プレスリリース
No.2334
2020/01/20

国内の主要な空調衛生設備工事事業者75社の2018年度工事売上高は、前年度比10.3%増の1兆3,218億円
~資機材・労務費の高騰及び工事件数の増加により、設備工事売上高は堅調に推移~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役:水越 孝)は、国内の主要な事業者75社を対象として、空調衛生設備工事に関する法人アンケート調査を実施し、2014年度から2018年度までの空調衛生設備工事の売上高推移を明らかにした。

空調衛生設備工事事業者75社の設備工事売上高推移
空調衛生設備工事事業者75社の設備工事売上高推移

1.調査結果概要

本調査では、国内の主要な空調衛生設備工事業者75社を対象として、法人アンケート調査を実施した。2018年度の空調衛生設備工事売上高(75社の設備工事売上高合計)は、前年度比110.3%の1兆3,218億円となった。国内の空調衛生設備工事は、資機材・労務費の高騰が継続して工事費用の㎡単価が上昇していることに加え、工事件数が堅調に推移していることを要因として増加した。各企業は、収益性の高い案件を選別して受注が可能な状態が続いていることから、引き続き受注環境の良さが伺える。

近年、主要な空調衛生設備工事事業者において、受注件数に占める保守リニューアル比率の増加に向けた取り組みが進められている。これは、新築需要の減少が懸念される2020年以降を見据えた取り組みである。これまでは市場環境の好況もあって、各社とも新築設備工事に注力する傾向があったが、まだまだ続く再開発工事案件に関しては収益性の低下が見込まれるため、選別受注と保守・リニューアル工事の受注に注力することによる収益性の確保が問われている。今後、バブル時期に建てられた建築物がリニューアル時期を迎えることなど、環境や省エネ技術を駆使した更新工事に関する需要への対応が、各社とも重要になってくると考える。

2.注目トピック

人材確保+α、人材育成への注力と業務効率化に取組む

空調衛生設備業においては、職人不足が常態化している上に仕事量が急激に増加したため、職人・専門の下請工事業者などの確保という課題が、解決の糸口が見えない状態となっている。

実際に人手不足による受注の見送りや先送り等、人手不足に関するコメントがほぼ全ての企業から得られており、各社とも打開策を模索している。多くの空調衛生設備工事事業者が、自社内における施工管理者の確保及び技術者等の管理、人材の育成に注力している。また、専属の協力工事会社数を増やすために、優秀な協力会社への優遇制度の設置や社内の研修会への参加を促すなどの取り組みを行っているが、本質的な人手不足の解消には至っていないのが実情である。
新たな取り組みとしては、現場人員の業務から事務作業を切り離し、事務職員が現場事務を行う分業の実施など、現場人員の身体的負荷の軽減を図る動きもある。

オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!

【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】
  • 注目トピックの追加情報 ※1
  • 調査結果詳細の追加情報
  •  東京五輪後も一定の需要を見込むが収益性は不透明
    以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

    調査要綱

    1.調査期間: 2019年8月~10月
    2.調査対象: 国内の主要な空調衛生設備工事事業者75社
    3.調査方法: 郵送によるアンケート調査、ならびに当社専門研究員による直接面接調査併用

    <本調査について>

    設備(電気、空調、衛生等)工事のうち、主に空調設備工事及び衛生設備工事を請け負う事業者を対象とし、法人アンケート調査を実施した。回答企業75社の空調衛生設備工事の売上高には、空気調和設備工事、排水衛生設備工事、環境衛生設備工事、消火設備工事、特殊管設備工事が含まれる。本調査では、国内の主要な空調衛生設備工事事業者75社の2014~2018年度の工事売上高推移を集計するとともに、受注動向や資材仕入、事業の注力ポイントなどを調査し、空調衛生設備工事業の動向を明らかにした。

    <市場に含まれる商品・サービス>

    空調設備工事、衛生設備工事など

    出典資料について

    資料名
    発刊日
    2019年10月30日
    体裁
    A4 473ページ
    定価
    130,000円(税別)

    お問い合わせ先

    部署
    マーケティング本部 広報チーム
    住所
    〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
    電話番号
    03-5371-6912
    メールアドレス
    press@yano.co.jp
    ©2020 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
      本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
      報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
      利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。