食品、アグリ、バイオ

国内の食品ギフト市場は2017年に4兆円を越える

近年、お中元やお歳暮など儀礼的なギフトは減少傾向にあるが、食品においても贈る相手を想ったギフト、ちょっとしたギフトなど、気軽に贈るギフトは増加傾向にある。
背景には、日本の社会において絆が見直され、自身にとって本当に大切な人とのつながりをより重視する傾向が続いてことが挙げられ、食品だけに一度自分でも試してから贈りたいという傾向がみられ、自家需要用途でのギフトの需要も高まっている。今後もより親しい身近な人へ贈るパーソナルギフトの需要は増加していく見通しである。
                                                                                                                                                                                                     2018 食品ギフト市場白書