2018年版 産業用センサー市場の現状と展望

近年、製造業においてはスマートファクトリーへの関心が追い風となって産業用ロボットや各種工作機械、その他のFA機器の高度化が一段と加速されつつある。例えば産業用ロボットの場合、センサー系と駆動系、知能・制御系の3分野が中核技術となるが、センサー系では自身の内部状態を把握するための「内界センサー」として関節角度位置センサーや姿勢制御センサーなどが組み込まれるほか、外部の状況を把握するために距離・PSD・力角などの「外界センサー」が使われている。これらセンサーの多くを1冊にまとめレポートした。

発刊日
2018/11/29
体裁
A4 / 299頁
資料コード
C60120200
PDFサイズ
24.7MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象
内界関連市場(回転変位センサー、慣性センサー、歪みセンサー、振動計測関連、温度計測関連)
外界関連市場(超音波センサー、光学式センサー、圧力・力覚・触覚センサー、FA・PAセンサー)
調査方法:直接面接取材を基本に、電話、メール等による取材、周辺調査を実施した。
調査期間:2017年7月~2018年8月

資料ポイント
Close

  • 対象市場
    内界関連市場:回転変位センサー、慣性センサー、歪みセンサー、振動計測関連、温度センサー関連
    外界関連市場:超音波センサー、光学式センサー関連(光電センサー・レーザー変位センサー/光学式三次元測定機(3Dスキャナー)/産業用LiDAR)、圧力・力覚・触覚センサー、IoTセンサー関連
  • 今後5年間の成長率が最も高いのは「産業用・車載用LiDAR」で、最も低いのは「金属抵抗式歪みゲージ」
  • 市場規模が一番大きいのは「超音波センサー」で、非破壊検査関連製品が特に注目される

資料概要
Close

第1章 内界関連市場
第2章 外界関連市場

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1章 内界関連市場

Ⅰ.回転変位センサー市場
 1.はじめに
  1-1.回転変位センサーの種類
  表.変位センサー(直線変位/回転変位)の種類
  1-2.主な回転変位センサーの特徴
  (1)ポテンショメーター
  図.接触式ポテンショメーターの構造(導電性樹脂型の製品事例)
  (2)非接触式角度センサー
  表.ポテンショメーター/非接触式角度センサーの利用分野
  (3)ロータリーエンコーダー
  図.ロータリーエンコーダーの構造(光学式インクリメンタル形)
 2.回転変位センサーの市場動向
  2-1.接触式・非接触式角度センサーの現状と見通し
  (1)国内の市場規模推移・予測
  図.国内のポテンショメーター関連市場の内訳(2017年)
  図.産業用ポテンショメーター関連国内市場の推移・予測(金額:2016-2021年予測)
  (2)利用分野とタイプ別動向
  図.産業用・業務用角度センサーの国内利用分野(金額:2017年)
  2-2.ロータリーエンコーダーの現状と見通し
  (1)総需要と外販市場
  図.ロータリーエンコーダーの総需に占めるサーボモーター用の比率(数量:2017年)
  図.ACサーボ用ロータリーエンコーダーの内製品比率(数量:2017年)
  図.ロータリーエンコーダーの総需に占める外販品比率(数量:2017年)
  (2)外販市場の構造
  図.ロータリーエンコーダーの外販品市場の構造(数量:2017年)
  図.ロータリーエンコーダーの外販品市場の構造(金額:2017年)
  表.ロータリーエンコーダー参入企業(日系/欧米系)
  (3)「中~高価格品」の市場規模と利用分野
  図.外販用ロータリーエンコーダーの市場規模推移・予測(金額:2017-2022年予測)
  図.「中~高価格帯」ロータリーエンコーダーの利用分野(2017年)
 3.注目企業の最新動向
  3-1.TURCK(ターク)Group
  3-2.ハイデンハイン株式会社
  3-3.ボーンズ株式会社(Bourns Inc.)
  図.Bournsの回転変位センサー(製品事例)
  3-4.日本電産コパル株式会社
  図.ジョイスティックエンコーダー CJ25の機能
  3-5.宝商株式会社
  図.ハネウェルの非接触型ホール効果ポテンショメーター
  3-6.株式会社緑測器
  図.緑測器の「Orange Pot」の製品事例
  図.緑測器のロータリーエンコーダー(製品事例)
Ⅱ.慣性センサー市場
 1.はじめに
  1-1.慣性センサーの特長
  図.MEMS加速度センサーの事例(左:超小型品 / 右:高精細度品)
  (1)加速度センサー
  (2)ジャイロセンサー(角速度センサー)
  図.光学式ジャイロセンサー(製品事例)
  (3)IMU(慣性計測ユニット)
  (4)傾斜センサー
 2.慣性センサー市場の最新動向
  2-1.慣性センサーの総市場規模・予測
  図.慣性センサーの総WW市場規模推移・予測(金額:2017-2021年予測)
  図.慣性センサーの種類別WW市場規模(金額:2017年)
  図.慣性センサー市場におけるMEMS製品のWW市場シェア(金額:2017年)
  2-2.加速度センサー市場の概況
  図.加速度センサーのWW市場規模推移・予測(金額:2017-2022年予測)
  図.加速度センサー市場におけるMEMSのWW市場比率(金額:2017年)
  2-3.ジャイロセンサー市場の概況
  図.ジャイロセンサーのWW市場規模推移・予測(金額:2017-2022年予測)
  図.ジャイロセンサーの種類別WW市場規模(金額:2017年)
  2-4.IMU(慣性計測ユニット)市場の概況
  図.IMUのWW総市場規模推移・予測(金額:2017-2022年予測)
  図.IMUにおけるMEMS製品のWW市場シェア(金額:2017年)
  図.慣性センサーの国内市場規模推移・予測(金額:2017-2022年度予測)
  図.国内慣性センサー市場の内訳(金額:2017年)
  表.非民生用慣性センサーの主要企業
 3.注目企業の最新動向
  3-1.STマイクロエレクトロニクス株式会社
  図.モバイルフォン向け6軸センサーのシェア構成(2016年)
  表.産業機器用MEMSセンサーの主要製品(STマイクロエレクトロニクス)
  3-2.株式会社グローバル・ファイバオプティックス
  図.光ファイバージャイロ(FOG)の基本構成
  3-3.株式会社ケーメックス
  図.FRABA / POSITAL製TILTIX傾斜計(製品事例)
  3-4.コーンズテクノロジー株式会社
  図.Sensonor製小型MEMSセンサーモジュール
  図.Sickの傾斜センサー(TSM88の事例)
  3-5.ジック株式会社 / ジックグループ
  図.Sickの傾斜センサー(TSM88の事例)
  3-6.日本航空電子工業株式会社
  図.MEMSセンサーを使用した新型IMU(JIMS-80)
Ⅲ.歪みセンサー関連市場
 1.はじめに
  1-1.歪みと応力測定の役割
  図.歪みゲージによる強度試験・残留応力測定の事例
  1-2.歪みセンサーの種類と特徴
  (1)電気抵抗方式
  a.金属抵抗式歪みゲージ
  図.金属箔型歪みゲージの構造(左)とブリッジ回路の基本構成(右)
  b.半導体歪みゲージ
  c.その他の抵抗式製品
  図.CNT歪みセンサーのナノ構造変化と歪み(伸縮)による抵抗変化
  (2)光ファイバー方式
  図.光ファイバー方式の製品事例(左)/ 同ファイバーと歪みゲージ(右)
  (3)圧電方式
  図.圧電式歪みセンサー(左)と静電容量式歪みセンサーの構造(右)
  (4)静電容量方式
  1-3.歪みゲージ式変換器の特徴
  図.歪みゲージ式変換器の圧力センサー(構造図:左 / 製品事例:右)
 2.歪みセンサー関連市場の最近の動向
  2-1.金属抵抗式歪みゲージの市場予測
  図.金属抵抗式歪みゲージの市場規模推移・予測(数量:2017-2022年予測)
  図.金属抵抗式歪みゲージの市場規模推移・予測(金額:2017-2022年予測)
  2-2.歪み測定用端末の市場構成
  図.金属抵抗式歪みゲージの国内需要分野大別(金額:2017年)
  図.歪み計測用センサー端末の国内内訳(金額:2017年)
  2-3.歪みゲージ式変換器関連市場の動向
  図.歪み計測関連総市場の国内内訳(金額:2017年)
  図.歪みゲージ式変換器の種類別売上構成(金額:2017年)
  図.歪みゲージ式変換器とその競合製品の市場規模(金額:2017年)
 3.注目企業・研究機関の最新動向
  3-1.株式会社共和電業
  図.共和電業のひずみゲージの製品事例
  図.共和電業のひずみゲージ式センサ/変換器の製品事例
  3-2.トルーソルテック株式会社
  図.高感度半導体歪みセンサ(左:Pn2層構造/右:PST-01)
  3-3.株式会社富士テクニカルリサーチ
  表.FBI-Gaugeの主な利点と計測事案
  表.自動車業界におけるFBI-Gaugeシステムの主要事例
  3-4.株式会社東陽テクニカ
  図.Magtrol社の歪みゲージ関連製品(事例)
  3-5.バンドー化学株式会社
  図.伸縮性ひずみセンサ C-STRETCHRの構造
  図.伸縮状態のC-STRETCHR(ひずみセンサ)
  3-6.国立大学法人静岡大学工学部 井上研究室/ヤマハ株式会社
  図.CNTアレイから引き出されるCNTウェブ(連続構造体)
  図.CNT伸縮性ひずみセンサとその応用事例
Ⅳ.振動計測関連市場
 1.はじめに
  1-1.振動の変位・速度・加速度とそのセンサー
  (1)接触型と非接触型
  表.振動計測用センサーの種類と主な用途
  表.振動変位量・速度・加速度の異常と主要原因
  (2)振動計測用センサーのタイプ別の特徴
  a.圧電式加速度センサー
  図.圧電式加速度センサーの構造別の主要タイプ
  b.渦電流式変位センサー
  図.渦電流式センサーの作動原理】
  c.動電式速度センサー
  d.静電容量式変位センサー
  e.サーボ式加速度センサー
  図.サーボ式(左)と歪みゲージ式(右)加速度センサーの基本構造
  f.歪みゲージ式加速度センサー(変換器)
  g.光学式振動計
  1-2.振動計測と機械設備の状態監視
  表.予防保全・事後保全の種類と手法
  表.プラント設備のトラブル要因(左)と機械振動・騒音のトラブル対策事例(右)
 2.振動計測関連市場の最新動向
  2-1.グローバル市場と国内市場の概況
  図.振動計測関連製品・サービスのWW / 国内市場の推移(金額:2017-2022年予測)
  2-2.国内の利用分野別市場規模
  (1)振動計測総市場の内訳
  図.振動計測関連国内市場の利用分野別シェア(金額:2017年)
  (2)機械設備状態監視市場の内訳
  図.機械設備の状態監視関連国内市場の内訳(金額:2017年)
  (3)研究開発 / FA関連市場の内訳
  図.製品開発試験・学術研究用振動計測国内市場の内訳(金額:2017年)
  図.FA系仕掛品・製品検査用振動計測国内市場の内訳(金額:2017年)
  (4)地震計・地震対策製品・その他の分野
  図.地震計その他の分野の方式別国内構成比(金額:2017年)
 3.注目企業・機関の最新動向
  3-1.機械設備振動監視・振動診断関連
  (1)新川電機株式会社
  図.新川電機 /「FKシリーズ」のシステム構成
  図.新川電機のトランスデューサーと状態監視モニターの製品事例
   (2)カナガワ電子技研株式会社
  図.新タイプの多チャネル同時加速度計測システム(MODEL-1100USB)
   (3)一般社団法人 日本機械学会
  図.機械状態監視診断技術者(振動)の資格取得者の累積数の推移(数量:2006-2016年度)
  .機械状態監視診断技術者(振動)の資格認証試験申請者の所属分野
  3-2.各種振動センサー関連
  (1)JFE商事エレクトロニクス株式会社
  図.ウエハーセンスAVSの対象装置(中)と代表的事例(右)
  (2)株式会社ジーデバイス
  図.導電ボール接点式のSMD形超小型振動センサー
  (3)パシコ貿易株式会社
  図.GoespaceTechnologiesの動電式振動センサー(製品事例)
  (4)株式会社小野測器
  図.リアルタイム音響振動解析システム「ESUFEEL」(中)の使用例
  図.小野測器の振動コンパレータ
  (5)電子技研工業株式会社
  図.回転体レーザードップラー振動計による計測(イメージ図)
  図.レーザードップラー振動計V100(左)とHDDの振動計測事例(右)
Ⅴ.温度センサー関連市場
 1.はじめに
  1-1.接触式と非接触式計測の特徴
  表.代表的な接触式・非接触式温度センサー/温度計測機器の特徴
  1-2.接触式温度センサーの種類別の特徴
  (1) 熱電対(サーモカップル)
  図.熱電対の素線(上)と絶縁管付熱電線(下)(右側が測温接点)
  (2) 測温抵抗体
  図.白金測音抵抗体のガラス芯体型素子の構造
  (3) サーミスタ
  図.ガラス封止型NTCサーミスタの製品事例
  (4) 光ファーバー温度センサー
  1-3.赤外線センサーの種類と特徴
  (1) 熱型赤外線センサー
  a.サーモパイル(熱電堆)
  b.マイクロボロメーター
  表.赤外線センサーの種類と特徴
  c.焦電型センサー
  (2)量子型赤外線センサー
 2.温度センサー関連市場の最新動向
  2-1.グローバル市場の概況
  (1)非接触式センサーのシェアが拡大
  図.温度センサーの世界市場の売上規模推移・予測(金額:2017-2022年予測)
  (2)タイプ別の市場規模
  図.接触式温度センサーの種類別WW市場売上比率(金額:2017年)
  図.赤外線センサーの種類別のWW市場売上比率(金額:2017年)
  2-2.国内市場の現状と見通し
  (1)総市場規模推移・予測
  図.温度センサーの国内市場の売上規模推移・予測(金額:2017-2022年予測)
  (2) 各種センサーの市場動向
  図.接触式温度センサーの種類別の国内市場売上規模(金額:2017年)
  図.赤外線センサーの種類別国内市場売上規模(金額:2017年)
  図.赤外線カメラと放射温度計の国内市場規模(金額:2017年)
 3.注目企業の最新動向
  3-1.接触式温度センサー関連
  (1)SEMITEC株式会社
  図.SEMITECのサーミスタ(素子)とサーミスタセンサ(製品事例)
  図.SEMITECの赤外線センサ
  (2)林電工株式会社
  図.各種測温抵抗体素子:ガラス芯体(左)、セラミック封入(中)、薄膜(右)
  表.測温抵抗体素子のタイプ別の特徴
  図.林電工の工業用測温抵抗体(製品事例)
  (3)ワッティー株式会社
  図.ワッティーのワイヤレス温度センサ Pt1000ΩB級 相当
  (4)宝商株式会社
  図.「フェンオール」ブランドのサーミスタ(製品事例)
  3-2.非接触式温度センサ関連
  (1)株式会社チノー
  表.チノーグループの事業分野別売上構成(2016年度・連結)
  (2)日本アビオニクス株式会社
  図.日本アビオニクス / 赤外線カメラのポータブルモデル(事例)
  図.日本アビオニクス / 赤外線カメラの特殊計測用・監視用モデルの事例

第2章 外界関連市場

Ⅰ.超音波センサー関連市場
 1.はじめに
  1-1.超音波センサーは3媒質全てで利用可能
  表.固有音響インピーダンスと伝播速度の事例
  表.超音波応用製品の種類
  1-2.単素子型とアレイ型センサー
  表.超音波センサーの種類と特徴
  図.受信器によるフェイズド・アレイ方式と小型アレイセンサの試作例
  1-3.超音波センサーの利用形態
  表.超音波センシングの主要製品
  (1)水中超音波関連製品
  (2)超音波診断関連製品
  (3)非破壊検査関連製品
  表.非破壊検査関連企業の売上高の内訳(JSNDIの実態調査より)
  (4)空中超音波関連製品
  a.FA / PA用超音波センサー
  表.超音波センサーと光電センサーの特徴の比較
  b.超音波計測機器
  図.超音波せき式流量計と超音波レベル計の利用例
  c.車載用超音波センサー
  d.屋内/屋外超音波センシング
  表.屋内/屋外超音波センシングの主要事例
 2.超音波センサー関連市場の最新新動向
  2-1.グローバル市場の概況
  図.超音波センサー関連製品のWW市場規模推移・予測(金額:2017-2022年予測)】
  図.超音波関連製品WW市場の内訳(金額:2017年)
  図.「水中超音波関連製品」に占める軍事・防衛系のWW市場比率(金額:2017年)
  図.「空中超音波関連製品」のWW市場内訳(金額:2017年)
  2-2.アレイセンサー搭載製品のシェア(WW市場)
  図.超音波センサー応用製品に占めるアレイセンサー搭載品の比率(金額:2017年(WW))
 3.国内の超音波センサー関連市場の動向
  3-1.総市場規模の推移・予測
  図.超音波センサー応用製品の国内市場規模推移・予測(金額:2017-2022年予測)
  3-2.利用分野別の市場動向
  図.超音波センサー応用製品国内市場の内訳(金額:2017年)
  (1)超音波診断装置関連市場
  (2)水中超音波用製品市場
  (3)超音波探傷器市場
  (4)空中超音波用製品連市場
  図.国内の空中超音波製品市場の内訳(金額:2017年)
  a.FA / PA用超音波センサー市場
  b.超音波計測機器市場
  c.車載用超音波センサー市場
  表.各種車載用センサーの特徴比較
  d.屋内/屋外超音波センシング市場
 4.注目企業・機関の最新動向
  4-1.単素子系空中超音波センサー/計測器関連
  (1)オーミック電子株式会社
  図.オーミック電子/屋外用OMシリーズの製品事例
  (2)超音波工業株式会社
  図.超音波レベル計(分離型:左/2線伝送式:中)と超音波濃度計(右)
  (3)日本セラミック株式会社
  表.日本セラミックのセンサ製品の概要
  (4)林栄精器株式会社
  図.Baumer社の超音波センサ(製品事例)
  4-2.フェイズド・アレイ式空中超音波センサ関連
  (1)株式会社プロアシスト
  (2)地方独立行政法人大阪産業技術研究所(ORIST)
  図.PZT薄膜型超音波センサ(単素子)のダイヤフラム構造の事例
Ⅱ.光学式センサー関連市場1/光電センサー、レーザー変位センサー
 1.はじめに
  1-1.光電センサーの注目特性
  (1)非接触で高速検出が可能
  (2)アンプ内蔵の反射型センサーが多い
  表.光電センサーの主な検出方式とその特徴
  表.光電センサーの検出方式による特徴の比較
  表.光電センサーのユニット構成の種類と特徴
  1-2.レーザー変位センサーの注目特性
  (1)汎用性が高いレーザー式を多用
  表.各種の変位センサ/変位計の特徴の比較
  (2)CMOS搭載品が増えて普及が加速
  図.レーザー変位センサーの拡散反射方式(左)と正反射方式(右)
  (3)判別変位型と高精度計測型が伸長
  図.レーザー変位センサーの利用事例(イメージ)
 2.光電センサーとレーザー変位センサーの市場動向
  2-1.WW総市場規模の推移・予測
  図.光電センサーとレーザー変位センサーのWW市場規模推移(金額:2017-2022年予測)
  図.光電センサーとレーザー変位センサーのWW市場売上比率(金額:2017年)
  2-2.光電センサーの国内市場の動向
  図.光電センサーの国内の市場規模推移・予測(数量・金額:2017-2022年予測)
  図.ファイバー形光電センサーの国内市場構成比(金額:2017年)
  2-3.レーザー変位センサーの国内市場の動向
  図.レーザー変位センサーの国内の市場規模推移・予測(数量・金額:2017-2022年予測)
  図.判別変位センサーの国内市場構成比(金額:2017年)
 3.注目企業の最新動向
  3-1.アズビル株式会社
  図.アンプ内蔵形光電スイッチ「HP7シリーズ」とその事例
  3-2.オプテックス・エフエー株式会社
  図.レーザ変位センサ「CDXシリーズ」のリニアリティと使用例
  3-3.オムロン株式会社
  図.IO-Link対応センサーの接続例(左)とIO-Linkの通信機能(右)
  3-4.三菱電機株式会社 / 株式会社エニイワイヤ
  表.「iQSS」のパートナーメーカーと利用可能なセンサ
Ⅲ.光学式センサー関連市場2/光学式三次元測定機(3Dスキャナー)
 1.はじめに
  1-1.産業用三次元測定機の特徴
  (1)光学式三次元測定機の注目方式
  表.三次元測定機の代表的な測定方式
  a.光切断方式は細いスリット光を使う
  b.パターン投影カメラ方式は需要が拡大
  図.パターン投影カメラ方式の製品事例
  c.TOF方式は建築業界でも導入が進む
  図.エリアスキャナーの事例(直接TOF式:左/中、位相差式:右)
  d.フライングドット方式や光コム方式も伸長
  (2)三次元測定機の外観・形状の注目点
  a.据置型三次元測定機
  図.据置型CMMの外観(左:門型系、右:直交型系)
  b.可搬型三次元測定機
  (ⅰ)多関節アーム型
  図.多関節アーム型三次元測定機の外観と使用例
  (ⅱ)その他のタイプ
  表.三次元測定機の主要方式の特性比較
 2.光学式三次元測定機の市場動向
  2-1.グローバル市場規模の推移・予測
  図.産業用三次元測定機の総WW市場規模推移・予測(金額:2017-2022年予測)
  図.三次元測定機市場に占める光学式製品WW市場比率(金額:2017年)
  図.光学式三次元測定機に占めるアクティブ型WW市場比率(金額:2017年)
  2-2.三次元測定機の国内市場の概況
  図.アクティブ型の光学式三次元測定機の国内市場規模推移・予測
  図.三次元測定機の国内市場における非接触製品の比率(金額:2017年)
  図.アクティブ型光学式三次元計測機国内市場の内訳(金額:2017年)
  図.アクティブ型光学式三次元計測機国内市場の内訳(数量:2017年)
 3.注目企業・機関の最新動向
  3-1.光学式三次元計測機関連企業
  (1)ファロージャパン株式会社
  図.ファローの多関節アーム型製品「QuantamS」の利用例
  (2)ヘキサゴン・メトロジー株式会社
  図.ヘキサゴン・メトロジーの三次元計測機(製品事例)
  (3)レボックス株式会社
  図.レボックス社の3D自動検査装置(自社開発品)
  図.Automation Technology社製3Dセンサー(C5-CSシリーズ)
  (4)東京貿易テクノシステム株式会社
  図.ベクトロンのハイエンド製品と非接触式プローブ(ApiScan)
  図.東京貿易テクノシステムの自動計測ソリューションの製品事例
  (5)株式会社光コム
  図.光コムレーザーの周波数特性と光コム発生モジュール
  図.光コムの三次元形状測定システム(製品事例)
  3-2.その他の注目企業・機関
  (1)レニショー株式会社
  図.レニショーの三次元測定機用プローブ(接触式)の事例
  (2)一般社団法人 三次元スキャンテクノロジー協会
Ⅳ.光学式センサー関連市場3/産業用3DLiDAR
 1.はじめに
  1-1.大型LiDARの登場と産業用と車載用の展開
  (1)LiDARは大気汚染観測から始まった
  図.国立環境研究所が開発した大気汚染観測用LiDARの事例
  (2)産業用LiDARの進展と車載用LiDAR
  a.産業用2DLiDAR
  図.産業用2DLiDARの用途(事例)
  b.測量機器用LiDAR
  c.産業用3DLiDAR
  図.踏切障害物検知用3Dレーザーレーダシステムの機能(イメージ)
  d.車載用LiDAR
  1-2.産業用/車載用LiDARの注目方式
  (1)LiDARはTOF方式の製品が多い
  図.TOF方式の原理(直接TOF)
  (2)車載用では非走査型が注目されている
  a.機械的走査型
  b.MEMS型
  c.フェーズドアレイ型
  d.フラッシュ型
 2.産業用LiDARの最近の市場動向
  2-1.LiDARのグローバル市場の推移・予測
  図.産業用・車載用LiDARのWW市場規模推移・予測(金額:2017-2022年予測)
  図.産業用・車載用LiDARにおける2D型WW市場の比率(金額:2017年)
  図.産業用・車載用LiDARにおける産業用WW市場の比率(金額:2017年)
  2-2.国内のLiDAR市場の動向
  図.産業用・車載用LiDARの国内市場の推位・予測(金額:2017-2022年予測)
  図.産業用・車載用LiDARにおける2D型国内市場の比率(金額:2017年)
  図.産業用・車載用LiDARにおける産業用国内市場の比率(金額:2017年)
 3.注目企業の最新動向
  3-1.走査型LiDAR関連
  (1)株式会社IHI
  図.IHIの「三次元レーザレーダ」の主要製品
  (2)株式会社光響
  図.レーザードローンとバックパック型LiDAR
  (3)日本信号株式会社
  (4)北陽電機株式会社
  図.北陽電機の測域センサ(製品事例)
  3-2.非走査型・SS型LiDAR関連
  (1)コーンズテクノロジー株式会社
  図.レダーテックのソリッドステート型LiDAR
  (2)株式会社清原光学
  図.レーザー干渉計用ビームエキスパンダーの事例
  (3)株式会社東陽テクニカ
  図.ゼノマティクス社の「XENOTRACK」
  (4)株式会社日立LGデータストレージ
  図.日立LGデータストレージの3D LiDAR
Ⅴ.圧力・力覚・触覚センサー市場
 1.はじめに
  1-1.圧力センサーの種類と注目点
  (1)機械式と電子式
  表.主な力学量センサーの特徴と利用分野
  (2)圧力の変動幅に注意する
  表.「静的圧力」と「動的圧力」の特徴と適応センサー
  (3)圧力センサーの注目方式
  a.ピエゾ抵抗方式
  b.薄膜抵抗方式
  c.静電容量方式
  表.圧力センサーの主要方式とその特徴
  d.シリコン振動方式
  e.圧電方式
  f.金属抵抗式歪みゲージ変換器方式
  1-2.力覚・触覚センサーの特徴と最近の動向
  (1)力覚センサーの注目特性
  図.静電容量式力覚センサーの構造(上)とダイヤフラムの変形(下)
  (2)力覚センサーの注目製品
  (3)触覚センサーの特徴と動向
  図.触覚センサーの注目用途(事例)
  ②触覚センサーの業界概況
  表.触覚センサー関連の注目企業の取り組み
 2.圧力・力覚・触覚センサー市場の最新動向
  2-1.圧力センサーのグローバル市場の概況
  図.圧力センサーのグローバル市場規模の推移・予測(金額:2017-2022年予測)
  図.圧力センサーの方式別のWW市場規模(金額:2017年)
  図.圧力センサーのWW市場利用分野(金額:2017年)
  2-2.国内の圧力センサー市場の動向
  図.圧力センサー国内の市場規模推移・予測(金額:2017-2022年予測)
  図.圧力センサーの国内市場利用分野の内訳(金額:2017年)
  2-3.圧覚・触覚センサー市場の最近の動向
  図.世界と国内の力覚・触覚センサーの市場規模推移・予測(金額:2017-2022年予測)
 3.注目企業の最新動向
  3-1.圧力センサー/圧力計関連企業
  (1)GEセンシング&インスペクション・テクノロジーズ株式会社
  図.GEグループの圧力センサ・圧力計の製品事例
  (2)株式会社東陽テクニカ
  図.PCBの圧電式センサ
  (3)日本キスラー株式会社
  図.圧電式センサの用途特化型製品の事例
  (4)日本ハネウェル株式会社
  図.日本ハネウェルの圧力センサ(製品事例)
  3-2.力覚・触覚センサ関連企業・機関
  (1)SEMITEC株式会社
  図.SEMITECの医療用触覚センサの測定原理
  (2)タッチエンス株式会社
  図.タッチエンスの柔軟触覚センサとMEMS型触覚センサ
  (3)株式会社ワコーテック
  図.ワコーテックの新世代力覚センサ(製品事例)
  (4)国立大学法人埼玉大学工学部・辻研究室
Ⅵ.IoTセンサー関連市場
 1.はじめに
  1-1.IoTとセンサーネットワーク
  (1)FAとPAのセンサーネットワークの違い
  表.FAとPAのセンサーネットの特徴
  (2)FA / PA用ネットワークの通信形態
  a.有線方式
  表.FA / PAの産業用ネットワークの特徴と主な通信規格
  b.無線方式
  図.WirelessHARTフィールド機器の製品事例
  1-2.新型IoTセンサーの取り組み
  1-3.無線センサーネットワークを支える注目技術
  図.リモートシステムの伝送部と出力部
 2.IoTセンサー・計測機器の市場動向
  2-1.グローバル市場の概況
  (1)総市場規模の推移と内訳
  図.センサーネット用計装系フィールド機器に占める無線式製品のWW市場比率(金額:2017年)
  図.センサーネット用計装系フィールド機器の市場規模推移・予測(金額:2017-2022年予測)
  (2)FA / PA市場と無線製品の動向
  図.センサーネット用計装系フィールド機器に占めるPA用製品のWW市場比率(金額:2017年)
  図.無線センサーネット用計装系フィールド機器に占めるPA用製品のWW市場比率(金額:2017年)
  図.無線センサーネット用計装系フィールド機器の通信規格別売上WW市場比率(金額:2017年)
  (3)計装機器の測定分野の動向
  図.FA/PAで使用するセンサー・測定機器の測定項目のWW市場概況(金額:2017年)
  2-2.国内のセンサーネットワーク市場の概況
 3.注目企業の取り組み
  3-1.IoTセンサーの最新動向
  (1)エレックス工業株式会社
  図.超小型IoTセンサーモジュール「μPRISM」
  (2)ケイエルブイ株式会社
  図.先端的なIoTデバイス(超小型近赤外線分光センサの事例)
  (3)株式会社フジクラ
  図.フジクラのエネルギーハーベスト型無線センサシステム
  (4)日本エマソン株式会社
  (5)日本精機株式会社
  図.日本精機のクラウド型遠隔監視システム「SMASH」
  3-2.IoTセンサー関連製品の注目動向
  (1)オプテックス株式会社
  図.IoT無線ユニット「ドライコンタクトコンバーター」とその機能
  (2)ビー・アンド・プラス株式会社
  図.ビー・アンド・プラスのリモートシステム

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。