2018 フィールドワーク支援ソリューション市場の実態と展望 -工場・建設・物流・医療など現場作業のスマート化による人材不足解消への挑戦-

フィールドワーク支援ソリューション(ITテクノロジーを使った現場作業支援サービス/関連製品など)に関して、当該ビジネスの現状把握、ビジネス構造、テクノロジー情報(スマートデバイス、5G、AI、VR/AR、LPWA、IoTなど)、主要ベンダーの取り組み、ユースケース事例などを明らかにした。さらに収集情報をベースとした、カテゴリー別のマーケットサイズ及び2022年を目処とした中期需要予測を行った。

発刊日
2018/08/31
体裁
A4 / 162頁
資料コード
C59121700
PDFサイズ
3.0MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

194,400
180,000
14,400
194,400
180,000
14,400
226,800
210,000
16,800
388,800
360,000
28,800
421,200
390,000
31,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象
・製造(現場作業支援、生産性向上、品質保証/研修・トレーニング、作業者の健康管理/ヘルスケアモニタリングなど)
・建設(現場作業支援、生産性向上、品質保証/研修・トレーニング、作業者の健康管理/ヘルスケアモニタリングなど)
・インフラ/防災(現場作業支援、作業者の健康管理/ヘルスケアモニタリングなど)
・運輸/倉庫・物流(ドライバー支援/健康管理、倉庫作業支援、品質保証/トレーサビリティ、生産性向上など)
・警備(現場作業支援、作業者の健康管理/ヘルスケアモニタリングなど)
・医療・介護/ヘルスケア(現場作業支援、作業者の健康管理、診療支援、介護支援など)
・ビル管理(現場作業支援、生産性向上、品質保証/研修・トレーニングなど)
・その他(農林水産、学校・教育、見守りなど)
調査方法:国内主要事業者への面談調査を中心に、電話調査、アンケート調査、文献調査を併用している。尚、調査対象エリアは日本とする(一部海外情報も含む)。
調査期間:2018年2月~2018年8月

調査結果サマリー
Close

フィールドワーク支援ソリューションシステム設置数を予測(2018年)
2017年度のフィールドワーク支援ソリューションシステム設置数は前年度比192.6%の4,970システム
~団塊世代が作業現場から去り、現場での人手不足がより顕在化する2020年度以降、システム設置数は急速に増加すると予測~

資料ポイント
Close

分野別/デバイス・機器別のマーケット分析を行い、今後本格化が見込まれる市場を定量的・定性的に展望する。

資料概要
Close

第Ⅰ章 総論編
第Ⅱ章 各論編~分野別動向~

リサーチ内容

調査結果のポイント

1.市場動向
 (1)フィールドワーク支援ソリューションとは
   ・フィールドワーク支援ソリューション(現場業務支援サービス)とは
 (2)フィールドワーク支援ソリューションの適用イメージ
   (図表1)フィールドワーク支援ソリューションでのターゲット
2.市場規模予測
 (1)フィールドワーク支援ソリューション市場規模推移(システムベース)
   (図表2)フィールドワーク支援ソリューション市場規模推移(システムベース)
 (2)フィールドワーク支援ソリューション市場規模推移(デバイス・機器ベース)
   (図表3)フィールドワーク支援ソリューション市場規模推移(デバイス・機器ベース)
3.カテゴリー別の動向
 (1)フィールドワーク支援ソリューション市場の内訳(分野別)
   (図表4)フィールドワーク支援ソリューション市場の内訳(分野別)
 (2)分野別動向
   (図表5)フィールドワーク支援ソリューションの分野別動向

第Ⅰ章 総論編

1.フィールドワーク支援ソリューションの概況
 (1)フィールドワーク支援ソリューションとは
   ・フィールドワーク支援ソリューション(現場業務支援サービス)とは
 (2)フィールドワーク支援ソリューションの適用イメージ
   (図表6)フィールドワーク支援ソリューションでのターゲット
   ・フィールドワーク支援ソリューションの活用範囲
   (図表7)フィールドワーク支援ソリューションの活用範囲
 (3)デバイス/ツール別の期待度
   (図表8)ターゲット分野別のデバイス/ツール別の期待度
   ・フィールドワーク支援ソリューションに適用されるIT技術
   (図表9)フィールドワーク支援ソリューションに適用されるIT技術
 (4)フィールドワーク支援ソリューションの現状評価
   ①フィールドワーク支援ソリューションに適用されるICT技術
   (図表10)フィールドワーク支援ソリューションの背景要因
   ②ポテンシャルの大きい分野
   ③フィールドワーク支援ソリューションの構造
   (図表11)フィールドワーク支援ソリューションの構造
 (5)注目分野の動向
   (図表12)期待される製造/建設向けソリューション
   ・セル生産方式での可能性
 (6)分野別のフィールドワーク支援ソリューション
   ①製造
   ②建設
   ③運輸/倉庫・物流
   ④インフラ/防災
   ⑤医療・介護/ヘルスケア
 (7)フィールドワーク支援ソリューション一覧
   (図表13)フィールドワーク支援ソリューション関連サービス一覧
2.フィールドワーク支援ソリューション市場規模
 (1)フィールドワーク支援ソリューション市場規模推移(システムベース)
   (図表14)フィールドワーク支援ソリューション市場規模推移(システムベース)
 (2)フィールドワーク支援ソリューション市場規模推移(デバイス・機器ベース)
   (図表15)フィールドワーク支援ソリューション市場規模推移(デバイス・機器ベース)
 (3)分野別のフィールドワーク支援ソリューション内訳
   (図表16)フィールドワーク支援ソリューションの内訳(分野別)
 (4)デバイス・機器別のフィールドワーク支援ソリューション内訳
   (図表17)フィールドワーク支援ソリューションの内訳(デバイス・機器別)
3.フィールドワーク支援ソリューションの現況と中期展望
 (1)利活用されるスマートデバイス
 (2)フィールドワーク支援ソリューションの本格化は2020年以降
 (3)フィールドワーク支援ソリューションの活用プロセス
 (4)「スマートデバイス×IoT×○○テクノロジー」で価値を創出
 (5)フィールドワーク支援ソリューションでの将来技術
4.フィールドワーク支援ソリューションの問題点・課題
   ・フィールドワーク支援ソリューションでの問題点・課題
5.フィールドワーク支援ソリューションのポテンシャル
 (1)製造での可能性
 (2)建設での可能性
 (3)運輸/倉庫・物流での可能性
 (4)インフラ/防災での可能性
 (5)医療・介護での可能性
 (6)ヘルスケアでの可能性
   ・健康管理/安全管理での可能性
   (図表18)厳しい作業環境のある現場
 (7)介護での作業支援ロボットの可能性
   ・パワーアシストスーツ(PAS)
 (8)農業・畜産での可能性
   ・ドローン活用の可能性
6.フィールドワーク支援ソリューション関連の技術動向
 (1)VA/AR
 (2)AI
 (3)5G
 (4)LPWA
7.テーマ研究
 (1)CRM(CrewResourceManagement)
   ・CRMの考え方
 (2)フィールドワーク支援における心理学的アプローチ
   (図表19)主要分野における心理学的アプローチの状況
 (3)主要事業者の取り組み
   ①ANAビジネスソリューション(株)
   ・ビジネス概要
   ・現場作業者向け研修トレーニングの概要
   ・心理的アプローチの状況
   ②(株)オージス総研(行動観察リフレーム本部)
   ・心理面に焦点を当てた業務支援ソリューション
   ・ビジネスの概要・特徴
   ・心理的アプローチの意義
   ③公益財団法人大原記念労働科学研究所
   ・ビジネス概要
   ・作業者向け研修・トレーニング
   ・心理学的アプローチの状況
   ④建設業労働災害防止協会(建災防)
   ・協会の概要
   ・メンタルヘルスと職場環境改善対策
   ・建災防方式健康KYの概要・特徴
   ・作業者向け研修・トレーニング
   ・心理学的アプローチの状況
   ⑤(有)日本ヒューマンファクター研究所(JIHF)
   ・事業概要
   ・現場作業者向け研修・トレーニング
   (図表20)現場作業者向け研修・トレーニングメニュー
   ・心理学的アプローチの状況

第Ⅱ章 各論編~分野別動向~

1.製造
 (1)現場作業支援
   (図表21)保安面でのメリット内容
   (図表22)収益面でのメリット内容
   ①スマホ/タブレットの活用
   (図表23)スマホ/タブレットを活用した事例
   ・富士通ITプロダクツ:作業ナビゲーションシステム
   ・武州工業:BIMMS on AWS
   ②スマートグラスの活用
   (図表24)MOVERIOパートナー企業/アプリケーション
   (図表25)スマートグラスを活用した事業推進事例
   ③HMD/VR・ARの活用
   (図表26)HMDを活用した事業推進事例
   (図表27)VR・AR×リアルハプティクス関連製品
   ・音声認識技術の活用
   (図表28)NECプラットホームズの音声対話支援システム
 (2)生産性向上
   ①RFID/ビーコン/GPSの活用
   (図表29)RFID/ビーコン/GPSを活用した事業推進事例
   ②ドローンの活用
   (図表30)石油化学プラントでのドローン活用事例
   ・ドローン活用サービス
   ③ロボットの活用
   (図表31)中小ベンチャーにおける協働ロボットの開発・導入事例
   (図表32)産業用ロボットメーカーの協調型ロボット
 (3)品質保証/トレーサビリティ
   ①カメラ/センサーの活用
   (図表33)トレーサビリティ/検品での作業支援事例
   ・東京商工会議所アンケート
 (4)作業者の健康管理
   (図表34)生体情報を用いた健康管理
   ①生体情報活用(ヘルスケアモニタリング)
   (図表35)生体情報を活用した作業者の健康管理事例
   ②アシストスーツ活用
   (図表36)製造業におけるアシストスーツ活用事例
 (5)今後の市場展望
   ①人手不足対応(教育・トレーニング)/技能伝達/自動化ツールとして採用が進む
   ②IoT技術の普及/スマートデバイスの進化でビジネスモデルを変える動きが活発化
   ③スマートフォン・タブレット/カメラ(画像解析)/センサー活用
   ④スマートグラス/HMD/音声認識技術(タブレットなど)の活用
   ⑤模擬組み立て・動作シミュレーションでのHMD/AR・MR活用
2.建設
 (1)現場作業支援
   ①タブレットサービス基盤の活用
   (図表37)タブレットサービス基盤の活用事例
   ②自動化技術/ロボット開発
   (図表38)自動化技術/ロボット開発・導入事例
 (2)生産性向上
   ①i-Constructionの推進
   (図表39)マッチング内容
   (図表40)i-Construction推進コンソーシアムにおいてマッチングされた内容
   ②BIM/CIMの活用
   (図表41)竹中工務店におけるBIMの推進事例
   (図表42)CIMの推進・活用事例
   ③AIの活用
   (図表43)トンネル工事でのAI活用事例
 (3)作業者の健康管理
   ①バイタル情報収集と活用
   (図表44)バイタル情報活用による作業者の健康管理事例
   ②アシストスーツ活用
   (図表45)アシストスーツの導入検討事例
 (4)今後の市場展望
   ①i-Constructionの推進で現場作業者不足をカバーする
   ②建設現場へのIT導入は様々な効果が期待される
3.運輸/倉庫・物流
 (1)ドライバー支援(健康管理、安全管理など)
   ①居眠り・眠気探知システム
   (図表46)居眠り・眠気探知システム事例
   ②その他スマートデバイス類
   (図表47)その他のスマートデバイス事例
 (2)倉庫作業支援
   ①スマートデバイスの活用
   (図表48)倉庫作業支援におけるスマートデバイスの活用事例
   ②ロボット活用による自動化対応
   (図表49)作業支援ロボット(物流ロボット)を活用したシステム開発事例
   (図表50)倉庫業務での作業支援ロボット導入事例
   ③倉庫管理システムに関するサービス事業
 (3)生産性向上ツール・システム
   ①運輸/物流向けシステム
   (図表51)物流向けシステム事例
   ②ドローンの活用
   (図表52)ドローンの安全な利活用のための技術開発と環境整備
   (図表53)物流におけるドローン活用のロードマップ
   ・ドローン開発状況
   (図表54)ドローンの実装/開発事例
   (図表55)ドローン実証実験/UTM事業/その他
 (4)今後の市場展望
   ・運輸/倉庫・物流でのICTテクノロジー活用は避けられない
   ・物流拠点/倉庫での付加価値化トレンド
4.医療/ヘルスケア
 (1)健康管理
   ①ウェアラブル端末の活用
   (図表56)ウェアラブル端末による従業員向け健康増進事例
   (図表57)スマート衣料の開発状況
   ・健康管理ソリューション
   ・ウェアラブル端末を用いた一般向け事例
   (図表58)ウェアラブル端末の商品化事例
 (2)診療支援
   ①スマートフォン/タブレットの活用
   (図表59)スマホ/タブレット活用診療支援スマートデバイス/システム
   ②その他スマートデバイス
   (図表60)その他スマートデバイス事例
   ③手術支援ロボットの活用
   (図表61)国産手術支援ロボットの開発動向
   ・スマート治療室の実用化状況
   ④AIの活用
   (図表62)保健医療分野におけるAI活用施策
   (図表63)画像診断でのAI活用サービス一覧
 (3)医療関連業務支援
   ・スマートデバイス/システムの活用
   (図表64)医療関連業務での支援事例
 (4)今後の市場展望
   ①医療・ヘルスケアはITとの相性がよい
   ②院外での医療情報システムの普及
   ③治療支援ロボットの動向
   ④医療分野でのAI活用
5.介護
 (1)生産性向上
   ・介護ロボットの活用
   (図表65)介護ロボット/IoT・AI関連での開発状況
   (図表66)介護ロボット/IoT・AI関連での導入状況
   (図表67)地方/ベンチャー企業による取組み
 (2)介護職員の健康管理
   ・アシストスーツの活用
   (図表68)介護職員向けアシストスーツ事例
 (3)今後の市場展望
   ①介護ロボットの浸透は短期的には難しい
   ②コミュニケーションロボットなどが主流になるか
   ③事務作業の生産性向上に向けた取り組みは進展する
6.インフラ(主にインフラ保全)
 (1)現場作業支援
   (図表69)インフラ向け現場作業支援の事例
   (図表70)ARとウェアラブル端末による作業支援
 (2)生産性向上
   ・新技術・データを活用したインフラ維持管理効率化
   ①河川維持管理データベースシステム(RMDIS)
   ②空港舗装巡回等点検システム
   ③道路巡回支援システム(試行)
   (図表71)インフラ向けの生産性向上事例
 (3)研修・トレーニング
   (図表72)インフラ向けの研修・トレーニング事例
 (4)作業員の安全管理
   (図表73)インフラ分野での作業者の安全管理事例
 (5)今後の市場展望
   ①ドローンやロボット等による情報収集や危険作業支援が進む
   ②スマートデバイスを活用した現場作業者への情報提供や作業指示
   ③研修・トレーニングでの「スマートデバイス×AR/VR」活用
   ④収集データの解析/総合管理化が進展
7.ビル管理/警備
 (1)現場作業支援
   (図表74)ビル管理における業務区分
   ①ロボットの活用
   (図表75)ロボットを活用したビル管理業務の推進事例
   ②タブレット/スマートフォン/スマートグラスの活用(設備点検など)
   (図表76)タブレット/スマートフォン/スマートグラスを活用した事業推進事例
   ③スマートグラスの活用(遠隔作業支援など)
   (図表77)スマートグラスを活用した事業推進事例
   ④ドローンの活用(オフィス内巡回)
   (図表78)ドローンを活用した事業推進事例
   ⑤カメラの活用(AI・画像解析)
   (図表79)カメラ活用(AI・画像解析)の推進事例
 (2)今後の展望
   ①AI/自動運転技術を搭載した業務用清掃ロボットや警備ロボットの採用が進む
   ②タブレットを活用した点検・報告業務の効率化(時間短縮、簡略化)
   ③スマートグラス/タブレットによる情報共有、監督者とのコミュニケーション機能の深化
   ④点検/警備でのドローン活用
   ⑤画像解析技術の活用

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

194,400
180,000
14,400
194,400
180,000
14,400
226,800
210,000
16,800
388,800
360,000
28,800
421,200
390,000
31,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。