH「車室内モニタリングシステム」
    【図.ボッシュの車室内モニタリングシステムの構成】
    【図.ボッシュの車室内モニタリングシステムの概要】

第2章 ドライブレコーダー(乗用車向け, 業務車向け)

ドライブレコーダー(乗用車向け)
  1.はじめに ~拡がる乗用車向けドライブレコーダーの可能性~
  2.CASEにおける車載カメラとドライブレコーダーの位置づけ
  3.乗用車向けドライブレコーダー機能の“これまで” “これから”
    【表.車載カメラの品目分類と定義】
  4.自動車と車載カメラの世界市場推移予測
    【図・表.世界の自動車と車載カメラの販売台数推移予測
    (数量:2019-2030年予測)】
  5.世界/国内のドライブレコーダーの市場推移予測
    【図・表.世界/国内のドライブレコーダー販売台数推移予測
    (数量:2019-2030年予測)】
  6.世界/国内のドライブレコーダーの市場推移予測
    【表.国内の純正ドライブレコーダー搭載数推移予測】
  7.乗用車向けドライブレコーダー機能の“これまで” “これから”
    【表.乗用車向けドライブレコーダー機能の“これまで”“これから”】
  8.乗用車向けドライブレコーダーの映像から個人情報を取り除く
    【図・表.世界/国内のドライブレコーダー販売台数推移予測
    (数量:2019-2030年予測)】
  9.世界の車載カメラ/DMS/ドライブレコーダーの主要参入企業
    9-1.世界の車載カメラ用撮像素子の主要ベンダー
    9-2.世界のビューカメラの主要ベンダー
    9-3.世界のセンシングカメラの主要ベンダー
    9-4.世界のセンシングカメラ用画像処理チップの主要ベンダー
    9-5.世界のDMS(ドライバー・モニタリング・システム)カメラの主要ベンダー
    【表.世界の地域別DMSカメラの主要ベンダー】
    9-6.国内のドライブレコーダーの主要ベンダー
  10.注目企業の取り組み
    10-1.Nauto, Inc.(ナウト)「AI(人工知能)搭載の車室内カメラアプリ」
    10-2.パナソニック株式会社「マスコットが高齢者向け運転支援」
    10-3.株式会社モルフォ「AI(人工知能)搭載の車室内カメラアプリ」
    10-4.株式会社デンソー「あおり運転防止の感情認識AIアプリ」
    10-5.Robert Bosch GmbH「AI搭載の車室内カメラ安全ソリューション」
    10-6.トヨタ自動車株式会社「ドライバー異常時対応システム」
    【表.トヨタの(車室内センシング)純正ドライブレコーダー2023年時点】
    10-7.株式会社JVCケンウッド「通信型ドライブレコーダーSDK」
    【図.JVCKの通信型ドライブレコーダーSDK】
    10-8.富士通株式会社「車載カメラ映像解析プラットフォーム」
 
ドライブレコーダー(業務車向け)
  1.はじめに~ドライバー不足や「2024年問題」対策としての車室内センシング~
    1-1.人口減少、高齢化がもたらすドライバー不足
    1-2.ドライバー不足の要因
    1-3.さらにふりかかる2024年問題
  2.ドライバー不足解消の対策としての「車室内センシング」
    2-1.「(1)ドライバーの高齢化」への車室内センシング対応策
    【図.業態別運転者年齢層別交通事故件数(令和3年)】
    2-2.「(2)女性進出の遅れ」への車室内センシング対応策
    2-3.「(3)宅配・フードデリバリーの需要増加」への車室内センシング対応策
    2-4.「(4)労働条件」への車室内センシング対応策
  3.業務用ドライブレコーダー市場推移と背景
    3-1.国内業務用ドライブレコーダー市場推移
    【図・表.国内ドライブレコーダー(業務用/コンシューマー用)販売台数推移予測
    (数量:2016-2022年)】
    3-2.業務用ドライブレコーダー市場成長の背景と内訳
  4.業務車両用ドラレコ製品一覧
    【表.補助金が出る対象機器「ドライブレコーダー」一覧
    (2022年:インカメラ機能付きのみ)】
  5.業務車両用ドラレコ活用サービスの動向
    5-1.アマゾン(Amazon.com, Inc.)「宅配車両にAI車室内カメラ搭載の是非」
    5-2.株式会社デンソーテン「居眠り・脇見・片手運転を高精度分析」
    5-3.パイオニア株式会社「NP1活用車内での幼児置き去り対応システム」
    5-4.株式会社TCI「バス車内置き去り防止装置」
    5-5.矢崎総業株式会社「デジタコ+ドラレコ融合機」「MaaS車両見守りシステム」
    【図.矢崎総業の「デジタコ+ドラレコ融合機」】
    5-6.ボッシュ(Robert Bosch GmbH)「ライドシェア安全確保の
    『RideCare Companion』」
    【図.ボッシュの「RideCare Companion」】
    5-7.株式会社JVCケンウッド「海外向けドライバー安全確保ソリューション」
    【図.JVCケンウッドの「GRAB向けドライバー安全確保ソリューション」】

第3章 スマートキー/バーチャルキー

1.スマートキーの歴史とキーレスとの違い
    【表.スマートキーとキーレスエントリーの違い】
2.「バーチャルキー」へのシフトで広がるアプリ
3.スマートキーとバーチャルキーは併存する
4.UWB無線システムでIT産業とのガチンコ勝負
    【図.UWBユニット活用バーチャルキーのシステム構造図(東海理化)】
5.スマートキー(キーレスエントリー含む)搭載台数推移
  5-1.国内スマートキー(キーレスエントリー含む)搭載台数推移
    【図・表.国内スマートキー(キーレスエントリー含む)搭載台数推移
    (数量:2022-2035年予測)】
  5-2.世界スマートキー(キーレスエントリー含む)搭載台数推移
    【図・表.世界のスマートキー(キーレスエントリー含む)搭載台数推移
    (数量:2022-2035年予測)】
6.世界のスマートキー(キーレスエントリー含む)参入メーカー
    【表.世界のスマートキー(キーレスエントリー含む)参入メーカー】
7.世界のスマートキー/バーチャルキー参入メーカーの動向
  7-1.大日本印刷株式会社(DNP)「バーチャルキー活用サービス『FREEKEY社用車予約』」
  7-2.株式会社東海理化「デジタルキー配信システム」
    【図.東海理化「デジタルキー配信システム」】
    【図.東海理化「次世代ドアエントリー向け画像認識システム」】
  7-3.コンチネンタル(Continental AG )「シェアカーのバーチャルキー」
  7-4.ボッシュ(Robert Bosch GmbH)「パーフェクトリー・キーレス」
    【図.ボッシュ「パーフェクトリー・キーレス」】
    【図.ボッシュ「Identity Xtended」】
  7-5.アルプスアルパイン株式会社「ワイヤレスデジタルキーシステム」
  7-6.OPPO(中国)「テスラと提携」
  7-7.KDDI株式会社、ヤマト運輸株式会社、プライムライフテクノロジーズ株式会社
    「トランクへの配達実証実験」
  7-8.BMW(Bayerische Motoren Werke AG)「デジタルキー・プラスとBMW IDが連携」

第4章 アルコール検知器(ALC)

1.国内アルコール検知器市場の歴史
  1-1.2011年、緑ナンバー車両保有事業者のアルコール検知器使用義務化
  1-2.アルコール検知器協議会設立と動向
    【表.アルコール検知器協議会の認定機器(2023年8月時点)】
2.緑ナンバートラック事業者の概念
    【図.運送事業(緑ナンバー車両活用)の種類】
3.アルコール検知器のタイプと動向
  3-1.半導体式タイプ/電気化学式(燃料電池式)タイプ
    【表.半導体式タイプ/電気化学式タイプの比較】
  3-2.設置型/クラウド型
    【表.設置型/クラウド型のタイプ比較】
4.国内アルコール検知器市場の最新状況
  4-1.白ナンバー車両保有事業者の法改正と動向
  4-2.白ナンバー義務化で爆発したアルコール検知器市場の可能性
    【表.白ナンバー車両の国内事務所数、車両台数、ドライバー数
    (数量(概数):2023年)】
    【表.緑/白ナンバー車両向けアルコール検知器(ALC)比較
    (数量:2022年)】
5.国内アルコール検知器市場規模推移・予測と背景
  5-1.国内の緑ナンバー車両向けアルコール検知器市場推移~2023年
    【図・表.国内の緑ナンバー車両向けアルコール検知器市場推移
    (数量:2007-2023年)】
  5-2.国内の白ナンバー車両向けアルコール検知器市場推移~2023年
    【図・表.国内の白ナンバー車両向けアルコール検知器市場推移
    (数量:2007-2023年)】
  5-3.国内の緑ナンバー/白ナンバー車両向けアルコール検知器市場推移~2023年
    【図・表.国内の緑ナンバー/白ナンバー車両向けアルコール検知器市場推移
    (数量:2007-2023年)】
  5-4.国内アルコール検知器市場予測2022~2030年
    【図・表.国内アルコール検知器市場予測(数量:2022-2030年予測)】
6.国内アルコール検知器市場需要先
7.業界識者が考える「義務化による交通・物流改革の必要性」
 
アルコール検知器(ALC) 端末企業
  1.白ナンバー義務化で変わるアルコール検知器プレーヤー
    1-1.他社との連携により、アフター事業者に可能性
    1-2.純正ビジネスに組み込まれにくいアルコール検知器
  2.アルコール検知器主要プレーヤーの動向
    2-1.緑&白ナンバー車両向け、それぞれのアルコール検知器/
    アルコール検知クラウドサービスの有力企業(2023年時点)
    【表.国内 緑/白ナンバー別アルコール検知器の有力企業】
    2-2.緑ナンバー車両向けアルコール検知器企業の動向(2023年時点)
    2-3.白ナンバー車両向けアルコール検知器企業の動向(2023年時点)
  3.現時点におけるアルコール検知器の価格帯別ポジショニング
    【図.2万円以上のアルコール検知器ポジショニングマップ】
    【図.2万円未満のアルコール検知器ポジショニングマップ】
  4.アルコール検知器ベンダー各社の戦略
    4-1.東海電子株式会社「アルコール検知器とデジタコ・ドラレコとの連携」
    (1)アルコール検知器協会認定機器
    【図・表.東海電子の主要アルコール検知器協会認定機器】
    (2)事業内容
    【表.東海電子の事業分類別売上比率(2022年)】
    (3)人気機種
    (4)オールインワン開発
    【図.東海電子の「オールインワン開発」(2023年)】
    4-2.株式会社タニタ「22年に大ブレイク!中国メーカーとガチンコ勝負!」
    (1)アルコール検知器協会認定機器
    (2)アルコール検知器事業動向
    4-3.株式会社パイ・アール
    「白ナンバー義務化でトップグループ入りのスマホアプリベンダー」
    (1)アルコール検知器協会認定機器
    (2)アルコール検知器事業動向
    【図.パイ・アールの「アルキラー」導入先(2023年)】
    4-4.中央自動車工業株式会社「多様な販売チャネル、国内5万社に導入済」
    (1)アルコール検知器協会認定機器
    (2)アルコール検知器事業動向
    4-5.フィガロ技研株式会社「ガスセンサーの強者、白ナンバー車両向けに浸透していく」
    (1)アルコール検知器協会認定機器
    (2)アルコール検知器事業動向
    4-6.サンコーテクノ株式会社「白ナンバー車両向け顧客にもやがて据置型導入の可能性」
    (1)アルコール検知器協会認定機器
    4-7.鈴与シンワート株式会社「『あさレポ』2年間累計で12万台突破」
  5.アルコール・インターロックの概要と世界の動向
    5-1.国内アルコール・インターロック対応状況
    【図・表.国内アルコール・インターロック製品の比較】
    5-2.世界の地域別アルコール・インターロック対応状況
    (1)米国のアルコール・インターロック対応状況
    【表.米国の飲酒運転検知/予防システムの開発状況】
    (2)欧州のアルコール・インターロック対応状況
    (3)他の地域のアルコール・インターロック対応状況
    5-3.自動運転におけるアルコール・インターロック対応
    5-4.海外のアルコールインターロック・メーカー
    5-5.海外市場の可能性を考えるべき国内メーカー

第5章 顔認証

1.はじめに~OEMによる車室内センシングの品目別搭載ロードマップ~
    【表.車室内センシングの品目別搭載時期】
  1-1.本格的搭載時期2016~2020年のアプリ
  1-2.本格的搭載時期2021~2025年のアプリ
  1-3.本格的搭載時期2026~2030年のアプリ
    【表.車載用顔認証技術のあれこれ】
  1-4.本格的搭載時期2031年以降のアプリ
2.顔認証を活用した自動車サービスの品目別状況
  2-1.本格的搭載時期2031年以降のアプリ
    (1)顔認証による決済関連サ-ビス
    (2)顔認証によるモビリティ・シェアリングサービス
    (3)顔認証による免許証のアプリ化
    (4)メーター改ざん防止/データ改ざんの無い修理履歴
    (5)顔認証+アルコール検知
    (6)顔認証によるMaaS関連サービス
    (7)顔認証による犯罪者特定
  2-2.2030年以降の車載顔認証の4つの方向性
    【図.2030年以降の車載顔認証の4つの方向性】
3.自動車用顔認証をリードする一党独裁国家
4.顔認証搭載車販売台数推移・予測
  4-1.国内 顔認証搭載車販売台数推移・予測
    【図・表.国内 顔認証搭載車販売台数推移・予測(数量:2022-2035年予測)】
  4-2.世界顔認証搭載車販売台数推移・予測
    【図・表.世界 顔認証搭載車販売台数推移・予測(数量:2025-2035年予測)】
5.顔認証アプリ・ベンダーの最新動向
  5-1.乗用車向け顔認証アプリ・ベンダーの最新動向
    (1)コンチネンタル(Continental AG)「多様な生体信号データを合わせて認証」
    (2)ルノー(Renault Group)「顔認識自動ドアや自動決済機能付きEV」
    (3)現代自動車(Hyundai Motor Company)「顔認証+指紋認証連携」
    (4)商湯科技開発有限公司(センスタイム)「車載用顔認証統合アプリ『Human Action』」
    【図.センスタイム「車載用顔認証統合アプリ『Human Action』」】
    (5)Cipia Vision Ltd「ドライバーの監視・識別・ジェスチャー認証」
    【図.Cipia「ドライバーの監視・識別・ジェスチャー認証」】
  5-2.業務車両向け顔認証アプリ・ベンダーの最新動向
    (1)丸紅株式会社「手ぶらで乗降できる顔認証決済システム」
    (2)GO株式会社「DRIVE CHART」
    (3)パナソニック株式会社「顔認証乗車実証実験」
    (4)岐阜市「顔認証AIによる自動運転バス決済」
    (5)サイバートラスト株式会社「ドライバーズ認証 デモシステム」
    (6)MONET Technologies株式会社:MONETマーケットプレイス「顔認証APIを提供」
    (7)日本電気株式会社(NEC)「北海道キロロリゾートで顔認証活用MaaS」
    (8)株式会社サイホープロパティーズ「顔認証連動型アルコールチェックシステム」

第6章 生体信号認識/脳波・感情解析/ジェスチャー認識

1.はじめに
  1-1.顔・生体・ジェスチャー・脳波など3rdパーティにチャンス大
    【表.車室内センシングの品目別搭載時期】
  1-2.(顔認証&生体信号認識)アプリのロードマップ
    【表.車室内センシング(顔認証&生体信号認識まで)アプリのロードマップ】
2.自動車用生体信号認識の市場性探索
  2-1.生体信号認識の可能性
    (1)シートに織り込まれたセンシングアプリ
    (2)指紋認証
  2-2.今後、生体信号認識で活用されるデータとは
  2-3.生体信号認識の活用を促進するもの
3.生体信号認識搭載車販売台数推移・予測
  3-1.国内 生体信号認識搭載車販売台数推移・予測
    【図・表.国内の生体信号認証搭載車販売台数推移・予測
    (数量:2022-2035年予測)】
  3-2.世界 生体信号認識搭載車販売台数推移・予測
    【図・表.世界の生体信号認証搭載車販売台数推移・予測
    (数量:2022-2035年予測)】
4.生体信号認識アプリベンダーの最新動向
  4-1.本田技研工業株式会社「fMRI(磁気共鳴機能画像法)を用いた運転ミス予兆推定」
  4-2.コンチネンタル(Continental AG)&トライナミクス(TrinamiX GmbH)
    「次世代型自動車盗難防止システム」
  4-3.三菱電機株式会社「AI技術Maisart(マイサート)による体調異常検知」
    (1)「近赤外線カメラと電波センサーで休憩提案や緊急停止の指示」
  4-4.住友電気工業株式会社・住友理工株式会社「シート座面設置バイタルセンサー」
    【図.住友電気工業「車載用バイタルセンサー『MONILIFEモビリティ』」】
    【図.住友電気工業「ドライバーモニタリングシステム『バイタルセンサー』」】
  4-5.株式会社村田製作所「乗員モニタリングセンサ」
    【図.村田製作所「乗員モニタリングセンサ」】
  4-6.京セラ株式会社「静脈認証でセキュリティーの二重化」
    【図.京セラ「指の静脈認証を活用した車両盗難防止システム」】
  4-7.メルセデスベンツ(Mercedes-Benz AG)「車載用指紋認証アプリ」
5.自動車用 脳波・感情解析の市場性探索
  5-1.2030年代に大きく動き出す自動車用の生体信号認識&脳波・感情解析
    【表.自動車用生体信号認識&脳波・感情解析の品目別解析内容】
  5-2.IBM(International Business Machines Corporation)の考える
    「生体情報・脳波で変わるクルマの未来」
    【図.IBM「現在、車載生体情報で行っていること」】
    【図.IBM「生体情報で変わる車の安全の未来」】
  5-3.株式会社デンソー「感情認識AIで『あおり運転』防止」
  5-4.株式会社クレアクト「CAPTIV NeuroLab(ニューロマーケティング分析システム)」
    (1)「B-Alert(ポータブル脳波計測システム)」
  5-5.世界の感情検出及び脳波認識ソリューションを提供するプレーヤー
    【表.世界の感情検出及び脳波認識ソリューションを提供するプレーヤー】
6.自動車用ジェスチャー認識の市場性探索
  6-1.総論 ~ドライバーモニタリングとジェスチャー認識との違い~
  6-2.ジェスチャー認識の一般的アプリ
  6-3.ジェスチャー&視線認識融合アプリの可能性
  6-4.ジェスチャー認識普及の困難さ
  6-5.世界のジェスチャー認識ソリューションベンダー
    【表.世界のジェスチャー認識ソリューションを提供するプレーヤー】
  6-6.自動車用ジェスチャー認識の市場性探索
  6-7.自動車用ジェスチャー認識アプリベンダーの最新動向
    (1)アプティブ(Aptiv PLC)「BMW向けジェスチャー認識トップランナー」
    (2)株式会社東海理化「ジェスチャーエントリーシステム関連製品」
    【図.東海理化「電動スイングドア向けジェスチャーエントリーシステム」】
    【図.東海理化「シームレスコントローラ、ジェスチャー操作搭載センターディスプレイ」】
    【図.東海理化「ジェスチャー動き検知処理システム」】
    (3)NECソリューションイノベータ株式会社「フィンガージェスチャー」
    【図.NECソリューション「フィンガージェスチャー」】

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 164頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。