プレスリリース
No.2170
2019/08/07

2018 年度の国内次世代住宅関連主要設備機器市場は6,796 億円の見込
​~太陽光発電システム減少や単価下落で市場規模は減少傾向、今後は家庭用蓄電システムの普及に期待~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内の次世代住宅(スマートハウス・ZEH)関連主要設備機器市場を調査し、市場動向、製品セグメント別の動向、将来展望を明らかにした。

次世代住宅関連主要設備機器(6品目)市場規模推移と予測
次世代住宅関連主要設備機器(6品目)市場規模推移と予測
次世代住宅関連主要設備機器(4品目)市場規模推移と予測
次世代住宅関連主要設備機器(4品目)市場規模推移と予測

1.市場概況

HEMSやスマートメーター、太陽光発電システム、燃料電池システム、家庭用蓄電システム、V2H の6 機器を対象とした、2018年度の国内の次世代住宅関連主要設備機器の市場規模(末端販売額ベース)は前年度比97.7%の6,796 億円の見込みである。
2014年度以降、構成比率の高い太陽光発電システム販売額の減少や、各設備機器の単価下落に伴って市場規模は減少傾向にある。但し、既に市場が形成されている太陽光発電システム、社会インフラとして電力会社の計画に沿って普及が進んでいるスマートメーターを除く4機器を対象とした、2018 年度の次世代住宅関連主要設備機器市場規模(同ベース)は1,808億円と、2014 年度比160%と拡大傾向の見込みである。

2.注目トピック

2019 年問題に向けて蓄電システムの需要が拡大

今後の次世代住宅関連主要設備機器の市場拡大に最も貢献する設備機器が、家庭用蓄電システムである。蓄電システムは、これまで “もしもの時” のためを訴求した製品であったが、「2019 年問題(卒FIT)」を背景として、余剰電力の自家消費に向けた需要が拡大すると考える。
資源エネルギー庁によるとFIT 契約満了者は2019 年(11 月~12 月のみ)で53 万世帯おり、蓄電システムメーカーは販売店と連携して、卒FIT マーケットの顧客獲得を目指している。また、住宅用PV(太陽光発電)情報サイトがFIT 契約者を対象に実施したアンケート調査では、「満了後には自家消費を行う」との回答が過半数を超えたとの結果もあり、市場拡大への期待感が高まっている。

3.将来展望

近年のZEH の普及や省エネ基準義務化を背景として、一次消費エネルギーの抑制に対する取組みが加速していることから、2019 年度以降はPV (太陽光発電)需要の増加が期待される。一方で省エネ基準義務化の見直しもあるが、市場は回復基調にあると考える。
2022 年度の国内の次世代住宅関連主要設備機器(6品目)市場(末端販売額ベース)を7,899 億円と予測する。
また、太陽光発電システム、スマートメーターを除いた2022 年度の国内の次世代住宅関連主要設備機器(4品目)の市場は、2014 年度比324%の3,649億円に拡大すると予測する。

オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!

【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】
  • セグメント別の動向
  •  HEMS
     スマートメーター
     太陽光発電システム
     家庭用燃料電池システム
     家庭用蓄電システム
     V2H
  • 注目トピックの追加情報
  • 将来展望の追加情報

  • 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

    調査要綱

    1.調査期間: 2019年1月~3月
    2.調査対象: 次世代住宅関連設備機器メーカー、ハウスメーカー、関連業界団体他
    3.調査方法: 当社専門研究員による直接面接、電話調査、ならびに各種文献調査併用

    <次世代住宅関連主要設備機器とは>

    本調査における次世代住宅関連主要設備機器とは、次世代住宅[スマートハウスやZEH(Net Zero Energy House;ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)]を構成するHEMS(Home Energy Management System)・スマートメーター<以上、制御系機器>、太陽光発電システム・燃料電池システム<以上、創エネ系機器>、家庭用蓄電システム・V2H(Vehicle to Home)<以上、蓄エネ系機器>の計6機器(全て住宅用)をさす。

    <市場に含まれる商品・サービス>

    HEMS(Home Energy Management System)、スマートメーター、太陽光発電システム、燃料電池システム、家庭用蓄電システム、V2H(Vehicle to Home)

    出典資料について

    資料名
    発刊日
    2019年03月29日
    体裁
    A4 187ページ
    定価
    150,000円(税別)

    お問い合わせ先

    部署
    マーケティング本部 広報チーム
    住所
    〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
    電話番号
    03-5371-6912
    メールアドレス
    press@yano.co.jp
    ©2019 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
      本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
      報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
      利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。