プレスリリース
No.2142
2019/12/11

2018 年の監視カメラシステム(カメラ、エンコーダ、NVR/DVR、VMS、VCA画像解析ソフトウェア他) 世界市場は2 兆8,800億円の見込
​~監視カメラ本体に加え、システム全体としての画像解析やシステム連携等の付加価値システムの導入により、成長は継続見込~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、監視カメラ/モニタリングカメラシステム世界市場を調査し、 品目別の動向、参入企業動向、企業シェア、将来展望を明らかにした。

監視カメラシステム世界市場推移
監視カメラシステム世界市場推移

1.市場概況

2018年の監視カメラシステム世界市場(メーカー出荷金額ベース)は、前年比16.8%増の2兆8,800億円と3兆円に迫る規模に拡大する見込みである。市場は、カメラとともに録画装置、映像管理や画像解析ソフトウェアなどシステム全体が順当に拡大している。

2.注目トピック

~監視カメラシステム世界市場は今後も成長・拡大が期待~

監視カメラシステム世界市場は、今後も成長・拡大が期待される注目市場であるといえる。世界市場では、中国市場の急拡大が2017年までで減速するとの見通しがある。しかし、一方で中国に限らず欧州・米国・日本での需要拡大とシステム更新需要、アジア圏や第三国圏での新規導入の拡大が見込まれる。
中国市場においてもこれまでに拡大したシステムの更新需要や、「スマートシティ構想」「不動産での需要拡大」「インフラ需要での拡大」「国家規模のセキュリティ投資(天網工程、雪亮工程など)」などの可能性が考えられる。また、監視カメラシステムの機能では、監視カメラ本体に加え、システム全体としてのVCA/画像解析やVMS、システム連携等の付加価値システムの導入により、市場の成長継続が見込まれる。

3.将来展望

監視カメラシステム世界市場規模(メーカー出荷金額ベース)は今後も順調に成長し、2019 年で3 兆円を突破し、2022 年には約6 兆円規模に拡大すると予測する。

オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!

【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】
  • セグメント別の動向
  •  画像管理系システムの世界市場
  • 注目トピックの追加情報
  •  国内VCA画像解析システム市場内訳と規模(2018年見込時点)
  • 将来展望の追加情報

  • 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

    調査要綱

    1.調査期間: 2018年11月~2019年4月
    2.調査対象: 監視カメラメーカー、代理店、SIer、レンズや監視用DVRなど関連機器メーカー
    3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、ならびに電話・メール等による調査併用

    <監視カメラシステム市場とは>

    本調査における監視カメラシステム市場規模は、カメラ、サ-バ・エンコーダ、NVR/DVRの録画装置、VMS(Video Management System:画像管理)ソフトウェア、VCA(Video Content Analysis:画像解析)システム、その他システムを構築するハードウエア、ソフトウエアを対象として算出した。但し、工事費や保守メンテナンス料は含まない。


    <市場に含まれる商品・サービス>

    ネットワークカメラ 、カメラサーバ・エンコーダ、DVR、NVR、VMS(画像管理ソフトウェア)、クラウドカメラサービス、画像解析システム(顔認証、人数計測、行動検知など)

    出典資料について

    お問い合わせ先

    部署
    マーケティング本部 広報チーム
    住所
    〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
    電話番号
    03-5371-6912
    メールアドレス
    press@yano.co.jp
    ©2019 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
      本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
      報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
      利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。