プレスリリース
No.1934
2019/07/12

ユニフォームレンタル市場は横ばい傾向が続く
~食品工場向け需要が好調も新たな需要開拓が課題に~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役:水越孝)は、国内ユニフォームレンタル市場を調査し、参入事業者の動向分析、今後の市場予測を行った。

ユニフォームレンタル市場規模推移と予測
ユニフォームレンタル市場規模推移と予測

1.市場概況

2017年度のユニフォームレンタル市場規模は、前年度比1.1%増の939億円であった。概して一般消費者の「食の安全・安心」意識が高まるなか、食品工場向けユニフォームは、大手工場のみならず中小工場においても浸透してきている。また近年では、短時間勤務者の増加など、労働力確保の観点から就業形態が多様化しており、一工場あたりの延べ従業員数が増える工場も多い。衛生管理の強化や就業形態の多様化などにより、ユニフォームレンタル需要は堅調である。

2.注目トピック

コストの高騰

近年は人件費の高騰と共に、物流費の急激な高騰が課題となっている。配送・物流までを請け負うユニフォームレンタル事業者は、物流費の高騰が大きなコスト負担になっている。事業者各社ともコストの増加を価格に反映させないように努力しているが、なかにはコストを吸収しきれずに価格に反映させざるを得なくなってきている事業者も現れている。

3.将来展望

2020年頃の衛生管理手法の国際基準であるHACCPの義務化が想定されるなか、食品関連事業者の衛生管理に対する意識はさらに高まっていくものと見られる。また、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて訪日外国人客に対して食品の安全性をアピールする狙いもあるものとみられる。
こうしたなか、今後は食品関連事業者のHACCP対応などを背景に、なかでも中小食品工場向けレンタルユニフォームにおいて更なる需要があるものとみられ、主に食品工場関連需要を中心に市場は堅調に拡大するとみる。一方で食品工場関連以外の需要分野においては伸び悩みもみられることから、新たな需要開拓も課題であるものと考える。

オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!

【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】
  • セグメント別の動向
  •  医療
     事務・オフィス
     作業着・ワークウェア
  • 注目トピックの追加情報
  • 将来展望の追加情報

  • 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

    調査要綱

    1.調査期間: 2018年5月~6月
    2.調査対象: ユニフォームレンタルを行う企業及びユニフォームメーカー等
    3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail等によるヒアリング調査および文献調査併用

    <ユニフォームレンタル市場とは>

    本調査におけるユニフォームレンタルとは、顧客企業のニーズに沿ったユニフォームを貸し出し、集配・クリーニング、さらにはユニフォームの無料補修等、ユニフォームの管理を請け負うサービスをさす。主な需要分野としては事務・オフィス分野、医療分野、介護・福祉施設分野、作業着・ワークウェア分野、食品・菓子工場や機械・鉄鋼等の製造工場分野、飲食分野、流通小売分野、宿泊施設分野、アミューズメント分野がある。

    <市場に含まれる商品・サービス>

    ユニフォームレンタル(事務・オフィス分野、医療分野、介護・福祉施設分野、作業着・ワークウェア分野、食品・菓子工場や機械・鉄鋼等の製造工場分野、飲食分野、流通小売分野、宿泊施設分野、アミューズメント分野)

    出典資料について

    資料名
    発刊日
    2018年06月29日
    体裁
    A4 229ページ
    定価
    130,000円(税別)

    お問い合わせ先

    部署
    マーケティング本部 広報チーム
    住所
    〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
    電話番号
    03-5371-6912
    メールアドレス
    press@yano.co.jp
    ©2019 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
      本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
      報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
      利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。