2020年版 産業用センサー市場の現状と展望 ~環境センシングを中心に~

産業用センサーとして、環境問題への取り組みの活発化やIoT技術の進展、産業活動の高度化などの流れの中で環境センシングへの注目度が高まっている。国内では2050年までにカーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量ゼロ)を達成するとの新たな政府目標が打ち出されていることに呼応する領域であることや、After COVID-19における成長市場としての着眼がその背景にある。
このようなことから産業用センサー領域でも環境センシングにフォーカスを当て、これに関する製品や技術研究的な取り組みを進めている企業などに対し、現在動向と今後の事業施策などを調査することで、当該領域を概観し、今後の展望をすることを目的とする。

発刊日
2020/11/27
体裁
A4 / 193頁
資料コード
C62117900
PDFサイズ
6.1MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:産業用センサーとして下記5 区分に関する製品や技術研究的な取り組みを進めている企業などに対し、現在動向と今後の事業施策などを調査することで、当該領域を概観し、今後の展望をすることを目的とする。
調査対象区分:湿度測定用製品(湿度センサー)、ガスセンサー、粒子計測器(パーティクルカウンター、PM センサー・粉塵計、粒度分布測定装置、IAQ センサー/IAQ モニター、HVAC 用センサー)、環境光・調光センサー、磁気センサー
対象企業:上記対象品目を生産販売、または取り扱う企業、関連技術研究機関
調査方法:直接面談取材による
調査期間:2020年5月~2020年11月
※月刊誌「Yano E plus」(2020年6月号~2020年11月号)での関連特集をベースに編集、市場数値なども抜粋

調査結果サマリー
Close

産業用センサー(環境センシング関連)に関する調査を実施(2020年)
2024年の産業用センサー(環境センシング関連)世界市場規模を1兆4,540億円と予測
~高い成長を示す磁気センサーは、高精度化要請に対応して様々な新型製品が登場~

資料ポイント
Close

「ここ、そこ、あそこ」の大号令、始まる

  • 湿度センサー:IoTや農業関連の引き合いも急増中
  • ガスセンサー:屋内外の空気質への注目度が高まり産業~民生分野で需要増大
  • 微粒子計測・PMセンサー:製造環境と製品の清浄化要求は一段と高まる
  • 環境光・調光・UVセンサー:省エネニーズや健康意識の高まりとともに伸長
  • 磁気センサー:車載用や産機用の高精度化要請に対応し様々な新製品が登場
  • 前回版との違い:環境センシングへの注目度が高まっていることを受け、各種環境センサーの中で産業用に適したタイプを取り上げている

資料概要
Close

第1章 湿度センサー
第2章 ガスセンサー
第3章 微粒子計測・PMセンサー
第4章 環境光・調光・UVセンサー
第5章 磁気センサー
第6章 特別企画/ニオイセンサー

リサーチ内容

調査結果のポイント

1.市場動向
  【図・表.産業用センサー(環境センシング関連)の
  WW市場規模推移と予測(金額:2019-2024年予測)】
2.関連プレーヤーの取り組み
3.注目動向

第1章 湿度センサー

産機や民生機器の高性能化、品質管理の高度化で需要が拡大
IoTや農業関連の引合いも急増中で、コロナ後の成長市場へ

1.はじめに
  1-1.相対湿度と絶対湿度
    【図.温度(気温)による飽和水蒸気量(g/立方メートル)の変化】
  1-2.湿度センサー・湿度計測機器の種類と特徴
    (1) 乾湿球式と機械式
    (2) 電気式湿度センサー
    ①電気抵抗変化型
    ②静電容量変化型
    (3) 各種の露点計
2.湿度センサー・湿度測定機器市場の動向
  2-1.総市場規模と地域別シェア
    【図・表.湿度測定用製品のWW総市場規模推移・予測
    (金額:2019-2024年予測)】
    【図.湿度測定用製品のWW地域シェア(金額:2019年)】
  2-2.カテゴリー別内訳と主な利用分野
    【図.湿度測定用製品のWWカテゴリー別シェア(金額:2019年)】
    【図.湿度測定用製品のWW利用分野別シェア(金額:2019年)】
3.湿度センサー・湿度計測関連企業の取り組み
  3-1.抵抗変化型製品の注目企業
    (1) TDK株式会社
    【図.TDKの抵抗変化型湿度センサの構造と製品事例(CHS-MSS)】
    (2) 神栄テクノロジー株式会社
    【図.車載用温湿度検出ユニット(左)と温湿度変換器の事例
    (THT-Bシリーズ)】
    (3) 北陸電気工業株式会社
    【図.北陸電気工業の湿度センサ関連製品の製品例】
  3-2.静電容量型湿度センサ関連分野の注目企業
    (1) Delta OHM Srl / 株式会社サカキコーポレーション
    【図.Delta OHMの温湿度計測器・トランスミッタの製品例】
    (2) Sensirion AG / センシリオン株式会社
    【図.Sensirion(左・中)とアルプスアルパイン(右)の
    湿度センサーの事例】
    (3) Visala Oyj / ヴァイサラ株式会社
    【図.Visalaの静電容量型湿度センサの構造と製品例】
    (4) センサテック株式会社
    【図.湿度センサと温湿度センサの製品例
    (左:RHS / 中・右:RHT-30)】
    (5) トウプラスエンジニアリング株式会社
    【図.トウプラスエンジニアリングの湿度変換器の基本形状
    (TA50Bの事例)】
    【図.トウプラスエンジニアリングの湿度関連製品の事例】

第2章 ガスセンサー

屋内外の空気質への注目度が高まり産業~民生分野で需要が増大、車載の排ガス用センサーも市場規模が拡大

1.はじめに
  1-1.ガスセンサーの注目方式
    (1) ガスセンサーは化学量センサーの代表
    【表.ガスセンサーの対象ガスと適応検知方式】
    (2) 主要検知方式の特徴と利点
    ①電気化学方式
    (a)ガルバニ電池式と定電位電解式
    【図.ガルバニ電池式の構造と製品例(鉛フリー酸素センサー)】
    (b)ジルコニア式(ジルコニア固体電解質式)
    【図.自動車排気ガス用ジルコニア式酸素センサーの構造】
    ②半導体方式
    【図.半導体式ガスセンサーの構造と製品事例(右)】
    ③NDIR方式(非分散型赤外線式)
    【図.NDIR方式ガスセンサーの構造と製品例】
    ④接触燃焼方式とPID(光イオン化)方式
2.ガスセンサー関連市場の動向
  2-1.総市場規模の推移と予測
    【図・表.ガスセンサーの区分別WW市場規模推移・予測
    (金額:2019-2024年予測)】
    【図.ガスセンサーWW市場の区分大別
    (金額:2019年、一般/車載用走行系)】
  2-2.検知方式別・ガス種別・利用分野別市場動向
    【図.一般ガスセンサーWW市場の検知方式別シェア
    (金額:2019年)】
    【図.一般ガスセンサーWW市場のガス種別シェア
    (金額:2019年)】
    【図.一般ガスセンサーWW市場の利用分野別シェア
    (金額:2019年)】
3.ガスセンサー関連企業の取り組み
  3-1.産業用~民生用ガスセンサーの注目企業
    (1) City Technologies Ltd / ハネウェルグループ
    【図.City Technologyの新製品
    (酸素センサ:左、住宅用COセンサ:右)】
    (2) NISSHAエフアイエス株式会社
    【図.NISSHAエフアイエスの新型ガス測定・検知機器の事例】
    (3) 株式会社ネモト・センサエンジニアリング
    【図.接触燃焼式ガスセンサー(左・中)と
    携帯型CO検知警報器(右)】
    (4)フィガロ技研株式会社
    【図.MEMS型半導体式ガスセンサ(左・中)と
    電気化学式COセンサ(右)】
  3-2.車載用ジルコニア式ガスセンサー関連企業
    (1) 日本ガイシ株式会社
    【図.車載用高精度NOxセンサーのZrO2素子(左)とその製品例】
    【図.自動車排ガス用「尿素SCR」システムの基本構造】
    (2) 日本特殊陶業株式会社
    【図.全領域空燃比センサの改良型製品とその消費電力(右)】

第3章 微粒子計測・PMセンサー

製造環境と製品の清浄要求が一段と高まり、着実に需要が拡大
今後はガス検知が主体のIAQセンサーへの搭載も増加

1.はじめに
  1-1.「浮遊微粒子」とクリーンルーム
    【図.様々な粒子のサイズ】
    【表.クリーンルームの空気清浄度規格(ISO:2015年改訂)】
  1-2.粒子計測機器の注目方式
    (1)パーティクルカウンター
    【図.パーティクルカウンターの製品例】
    ①散乱方式
    【図.光散乱方式の構造と粒子数・粒径を示す電圧信号】
    ②光遮蔽方式
    【図.光散乱方式と光遮蔽方式の測定領域】
    ③核凝縮方式(CPC)
    (2)PMセンサー・粉塵計
    ①PMセンサー(埃センサー)
    【図.機器組み込み用PMセンサー(埃センサー)の製品事例】
    ②粉塵計
    【図.光散乱式粉塵計の構造と製品例】
    (3)粒度分布測定装置
    【図.レーザー回析・散乱方式の原理(左)と
    そのロングセラー製品(右)】
  1-3.「粒子」と「粒子状物質」
    (1)浮遊粒子状物質の危険性
    【図.PM2.5、SPMの大きさと人体への影響】
    (2)PM2.5用センサーが増加する
    【図.PM2.5の発生要因と大気中の粒子状物質の粒径分布例】
  1-4.粒子状物質用計測機器・センサーの動向
    (1)屋外自動計測用製品の市場概況
    【図.粒子状物質・粉塵の屋外用連続計測器(製品例)】
    (2)屋内用計測機器・センサーの概要
    【図.PMセンサーの構造と新製品(左・中)、
    室内空気環境測定器の事例】
    【図.ダストモニタの原理と製品例・集塵機への応用例】
2.微粒子計測器連市場の動向
  2-1.総市場規模の推移と予測
    【図・表.粒子計測器の種類別WW市場規模推移・予測
    (金額:2019-2024年予測)】
    【図.粒子計測機器WW市場の種類別シェア(金額:2019年)】
    【図.PMセンサー・粉塵計・ダストモニターWW市場の区分別シェア
    (金額:2019年)】
    【図.粒度分布測定装置WW市場の方式別シェア(金額:2019年) 】
  2-2.パーティクルカウンターの市場動向
    (1)パーティクルカンターのタイプ別内訳
    【図.パーティクルカウンターWW市場の方式別シェア
    (金額:2019年)】
    【図.パーティクルカウンターWW市場の機能別シェア
    (金額:2019年)】
    【図.パーティクルカウンターWW市場の形態別シェア
    (金額:2019年)】
    (2)パーティクルカンターの主要用途と利用業界
    【図.パーティクルカウンターWW市場の主要用途別シェア
    (金額:2019年)】
    【図.パーティクルカウンターWW市場の利用分野別シェア
    (金額:2019年)】
  2-3.IAQ関連計測器・センサーの市場動向
    【図.IAQモニタリング関連製品(複合型)の事例】
    【図・表.室内空気質・空気環境用計測器・
    センサーのWW市場規模推移・予測(金額:2019-2024年)】
    【図.室内空気質・空気環境用計測器・
    センサーWW市場の区分別シェア(金額:2019年)】
  2-4.空気清浄機用PMセンサー市場の見通し
    【図・表.空気清浄機向けPMセンサーのWW市場規模推移・予測
    (数量:2019-2024年)】
    【図.PMセンサーWW市場の需要先別シェア(金額:2019年)】
3.粒子計測機器の注目企業の取り組み
  3-1.パーティクルカウンター関連企業
    (1) Beckman Coulter,Inc. / ベックマン・コールター株式会社
    【図.ベックマン・コールターの粒子計測関連製品の事例】
    (2) Particle Measuring Systems,Inc./ PMS日本支社
    【図.PMSの主要パーティクルカウンター
    (気中用:左・中/液中用:右)】
    (3) TSI, Inc. / ニッタ株式会社
    【図.TSIのパーティクルカウンターの製品例】
    (4) リオン株式会社
    【図.リオンのパーティクルカウンターの製品例】
    【図.リオンの高粘度試料用微粒子測定システム】
  3-2.PMセンサー(埃センサー)・粉塵計関連企業
    (1) オムロン株式会社
    【図.オムロンの空気清浄機用ダストセンサ(左:構造図)】
    【図.オムロンのパーティクルセンサ
    (ZN-PD-S:左・中、ZN-PD:右)】
    (2) 日本カノマックス株式会社
    【図.日本カノマックスの粉塵計の製品例と構造例(右)】
    【図.日本カノマックスの先端的粒子計測製品の事例】

第4章 環境光・調光・UVセンサー

省エネニーズや健康意識が一段と高まる中で、LCD制御用環境光センサーや
照明制御用調光センサー、UVセンサーの伸長が続く

1.はじめに
  1-1.各種光学センサーの市場概況
    【図.光学センサーWW市場の種類別シェア(金額:2019年)】
  1-2.環境光センサーの注目機能
    【図.スマホに搭載された環境光センサーの事例】
  1-3.照明制御用(調光)センサーの注目機能
    (1)照明制御の需要が増大する
    【図.通常の照明手法(全般照明:左)と
     タスク・アンビエント照明(右)】
    (2)照明制御・調光用センサーの動向
    【図.焦電型人感センサーの構造例(左)とその機能イメージ(右)】
    【図.紫外線センサーの製品例】
    【図.DUV-LEDの殺菌効果(99.9殺菌時の所要時間)と量産品例】
2.環境光・調光・UVセンサーの市場動向
  2-1.LCD制御用と照明制御用センサーの市場規模
    【図・表.環境光・調光センサーのWW種類別市場規模推移・予測
    (金額:2019-2014年)】
    【図.環境光・調光センサーWW市場の種類別シェア
    (金額:2019年)】
    (1)LCD制御用センサー市場の内訳
    【図.LCD制御用センサーWW市場の用途大別(金額:2019年)】
    【図.LCD制御用センサーWW市場のタイプ別シェア
    (金額:2019年)】
    【図.モバイル端末用センサーWW市場/コンボ・単独大別
    (数量:2019年)】
    (2)照明制御用(調光)センサー市場の内訳
    【図.照明制御(調光)用センサーWW市場のタイプ別シェア
    (金額:2019年)】
    【図.照明制御(調光)用センサーWW市場の利用分野別シェア
    (金額:2019年)】
  2-2.UV(紫外線)センサーの市場動向
    【図・表.UVセンサーのタイプ別WW市場規模推移・予測
    (金額:2019-2024年予測)】
    【図.UVセンサーWW市場の分野別シェア(金額:2019年)】
    【図.半導体系UVセンサーWW市場のタイプ別シェア
    (金額:2019年)】
3.環境光・調光センサー関連注目企業の動向
  (1) ams AG / amsジャパン株式会社
    【図.amsの光センサ/モジュールの製品例(製品イメージを含む)】
    【図.最小コンボセンサ(ALS+近接)と
    それを搭載した狭ベゼル端末】
  (2)パナソニック株式会社
    【図.病室向けサーカディアン照明と照度・色温度の調整パターン】
    【図.PiPit調光シリーズ(左・中)とWiLIA無線調光シリーズ(右)】
    【図.照明制御用センサーの製品事例
    (焦電型素子:左、複合型:中・右)】
  (3)株式会社レイオス / Helvar Ltd.
    【図.Helvar社製品によるHCLシステムの構成例】
    【図.Hevar社のHCL用センサーの製品例】

第5章 磁気センサー

車載用や産機用の高精度化要請に対応して様々な新型製品が登場する
ホットな市場で、2023年頃から新たなステージへ移行する

1.はじめに
  1-1.磁気センサーの種類と特性
    (1)多数の環境磁場が存在する
    【図.環境中の磁場の発生要因とその強度(単位:T、G)】
    (2)磁場には貴重な情報がある
    ①第1世代磁気センサー
    a)電磁誘導式コイル(サーチコイル)
    b)複合磁性ワイヤ型磁気センサー
    c)リードスイッチ
    【図.リードスイッチの構造と製品例】
    ②第2世代磁気センサー
    a)ホール式センサー
    【図.ホール素子の利用例(BLDH:左、手振れ補正機構:右)】
    b)磁気抵抗(MR)式AMRセンサー
    ③第3世代磁気センサー
    a)磁気抵抗(MR)式GMRセンサー
    【図.AMR素子、GMR素子、TMR素子の構造と電流の方向】
    b)磁気抵抗(MR)式TMRセンサー
    【表.AMR素子、GMR素子、TMR素子に磁気センサの特性比較】
    c)磁気インピーダンス(MI)式センサー
    【図.主要磁気センサーの感度域】
    d)GSRセンサー
    ④その他の磁気センサー
    a)フラックスゲート式センサー
    b)スキッド(SQUID)センサー
2.磁気センサー市場の現状と見通し
  2-1.総市場規模の推移・予測
    【図.主要磁気センサーの種類別WW市場規模(金額:2019年)】
    【図・表.主要磁気センサーの種類別WW市場規模推移・予測
    (金額:2019-2024年予測)】
    【図.主要磁気センサーWW市場の利用分野別シェア
    (金額:2019年)】
  2-2.磁気センサーのタイプ別市場概況
    (1)ホール式センサーの市場動向
    【図.ホール式センサーWW市場の主要用途別シェア
    (金額:2019年)】
    (2)MR(磁気抵抗)式センサーの市場動向
    【図.MR式センサーWW市場のタイプ別シェア(金額:2019年)】
    (3)TMR素子とHDD /MRAMの動向
    (4)その他の磁気センサーの市場動向
    ①リードスイッチ市場
    【図.パワーリードスイッチの構造】
    ②MI式 /フラックスゲート式センサー市場
  2-3.車載用磁気センサーの市場動向
    【図.車載用磁気センサーWW市場のタイプ別シェア
    (金額:2019年)】
3.磁気センサー関連企業と新型製品
  3-1.ホール素子・MR素子の注目企業
    (1) TDK株式会社
    【図.TDKグループの磁気センサー
    (ホール式:左・中 / TMR系:右)】
    【図.TMR電流センサの新製品「CUR423x」の構造(左)と
    外観(右)】
    【図.TDKと東京大学が開発中の超高感度常温MRアレイセンサ】
    (2) 旭化成エレクトロニクス株式会社
    【表.旭化成エレクトロニクスのホール素子材料の種類と特性】
    【図.世界最小級のBLDC用ラッチ型ホールICとその応用分野(右)】
    【図.コアレス電流センサーICのパッケージ構造の比較】
  3-2.新型磁気センサー開発と関連企業
    【表.新型磁気センサー関連の注目企業とその取り組み-1】
    【表.新型磁気センサー関連の注目企業とその取り組み-2】
    (1)ホールセンサー/MRセンサー関連
    ①Allegro MicroSystems Inc.
    ②Crocus Technology International Corp.
    ③エイブリック株式会社
    【図.BLDC用ホールICの検知方式の比較】
    (2)その他の新型磁気センサー関連
    ①マグネデザイン株式会社
    【図.GSR素子(左・中)とGSRLセンサー(素子+ASIC)の
    試作例(右)】
    ②愛知製鋼株式会社/ ローム株式会社
    【図.MIセンサの「高性能度」とモジュール製品】
    【図.磁場検出型電流センサーの従来型(左・中)と
    MI型(左)の比較】
    【図.自動運転支援「磁気マーカーシステム」の主要デバイス】

第6章 特別企画/ニオイセンサー

食品、薬物、火薬などのニオイの検知に加え、癌など各種の病気診断にも
役立てられる可能性あり

1. 五感における嗅覚の特殊性とニオイセンサーの難しさ
2. ニオイセンサーによるデータ化のインパクト
3. ニオイセンサーの主な動作原理
  3-1. 半導体式
  3-2. 水晶振動子式
  3-3. 電界効果トランジスター(FET)バイオセンサー
  3-4. 膜型【表面応力センサー(MSS)
4. ニオイセンサーの用途
  4-1. 医療・ヘルスケア
  4-2. セキュリティー
  4-3. 農業・食品
  4-4. コミュニケーション
5. ニオイセンサーの市場規模予測
    【図・表.ニオイセンサーの国内およびWW市場規模推移と予測
    (金額:2018-2023年予測)】
    【図・表.ニオイセンサーの用途別WW市場規模推移と予測
    (金額:2018-2023年予測)】
6. ニオイセンサーに関連する企業・研究機関の取組動向
  6-1. 株式会社カルモア
    (1)ニオイセンサー「POLFA」
    【図.ニオイセンサー「POLFA」の外観】
    【図.ニオイセンサー「POLFA」の測定原理】
    (2)定点式ニオイ観測システム「LIMOS」
    【図.定点式ニオイ観測システム「LIMOS」のシステム構成イメージ】
  6-2. 国立大学法人九州大学
    (1)抗原抗体反応を利用した【表面プラズモン共鳴(SPR)センサー
    【図.超高感度ニオイセンサーの開発コンセプトの模式図】
    【図.抗体抗原反応を組み合わせたSPRセンサーの原理図】
    (2) Chemosensitive Resistor(ケモレジ)型人工嗅覚システム
    【図.GC材料を使用した受容膜の
    電気抵抗変化検出用ケモレジ・デバイス】
    【図.ニオイセンサー出力パターンの機械学習処理プロセス】
  6-3. 第一精工株式会社
    【図.第一精工株式会社が開発したニオイセンサーの外観と構造】
    【図.noseStick型のニオイセンサーの外観と構造】
  6-4. 国立大学法人東京医科歯科大学
    (1)バイオ蛍光式ガスセンサー
    【図.バイオ蛍光法を用いたアセトンガス検出システムの構成】
    (2)皮膚ガスの濃度分布を可視化する探嗅カメラ
    【図.探嗅カメラ関連画像】
  6-5. 国立大学法人東京工業大学
    (1)昆虫嗅覚受容体と画像認識を用いたニオイの
     バイオセンシングシステム
    【図.ニオイセンサー細胞の原理を示した模式図】
    【図.ニオイ識別の原理】
    【図.画像データ処理のフロー】
    (2)単原子金属を用いた電気化学ニオイセンサー
  6-6. 国立大学法人東京大学
    【図.細胞表面に存在する嗅覚受容体】
    【図.膜タンパク質による化学物質検知の仕組み】
    【図.蚊の受容体を用いた匂いセンサーを搭載した移動ロボット】
  6-7. 国立大学法人東京農工大学
    【図.マウス嗅覚受容体の細胞膜局在性スクリーニング試験の概要と
    タンパク質構造安定性との関係】
    【図.コンセンサス嗅覚受容体の構築の概要】
  6-8. 国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)
    【図.MSSの構造と特長】
    【図.MSSの動作原理を示した模式図】
7. ニオイセンサーの将来展望

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。