「健康・機能性食品素材に関する消費者アンケート調査を実施(2018年)」に関する矢野経済研究所のマーケットデータをご紹介します。

マーケットレポート
2018年版 健康・機能性食品素材に関する消費者認知度・需要分析

価格:110,000円(税別)
「2018年版 健康・機能性食品素材に関する消費者認知度・需要分析」に関するマーケットデータを詳細にまとめた資料です。
市場動向、企業動向など、詳細なデータ・解説など、事業戦略の強力な武器となる情報が満載の書籍です。

掲載内容

全378ページ
掲載内容
OPEN ▼

調査結果サマリー

1.健康・機能性食品素材に関する消費者認知度・需要性分析

参考:健康・機能性食品素材 市場概況
調査対象素材(33素材)の流通量、流通金額の推移(食品用途、2015~2018年度予測)
調査対象素材(33素材)の流通量、流通金額の前年対比(食品用途、2015~2018年度予測)

2.健康食品の摂取状況および素材別の摂取・認知状況

2.1.健康食品の摂取状況
2.2.各素材別の摂取・認知状況【対象37素材把握】
2.2.1.素材の現在摂取率
2.2.2.素材の摂取中止率
2.2.3.素材の摂取経験率
2.2.4.素材の認知率
2.2.5.認知していない素材
2.2.6.性・年代別にみた現在摂取率
2.2.7.素材の認知度と現在摂取率の関係
2.3.各素材について、知っている効果・効能【対象37素材把握】
2.4.各素材を知ったきっかけ、摂取したきっかけ(摂取経験ありの場合)【対象37素材把握】
2.5.各素材を知ったきっかけ(摂取経験なしの場合)【対象37素材把握】
2.6.各素材を現在摂取していない理由【対象37素材把握】

3.現在摂取している健康食品素材の詳細

3.1.現在摂取している素材の剤形(形状)
3.2.現在摂取している素材を、摂取し始めてから現在までの期間について
3.3.現在摂取している素材に期待する効果・機能について
3.4.現在摂取している素材の今後の摂取意向について

4.健康・機能性食品素材 対象37素材について

対象37素材についての詳細は、各素材における以下の集計結果からの分析による。
1.素材の摂取・認知状況
2.素材について、知っている効果・効能
3.素材を知ったきっかけ、摂取したきっかけ(摂取経験あり)
4.素材を知ったきっかけ(摂取経験なし))
5.現在摂取している素材の剤形(形状)
6.素材を摂取し始めてから現在までの期間
7.素材に期待する効果・機能について
8.素材の今後の摂取意向について
9.素材を現在摂取していない理由(摂取を中止した理由)

4.1.青汁
4.2.アスタキサンチン
4.3.イチョウ葉
4.4.ウコン
4.5.アルギニン
4.6.カルニチン
4.7.シトルリン
4.8.オルニチン
4.9.キチン・キトサン
4.10.グルコサミン
4.11.コエンザイムQ10
4.12.コラーゲン
4.13.コンドロイチン硫酸
4.14.セラミド
4.15.大豆イソフラボン
4.16.DHA・EPA
4.17.難消化性デキストリン
4.18.ノコギリヤシ
4.19.ヒアルロン酸
4.20.必須アミノ酸(BCAA)
4.21.プラセンタ
4.22.ブルーベリー(ビルベリー)
4.23.プロポリス
4.24.ヘム鉄
4.25.マカ
4.26.松樹皮
4.27.ラクトフェリン
4.28.緑茶抽出物(カテキン、テアニン)
4.29.ルテイン
4.30.レスベラトロール
4.31.ローヤルゼリー
4.32.乳酸菌(サプリメント)
4.33.プロテイン
4.34.イミダゾールジペプチド
4.35.肝臓加水分解物
4.36.プロテオグリカン
4.37.エクオール

ショートレポート
「2018年版 健康・機能性食品素材に関する消費者認知度・需要分析」の概要版

価格:1,000円(税別)
「2018年版 健康・機能性食品素材に関する消費者認知度・需要分析(2018年発刊、税別110,000円)」の一部の内容についての概要をまとめたリーズナブルな資料です。 右記マーケットレポートの入門的な情報としてご活用ください。

掲載内容

全4ページ
掲載内容
OPEN ▼
1.調査結果概要 ※1

2.注目トピック ※1

3.調査結果詳細
 広告露出の多い素材・成分の名称・機能の認知が高い傾向

掲載図表
  • 現在摂取している上位10素材 ※1
  •  ※データ掲載年:2018年
  • 各素材について、知っている効果・効能(複数回答)
  •  ※データ掲載年:2018年

※本レポートは、2018年発刊の「2018年版 健康・機能性食品素材に関する消費者認知度・需要分析」を元に作成しています。

※1…プレスリリースにて無料公開中です