「ユニフォーム市場に関する調査を実施(2019年)」に関する矢野経済研究所のマーケットデータをご紹介します。

マーケットレポート
2019 ユニフォーム市場年鑑

価格:120,000円(税別)
「2019 ユニフォーム市場年鑑」に関するマーケットデータを詳細にまとめた資料です。
市場動向、企業動向など、詳細なデータ・解説など、事業戦略の強力な武器となる情報が満載の書籍です。

掲載内容

全357ページ
掲載内容
OPEN ▼

調査結果のポイント

第1編 ユニフォーム市場の動向

1.ユニフォーム市場の概要
2.ユニフォームの市場規模推移
 (1)ユニフォーム総市場
 (2)ワーキング・オフィス・サービスユニフォームの合計市場規模
 (3)ユニフォーム総市場におけるカテゴリ別構成比推移
 (4)カテゴリ別市場
  ①ワーキングユニフォーム
  ②オフィスユニフォーム
  ③サービスユニフォーム
  ④スクールユニフォーム
3.ユニフォーム市場でのメーカーシェア
 (1)ユニフォームメーカーの売上高ランキング
  ◆有力ユニフォームメーカーのカテゴリ別ユニフォーム売上高構成(2017年度・2018年度)
  ◆有力ユニフォームメーカーのユニフォーム総売上高推移(2016~2018年度)
 (2)ユニフォーム市場でのメーカーシェア(2017年度・2018年度)
  ・電動ファン付きウェア(空調服)市場の動向
4.注目企業の動向
 ・株式会社ワークマン
  新業態店「ワークマンプラス」が絶好調、8期連続で最高益を更新
 ・ハミューレ株式会社
  仕事用品店「プロノ」を展開 本州への出店攻勢が進み、2022年までに50店舗目指す
 ・ユニフォームネクスト株式会社
  2018年12月期は最高益、売上高の9割以上がネット通販
  新社屋兼物流センターを新設し、人員・物量増加に対応
 ・アスクル株式会社
  メディカルウェアが好調、別冊カタログで展開
 ・光和衣料株式会社
  「オートファクトリーシステム」で、採寸から商品発送まで一括管理

第2編 ワーキングユニフォーム市場

1.ワーキングユニフォームの市場概要と方向性
2.マーケットサイズの推移とメーカーシェア
 (1)マーケットサイズ推移
 (2)メーカーシェア
 (3)有力企業の売上高推移
3.ワーキングユニフォームメーカーの市場戦略
 (1)市場戦略~流通・IT・販促戦略
 (2)商品戦略
 (3)海外生産動向
 (4)QR体制への取組
 (5)小口ユーザー対策
 (6)「今後の市場」「自社の方針」

第3編 オフィスユニフォーム市場

1.オフィスユニフォームの市場概要と方向性
2.オフィスユニフォームのサプライチェーン
3.マーケットサイズの推移とメーカーシェア
 (1)マーケットサイズ推移
 (2)メーカーシェア
 (3)有力企業の売上高推移
4.オフィスユニフォームメーカーの市場戦略
 (1)商品戦略
 (2)流通戦略
 (3)販売促進への取り組み
 (4)素材や機能について
 (5)介護(ユニバーサル)ユニフォームへの取り組み
 (6)ユニフォームレンタルへの取り組み
 (7)リサイクル素材・リサイクル企画への取り組み
 (8)生産体制、QR体制
 (9)今後の市場に対する見解、自社の方針

第4編 サービスユニフォーム市場

1.サービスユニフォームの市場概要
2.サービスユニフォームのサプライチェーン
3.マーケットサイズの推移とメーカーシェア
 (1)マーケットサイズの推移
 (2)メーカーシェア
 (3)有力企業の売上高推移
4.サービスユニフォームメーカーの販売戦略
 (1)商品戦略
 (2)流通戦略
 (3)販売促進への取り組み
 (4)素材や機能について
 (5)介護(ユニバーサル)ユニフォームへの取り組み
 (6)ユニフォームレンタルへの取組み
 (7)リサイクル素材・リサイクル企画への取り組み
 (8)生産体制、QR体制
 (9)今後の市場に対する見解、自社の方針

第5編 スクールユニフォーム市場

1.スクールユニフォームの市場概要と方向性
 (1)現在のスクールユニフォーム事業の特徴
 (2)今後のスクールユニフォーム事業について
2.マーケットサイズとメーカーシェア
 (1)マーケットサイズ推移
 (2)メーカーシェア
 (3)有力企業の売上高推移
3.スクールユニフォーム・メーカーの戦略分析
 (1)市場戦略
 (2)商品戦略
 (3)海外生産、QR体制への取組と変化

第6編 有力ユニフォーム企業の運営実態

〔調査内容〕 ※企業によって記載する項目が一部異なります
1.企業概要と担当部門
(所在地、代表者、資本金、従業員数、設立、担当部署、支店他、事業種目)
2.業績推移(決算期、売上高、税引後利益高、企業特徴及び経営方針)
3.ユニフォーム売上高推移
4.ユニフォームにおける商品傾向と新商品企画
5.ブランド展開状況
6.仕入状況及び販売ルート別構成
7.ユニフォーム需要分野構成
8.ユニフォームの販売戦略
(①商品戦略、②流通戦略・IT戦略、③販売促進への取組、④地域別販売戦略、⑤小口ユーザー対策、⑥小売業(直販)への取組)
9.ユニフォームの商品動向
(①素材の傾向、②新機能の開発と要求される機能、③介護ユニフォームへの取組・考え方、④ユニフォームレンタルへの取組・考え方)
10.リサイクル素材・エコへの取組
11.生産・販売管理体制
(①少量多品種生産への対応、別注対応への取組、②海外生産への取組と見通し、③QR体制)
12.ユニフォーム市場の変化に対する貴社の方針(需要分野の変化、カジュアル化の流れなど)
13.ユニフォーム市場の見通し

<50音順>
アイトス株式会社
株式会社明石スクールユニフォームカンパニー
株式会社アシックス
株式会社アルトコーポレーション
オンワード商事株式会社
カーシーカシマ株式会社
KAZEN WLD株式会社(KAZENグループ)
菅公学生服株式会社
株式会社金原
クロダルマ株式会社
株式会社コーコス信岡
佐藤産業株式会社
株式会社サンエス
株式会社サンペックスイスト
株式会社ジーベック
株式会社自重堂
住商モンブラン株式会社
セロリー株式会社
株式会社桑和
タカヤ商事株式会社
瀧本株式会社
株式会社チクマ
株式会社ツカモトコーポレーション
株式会社トンボ
ナガイレーベン株式会社
ハネクトーン早川株式会社
株式会社ボストン商会
株式会社ボンマックス
ミズノ株式会社
ミドリ安全株式会社

ショートレポート
「2019 ユニフォーム市場年鑑」の概要版

価格:1,000円(税別)
「2019 ユニフォーム市場年鑑(2019年発刊、税別120,000円)」の一部の内容についての概要をまとめたリーズナブルな資料です。 右記マーケットレポートの入門的な情報としてご活用ください。

掲載内容

全6ページ
掲載内容
OPEN ▼
1.市場概要 ※1

2.セグメント別動向
 ワーキングユニフォーム
 オフィスユニフォーム
 サービスユニフォーム
 スクールユニフォーム

3.注目トピック
  電動ファン付ウェア(空調服)好調 ※1


4.将来展望 ※2

掲載図表
  • 国内ユニフォーム市場規模推移と予測 ※1
  •  ※データ掲載年:2014年度~2021年度(予測)
  • 2018年度需要分野別ユニフォーム市場構成比 ※1
  •  ※データ掲載年:2018年度

※本レポートは、2019年発刊の「2019 ユニフォーム市場年鑑」を元に作成しています。

※1…プレスリリースにて無料公開中です
※2…プレスリリースにて一部無料公開中です