「自動車用樹脂世界市場に関する調査を実施(2019年)」に関する矢野経済研究所のマーケットデータをご紹介します。

マーケットレポート
2019年版 自動車用樹脂市場の展望と戦略

価格:180,000円(税別)
「2019年版 自動車用樹脂市場の展望と戦略」に関するマーケットデータを詳細にまとめた資料です。
市場動向、企業動向など、詳細なデータ・解説など、事業戦略の強力な武器となる情報が満載の書籍です。

掲載内容

全182ページ
掲載内容
OPEN ▼

調査結果のポイント

第1章:自動車用樹脂市場の展望

2018年の自動車用樹脂世界需要は前年並みで着地
2018-2030年のCAGRは汎用樹脂2.32%、汎用エンプラ3.48%を予測
(表)自動車用汎用樹脂・汎用エンプラの世界需要推移(2018年~2030年予測、重量)
(表)地域別自動車世界生産台数推移(2018年~2030年予測)
(表)パワートレイン別自動車世界生産台数推移(2018年~2030年予測)
(表)自動車用樹脂の需要予測(2018年→2030年、重量)
  CASEで問われる樹脂メーカーの素材開発力と提案力
(表)主要OEMのCASE対応状況
(表)CASEで求められる樹脂の機能・物性例
  マルチマテリアル化を見据えた要素技術の蓄積が新たな需要を誘発する
(表)自動車用樹脂 世界需要推移

第2章:自動車用樹脂別の市場動向

2-1.PP
 2-1-1.需要動向
  バックドアモジュール向けにガラス長繊維強化グレードの採用が拡大
  (図)自動車用PPの世界需要・地域別需要構成(2018年、重量)
  (図)自動車用PPの世界需要推移(2018年~2030年予測、重量)
 2-1-2.部位別の採用動向
  (表)PPの主な採用部位と部位別の世界需要(2018年、重量)
 2-1-3.メーカー動向
  (図)自動車用PP市場のメーカーシェア(2018年、重量)
2-2.HDPE
 2-2-1.需要動向
  主力の燃料タンクは日本での樹脂化率が高まる
  ICE・HEV等の市場拡大で世界需要は底堅く推移
  (図)自動車用HDPEの世界需要・地域別需要構成(2018年、重量)
  (図)自動車用HDPEの世界需要推移(2018年~2030年予測、重量)
 2-2-2.部位別の採用動向
  (表)HDPEの主な採用部位と部位別の世界需要(2018年、重量)
 2-2-3.メーカー動向
2-3.ABS
 2-3-1.需要動向
  優れた二次加工性で車内空間の快適性を演出
  内装材向けを中心にABSの世界需要は安定推移へ
  (図)自動車用ABSの世界需要・地域別需要構成(2018年、重量)
  (図)自動車用ABSの世界需要推移(2018年~2030年予測、重量)
 2-3-2.部位別の採用動向
  (表)ABSの主な採用部位と部位別の世界需要(2018年、重量)
 2-3-3.メーカー動向
2-4.PA6、PA66
 2-4-1.需要動向
  ICEでPA6・PA66の使用率が上昇へ、EV・HEVでの用途開拓も進む
  (図)自動車用PA6の世界需要・地域別需要構成(2018年、重量)
  (図)自動車用PA66の世界需要・地域別需要構成(2018年、重量)
  (図)自動車用PA6・PA66の世界需要推移(2018年~2030年予測、重量)
 2-4-2.部位別の採用動向
  (表)PA6・PA66の主な採用部位と部位別の世界需要(2018年、重量)
 2-4-3.メーカー動向
  (図)自動車用PA6・PA66市場のメーカーシェア(2018年、重量)
2-5.PC
 2-5-1.需要動向
  主力のヘッドランプレンズ向けは堅調推移
  透明性を活かせるディスプレイ関連向けで活躍の場が広がる
  (図)自動車用PCの世界需要・地域別需要構成(2018年、重量)
  (図)自動車用PCの世界需要推移(2018年~2030年予測)
 2-5-2.部位別の採用動向
  (表)PCの主な採用部位と部位別世界需要(2018年、重量)
 2-5-3.メーカー動向
  (図)自動車用PC市場のメーカーシェア(2018年、重量)
2-6.POM
 2-6-1.需要動向
  燃料系部品やギア、クリップ・ファスナー向けが安定
  低VOCグレードは中国での需要拡大に期待感が高まる
  (図)自動車用POMの世界需要・地域別需要構成(2018年、重量)
  (図)自動車用POMの世界需要推移(2018年~2030年予測)
 2-6-2.部位別の採用動向
  (表)POMの主な採用部位と部位別世界需要(2018年、重量)
 2-6-3.メーカー動向
  (図)自動車用POM市場のメーカーシェア(2018年、重量)
2-7.PBT
 2-7-1.需要動向
  電装品向けが需要を牽引
  耐トラッキング性グレードや異種材接合グレードの開発が進む
  (図)自動車用PBTの世界需要・地域別需要構成(2018年、重量)
  (図)自動車用PBTの世界需要推移(2018年~2030年予測)
 2-7-2.部位別の採用動向
  (表)PBTの主な採用部位と部位別世界需要(2018年、重量)
 2-7-3.メーカー動向
  (図)自動車用PBT市場のメーカーシェア(2018年、重量)
2-8.変性PPE
 2-8-1.需要動向
  外板向けが伸び悩むも、EV・HEV向けの電装品需要が拡大傾向
  (図)自動車用変性PPEの世界需要・地域別需要構成(2018年、重量)
  (図)自動車用変性PPEの世界需要推移(2018年~2030年予測)
 2-8-2.部位別の採用動向
  (表)変性PPEの主な採用部位と部位別世界需要(2018年、重量)
 2-8-3.メーカー動向
  (図)自動車用変性PPE市場のメーカーシェア(2018年、重量)
2-9.PPS
 2-9-1.需要動向
  金属やフェノール樹脂、PA系材料からの代替と新規部品への導入が加速
  (図)自動車用PPSの世界需要・地域別需要構成(2018年、重量)
  (図)自動車用PPSの世界需要推移(2018年~2030年予測)
 2-9-2.部位別の採用動向
  (表)PPSの主な採用部位と部位別世界需要(2018年、重量)
 2-9-3.メーカー動向
  自動車用PPS市場 メーカーシェア(2018年・重量)
2-10.PA11、PA12
 2-10-1.需要動向
  燃料チューブ向けでは低溶出タイプの提案が活発化
  冷却チューブ向けの需要も本格化へ
  (図)自動車分野の世界需要・地域別需要構成(2018年、重量)
  (図)自動車用PA11・PA12の世界需要推移(2018年~2030年予測)
 2-10-2.メーカー動向
2-11.PA6T
 2-11-1.需要動向
  自動車の冷却系部品で競争激化も、電装部品向けの需要を下支え
  (図)自動車用PA6Tの世界需要・地域別需要構成(2018年、重量)
  (図)自動車用PA6Tの世界需要推移(2018年~2030年予測)
 2-11-2.メーカー動向
2-12.PA46
 2-12-1.需要動向
  エンジンルーム内部品向けを中心に底堅く需要を取り込む
  (図)自動車用PA46の世界需要・地域別需要構成(2018年、重量)
  (図)自動車用PA46の世界需要推移(2018年~2030年予測)
 2-12-2.メーカー動向
2-13.PA-MXD6
 2-13-1.需要動向
  ドアミラーステイなど主力用途向けの需要が安定推移
  (図)自動車用PA-MXD6の世界需要・地域別需要構成(2018年、重量)
  (図)自動車用PA-MXD6の世界需要推移(2018年~2030年予測)
 2-13-2.メーカー動向

第3章:自動車部位別の採用動向

3-1.世界の環境規制
  (表)各国の自動車燃費規制(km/L 換算)
  (図)各国の燃費規制値(乗用車)推移
  (表)内燃機関車禁止に巡る各国の最近動向
3-2.車体軽量化に向けた素材利用の方向性
  (表)素材利用の方向性
  (図)マルチマテリアルの例
3-3.欧州における車体軽量化への取り組み
 3-3-1.Open Hybrid Lab Factory
  (図)ハイブリッドセンタートンネルの外観
  (図)OHLFでのプロトタイプ製造風景
 3-3-2.ARENA2036
  (図)CFRP製フロアパネルモジュールに統合された機能
3-4.樹脂における部位別の需要動向
  (表)部位別・樹脂別世界需要(2018年、重量)
  (図)部位別需要構成(2018年、重量)
 3-4-1.構造材
 3-4-2.ボディ外板
  (表)主なボディ外板の樹脂化率
  (1)フェンダー
  (2)ドア外板
  (3)バックドア
 3-4-3.外装
  (表)主な外装部品の樹脂化率
  (1)バンパー
  (2)フロントグリル(ラジエーターグリル)
  (3)ボディ周辺部
  (4)タイヤ周辺部
  (5)エアロパーツ
  (6)腐食防止部品
  (7)ドア周辺部
  (8)光学系部品
   ・ヘッドランプ(レンズ、エクステンション、リフレクター)、リアランプ(レンズ)
   ・ライトガイド
  (9)グレージング
  (表)グレージング採用例
 3-4-4.内装
  (表)主な内装部品の樹脂化率
  (1)インストルメントパネル
  (2)光学系部品
  (3)その他:クリップ・ファスナー
 3-4-5.エンジンルーム内部品
  (表)主なエンジンルーム内部品の樹脂化率
  (1)吸気系
   ・ダクト関連(エアインレットダクト、エアクリーナーホース、ターボダクト)
   ・エアクリーナーケース
   ・スロットルボディ
   ・インテークマニホールド
   ・インタークーラータンク
  (2)冷却系
   ・ラジエータータンク/ラジエータファン・ファンシュラウド
   ・ウォーターポンプ
   ・サーモスタットハウジング
   ・ウォーターアウトレットパイプ
  (3)本体、動弁系、駆動系
   ・シリンダーヘッドカバー
   ・タイミングベルト/チェーン(テンショナー、ガイド)
   ・オイルパン
   (表)樹脂製オイルパン採用実績一例
   ・オイルストレーナー
 3-4-6.燃料系部品
  (表)主な燃料系部品の樹脂化率
  (1)燃料注入ライン系/供給ライン系
   ・フューエルフィラーキャップ
   ・フューエルフィラーパイプ
   ・燃料チューブ
   ・燃料フィルターハウジング
   ・フェーエルデリバリーパイプ
   ・フューエルインジェクター
  (2)燃料貯蔵系
   ・燃料タンク
  (図)樹脂製燃料タンクの構造
   ・燃料ポンプ
  (3)その他(キャニスターケース)
 3-4-7.電装品
  (1)ワイヤーハーネス
  (2)センサ
  (3)ECU
  (4)モーター
  (5)HEV・EV用
   ・バッテリーケース
   ・インバーター/コンバーター

第4章:樹脂メーカーの動向

株式会社プライムポリマー(PP)
  世界8極のコンパウンド拠点で継続的に増強を実施し
  世界的な軽量化ニーズの拡大に対応

三菱エンジニアリングプラスチックス株式会社
  高付加価値分野への展開を加速させ
  収益力向上による事業基盤のさらなる強化を図る

東レ株式会社
  コンパウンド拠点やテクニカルセンターの現地化による
  顧客密着型の事業展開を推進

ポリプラスチックス株式会社
  各国規制や分野別要求特性を満たす製品を拡充し
  エンプラ専業メーカーとしてのプレゼンスを確立

旭化成株式会社
  自動車向けの新しいトレンドを取り込み
  戦略的なM&Aと投資でシェアアップに繋げる

宇部興産株式会社
  強みである食品包装フィルム分野をベースに自動車分野を開拓

LANXESS AG
  Next Mobility(NeMo)の実現に向けた製品ソリューションを追求

帝人株式会社
  PPS事業が本格始動、PC事業は高付加価値化を推進

出光興産株式会社
  DRLなど自動車分野における安定的な需要を基盤に
  5G通信向けの新たな需要を取り込んでいく

住化ポリカーボネート株式会社
  中国での相次ぐ増強によるPC価格の二極化に備え
  製品の高付加価値化を推進

DIC株式会社
  現地完結型の販売・供給・技術サービス体制を構築し
  グローバルリーダーとしての存在感を高める

ダイセル・エボニック株式会社
  国内の技術拠点を活用し、ユーザーニーズの多様化・高度化に対応

ARKEMA S.A.
  燃料チューブ向けが安定、射出用途への展開を探る

株式会社クラレ
  自動車用途と販売地域の拡大により、ジェネスタ事業のさらなる成長を目指す

ショートレポート
「2019年版 自動車用樹脂市場の展望と戦略」の概要版

価格:1,000円(税別)
「2019年版 自動車用樹脂市場の展望と戦略(2019年発刊、税別180,000円)」の一部の内容についての概要をまとめたリーズナブルな資料です。 右記マーケットレポートの入門的な情報としてご活用ください。

掲載内容

全6ページ
掲載内容
OPEN ▼
1.市場概要 ※1

2.セグメント別動向
 2018年の自動車用PPの世界販売量は515万t

3.注目トピック
  部位別では内装向けの需要が最大 ※1
  PP市場ではバックドアモジュール向けにガラス長繊維強化グレードの採用が拡大


4.将来展望 ※2

掲載図表
  • 自動車用樹脂の世界需要予測 ※1
  •  ※データ掲載年:2018年、2019年~2020年予測、2025年予測、2030年予測
  • 自動車用PPの世界需要予測
  •  ※データ掲載年:2018年、2019年~2025年(予)、2030年(予)

※本レポートは、2019年発刊の「2019年版 自動車用樹脂市場の展望と戦略」を元に作成しています。

※1…プレスリリースにて無料公開中です
※2…プレスリリースにて一部無料公開中です