「パン市場に関する調査を実施(2019年)」に関する矢野経済研究所のマーケットデータをご紹介します。

マーケットレポート
2019年版 パン市場の展望と戦略

価格:130,000円(税別)
「2019年版 パン市場の展望と戦略」に関するマーケットデータを詳細にまとめた資料です。
市場動向、企業動向など、詳細なデータ・解説など、事業戦略の強力な武器となる情報が満載の書籍です。

掲載内容

全490ページ
掲載内容
OPEN ▼

調査のポイント

2019年の市場動向
2019年の企業動向
2019年の市場展望

第Ⅰ章 注目業界動向

1.市場概況 ~パン業界は構造転換進む
2.商品動向 ~商品の絞込みと定番を育成
3.企業動向 ~業態・業種間での熾烈な戦いは続く
4.チャネル動向 ~チャネル構成比の20年
5.踊り場にあるコンビニパン
6.有力ベーカリーは新業態開発と海外展開を積極化
7.メーカー、ベーカリーの海外展開
8.高級食パンブームの今後
9.ロングライフパンと缶詰パンは備蓄・支援用で注目集める
10.ダイエットに喧伝される低糖質パン
11.高齢者介護、疾患治療がパン市場で注目集める
12.冷凍パンはビジネスホテル、ブライダル、居酒屋へ拡大
13.嚥下食品として「もち麦」が注目集める
14.パン市場に影響与える少子高齢化

第Ⅱ章 マーケットの現状分析と展望

1.パンの総市場規模推移(2013~2017年度) ~2017年度は1兆5,582億円
2.商品別市場構成比(2017年度) ~惣菜パンと調理パンがシェアアップ
3.末端チャネル別市場構成比(2017年度) ~コンビニ、その他チャネルが拡大
4.地域別市場構成比(2017年度) ~関東は39.3%、近畿は18.6%
5.メーカーシェア(2017年度) ~上位10社で占有率6割近く
6.商品別メーカーシェア(2017年度)
 (1)食パン ~上位3社で53.6%を占有
 (2)食卓パン ~山崎製パンとフジパンの2社が他社を大きくリード
 (3)菓子パン ~山崎製パンが3割超
 (4)惣菜パン ~ヒット商品に恵まれた2社で半分近いシェア
 (5)デニッシュ ~山崎製パンの独壇場
 (6)フランスパン ~大手ベーカリーチェーンが上位に入る
 (7)調理パン ~コンビニベンダーが上位に進出
 (8)冷凍パン生地 ~山崎製パンとアンデルセンが僅差
7.チャネル別メーカーシェア(2017年度)
 (1)量販店のメーカーシェア ~上位3社で7割超え
 (2)コンビニのメーカーシェア ~PB強化の山崎製パンがトップシェア
 (3)ベーカリーのメーカーシェア ~ドンクが健闘しトップに
8.全国地域別メーカーシェア(2017年度)
 全国
 北海道
 東北
 関東
 中部
 近畿
 中国
 四国
 九州
9.商品別動向
 (1)食パン ~メガ食パンは堅調、高級と健康がキーワード
 (2)食卓パン ~安全・安心志向、健康志向で需要開拓
 (3)菓子パン ~リニューアルで品質向上、定番商品を再強化
 (4)惣菜パン ~携帯サンドが安定成長
 (5)デニッシュ ~ベーカリーは店の顔として強化
 (6)フランスパン ~ホールセールが新たな需要を開拓
 (7)調理パン ~ベーカリーからコンビニまで、鮮度重視の取り組み
 (8)冷凍パン生地 ~焼成後冷凍パンに押される
10.末端小売動向分析
 (1)量販店 ~食パン主体で、価格訴求と健康・安全志向
 (2)コンビニ ~PB比率は上昇するが、オリジナルパンは苦戦
 (3)ベーカリー ~冷凍生地利用店舗は厳しさ続く
 (4)ドラッグストア ~パンは客寄せ商品から脱却できるか
 (5)フードサービス ~カフェ、レストラン、ホテルなどで扱い増加
11.パン市場の拡大要因・阻害要因と2022年展望
12.パンの総市場規模予測(2018~2022年度)~2022年は1兆6,245億円に

第Ⅲ章 有力企業の市場戦略分析

1.事業の基本方針と方向性
2.商品政策(商品開発体制、商品開発ポイント、品揃え)
3.生産体制と衛生管理(HACCP、AIB)対策
4.焼きたてパン、冷凍パン生地への取組状況
5.直営店、FC店の出店状況
6.営業展開状況とコンビニ、量販店、生協との取引状況
7.販売促進策(キャンペーン、消費者対策)、物流対策
8.今後の市場戦略

第Ⅳ章 末端チャネルにおけるパン販売状況調査

1.店舗の特徴(立地、地域、商品構成)
2.商品特徴(売れ筋商品と価格)
3.最近の特徴的な商品傾向
4.新商品発売状況、商品改廃のタイミング
5.情報入手先(商品開発情報、販売情報)
6.消費者情報の収集方法
7.インターネットの活用状況
8.今後、お客様に提供したいサービス
9.材料仕入で重視する点
10.冷凍パン生地・冷凍パンの使用について
 1)冷凍パン生地・冷凍パンの使用状況
 2)冷凍パン生地・冷凍パンの販売商品と加工度
  (1)販売商品
  (2)加工度
 3)冷凍パン生地・冷凍パンの評価
  (1)品揃え
  (2)加工度
  (3)ハンドリング
  (4)使用期限
  (5)仕入価格
  (6)仕入ロット
11.材料仕入先(メーカー卸)に対する不満や要望
12.商品や原材料について現在注目しているもの、今後伸びると思われるもの
 1)現在、注目しているもの
 2)今後、伸びると思われるもの

第Ⅴ章 主婦のパン消費に関する調査

調査の実施概要と回答者属性
1.1週間のパンの購入回数
2.1回あたりのパンの購入個数
3.1回あたりのパンの購入金額
4.パンを選ぶ理由
5.よく食べるパン
6.よく食べるパンのブランド名、メーカー名、ベーカリー名
 1)食パン
 2)食卓パン
 3)菓子パン
 4)惣菜パン
 5)デニッシュ
 6)フランスパン
 7)調理パン
 8)ドーナツ
7.一番多く食べる食パンの枚数
8.よく食べるパンの購入場所
9.よくパンを食べる場所
 1)朝食
 2)昼食
 3)おやつ
 4)夕食
 5)夜食
10.食事でよく食べるパンの適切と思う価格
11.パンへの不満や要望
12.今後、食べたいと思うパンの特徴
13.食べたことがある高級食パン
14.食べたことのある高級食パンを食べた経路
 1)比較分析
 2)自分が店舗で購入
 3)自分が通販(ネット)で購入
 4)手土産等の頂き物
15.高級食パンを食べる理由
16.高級食パンへの要望
17.低糖質、低たんぱく、低カロリー、食物繊維入りなど、健康に配慮したパンについての意向

第Ⅵ章 注目企業の個別実態(30社)

IFC
~焼きたて食パン専門店「一本堂」をFC展開

アンデルセン・パン生活文化研究所
~石窯パンのリニューアル・強化で成長を図る

イオンベーカリー
~焼きたて専門店としてスクラッチ中心の店舗運営に回帰

イケダパン
~「イケダ」ブランドを再構築、販売エリアを問わない商品開発が課題

伊藤製パン
~商品アイテム数の増加を抑え、NB比率を向上

オイシス
~リニューアルで食パン「熟成工房」が二桁成長

工藤パン
~ロングセラー「イギリストースト」は今期も好調

コープベーカリー
~インストアベーカリー「小麦の森」を29店展開

神戸屋
~「食パンの神戸屋」を復権、神戸屋ブランドの価値を向上

コモ
~海外初展開でパン自販機を香港に設置

サンジェルマン
~「シェフのカレーパン」が東日本揚げカレーパン部門で3年連続金賞受賞

サンマルクホールディングス
~業態ポートフォリオを確立、経常100億目指す

敷島製パン
~発売20周年を迎えた超熟シリーズは709億円に

白石食品工業
~岩手県産小麦100%の「もち姫食パン」を販売

進々堂
~京都を地盤にリテールベーカリーを展開

スイートスタイル
~日本人に向けた商品展開、元町珈琲へパン供給、今後はグループシナジーへ

セブン-イレブン・ジャパン
~オリジナルパンは20,000店で1,500億円

第一屋製パン
~キャラクター商品に注力、新企画や新キャラクターで売上増

たけや製パン
~金足農業とコラボ商品を共同開発

テーブルマーク
~業務用はホテルを中心に給食需要の拡大を見込む

ドンク
~国内外の商業施設中心に店舗展開、海外20店舗体制に

日糧製パン
~2018年7月に月寒デリカ工場を竣工稼働

パン・アキモト
~「馴染み深い」から「わくわく」する店舗へ若手が活躍できる体制を再構築

バンデロール
~高品質・安全・健康をテーマにした商品化で新たな需要を開拓

ピーターパン
~100年永続100店舗構想・FC展開で実現に一歩踏出す

フジパングループ本社
~18社でグループ年商2,800億円

フランソア
~豆乳生おから仕込みで新たな商品を展開

ボンテ
~新工場を開設、冷凍パン生地需要を開拓

山崎製パン
~自家製発酵種「ルヴァン」で風味、コク、食感を向上

リョーユーパン
~ベーカリー展開に向けた人材確保と育成に注力

第Ⅶ章 全国主要製パン企業名鑑(308社)

企業簡易個表

第Ⅷ章 全国パン関連企業名鑑(179社)

企業簡易個表

ショートレポート
「2019年版 パン市場の展望と戦略」の概要版

価格:1,000円(税別)
「2019年版 パン市場の展望と戦略(2019年発刊、税別130,000円)」の一部の内容についての概要をまとめたリーズナブルな資料です。 右記マーケットレポートの入門的な情報としてご活用ください。

掲載内容

全6ページ
掲載内容
OPEN ▼
1.市場概要 ※1

2.セグメント別動向
 パン商品別動向
 パンチャネル別動向

3.注目トピック
  根強い高級食パンブーム ※1
  ロングライフパンと缶詰パンは備蓄・支援用で注目集める
  急速に末端市場のシェアを上げるドラッグストア


4.将来展望 ※2

掲載図表
  • 国内のパン市場規模推移 ※1
  •  ※データ掲載年:2013年度〜2017年度
  • パンの総市場規模予測
  •  ※データ掲載年:2018年度(予)~2022年度(予)
  • パンの市場構成比
  •  ※データ掲載年:2017年度

※本レポートは、2019年発刊の「2019年版 パン市場の展望と戦略」を元に作成しています。

※1…プレスリリースにて無料公開中です
※2…プレスリリースにて一部無料公開中です