プレスリリース
No.2323
2020/02/05

全国の手術室を所有している中大規模病院163施設へのアンケート調査結果では、内視鏡専用手術室を持つ施設は88施設にとどまる
~電気メスのメーカー別導入率は「Covidien」の導入率69.1%が最も高く、「Erbe」の66.4%が続く~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、手術室を所有している中大規模病院を対象として法人アンケート調査を実施し、手術室の院内設置状況や手術件数、手術室の主な医療機器の導入・使用状況、医療機器のメーカー別評価を明らかにした。ここでは、手術室の設置状況および電気メスのメーカー別導入状況について公表する。

メーカー別の電気メス導入状況
メーカー別の電気メス導入状況

1.調査結果概要

本調査では、全国の手術室を所有している中大規模病院のME機器中央管理室を対象としてアンケート調査をし、163施設から回答を得た。
回答のあった163施設の内、手術室を10床以上持つ施設が14施設(8.6%)、6~9床が31施設(19.0%)、5床以下が118施設(72.4%)という結果となった。
また、内視鏡専用手術室を持つ施設は88施設(54.0%)にとどまり、75施設では専用手術室が無かった。手術室と心・脳血管X線撮影装置を組み合わせた、ハイブリッド手術室を持つ施設は22施設(13.5%)となった。
その他、年間の手術件数を尋ねたところ、年間手術件数7,000件を越える施設が10施設(6.1%)、5,000件を越える施設が11施設(6.7%)、5,000件以下の施設が137施設(84.0%)、未回答は5施設(3.1%)であった。

2.注目トピック

電気メスのメーカー別導入状況

手術室に設置・導入されている電気メスについて、メーカー別の導入状況について尋ねた。
電気メスは、未回答14施設を除く149施設で導入済であった。メーカー別に導入状況をみると、最も多いのが「コヴィディエンジャパン【Covidien】」の103施設(導入率69.1%)、続いて「アムコ【Erbe】」の99施設(同66.4%)、「日本メディカルネクスト【Conmed】」の56施設(同37.6%)の順で、上位2社は6割を越える施設で導入されており、導入率が高い結果となった。

オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!

【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】
  • 注目トピックの追加情報 ※1
  • 調査結果詳細の追加情報
  •  電気メス採用理由からみるメーカー別評価
    以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

    調査要綱

    1.調査期間: 2019年6月~7月
    2.調査対象: 手術室を所有している全国の中大規模病院163施設
    3.調査方法: 郵送によるアンケート調査

    <本調査について>

    調査時期:2019年6月~7月
    調査対象施設:全国の手術室を所有している中大規模病院2,024施設に郵送し、163施設から回答(回収率8.1%)を得た。
    調査方法:郵送によるアンケート調査
    対象となる手術室に設置・導入される医療機器:電気メス、バイポーラ、シーリング付バイポーラ、超音波凝固切開装置、超音波吸引装置、内視鏡システム、3D・4K内視鏡システム、ロボットシステム、麻酔器、生体情報モニタ、人工呼吸器の11種類

    <市場に含まれる商品・サービス>

    手術室に設置・導入される主な医療機器

    出典資料について

    資料名
    発刊日
    2019年07月31日
    体裁
    A4 397ページ
    定価
    250,000円(税別)

    お問い合わせ先

    部署
    マーケティング本部 広報チーム
    住所
    〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
    電話番号
    03-5371-6912
    メールアドレス
    press@yano.co.jp
    ©2020 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
      本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
      報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
      利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。