2019 次世代モニタリングビジネスの現状と中期展望 ~レガシー型遠隔監視からIoTモニタリングへの移行実態~

製造・工場、建設、運輸・物流、インフラ・防災に関わる機器・設備の状態・稼働監視/環境監視の実態を探る。データ収集及び収集データ分析の現状と展望を明らかにする。

発刊日
2019/01/中旬
体裁
A4 / 約250頁
資料コード
C60117000
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

194,400
180,000
14,400
194,400
180,000
14,400
226,800
210,000
16,800
388,800
360,000
28,800
421,200
390,000
31,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

2018年11月9日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容
 

  • 従来型の遠隔監視:専用線やインターネットを使って機器や設備状態を監視する/遠隔地でモニタリングする仕組み
  • IoTモニタリング:クラウドやIoT、AIなどの各種ITテクノロジーを活用した遠隔監視の仕組み。データ収集及び収集データ分析による付加価値の創出に主眼
     
  (従来型の)遠隔監視 ITモニタリング
導入目的 ・監視・モニタリング(機器・設備、危険箇所など)
・見える化
・省人化/省力化
・意思決定サポート(現場)
・データ収集・記録(台帳作成など)
・データ分析(限定的)
※従来型遠隔監視での導入目的も包含
・データ分析(解析、他業務や経営判断への活用)
・意思決定サポート(経営)
・一層の低コスト化
・予測の可能性
・高い柔軟性・拡張性
課題 ・データ収集自体が目的で、データ解析フェーズには至っていない場合が多い
・独自仕様が少なくないため、システムの拡張性に課題
・部分最適型で全体最適には適さないケース多い
・故障予知などに対する懐疑的な見方がある
・日本で標準化が進むのか疑問
・従来型遠隔監視と比べて実績に乏しい(実績重視タイプのユーザにはハードルが高い印象)
利用技術 M2M/IoT(従来型) AI、IoT(次世代型)、クラウド、LTE(今後5G)、AR/VR、LPWA

 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

194,400
180,000
14,400
194,400
180,000
14,400
226,800
210,000
16,800
388,800
360,000
28,800
421,200
390,000
31,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。