プレスリリース
No.2613
2020/12/25
産業用センサー(環境センシング関連)に関する調査を実施(2020年)

2024年の産業用センサー(環境センシング関連)世界市場規模を1兆4,540億円と予測
〜高い成長を示す磁気センサーは、高精度化要請に対応して様々な新型製品が登場~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、産業用センサー(環境センシング関連)世界市場を調査し、種類別や参入企業各社の動向、将来展望などを明らかにした。

産業用センサー(環境センシング関連)世界市場規模予測
産業用センサー(環境センシング関連)世界市場規模予測

1.市場概況

近年、環境問題への取り組み活発化やIoT技術の進展、産業機器の高性能化などの流れの中で、環境センシングに対する注目度は高まり、産業用センサーの需要が拡大しつつある。本調査は主に各種環境を計測する産業用センサーの中から6種類のセンサーを対象とした。2020年の産業用センサー(環境センシング関連)世界市場規模を、メーカー出荷金額ベースで前年比92.3%の1兆1,360億円と予測する。
6種類の構成比をみると、ガスセンサーが最も大きく、出荷金額(2020年)全体の約35%を占めている。次いで磁気センサーは約20%、以下UVセンサー、環境光・調光センサー、微粒子計測・PMセンサー、湿度センサーの順となっている。

2.注目トピック

車載用磁気センサの動向

近年、車載用センサーの搭載数が増加しており、リードスイッチを含めると2019年には大衆車クラスでも1台当たりの搭載数が平均75個前後(ブラシレスDCモーター用ホール式センサーは除外)に達したものと推計する。そのうち、50%以上が磁気センサーとみなされるが、これにブラシレスDCモーター用の磁気センサーを含めると、1台当たりの磁気センサーの搭載数は60個以上に達する。
車載用磁気センサーのタイプ別内訳はホール式センサーの比率が高く、金額ベースでも全体の59.2%(約610億円)を占めている。以下、MR式センサーが同26.2%(約270億円)、リードスイッチが同10.7%(約110億円)、フラックスゲート式センサーが同3.9%(約40億円)となっている。

​今後はMR式センサーのシェアが漸増する見通しだが、リードスイッチ以外はどのタイプでも非接触型で耐久性もあるため、電装化率が一段と進展する中で引き続き磁気センサーが重要な役割を果たすものとみられる。

3.将来展望

今後、環境意識が高まる中で環境センシングへの需要は拡大すること、IoT関連技術に加え、車載用や産業用機器の高性能化が実現することなどから、2024年の産業用センサー(環境センシング関連)世界市場規模を、メーカー出荷金額ベースで1兆4,540億円に達すると予測する。すでに1兆円を越える大きな市場であるが、2019年から2024年までのCAGR(年平均成長率)は3.4%になる見通しである。

種類別にみると、成長率が一番高い磁気センサーの2019年から2024年までの年平均成長率は5.6%に達する見通しである。ガスセンサー市場は、車載用や産業機械用の高精度化要請に対応して、さまざまな新型製品が登場する見込みで、2023年頃から新たなステージに移行すると思われる。
一方で、2019年から2024年までの年平均成長率が最も低いのはガスセンサーで、2.0%である。ただ、ガスセンサーは市場規模としては6市場中一番大きく、4,000億円を超えている。また、「2030年までに地球温暖化ガスを1990年比で40%削減する」目標を掲げた2016年のパリ協定の影響により、製造業全般でCO2監視ニーズが高まり、既にCO2センサーの需要は世界的に増大している。また、車載用センサーの分野でも排ガス規制が一段と強化される中で、環境汚染ガスの代表例とされる窒素酸化物(Nox)の排出量を低減する排ガス用酸素センサーやNoxセンサーの需要が増大して、大きな市場を形成するようになっている。

オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!

【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】
Aパターン
  • セグメント別の動向
  •  湿度センサー(湿度測定用製品)
     粒子計測・PMセンサー(粒子計測器)
  • 注目トピックの追加情報
  •  磁気センサーでは各種取り組みが活発でホットな領域に
  • 将来展望の追加情報

  • 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

    調査要綱

    1.調査期間: 2020年5月~11月
    2.調査対象: 産業用センサー(環境センシング関連)の生産・販売・取扱企業や技術研究機関
    3.調査方法: 当社専門研究員による直接面接取材、ならびに文献調査を併用

    <産業用センサー(環境センシング関連)市場とは>

    本調査における産業用センサー(環境センシング関連)市場とは、主に各種環境を計測する産業用センサーの中から、湿度センサー、ガスセンサー、微粒子計測・PMセンサー、環境光・調光センサー、UVセンサー、磁気センサーの6種類を対象とし、メーカー出荷金額ベースで算出した。

    <市場に含まれる商品・サービス>

    1.湿度センサー:組込用製品(湿度/温湿度センサー素子、湿度/温湿度センサーモジュール)、設置用・外付用・携帯用製品(湿度/温湿度計、湿度/温湿度変換機)、露点計(静電容量式、鏡面冷却式、塩化リチウム式、光学式)2.ガスセンサー:一般ガスセンサー(電気化学方式、半導体方式、NDIR方式、接触燃焼方式他)、車載用走行系ガスセンサー(ジルコニウム式酸素センサー、同Noxセンサー)3.微粒子計測・PMセンサー:パーティクルカウンター、PMセンサー(組込用)・粉塵計 ・ダストモニター、粒度分布測定装置(レーザー回析・散乱方式、画像解析方式、動的光散乱方式他)4.環境光・調光センサー:LCD制御用センサー、照明制御(調光)センサー、車載用環境光・調光センサー 5.UVセンサー(組込ユニット+筐体入検出器・測定器):ガラス管系素子、半導体系素子 6.磁気センサー(センサー素子、センサーIC、センサーモジュールレベル):ホール式センサー、MR式センサー、その他(リードスイッチ、MI式とフラックスゲート式)

    出典資料について

    資料名
    発刊日
    2020年11月27日
    体裁
    A4 193ページ
    定価
    150,000円(税別)

    お問い合わせ先

    部署
    マーケティング本部 広報チーム
    住所
    〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
    電話番号
    03-5371-6912
    メールアドレス
    press@yano.co.jp
    ©2020 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
      本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
      報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
      利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。