2018年度版 位置情報/地図情報活用ビジネス市場

GAFA支配の位置情報市場。日本企業はどの分野でどのように利益を取るか。位置情報/地図情報サービスベンダ81社、有望アプリ11分野を徹底調査。
GAFAとはG=Google、A=Apple、F=FaceBook、A=Amazon 等の米国メガプラットフォームベンダ

発刊日
2018/07/30
体裁
A4 / 534頁
資料コード
C60100200
PDFサイズ
23.5MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

194,400
180,000
14,400
194,400
180,000
14,400
226,800
210,000
16,800
388,800
360,000
28,800
421,200
390,000
31,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:位置情報/地図情報活用ビジネス事業者に対して直接面接調査を実施。第Ⅰ章では、11アプリ分野別に市場推移と、キーワード別の見た今後の可能性・問題点について分析した。第Ⅱ章では、直接面接調査先28社の個票を収録した。またアンケート調査も実施。第Ⅲ章では、国内位置情報サービスベンダ57社からの回答を元に準天頂・屋内位置情報・ドローン等の可能性、11アプリ分野別今後の可能性・問題点について分析した。第Ⅳ章では、アンケート回答企業57社の個票を収録した。第Ⅴ章では、国内の地図位置情報活用サービス企業453社とアプリ一覧表を掲載した。
調査対象企業:下記位置情報/地図情報活用ビジネス事業者85社
①メガプラットフォーマー ②地図DBベンダ ③GISエンジンベンダ ④ナビ・交通情報/旅行・観光アプリベンダ ⑤スポット店舗情報・クーポンアプリベンダ ⑥位置情報広告ベンダ ⑦チェックイン・SNSアプリベンダ ⑧位置ゲー(ム)アプリベンダ ⑨位置情報・行動解析ベンダ ⑩見守りアプリベンダ ⑪ヘルスケア、フィットネスアプリベンダ ⑫通信・装置ベンダ ⑬車両管理、配車(タクシー/バスなど)/自動倉庫アプリベンダ ⑭建機・農機用位置情報アプリベンダ ⑮位置情報のデータ売買/取引市場ベンダ 計85社(個表収録は主要85社)
調査対象地域:日本を中心とする
調査・分析方法:専門調査員による海外/国内の面接取材から、各種を分析実施
調査期間:2018年3月~2018年7月

調査結果サマリー
Close

位置・地図情報関連市場に関する調査を実施(2018年)
2018年度の国内位置・地図情報関連市場を前年度比124.2%の934億円と予測
~メガプラットフォーマーの影響力が強い位置・地図情報関連市場。日本企業はどの分野でどのように利益を取るのか~

資料ポイント
Close

  • 地図DB、GISエンジンはここにきて再び成長曲線へ
    -GAFA対抗の「深堀戦略」「ターゲット絞り込み戦略」「動態分析企業との協業」が功奏(金額ベース:2014年~2018年予測)
  • 急拡大する動態分析サービス企業
    -狙い目はO2O・オムニチャネル・インターネット広告・動態マーケティング・インバウンド観光
  • 注目のIoT関連アプリケーション
    -成長期待の行動解析、見守り、ヘルスケア、フィットネス
  • 産業機器アプリは準天頂みちびきと共に伸びるGAFAノータッチのブルーオーシャン
    -建機メーカ、農機メーカの細かいニーズに大きな需要

資料概要
Close

第Ⅰ章.位置情報/地図情報活用ビジネス 市場分析編
第Ⅱ章.主要位置情報/地図情報活用ビジネス企業28社面接調査個票
第Ⅲ章.位置/地図情報サービスのアンケート調査分析
第Ⅳ章.位置/地図情報アンケート調査53社個票
第Ⅴ章.位置情報/地図情報活用ビジネス参入企業 453社一覧

リサーチ内容

第Ⅰ章.位置情報/地図情報活用ビジネス 市場分析編

1.2015年の位置情報/地図情報活用サービスの市場構造
2.2018年の位置情報/地図情報活用サービスの市場構造変化
  (1)前回の市場の見方
  (2)2018年度の位置情報市場構造変化
3.攻め込んできた GAFAの位置/地図情報ビジネス
4.GAFA時代の日本企業サバイバル「GAFA共生」
  (1)GAFA影響下でのサバイバル
  (2)日本の強みはBlue Ocean、BlueとRedの中間
  (3)日本は動態分析でサバイバル
  (4)位置/地図情報市場2018の「GAFA vs. 国産GIS」
5.各品目・分野別 位置情報ビジネストレンド
  5-1.位置情報/地図情報活用ビジネスの階層
  5-2.地図DB
    (1)地図DB市場分析
    (2)地図DBの歴史と動向
    (3)地図DBの分野別実態と流通経路
  5-3.GISエンジン
    (1)GISエンジン市場分析
    (2)国内GISエンジン市場の将来
    (3)GISエンジンの需要分野別状況
    (4)変わるGISエンジン業界の姿
    (5)GIS全体の市場規模概算
  5-4.アプリベンダ(各アプリケーション別動向)
    5-4-1.位置/地図情報の調査品目/需要分野
    5-4-2.交通関連
    (1)ナビ・交通情報/旅行・観光のアプリ市場規模・シェア推移
    (2)GAFAとの激しい競争にさらされるナビ・交通情報
    (3)ナビ・交通情報系のGAFA対抗サバイバル
    (4)旅行・観光系のGAFA対抗サバイバル
    (5)旅行・観光系の期待の星、インバウンド
    (6)①自動車保険、②3D-MAP、③MaaS
    (7)トヨタ・タイムズ24の位置情報データ分析戦略
    5-4-3.O2O、オムニチャネル
    (1)O2O、オムニチャネルのアプリ市場規模・シェア推移
    (2)GAFA対抗としての動態分析
    (3)主要位置/地図情報ベンダの分析戦略
    (4)位置情報広告ベンダのデータ分析戦略
    (5)位置情報広告の市場規模
    (6)チェックイン・SNS市場の動向
    5-4-4.位置ゲー(ム)
    (1)位置ゲー(ム)アプリ市場実態
    (2)ポケモンGOで動いた、国内の位置ゲーとAR
    5-4-5.IoT(産業系を除く)
    (1)IoT位置情報アプリ市場実態
    (2)慈恵医大のIoT位置情報活用医療アプリ
    5-4-6.配送/物流
    (1)配送/物流用の位置情報アプリ市場実態
    (2)配送/物流用の主要企業動向
    5-4-7.産業系
    (1)産業系の位置情報アプリ市場実態
    (2)建機の位置情報アプリ市場実態
    (3)農機の位置情報アプリ市場実態
    (4)建機・農機の位置情報アプリ協業先
    5-4-8.データ売買/取引市場
    (1)位置情報のデータ売買/取引市場市場実態
    (2)位置情報広告市場における位置データ売買業の構造
    (3)位置情報のデータ売買/取引の問題点
    5-4-9.その他
    (1)防災分野の位置/地図情報ビジネス市場概要
    (2)防災分野の位置/地図情報ビジネス事例研究
6.プラットフォーム・ビジネスとは全体最適
7.日本の強みをどこで生かすか
8.将来の位置情報/地図情報活用ビジネス
  8-1.準天頂衛星の現状と将来
    (1)衛星測位の仕組み
    (2)準天頂衛星システムの軌道(4機体制)
    (3)世界のGNSS
    (4)準天頂衛星システムの機能・取組状況
    (5)測位衛星活用実例
    (6)災害・危機管理情報の利用イメージ(津波)
    (7)準天頂衛星みちびきの現状と将来の可能性
    (8)準天頂衛星みちびきの利用実験
    (9)QZSS対応GNSSチップ
  8-2.自動運転と3D-MAP
    (1)地図作成システム
    (2)ダイナミックマップ
    (3)自動運転におけるダイナミックマップの役割
    (4)ダイナミックマップの研究開発状況
    (5)Local Dynamic Map (LDM)
    (6)海外での取り組み例
    (7)SIP自動走行システム(SIP-adus)の取り組み
    (8)ダイナミックマップ2.0コンソーシアム
  8-3.屋内位置情報
    (1)国交省の高精度測位
    (2)屋内測位を支えるセンシング技術
    (3)スマートエアポート戦略
  8-4.精緻な地図は不要になる
  8-5.地図のディープラーニング
  8-6.未来の地図はこのようになる

第Ⅱ章.主要位置情報/地図情報活用ビジネス企業28社面接調査個票

<個票掲載内容>
会社概要
会社名/事業区分/事業概要/事業、製品・コンテンツ名称/概要

Ⅰ.分野別位置情報市場推移(2014~18年)(単位:百万円)
調査品目/需要分野 地図(A;地図提供者)、プラットフォーマ(B;メガプラットフォーマ(MP)、C;独立系プラットフォーマ(IP)、D;応用プラットフォーマ(AP))、アプリ開発(交通関連:ナビ・交通情報/自動車保険/自動運転(3D)/MaaS(カーシェア・ライドシェアなど)、O2O・オムニチャネル:スポット店舗情報・クーポン/チェックイン/SNS、G;位置ゲー、H;IoT:位置情報/行動解析/見守り/ヘルスケア、フィットネス/通信・装置、I;配車/物流:車両管理,配車(タクシー/バス)など/自動倉庫など、J;産業:農業、鉱業、土木、建築など、K;売買:データ分析/売買、その他)、合計 種類 2014~2018年度

Ⅱ.プラットフォーマー市場について
1.メガプラットフォーマー(GAFA)の動き、自社への影響/協業関係など
2.独立系プラットフォーマーの動き、自社への影響/協業関係など
業種別GIS活用における将来の可能性/民間企業GIS活用の期待されるアプリ/地図DB業界今後の見通し/地図DB/GISエンジン/GISアプリのベンダー棲み分け・関係/「スマホナピ・乗換案内サーピス」の市場規模推移、有料会員数シェア、市場動向

Ⅲ.アプリベンダー市場について
1.「交通関連市場」の動き/ビジネスモデル、自社との競争/協業関係、注目企業など
 <ナビ・交通情報、自動車保険、自動運転(3D)、Maas(カーシェア、ライドシェアなど)>
 自動運転を踏まえてADAS地図をどう考えているか。
2.「O2O・オムニチャネル」の動き/ビジネスモデル、自社との競争/協業関係、注目企業など
 <スポット店舗情報・クーポン、チェックイン/SNS>
3.「位置ゲー」の動き/ビジネスモデル、自社との競争/協業関係、注目企業など
 <位置ゲー>
4.「IoT」の動き/ビジネスモデル、自社との競争/協業関係、注目企業など
 <位置情報/行動解析、見守り、ヘルスケア、フィットネス、通信・装置>
5.「配車/物流」の動き/ビジネスモデル、自社との競争/協業関係、注目企業など
 <車両管理,配車(タクシー/バス)など、自動倉庫など>
6.「産業」の動き/ビジネスモデル、自社との競争/協業関係、注目企業など
 <業、鉱業、土木、建築など>
7.「データ・解析結果の動き/ビジネスモデル、自社との競争/協業関係、注目企業など
 <データ分析/売買>
 ビッグデータ解析をどう考えているか。
8.「その他」の動き/ビジネスモデル、自社との競争/協業関係、注目企業など

Ⅳ.その他関連市場の動向
1.屋内位置情報のビジネス(販売する/自社マーケティングに活用/オリンピック外国人向け/介護、災害対応/ほか)
2.屋内位置情報システムの通信モジュールはどうなるか(A)今ある通信モジュールは淘汰されるのか?(B)マルチ端末化することで生き残るのか?
3.GNSS(準天頂みちびき活用アプリ)では、いつどのようなアプリが有望なのか?
4.個人情報プライバシー保護をどう考えているか?

Ⅴ.その他の動向
<個票掲載企業28社>
メガプラットフォーマー
1.グーグル

地図DBベンダ
2.ゼンリン/ゼンリンデータコム
3.インクリメントP
4.NTT空間情報
5.昭文社
6.東京カートグラフィック

GISエンジンベンダ
7.インフォマティクス
8.技研商事インターナショナル
9.ESRIジャパン
10.日立ソリューションズ

交通系ベンダ
11.ナビタイムジャパン
12.アマネク・テレマティクスデザイン
13.ヤフー株式会社

動態分析ベンダ
14.ジオロジック
15.ブログウォッチャー
16.コネクトム
17.ドコモ・インサイトマーケティング
18.サイバーエージェント
19.Agoop
20.コロプラ
21.マピオン
22.シナラシステムズジャパン
23.構造計画研究所
24.産業技術総合研究所

産業系ベンダ
25.コマツ
26.クボタ
27.アイサンテクノロジー
28.ソフトバンク

第Ⅲ章.位置/地図情報サービスのアンケート調査分析

1.アンケート調査の概要
2.位置/地図情報サービスについての57社の動向と見解
3.位置/地図サービス57社が提供する製品・サービスの有料会員数ランキング(2015~2017年度)
4.位置/地図サービス57社が提供する製品・サービスのダウンロード数ランキング(2015~2017年度)
5.位置/地図サービス57社の考える『屋内位置情報ビジネス』の可能性
6.位置/地図サービス57社の考える『屋内位置情報における今後の通信モジュールはどうなるか』
7.位置/地図サービス57社の考える『有望と思われるGNSSアプリ(準天頂みちびき活用アプリ)』
8.位置/地図サービス57社の考える『位置情報アプリの海外展開』の可能性
9.位置/地図サービス57社の『ドローン製品・サービス』に対する考え
10.2018年位置/地図サービス アンケート回答11分野の平均値ランキング
11.位置/地図サービス57社の考える『ナビ・交通情報』の可能性
12.位置/地図サービス57社の考える『その他交通関連』の可能性
13.位置/地図サービス57社の考える『スポット情報・店舗情報・クーポン』の可能性
14.位置/地図サービス57社の考える『チェックイン・SNS』の可能性
15.位置/地図サービス57社の考える『位置ゲームアプリ』の可能性
16.位置/地図サービス57社の考える『位置情報・行動解析』の可能性
17.位置/地図サービス57社の考える『見守り』の可能性
18.位置/地図サービス57社の考える『ヘルスケア・フィットネス』の可能性
19.位置/地図サービス57社の考える『車両管理・配車』の可能性
20.位置/地図サービス57社の考える『産業用機械』の可能性
21.位置/地図サービス57社の考える『防災』の可能性

第Ⅳ章.位置/地図情報アンケート調査53社個票

<個票掲載内容>
企業情報
1.位置情報アプリの位置/地図情報販売状況(15・16・17年)
調査品目/需要分野、製品名、2015年度/2016年度/2017年度見込み
有料会員数/月額料金、ダウンロード数/ダウンロード単価
位置情報アプリのコンテンツ(①プラットフォーマ ②ナビ・交通情報 ③その他交通関連 ④スポット情報・店舗情報・クーポン ⑤チェックイン・SNS ⑥位置ゲームアプリ ⑦位置情報・行動解析 ⑧見守り ⑨ヘルスケア・フィットネス ⑩車両管理・配車 ⑪産業用機械 ⑫防災 ⑬その他 合計)
2.各社の位置情報/地図情報戦略コメント
3.製品・サービス概要
4.位置情報/地図情報活用サービスにおける有力企業、注目企業、注目アプリ。また、注目している理由
5.屋内位置情報ビジネスの可能性について。また、その理由
6.屋内位置情報における今後の通信モジュールはどうなるか。また、その理由
7.有望と思われるGNSSアプリ(準天頂みちびき活用アプリ)。また、そのアプリを選択した理由
8.位置情報アプリの海外展開の可能性について。また、その理由
9.ドローン製品・サービスに対する考え。また、その回答理由
10.下記の分野の位置情報アプリの可能性について、どう考えるか。
分野(①プラットフォーマ ②ナビ・交通情報 ③その他交通関連 ④スポット情報・店舗情報・クーポン ⑤チェックイン・SNS ⑥位置ゲームアプリ ⑦位置情報・行動解析 ⑧見守り ⑨ヘルスケア・フィットネス ⑩車両管理・配車 ⑪産業用機械 ⑫防災 ⑬その他)、可能性(  1 (非常に可能性がある)、2 (やや可能性がある)、3 (あまり可能性がない)、4 (全く可能性がない))、理由

<個票掲載企業53社>
1.D2C
2.Newデイシス
3.NTT-ATテクノコミュニケーションズ
4.NTT空間情報
5.OSK
6.PROPELa
7.RIO
8.SOMPOホールディングス
9.アイソルート
10.アカサカテック
11.イード
12.いすゞ自動車
13.インクリメント・ピー
14.ヴァル研究所
15.エコシステムズ
16.エレクトロドリーム
17.カーメイト
18.神奈川県タクシー協会
19.技研商事インターナショナル
20.キムラユニティー
21.クウジット
22.ケイマックス
23.住友電工システムソリューション
24.タイガー
25.帝都自動車交通
26.データトロン
27.デンソー
28.東海情報システム
29.東京海上日動火災保険
30.ドコモ・システムズ
31.ドコモ・ヘルスケア
32.トラパンツ
33.日本コンピュータシステム
34.日本ユニシス
35.ネクスター
36.パナソニックカーエレクトロニクス
37.ビッグローブ
38.ピツニーボウズジャパン
39.富士ソフト
40.富士通ネットワークソリューションズ
41.フューチャーリンクネットワーク
42.プロアシスト
43.マップマーケティング
44.マルティスープ
45.みずほフィナンシャルグループ
46.メディアナビ
47.ヤマップ
48.ヤマレコ
49.ユーシーテクノロジ
50.ユビキたス
51.レイ・フロンティア
52.レッドフォックス
53.ワックドットコム

第Ⅴ章.位置情報/地図情報活用ビジネス参入企業 453社一覧

国内の地図位置情報活用サービス企業453社とアプリ一覧
(会社名、アプリ名、分野、HPアドレス)

図表目次

第Ⅰ章.位置情報/地図情報活用ビジネス 市場分析編

図「位置情報/地図情報活用ビジネスの業界構造」
図「地図位置情報サービス市場構造」
表「2016位置情報/地図情報活用ビジネスの分類と説明」
表「位置/地図情報2018の市場構造」
図「日本の強みはどこか」
図「位置/地図情報市場2018の構造」
表「2016位置情報/地図情報活用ビジネスの分類と説明」
図「GAFAに対抗して、日本企業が狙う分野①」
図「GAFAに対抗して、日本企業が狙う分野②」
表「『Connected Industries』の5つの重点取組分野」
図「位置/地図情報市場2018の競争分野」
表「GAFAとレガシーなGISベンダとの競合状況」
表「位置情報/地図情報活用ビジネスの需要分野」
表「地図DBの企業別市場規模推移予測(2014~18年度,金額ベース)」
表「地図DB分野別にみたWeb地図への置き換え」
図「カーナビ(据付ナビ 純正/市販)向けの地図DB流通経路」
表「カーナビ(据付ナビ 純正/市販)における地図DBベンダの採用状況」
図「GIS分野におけるデジタル地図の流通経路」
図「Webサイト/ケータイサイトにおけるデジタル地図の流通経路」
表「GISエンジンの企業別市場規模推移予測(2014~18年度,金額ベース)」
表「GISエンジン需要分野別市場規模推移予測(2014~16年度,金額ベース)」
図「GISエンジン需要分野別市場規模推移予測(2014~16年度,金額ベース)」
図「GISソリューション全体の市場規模概算(2014年度)」
表「位置情報/地図情報活用ビジネスのアプリケーション需要分野」
表「モバイル空間統計の特徴と活用事例」
表「交通関連のアプリ市場規模・メーカーシェア推移(2014~18年度)」
表「位置情報に関わるデータ4種類」
表「O2O、オムニチャネルのアプリ市場規模・メーカーシェア推移(2014~18年度)」
図「GAFAに対抗して、日本企業が狙う分野①」
表「位置情報に関わるデータ4種類」
図「位置情報ビジネスに関わるデータ4種類」
表「キャリア計2社の位置情報」
図「GAFAに対抗して、日本企業が狙う分野①」
表「IoTの位置情報アプリ市場規模・メーカーシェア推移(2014~18年度)」
表「配送/物流の位置情報アプリ市場規模・メーカーシェア推移(2014~18年度)」
表「産業系の位置情報アプリ市場規模・メーカーシェア推移(2014~18年度)」
図「位置情報広告市場における位置データ売買業の構造」
図「アジアでの位置情報システム・アプリ概念図」
図「日本の強みはどこか」
図「衛星測位の仕組み」
図「準天頂軌道衛星の直下軌跡(4機体制)」
表「世界各国のGNSS」
図「準天頂衛星システムのGPSの補完」
図「準天頂衛星システムのGPSの補強」
図「準天頂衛星システムのメッセージ機能」
表「測位衛星の活用実例」
図「準天頂衛星と連携した災害情報の提供」
図「音声案内機能を持つ標識(災害情報を提供)」
図「衛星安否確認サービス利用イメージ(避難所情報システム)」
表「準天頂衛星のロードマップ」
表「準天頂衛星みちびき活用アプリ一覧表(2018年時点。業界人の意見から)」
表「準天頂の民間利用実験」
図「欧州eHorizonの概念図」
図「ダイナミックマップのビジネスモデル」
表「自動車(OEM)別クラウド(ディープラーニング)提供・運用企業」

第Ⅱ章.主要位置情報/地図情報活用ビジネス企業28社面接調査個票

表「Google Maps API for Business導入事例」
図「あなたのビジネスに最適のGoogle Maps & Earth」
表「Google Maps API標準版とビジネス版の比較」
表「Google Maps APIの価格」
表「Google Maps for Business 製品」
表「その他ソリューション一覧」
表「ゴーガのGoogle Mapsを活用したアプリケーション一覧」
表「ゴーガのアプリケーション導入事例」
表「『ジオデモ』サービス内容一覧」
表「ジオデモ 住んでいる地域で、暮らしがわかる全国21万町丁目のライフスタイル分類」
表「インフォマティクスの製品の特長」
図表「インフォマティクスの製品ラインナップ」
表「技研商事の考える民間企業向けGISエンジンの需要分野」
図「技研商事のデータ作成手順(主成分分析)」
図「GeoMantionの構造図」
表「GeoMantionの概念 」
表「商品 : GeoMation 空間情報IoTプラットフォームサービス」
表「日立ソリューションズ活用地図DB」
表「ナビタイムジャパンの交通ビッグデータを活用した案件の代表事例」
表「『プロファイルパスポート』位置情報を活用したソリューション」
図「ブログウォッチャーのリアル行動プロファイリング」
表「プロファイルパスポートSDK」
表「プロファイルパスポートAD」
表「プロファイルパスポートDMP」
表「GeoFlow」
表「国勢調査vsモバイル空間統計比較表」
表「Air TRACKの需要分野別/分析の狙い」
表「ポイント型流動人口データ」
表「流動人口データ活用メニュー」
図「Agoopのリアル行動解析を活用した広告事業のPDCAサイクル」
表「コロプラの性年齢属性付で移動軌跡が追える位置情報ビッグデータ」
表「コロプラのプライバシー保護の取組み」
図「位置情報ビッグデータ観光動態調査」
表「観光客の旅行消費額を増やすヒントとなる調査」
図「MapBoard(オリジナル地図が作成できるクラウドサービス)」
図「店舗検索ASPサービス(オリジナル地図が作成できるクラウドサービス)」
図「loghouse(位置情報ログの可視化によるユーザ行動分析)」
図「マピオンのデータマネジメントプラットフォーム」
図「マピオンのロケーションマーケティング」
図「マピオンのインフォメーションシェアリング」
図「マピオンのロケーションインテリジェンス」
図「位置情報マーケティングのメディア別特徴」
図「MMSを利用した高精度リアル3Dデータ」
表「MMS各種データ開発・研究利用一覧」

第Ⅲ章.位置/地図情報サービスのアンケート調査分析

表「位置/地図情報サービスについての57社の動向と見解」
表「位置/地図サービス57社が提供する製品・サービスの有料会員数ランキング(2015~2017年度)」
表「位置/地図サービス57社が提供する製品・サービスのダウンロード数ランキング(2015~2017年度)」
表「位置/地図サービス57社の考える『屋内位置情報ビジネス』の可能性」
表「位置/地図サービス57社の考える『屋内位置情報における今後の通信モジュールはどうなるか』」
表「位置/地図サービス57社の考える『有望と思われるGNSSアプリ(準天頂みちびき活用アプリ)』」
表「位置/地図サービス57社の考える『位置情報アプリの海外展開』の可能性」
表「位置/地図サービス57社の『ドローン製品・サービス』に対する考え」
表「2018年位置/地図サービス アンケート回答11分野の平均値ランキング」
図「2018年位置/地図サービス アンケート回答11分野の平均値ランキング」
表「前回調査(2016年度版)スマホ用位置・地図アプリ アンケート回答13分野の平均値ランキング」
図「前回調査(2016年度版)スマホ用位置・地図アプリ アンケート回答13分野の平均値ランキング」
表「前々回調査(2013年度版)スマホ用位置・地図アプリ アンケート回答14分野の平均値ランキング」
図「前々回調査(2013年度版)スマホ用位置・地図アプリ アンケート回答14分野の平均値ランキング」
表「位置/地図サービス57社の考える『(11分野)ナビ・交通情報』の可能性」
表「位置/地図サービス57社の考える『(11分野)その他交通関連』の可能性」
表「位置/地図サービス57社の考える『(11分野)スポット情報・店舗情報・クーポン』の可能性」
表「位置/地図サービス57社の考える『(11分野)チェックイン・SNS』の可能性」
表「位置/地図サービス57社の考える『(11分野)位置ゲームアプリ』の可能性」
表「位置/地図サービス57社の考える『(11分野)位置情報・行動解析』の可能性」
表「位置/地図サービス57社の考える『(11分野)見守り』の可能性」
表「位置/地図サービス57社の考える『(11分野)ヘルスケア・フィットネス』の可能性」
表「位置/地図サービス57社の考える『(11分野)車両管理・配車』の可能性」
表「位置/地図サービス57社の考える『(11分野)産業用機械』の可能性」
表「位置/地図サービス57社の考える『(11分野)防災』の可能性」

第Ⅴ章.位置情報/地図情報活用ビジネス参入企業453社一覧

表「国内の地図位置情報活用サービス企業453社とアプリ一覧」

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

194,400
180,000
14,400
194,400
180,000
14,400
226,800
210,000
16,800
388,800
360,000
28,800
421,200
390,000
31,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。