プレスリリース
No.2210
2019/08/29

2018年度のリネンサプライ市場規模は前年度比0.3%増の5,178億円とほぼ横ばいながら2年連続でプラス成長
~ホテルリネンが市場全体を牽引するも、他需要分野含めた人材不足が大きな課題~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内リネンサプライ市場の調査を実施し、市場概況や参入企業の事業戦略を明らかにした。

リネンサプライ市場規模推移・予測
リネンサプライ市場規模推移・予測

1.市場概況

リネンサプライとは、ホテルなど宿泊施設や病院、レストラン・飲食店・アミューズメント施設などの店舗、企業や工場等にリネン類をレンタルするサービスである。2018年度の国内リネンサプライ市場規模(事業者売上高ベース)は、前年度比0.3%増の5,178億38百万円と、ほぼ横ばいながら2年連続でプラス成長となった。リネンサプライ市場は、2017年度以降は下げ止まったものと考える。

2.注目トピック

全ての需要分野で、人手不足の影響が深刻化

リネンサプライ業界の長年の課題として、人手不足が挙げられる。すべての需要分野で深刻化しているとされ、さらに2019年4月より実施された働き方改革による影響もそれぞれで生じている。
労働力の確保という意味では、新制度のもとで2018年11月に技能実習2号移行対象職種に、リネンサプライ職種(リネンサプライ仕上げ作業)が追加された。これにより、外国人労働者の労働年数が延長され、より働き方が改善されていくとみられる。その他、外国人労働者だけでなく、女性労働者にも配慮(労働時間の短縮、子育て支援など)したリネンサプライヤー側の手厚い取り組みもある。
また、設備投資も含め、省人・省力化にいかに取り組むかが大きな課題である。各業界で自動化が進む中で、リネンサプライ業界でも自動化の動きはあり、工場の増設や新工場の建設のほか、既存の設備でいかに効率化を進められるか、各社の取り組み度合いが今後の生き残りに影響を与えるものと推察する。

3.将来展望

2019年度の国内リネンサプライ市場規模(事業者売上高ベース)を前年度比0.2%増の5,187億62百万円になると予測する。ただし、ホテルリネン市場の伸びの多寡によって、全体市場にも影響を与えるとみる。
リネンサプライ市場がマイナス傾向からほぼ横ばいまで回復した要因に、ホテルリネン市場の牽引が挙げられる。訪日外国人客数が増加し、近年は東京オリンピック・パラリンピック開催に伴う需要増を見越したホテル建設や、新たにホテル経営に乗り出す事業者の増加など、リネンサプライヤーにとっての顧客の数そのものが増えたことにより、ホテルリネン市場は活況に沸いている。
2019年に入り、ホテルの稼働状況にやや落ち着きが見え始めているといった声もあるものの、ホテル向けのリネンサプライ市場に新規参入する異業種企業も散見されている。また、2020年以降はホテルの出店状況も鈍化する見込みであるが、訪日外国人客向け、インバウンド需要を中心としたラグジュアリーホテルは主要都市部において需要があるとされる。一方で東京オリンピック・パラリンピック開催後のホテルリネン市場の不透明な部分が、業界にとって不安要素の一つである。東京オリンピック後に「ホテルの供給過剰問題」が生じる可能性もあり、リネンサプライ業界がその煽りを受けてしまう可能性はあると考える。

オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!

【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】
  • セグメント別情報(市場規模のセグメント別内訳と動向)
  •  ホテルリネン市場の動向
     病院リネン市場の動向
  • 注目トピックの追加情報
  • 将来展望の追加情報

  • 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

    調査要綱

    1.調査期間: 2019年5月~7月
    2.調査対象: 国内有力リネンサプライヤー、リネン品及びリネンサプライ用機器卸・メー カー等
    3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、郵送アンケート調査、および文献調査併用

    <リネンサプライ市場とは>

    本調査におけるリネンサプライ市場とは、事業所(会社、店舗、工場)等にリネン類をク
    リーニング付きでレンタルするサービスを指し、サービス事業者の売上高ベースで市場規模を推計した。
    主な需要分野としては、①ホテルリネン(ホテルや旅館等、宿泊施設向けのリネン類)、②病院リネン(病院・診療所・介護施設の寝具等)、③フードリネン(レストラン・飲食店のリネン類とユニフォーム等)、④サービスリネン(サウナ・エステティック、リフレクソロジー等のタオル類やユニフォーム等)、⑤産業リネン(工場・事業所ユニフォーム等)、⑥交通リネン(主に新幹線や特急列車の座席カバー、および寝台車・船舶・航空機におけるシーツ類、ピローケース、カーテン類を含む)、⑦ダイアパー(子供用、大人用を含む布おむつ)、⑧貸おしぼり(飲食店やスポーツ施設[ゴルフ練習場、ゴルフ場等]、アミューズメント施設[カラオケ店、パチンコ店、ボーリング場等]で利用される貸しおしぼり)⑨ダストコントロール(一般家庭向けのモップ等の掃除用具レンタル、および事業所向けのマットやキャビネットタオル等のレンタル用商材)の9分野を対象としている。

    <市場に含まれる商品・サービス>

    ホテルリネン、病院リネン、フードリネン、サービスリネン、産業リネン、交通リネン、ダ イアパー、貸おしぼり、ダストコントロール

    出典資料について

    資料名
    発刊日
    2019年07月31日
    体裁
    A4 299ページ
    定価
    130,000円(税別)

    お問い合わせ先

    部署
    マーケティング本部 広報チーム
    住所
    〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
    電話番号
    03-5371-6912
    メールアドレス
    press@yano.co.jp
    ©2019 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
      本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
      報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
      利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。