2009年版 テレラジオロジー(遠隔画像診断)市場の現状と展望

本調査レポートは、国内の遠隔読影プロバイダーやインフラサービス提供事業者、全国の医療施設及び放射線科医に対して調査を実施し、テレラジオロジー(遠隔画像診断)市場の市場規模やシェアを算出した。また、医療施設及び放射線科医のテレラジオロジーに対するニーズを調査・分析し、2013年度までの市場規模予測を行った。

発刊日
2010/03/31
体裁
A4 / 293頁
資料コード
C51201900
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

220,000
200,000
20,000
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:(1)読影プロバイダー、インフラサービスにおける契約施設数、平均月間件数、
          金額市場規模の算出及びメーカーシェア
       (2)2008~2013年度までの金額市場中期予測
       (3)注目サービス・各企業別戦略と有力メーカーの動向分析
       (4)医療施設及び放射線科医のテレラジオロジーに対するニーズ調査
調査対象:国内遠隔読影プロバイダー及びインフラサービス事業者、医療施設及び放射線科医
調査方法:面接取材とTEL取材併用、郵送アンケート調査
調査期間:2009年10月~2010年3月
 

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 読影サービスプロバイダーは、企業系、大学系、放射線科医の独立・起業型、病院グループ型に更に分類し、2008年度市場規模を算出。2013年度までの市場規模を中期予測。
  • システム・インフラベンダー別の2008年度市場規模を算出。2013年度までの市場規模を予測。
  • 放射線科医師には、今後のキャリアプランと読影システムに関するメーカー評価を調査。インフラ型の主要顧客となる放射線科読影医師の独立・企業型の取り組みに注目。
  • 医療施設には、現状及び今後の意向と、導入施設には不満点・課題、未導入施設では導入阻害要因などネガティブファクターを把握し、今後の市場展望を分析。

■掲載内容

PartⅠ テレラジオロジー市場

§1 テレラジオロジー市場
  1.市場定義・概要
    (1)市場の定義
    (2)市場概要
    (3)テレラジオロジー市場の構成要素
     ①読影サービスプロバイダー  ②システム・インフラ  ③読影依頼施設
  2.市場環境
    (1)放射線科医師
    (2)行政動向
    (3)関連市場動向
     ①PACS市場  ②モダリティ市場
§2 市場の現状・展望
  1.市場の現状・展望
    (1)全体市場
    (2)読影サービス
     ①契約施設数  ②読影件数(X線CT・MRI)
    (3)システム・インフラ系
  2.テレラジオロジーの課題
  3.今後の展望

PartⅡ テレラジオロジー市場規模

§1.テレラジオロジー市場規模
  1.テレラジオロジー市場規模
  2.モダリティ別件数
  3.参入企業別市場規模
    ①参入企業分類別市場規模  ②メーカーシェア

PartⅢ アンケート調査集計結果

§1 放射線科医師調査
  ■調査概要・サマリー
  1.放射線科医の勤務状況及び年収
  2.現在の勤務満足度とテレラジオロジーの実施意向
  3.現在の勤務形態・年収とテレラジオロジーの実施意向
  4.希望するテレラジオロジーの勤務形態と読影主体
  ■アンケート集計 ※クロス集計(年齢、勤務先経営体)
  設問1.概要について
    (1)年齢について
    (2)主たる勤務先の経営体について
    (3)現在の放射線科医としての勤務状況について
    (4)主た  る勤務先の病床規模について
  設問2.勤務状況・形態について
    (1)日本放射線学会の専門医の取得状況について
    (2)専門分野・専門領域について
    (3)現在の勤務形態(主たる勤務先及び副業)について
    (4)現在の勤務形態における満足度について
    (5)現在の総年収(副業等含む・税込年収)について
    (6)主たる勤務と副業等のそれ以外の収入の割合について
    (7)今後(5年後)に希望される勤務形態について
    (8)希望する5年後の勤務形態(現状維持、変更)を選ばれた主な理由
    (9)医用画像システム(Viewer・Report)について
  設問3.テレラジオロジーについて
    (1)テレラジオロジーへの関心について
    (2)テレラジオロジーの実施意向(副業を含む)について
    (3)実施意向がある方、その理由について
    (4)テレラジオロジーに対する不安点・問題点など
    (5)テレラジオロジーに対するご見解・ご要望、今後の課題など
§2 医療施設調査
  ■調査概要・サマリー
  1.X線CT・MRI、システムの導入状況
  2.テレラジ利用状況
  3.画像検査数に占めるテレラジオロジー利用件数
  ■アンケート集計 (単純集計)
  設問1.貴院の施設概要について
    (1)デジタル画像診断機器の導入状況について
    (2)医療情報システムの導入状況について
    (3)貴院の読影状況について
  設問2.現在の放射線画像読影について
    (1)モダリティ別の月間平均検査数
  設問3.テレラジオロジー(遠隔放射線画像診断)の利用状況について
    (1)テレラジオロジーの利用について
    (2)モダリティテ別のテレラジオロジーを依頼される月間平均件数
    (3)テレラジオロジーの依頼先種類及び依頼先名称
    (4)テレラジオロジーの満足度について
    (5)テレラジオロジーの継続について
    (6)-1今後(2年後)の依頼件数(見込み)について ※無回答含む
    (6)-2今後(2年後)の依頼件数(見込み)について ※無回答除く
  設問4 テレラジオロジー導入の可能性
    (1)テレラジオロジーの導入可能性について
    (2)テレラジオロジーにおける問題・不安、利用の際の阻害要因について
  設問5 テレラジオロジーサービス展開企業の認知度について
    (1)テレラジオロジー企業(民間事業者)の認知度について
    (2)上記参入企業で、評価の高い企業と低い企業
    (3)テレラジオロジーに対する見解・要望、今後の課題など

PartⅣ 参入企業分析

§1.読影サービスプロバイダー
  1.一般企業  2.大学病院(ベンチャー・NPO)/医師会  3.放射線科医の独立・起業系
§2.インフラサービス
  インフラサービスベンダー
    アールアイエス / イー・メディカルソリューションズ / イーサイトヘルスケア / 医知悟 / イメージワン /
    イリモトメディカル / エスイーエムメディカルソリューション / STNET(かがわ遠隔医療ネットワーク) /
    エムアイティーエス / エムネス / 大阪先端画像センター / オフィス・ラジオロジスト / 京都プロメド /
    サイトサポート・インスティテュート / 信州画像診断ネットワーク / セコム医療システム /
    先進医用画像解析センター / 仙台星陵クリニック / セントメディカルアソシエイツ /
    ダイヤメディカルネット / ドクターネット / 日本読影センター / ネットホスピタル /
    ネット・メディカルセンター / 藤井遠隔診断メディカルオフィス / 北陸画像診断支援センター /
    三重県遠隔画像診断ネットワーク / メダシス・ジャパン(PAMIC) / メディカルイメージラボ /
    山口医療画像研究センター / ラジオロネット東海 / ラディオアクティブ / ラドネット東北 /
    ワイズ・リーディング / 和歌山遠隔画像診断センター
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

220,000
200,000
20,000
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。