「アパレル業界におけるサプライチェーンマネジメントに関する法人アンケート調査を実施(2019年)」に関する矢野経済研究所のマーケットデータをご紹介します。

マーケットレポート
ファッション産業の新潮流 ~ファッションテックとマスカスタマイゼーション~

価格:150,000円(税別)
「ファッション産業の新潮流 ~ファッションテックとマスカスタマイゼーション~」に関するマーケットデータを詳細にまとめた資料です。
市場動向、企業動向など、詳細なデータ・解説など、事業戦略の強力な武器となる情報が満載の書籍です。

掲載内容

全218ページ
掲載内容
OPEN ▼

サマリー

第1編 アパレル産業の現状と展望

1.衰退する国内繊維産業の生き残り戦略
  (1)国内繊維産業の衰退
  (2)国内市場における衣類の輸入浸透率と貿易収支
  (3)国内供給数量と衣料品消費支出額の推移
  (4)国内繊維・アパレル産業の現状と課題
2.繊維・アパレル産業のサプライチェーンの特徴
  (1)川上・川中・川下の段階別市場規模推計と予測
  (2)国内繊維・アパレル企業が目指すべき方向性

第2編 従来型サプライチェーン企業の現状分析

1.従来型アパレルメーカーの現状と課題
2.アパレル小売業の現状と課題
3.アパレル、小売業の財務比較分析
4.アパレル、小売業の財務データの相関分析

≪資料編 主要企業の業績動向と業績見込み≫
  1.青山商事
  2.AOKIホールディングス
  3.コナカ
  4.はるやまホールディングス
  5.オンリー
  6.ファーストリテイリング
  7.ユナイテッドアローズ
  8.ライトオン
  9.アダストリア
  10.しまむら
  11.ハニーズホールディングス
  12.良品計画
  13.西松屋チェーン
  14.バロックジャパンリミテッド
  15.パルグループホールディングス
  16.オンワードホールディングス
  17.三陽商会
  18.ワールド
  19.TSIホールディングス
  20.レナウン

第3編 マスカスタマイゼーション導入企業の動向

1.マスカスタマイゼーションの全体動向
2.マスカスタマイゼーション市場の展望
3.主要企業の事業戦略
  ①株式会社アシックス(アシックス・カスタム・フィット)
  ②光和衣料株式会社(オートファクトリーシステム)
  ③セーレン株式会社(ビスコテックス メイク・ユア・ブランド)
  ④株式会社FABRIC TOKYO(FABRIC TOKYO)
  ⑤株式会社フクル(フクルSCMシステム)

 新しいサプライチェーンの構築を目指す注目企業
  ①株式会社オールユアーズ
  ②株式会社10YC
  ③丸井織物株式会社

第4編 ファッションテック企業の動向

1.ファッションテック企業の全体動向
2.主要企業の事業戦略
  ①サイジニア株式会社(パシャリィ)
  ②スタイラー株式会社(フェイシー)
  ③SENSY株式会社(SENSY MARKET BRAIN, SENSY MD)
  ④株式会社ニューロープ(カブキスキャナー)
  ⑤株式会社ルグラン(テンキュール)
  ⑥株式会社TFL

第5編 スマートテキスタイル展開企業の動向

1.ストレッチャブルデバイス(スマートテキスタイル)市場規模と予測
2.スマートテキスタイル展開企業の動向
3.主要企業の事業戦略
  ①帝人フロンティア株式会社
  ②東洋紡株式会社
  ③ミツフジ株式会社

第6編 アンケート調査分析

アパレル業界におけるSCMとファッションテック導入の現状
◇アンケート結果分析(サマリー)

【全体、売り上げ規模別、業種別】
  1.アパレルマーケットの低迷要因
  2.「ファッションテック」の認知度
  3.ファッションテックの取組状況
  4.サプライチェーンマネジメントにおける優先課題
  5.アパレル企業が生き残るために不可欠な要素
  6.前期の消化率(数量ベース)
  7.消化率の変動
  8.店頭投入からマークダウンをするまでの期間
  9.店頭投入からマークダウンをするタイミングは早まっているかどうか
  10.最終不良在庫の処分方法
  11.今後の経営戦略の方向性
  12.マスカスタマイゼーション導入の課題
  13.マスカスタマイゼーションの取組【現状】
     マスカスタマイゼーションの取組【5年後】

ショートレポート
「ファッション産業の新潮流 ~ファッションテックとマスカスタマイゼーション~」の概要版

価格:1,000円(税別)
「ファッション産業の新潮流 ~ファッションテックとマスカスタマイゼーション~(2019年発刊、税別150,000円)」の一部の内容についての概要をまとめたリーズナブルな資料です。 右記マーケットレポートの入門的な情報としてご活用ください。

掲載内容

全5ページ
掲載内容
OPEN ▼
1.調査結果概要 ※1

2.注目トピック ※1

3.調査結果詳細
 サプライチェーンマネジメントの最優先課題は「在庫の最小化」
 今後着実に普及していくマスカスタマイゼーション

掲載図表
  • 図1. サプライチェーンマネジメント(SCM)の優先課題 ※1
  •  ※データ掲載年:2019年7月
  • 図2. マスカスタマイゼーションの取組み(現状と5年後の比較) ※1
  •  ※データ掲載年:2019年7月

※本レポートは、2019年発刊の「ファッション産業の新潮流 ~ファッションテックとマスカスタマイゼーション~」を元に作成しています。

※1…プレスリリースにて無料公開中です