セキュリティウォッチ ~クライアント運用管理編

発刊日
2017/03/24
体裁
A4 / 30頁
資料コード
R58202801
PDFサイズ
3.0MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

55,000
50,000
5,000
110,000
100,000
10,000
165,000
150,000
15,000
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:国内のクライアント運用管理ツールの実態を調査・分析することで、当該市場関連企業および関係者のマーケティング活動に資することを目的とする。本書においてクライアント運用管理ツールとは、以下のものを指す。
(1)企業や組織内のパソコン環境を IT インフラとして維持・向上させる支援ツール。
(2)ネットワーク接続の設定やアプリケーションの導入、ウイルス定義ファイルやセキュリティ対策用のパッチ(修正ソフトウェア)の配布や動作検証なども含む。
調査対象:弊社が独自に選定したクライアント運用管理ツール提供事業者 5社
調査方法:直接面談を中心に、電話・メールを併用。
調査期間:2016年12月~2017年3月

リサーチ内容

■掲載内容

1.クライアント運用管理市場

1.1.増え続けるセキュリティへの関心
  1.1.1.企業のIT投資先はセキュリティ
    図表1 今後3年間でIT投資が増加するソフトウェア(MA)2011~2016
    図表2 今後3年間におけるIT投資の目的(MA)2011~2016
  1.1.2.管理すべきIT資産の拡大
    図表3 IT資産管理の主な目的及び怠った場合の危険性
1.2.クライアント運用管理市場規模
  1.2.1.IoTの進展とともに拡大するクライアント運用管理市場
    図表4 クライアント運用管理市場規模(2015~2020年予測)
  1.2.2.中堅企業ゾーンの競争は激化
1.3.クライアント運用管理市場のトピックス
  1.3.1.サイバーセキュリティとAI
  1.3.2.進まぬSaaS化

2.有力企業動向

2.1.エムオーテックス株式会社
  図表5 LanScope Cat Webコンソール画面
2.2.クオリティソフト株式会社
  図表6 自動脆弱性診断機能イメージ図
  図表7 5つのヒューリスティックエンジン
2.3.日本電気株式会社
  図表8 InfoCage PCセキュリティ概要図
  図表9 NEC Cyber Security Platformの主な機能
2.4.株式会社日立製作所
  図表10 JP1/IT Desktop Management2概要図
  図表11 JP1/秘文主な特徴
2.5.富士通株式会社
  図表12 Systemwalker製品ラインアップ
  図表13 Systemwalker Desktop Patrol(左)及びSystemwalker Desktop Keeper(右)イメージ図

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

55,000
50,000
5,000
110,000
100,000
10,000
165,000
150,000
15,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。