2008年版 IP放送・映像配信市場研究

IP放送・映像配信市場の現状は?動画配信・共有サービス利用者はどんな動画を、いつ、どんな端末で視聴しているのか-この1冊でIP放送・映像配信ビジネスの最新事情がわかる

発刊日
2008/09/30
体裁
A4 / 349頁
資料コード
C50202500
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:ADSL、FTTHなどのブロードバンドの普及に伴い、注目されているIP放送・映像配信市場について、
       それぞれのセグメントに分類し、コンテンツサービスプロバイダ、サービス運営事業者をはじめとする参入企業、
       及び消費者の最新動向・現況を把握し、変化する市場構造と将来動向を展望する。それに伴い、今後の当該
       市場の可能性を予測し、関連各社の事業戦略立案の基礎資料に供することを目的とする。
調査対象:目次参照
調査方法:企業に対しては、専門調査員による直接面接取材を基本とし、電話・ファックス・e-mailによる
       ヒアリング取材を併用
調査・編集期間:2008年7月~2008年9月

リサーチ内容

第1章 IP放送・映像配信市場の現状と将来展望

1. IP放送・映像配信市場の定義
  1.1. サービスとしての分類
    IP放送サービス
      多チャンネルサービス(IP方式)
      多チャンネルサービス(RF方式)
    映像配信サービス
      動画配信サービス
      動画共有サービス
  1.2. ビジネス構造と市場規模の算出範囲
2. IP放送・映像配信市場のポジション
  2.1. デジタルコンテンツ市場における位置づけ
  2.2. 広告市場における位置づけ
3. サービス分類別市場概況
  3.1. 「多チャンネル(IP方式)+動画配信」サービス
   GyaO Next(USEN)
   BBTV(ビー・ビー・ケーブル)
   MOVIE SPLASH(KDDI)
   ひかりTV(NTTぷらら) 等
    3.1.1. サービス概況
     主要参入企業におけるこれまでの実績・所感
    3.1.2. サービス提供端末
    3.1.3. サービス参入企業の戦略
     主要参入企業における映像サービスの経営的位置づけ
    3.1.4. 収益構造とビジネスモデル
  3.2. 「多チャンネル(RF方式)」サービス
   スカパー!光(オプティキャスト)
   J:COM TV(ジュピターテレコム)
   eo光テレビ(ケイ・オプティコム)
   ピカラ光てれび(STNet) 等
    3.2.1. サービス概況
     主要参入企業におけるこれまでの実績・所感
    3.2.2. サービス提供端末
    3.2.3. サービス参入企業の戦略
     主要参入企業における映像サービスの経営的位置づけ
    3.2.4. 収益構造とビジネスモデル
  3.3. 「動画配信」サービス
   GyaO(USEN)
   Yahoo!動画(ヤフー)
   ミランカ、Nextensive(ネオ)
   アクトビラ(アクトビラ)
   BIGLOBEストリーム(NECビッグローブ)
   テレ朝bb(テレビ朝日)
   あにてれしあたー(テレビ東京)
   TOKYO MX(TOKYO MX)
   第2日本テレビ(日本テレビ)
   フジテレビon Demand(フジテレビ)
   TBS BooBoBOX(TBS)
   NHKオンデマンド(NHK) 等
    3.3.1. サービス概況
     主要参入企業におけるこれまでの実績・所感
    3.3.2. サービス提供端末
    3.3.3. サービス参入企業の戦略
     主要参入企業における映像サービスの経営的位置づけ
    3.3.4. 収益構造とビジネスモデル
  3.4. 「動画共有」サービス
   YouTube(YouTube)
   ニコニコ動画(ニワンゴ)
   Ameba Vision(サイバーエージェント)
   mixi動画(ミクシィ) 等
    3.4.1. サービス概況
     主要参入企業におけるこれまでの実績・所感
    3.4.2. サービス提供端末
    3.4.3. サービス参入企業の戦略
     主要参入企業における映像サービスの経営的位置づけ
    3.4.4. 収益構造とビジネスモデル
4. 市場の課題
5. IP放送・映像配信市場規模予測
  5.1. IP放送市場(2007年度~2012年度)
  5.2. 映像配信市場(2007年度~2012年度)
  5.3. 課題


第2章 関連市場動向

1. ブロードバンドサービスの普及動向と将来展望
  1.1 ブロードバンド市場概況
  1.2. ワイヤレスブロードバンド市場概況
2. オンラインゲーム市場の現状と将来展望
  2.1 コンシューマ市場概況
  2.2. アーケード市場概況
3. Webコミュニティサービス市場動向
  3.1 SNS市場概況
  3.2.ブログサービス市場概況
  3.3.クチコミブログ広告市場概況
4. アフィリエイトサービス市場の現状と将来展望


第3章 動画配信・共有サービス利用者の実態

調査概要
標本プロフィール
1. 動画サービスの視聴経験(PC/携帯・課金種別)
  1.1全体(PC/携帯・課金種別)
  1.2.性別・年代別(PC/携帯・課金種別)
2. 有料動画サービスの利用経験がない理由
  2.1全体
  2.2.性別・年代別
3. 自宅のインターネット回線の種類
  3.1全体
  3.2.性別・年代別
4. 自宅のインターネット接続機器
  4.1全体
  4.2.性別・年代別
5. 動画サービスの視聴場所(端末種別)
  5.1全体(PC・携帯・テレビ・オーディオプレイヤ・携帯型ゲーム機)
  5.2.性別・年代別
    5.2.1.PC
    5.2.2携帯
    5.2.3.テレビ
    5.2.4.携帯型デジタルオーディオプレイヤ
    5.2.5.携帯型ゲーム機
6. 動画サービスの平均視聴頻度(端末種別)
  6.1全体(PC・携帯)
  6.2.性別・年代別
    6.2.1.PC
    6.2.2携帯
7. 動画サービスの平均視聴時間(端末種別)
  7.1全体(PC・携帯)
  7.2.性別・年代別
    7.2.1.PC
    7.2.2携帯
8. PCで週1回以上利用する動画サービスの数(課金種別)
  8.1全体
  8.2.性別・年代別
    8.2.1.無料
    8.2.2有料(定額制)
    8.2.3有料(従量課金制)
9. PCで最もよく利用する動画サイト
10. PCで動画サービスを利用するときに重視する点(無料・有料)
  10.1全体(無料・有料)
  10.2.性別・年代別
    10.2.1.無料
    10.2.2有料
11. PCで動画サービスを利用するときに重視しない点(無料・有料)
  11.1全体(無料・有料)
  11.2.性別・年代別
    11.2.1.無料
    11.2.2有料
12. PCの動画コンテンツへのアクセス経路(種類別)
  12.1全体
  12.2.性別・年代別
    12.2.1.動画サイトの「カテゴリ分類」
    12.2.2動画サイトの「内部検索」
    12.2.3外部の「検索エンジン」
    12.2.4動画サイトの「ランキングやおすすめ一覧」
    12.2.5外部のブログやホームページのリンク経由
13. PCで動画視聴後のリアクション①(コメント投稿・場所別)
  13.1全体
  13.2.性別・年代別
    13.2.1.動画サイトの「コメント欄」
    13.2.2自身のブログやホームページ
    13.2.3外部の「掲示板等」
14. PCで動画視聴後のリアクション②(関連商品検索・購入)
  14.1全体
  14.2.性別・年代別
    14.2.1.関連商品検索
    14.2.2.関連商品購入
15. PCで動画共有サービスへの投稿経験と投稿コンテンツの種類
  15.1全体
  15.2.性別・年代別
16. PCで動画の投稿をしたことがない理由
  16.1全体
  16.2.性別・年代別
17. 無料動画サービスに対する不満点
  17.1全体
  17.2.性別・年代別
18. 有料動画で今後使ってみたいサービス
  18.1全体
  18.2.性別・年代別
19. 今後動画視聴に使って見たい端末
  19.1全体
  19.2.性別・年代別
20. 今後の動画サービスに望むこと
  20.1全体
  20.2.性別・年代別


第4章 個別企業動向

株式会社USEN
ソフトバンク株式会社
KDDI株式会社
株式会社NTTぷらら
東日本電信電話株式会社
西日本電信電話株式会社
株式会社オプティキャスト
株式会社ニワンゴ
株式会社ネオ
株式会社アクトビラ
株式会社ジュピターテレコム
株式会社サイバーエージェント
株式会社ミクシィ
NECビッグローブ株式会社
株式会社ケイ・オプティコム
株式会社テレビ朝日
株式会社テレビ東京
東京メトロポリタンテレビジョン株式会社
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。