2020 IoT/M2Mマーケット ~「遠隔/リモート」をキーワードに、withコロナ時代におけるDXを牽引するIoT~

IoT/M2Mビジネスに関して、主要事業者からの情報収集及び文献調査などをもとに、当該マーケットの現状、ビジネス構造、テクノロジー情報(5G/LPWA/WiFiなどのネットワーク、AI、VR/AR、センサーネットワークなど)、主要ベンダーの取り組み、ユースケース事例などを明らかにする。さらに、収集情報をベースとしたカテゴリー別のIoT/M2M需要の現況並びに、2024年を目処とした中期需要予測を行う。

発刊日
2020/12/25
体裁
A4 / 278頁
資料コード
C62119200
PDFサイズ
9.8MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

198,000
180,000
18,000
198,000
180,000
18,000
231,000
210,000
21,000
396,000
360,000
36,000
429,000
390,000
39,000
594,000
540,000
54,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象
・エネルギー関連(エネルギー設備監視、HEMS、BEMS、テレメトリング/自動検針、太陽光発電施設・風力発電施設管理など)
・物流・流通関連(トラッキング、車両運行管理、アセット位置情報、決済関連、店舗管理、デジタルサイネージ、デジタルマーケティングなど)
・設備・機器監視(製造・工場、重機・建機、エレベータ、自販機、MFPなど)
・自動車(コネクテッドカー:セルラー通信用のモジュールを装備した自動車、ネットワーク型デジタコ、車両運行管理、カーシェアリング関連など)
・その他(ヘルスケア・健康管理、農業・畜産、インフラ監視・防災、自動車関連、セキュリティ/見守り、環境計測、ペット監視、プロパティマネジメントなど)
調査対象エリア:日本(主体)、北米・中南米、欧州・ロシア、アジア(東アジア/東南アジアなど)、オセアニアなど
調査方法:国内主要事業者への面談調査を中心に、電話調査、アンケート調査、文献調査(主に海外事業者)などを併用している。
調査期間:2020年9月~2020年12月

調査結果サマリー
Close

IoT/M2M市場に関する調査を実施(2020年)
2019年度の国内M2M市場は前年度比4.5%増の2,100億円
~2019年度第4四半期は新型コロナウイルスの影響があったが、通年では依然として拡大基調を維持、2020年度は伸びが鈍化し、前年度比1.0%増にとどまる見込~

資料ポイント
Close

  • コロナ禍におけるIoT/M2Mマーケットの現状と中期展望、5G型IoTのポテンシャルを探る。
  • セルラー系主体から、LPWA系/WiFi系など様々なIoTネットワークが登場、用途別の普及状況を探る。
  • ローカル5G、DX(デジタルトランスフォーメーション)、現場作業支援ソリューションなどの注目テーマを考察。
  • 有力ベンダーのIoTビジネスの実態と事業戦略、コロナ禍における対応などを明らかに。
  • 前回版との違い:IoTネットワークに関して、「セルラー系、LPWA、WiFi系(WiFi6、Wi‐SUNなど)、RFID」など、多様なネットワークの特徴とポテンシャル、今後の用途見通しなどに関して考察を加える。

資料概要
Close

第Ⅰ章 総論編
第Ⅱ章 各論編
第Ⅲ章 企業個票編

リサーチ内容

調査結果のポイント

1.市場動向
 (1)IoT/M2Mマーケットの分類
  (図表1) M2M/ IoTの差異点
  (図表2) 市場分析での基準
 (2)レイヤー別の主要プレイヤー
  (図表3) レイヤー別の主なプレイヤー
2.市場規模予測
 (1)M2M市場規模予測(国内M2M売上ベース)
  (図表4) 国内M2M市場規模推移(M2M売上ベース:2016~2024年度予測)
 (2)IoT市場規模推移(IoT売上ベース)
  (図表5) 国内IoT市場規模推移(IoT売上ベース:2017~2024年度予測)
3.カテゴリー別の動向
 (1)カテゴリー別のM2M市場動向(2016~2024年度予測)
  (図表6) カテゴリー別の M2M市場規模推移(国内累計回線数)
 (2)M2M市場でのカテゴリー別の動向
  (図表7)M2M市場でのカテゴリー別の動向

第Ⅰ章 総論編

Ⅰ.IoT/M2Mマーケット概況
1.マーケット概況
 (1)IoTとM2M
  (図表8) M2M/ IoTの差異点
  (図表9)市場分析での基準
 (2)レイヤー別の主要プレイヤー
  (図表10)レイヤー別の主なプレイヤー
 (3)IoTと5G(5G型IoTの可能性)
  ①自動車
  ②物流/倉庫
  ③建設
  ④製造
  ⑤医療(遠隔医療/医療機器)
  ⑥教育/学校
  ⑦社会インフラ
  ⑧防犯・セキュリティ
  ⑨スマートシティ
 (4)IoTネットワークの考察
  ①ローカル5G
  (図表11) ローカル5Gの分野別の適用見通し
  ②LPWA
  (図表12) 分類別のLPWAタイプ
  ③WiFi HaLow(IEEE.802.11ax)
  (図表13) WiFi HaLow(IEEE.802.11ah)の概要
  ④Wi-SUN
  (図表14) 電力会社のスマートメータ導入計画
  ⑤MBS(Metropolitan Beacon System)
2.M2M市場規模
 (1)国内M2M市場規模推移(M2M売上げベース)
  (図表15) 国内M2M市場規模推移(M2M売上ベース:2016~2024年度予測)
 (2)国内M2M市場規模推移(累計M2M回線数ベース)
  (図表16) 国内M2M市場規模推移(累計M2M回線数ベース:2016~2024年度予測)
 (3)世界M2M市場規模推移(M2M売上ベース)
  (図表17) 世界M2M市場規模推移(M2M関連売上ベース2016~2024年度予測)
 (4)世界M2M市場規模推移(累計M2M回線数ベース)
  (図表18) 世界M2M市場規模推移(累計M2M回線数ベース:2016年~2024年度予測)
3.M2M市場の内訳
 (1)国内M2M市場の内訳(2019年度)
  (図表19) 国内M2M市場の内訳(2019年度)
 (2)世界M2M市場の内訳(2019年度)
  (図表20) 海外のM2M/ IoT関連プラットフォーム事業者
  (図表21) 世界M2M市場の内訳(2019年度)
4.分野別の国内M2M市場動向及び市場規模推移(2017~2024年度)
 (1)自動車関連
 (2)エネルギー関連
 (3)社会インフラ関連
  <道路>
  <河川>
  <ダム>
  <水関連(上下水道、浄水場など)>
  <防災関連>
  <インフラマネジメント>
 (4)設備・危機監視/工場関連
 (5)物流関連
 (6)流通関連
 (7)健康・ヘルスケア
 (8)介護
 (9)見守り
  (図表22) カテゴリー別のM2M市場規模推移(国内累計回線数)
  (図表23) カテゴリー別の構成比推移(%)
5.IoT市場動向
 (1)IoT市場規模推移
  (図表24)国内 IoT市場規模推移(IoT売上ベース:2017~2024年度予測)
  (図表25) 国内 IoT市場の内訳(2019年度)
 (2)5G型IoTの市場動向
  (図表26) 5G型IoT市場規模推移予測(2020~2025年度予測)
 (3)期待される5G型IoTソリューション
  (図表27) 今後期待される5G型IoTソリューション
 (4)5G型IoTの実装に向けての考察
6.注目動向 ~IoTとローカル5G~
 (1)ローカル5Gの可能性
  (図表28) 従来型IoTからローカル5G型IoTへの流れ
 (2)ローカル5G市場規模推移(2020~2025年度予測)
  (図表29) ローカル5G市場規模推移(2020~2025年度予測)
 (3)分野別のローカル5G市場規模予測(2020~2025年度予測)
  (図表30) 分野別のローカル5G市場規模推移(2020~2025年度予測)

Ⅱ.IoTビジネスの現況評価と展望
1.IoTビジネスの現況評価と展望
 (1)IoTの現況評価
  (図表31) 見える化によるメリット
  (図表32) IoT&データ活用により実現する社会イメージ
 (2)IoTビジネスの中期展望
  (図表33) IoTビジネスに影響する社会&技術動向
  (図表34) IoTが生み出す価値イメージ
 (3)IoTの利活用状況と普及イメージ
  (図表35) IoT関連技術/分野別のIoT普及イメージ
2.IoT関連での注目動向
 (1)社会インフラITソリューション
  (図表36) 社会インフラ向けITソリューション需要の背景要因
  ①社会インフラ向けITソリューション活用に関する考察
  (図表37) 社会インフラ向けITソリューションの活用効果
  (図表38) 社会インフラ向けITソリューションで生み出す価値
  ②社会インフラ向けITソリューション市場規模の推定
  (図表39) 社会インフラIT市場におけるITソリューション比率予測
  ③社会インフラIT市場規模(参考情報)
  (図表40) 社会インフラIT市場規模推移(2016年~2024年度予測)
 (2)デジタルトランスフォーメーション(DX)
  ①デジタルトランスフォーメーション(DX)の現状
  ②DXの展望と課題
  <展望>
  <課題>
  ③分野別のDXへの取り組み状況
  <製造業>
  <サービス業>
  <流通業>
  <金融業>
 (3)デジタルマーケティング(DMP/MA/CRM/SFA)
  ①市場概要
  ②デジタルマーケティングツールの中におけるDMP/MA/CRM
  (図表41) DMP/MA/CRMの位置づけ
  ③DMP市場概要
  ④MA市場概要
  ⑤CRM/SFA市場概況
  ⑥有力ベンダー動向
  (図表42) 有力ベンダー一覧
  ⑦デジタルマーケティングビジネスの展望
  <DMP市場>
  <MA市場>
  <CRM市場>
  ⑧デジタルマーケティングビジネスでの課題
  <DMP市場>
  <MA市場>
  <CRM市場>
 (4)フィールドワーク支援ソリューション(現場作業支援サービス)
  ①フィールドワーク支援ソリューションとは
  (図表43) フィールドワーク支援ソリューションでの要素技術/ターゲット
  ②提供するソリューションイメージ
  <入力作業のデジタル化>
  <作業手順の提示/マニュアル>
  <遠隔作業支援/遠隔サポート>
  <安心・安全サポート>
  <遠隔健康管理/ヘルスケアモニタリング>
  <ドライバーの健康管理>
  <位置情報を元にした作業効率化>
  <ビジュアルツールを使った業務効率化>
  <ロボットによる作業支援(協働ロボットなど)>
  <コミュニケーションロボット/業務用サービスロボット>
  <ドローンソリューション>
  <研修/トレーニング>
  ③分野別動向
  (図表44) フィールドワーク支援ソリューションの分野別動向
  ④活用するデバイス/ツール
  <タブレット>
  <スマートウォッチ>
  <スマートバンド>
  <HMD/スマートグラス>
  <ストレッチャブルデバイス(衣料型)>
  <産業用ドローン>
  <通信モジュール>
  ⑤デバイス/ツール別の期待度
  (図表45)ターゲット分野別のデバイス/ツール別の期待度
  ⑥フィールドワーク支援ソリューション市場規模推移(システムベース)
  (図表46) フィールドワーク支援ソリューション市場規模推移(システムベース)
3.主要ベンダーのIoT/M2Mビジネス動向
 (1)IoT/M2M事業の位置づけ
  (図表47) IoT/M2M事業の位置づけ
 (2)IoT/M2Mビジネスの展開状況
  (図表48) IoT/M2Mビジネスの展開状況
 (3)IoT/M2Mビジネスでのターゲット
  (図表49) IoT/M2Mビジネスでのターゲット
 (4)IoT/M2Mビジネスでの事業目標
  (図表50) IoT/M2Mビジネスでの事業目標
 (5)海外事業者動向
  (図表51) 主要海外事業者のビジネス動向
4.分野別のM2M /IoT活用事例
 (1)流通/サービス/イベント
  (図表52) 流通/サービス/イベント関連でのM2M /IoT活用事例
 (2)社会インフラ
  (図表53) 社会インフラ関連でのM2M /IoT活用事例
 (3)運輸/物流・倉庫
  (図表54) 運輸/物流・倉庫関連でのM2M /IoT活用事例
 (4)製造
  (図表55) 製造関連でのM2M /IoT活用事例
 (5)建設・不動産・建物
  (図表56) 建設・不動産・建物関連でのM2M /IoT活用事例
 (6)見守り・セキュリティ/安全・安心/防犯
  (図表57) 見守り・セキュリティ/安全・安心/防犯関連でのM2M /IoT活用事例
 (7)農業・畜産
  (図表58) 農業・畜産関連でのM2M /IoT活用事例
 (8)ヘルスケア/医療
  (図表59) ヘルスケア/医療分野でのM2M /IoT活用事例

第Ⅱ章 各論編

~カテゴリー別の動向~
1.エネルギー関連
 (1)市場規模推移(国内累計M2M回線数ベース)
  (図表60) エネルギー関連でのM2M市場規模推移(2016年~2024年度予測)
 (2)市場動向
 (3)今後の見通し、課題
2.流通/運輸・物流関連
 (1)市場規模推移(国内累計回線数ベース)
  (図表61)運輸/物流関連でのM2M市場規模推移(2016年~2024年度予測)
 (2)市場動向
  ・倉庫/物流とIoT
  ・物流でのIoT活用
  ・倉庫でのIoT活用
 (3)今後の見通し、課題
  ・自動発注におけるIoT活用(データを背景とした自動発注)
  ・店舗でのIoT活用
3.設備・機器監視
 (1)市場規模推移(国内累計回線数ベース)
  (図表62) 設備・機器監視分野でのM2M市場規模推移(2016年~2024年度予測)
 (2)市場動向
  ・品質管理でのIT活用
 (3)今後の見通し、課題
4.自動車関連
 (1)市場規模推移(国内累計回線数ベース)
  (図表63) 自動車関連でのM2M市場規模推移(2016~2024年度予測)
 (2)市場動向
  ・コネクテッドカー動向(車両側にセルラー通信モジュールを装備した自動車)
  ・配車管理(自動配車管理システム)
  ・車両運行管理システム
  ・道路情報管理システム
 (3)今後の見通し、課題
  ・自動車関連で見込まれるM2M /IoTアプリケーション
  (図表64) 自動車関連でのM2M/IoTアプリケーション
5.その他分野
 (1)市場規模推移(国内累計回線数ベース)
  (図表65)その他分野でのM2M市場規模推移(2016~2024年度予測)
 (2)分野別の動向
  ①ヘルスケア・健康管理
  (図表66) 厳しい作業環境のある現場
  ・ウェアラブル機器を活用したヘルスケアモニタリング(IoTモニタリング)
  ②農業・畜産・水産
  ・農業におけるIoT/M2M活用
  ・畜産におけるIoT/M2M活用
  ・漁業でのIoT/M2M活用
  ・陸上養殖
  ・植物工場でのIoT/M2M活用
  ・「ドローン×IoT/M2M」の可能性
  ③インフラ監視(維持管理用途)
  ・交通インフラ(道路、鉄道)
  ・防災関連でのIoT
  ・ドローンやロボット等による情報収集/危険個所監視
  ・デジタル社会でのインフラマネジメント
  ④見守り・セキュリティ
  ・高齢者向け見守り
  ・見守りサービスでのIoT活用
  ・産業向けセキュリティ・防犯
  ⑤オフィス機器(MFP・複写機など)
  ⑥プロパティマネジメント/建物ヘルスモニタリング
  ⑦ペット関連
  ⑧環境計測
  ・防災

第Ⅲ章 企業個票編

<国内企業>
(株)インターネットイニシアティブ
(株)NTTドコモ
エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ(株)
沖電気工業(株)
京セラコミュニケーションシステム(株)
(株)ソラコム
東芝デジタルソリューションズ(株)
日本システムウエア(株)
日本電気(株)
日本ユニシス(株)/ユニアデックス(株)
パナソニック ソリューションテクノロジー(株)
(株)日立製作所
富士通(株)
三井物産エレクトロニクス(株)

<海外企業>
Cisco(米国)
Digi International(米国)
Ericsson(スウェーデン)
IBM(米国)
Microsoft Corporation(米国)
PTC(Parametric Technology Corporation:米国)
Telefonica,S.A.(スペイン)
Telenorグループ(ノルウェー)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

198,000
180,000
18,000
198,000
180,000
18,000
231,000
210,000
21,000
396,000
360,000
36,000
429,000
390,000
39,000
594,000
540,000
54,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。