2011年版 業務用空気清浄機/消臭・脱臭・除菌機器に関する市場調査

業務用分野の除菌機器には、イオン発散型(アクティブ系)と、空気清浄機のように室内の空気を機器内に取り込むタイプ(ポジティブ系)があります。集塵と脱臭機能を主な機能としていた業務用空気清浄機や消臭・脱臭機器に、除菌機能も必要とされる動きがみられます。本調査レポートでは、ここ数年の、業務用分野での空気環境での対策として用いられている空気清浄機/消臭・脱臭・除菌機器の動向を分析し、業務用分野の、事務所(オフィス他)、医療機関(病院・診療所)、高齢者施設、飲食店、商業施設、ホテル等の宿泊施設、娯楽施設(パチンコ店、カラオケ店他)、その他について、過去からの傾向を分析いたしました。

発刊日
2012/02/29
体裁
A4 / 171頁
資料コード
C53202600
PDFサイズ
1.2MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
110,000
100,000
10,000
143,000
130,000
13,000
220,000
200,000
20,000
253,000
230,000
23,000
330,000
300,000
30,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:業務用空気清浄機/消臭・脱臭・除菌機器に関する市場調査2011年版
調査対象
・業務用空気清浄機・分煙機器のメーカー・発売元企業
・消臭・脱臭・除菌機器のメーカー・発売元企業
調査方法:参入企業への直接面談調査を主とする。
調査期間:2010年1月~2012年2月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 業務用空気清浄機の動向分析と市場規模(2004-2018年度予測)を調査
  • 業務用空気清浄機市場シェアを推計(2008~2011年度予測)
  • 消臭・脱臭・除菌市場の動向分析と市場規模(2004-2018年度予測)を推計
  • 消臭・脱臭・除菌市場シェアを推計(2008~2011年度予測)
  • 業務用分野の需要別動向を分析
  • 参入企業21社の市場での参入状況を掲載

■本資料の概要

第1章 業務用空気清浄機/消臭・脱臭・除菌機器の動向分析
第2章 市場参入企業各社の動向分析
第3章 参考資料

■掲載内容

第1章 業務用空気清浄機/消臭・脱臭・除菌機器の動向分析

1.業務用空気清浄機/消臭・脱臭・除菌機器の定義
  ①業務用空気清浄機
  ②業務用消臭・脱臭・除菌機器
  ③「除菌」の定義
  ④イオン系製品の定義
  ⑤オゾン関連機器(オゾン発生器・オゾン水生成装置)
2.業務用空気清浄機/消臭・脱臭・除菌機器の市場動向
  (1)市場概況
  (2)2009~2011年度の動向
    ①2009年度の市場動向
    ②2010年度の市場動向
    ③2011年度の市場動向
3.業務用空気清浄機/消臭・脱臭・除菌機器を取り巻く背景
  (1)神奈川県の条例
  (2)厚生労働省の補助金
  (3)喫煙率の動向
4.市場規模推移(2004~2018年度予測)
  (1)業務用空気清浄機・分煙機器
  (2)業務用消臭・脱臭・除菌機器
5.参入企業シェア
  (1)業務用空気清浄機・分煙機器
  (2)業務用消臭・脱臭・除菌機器
  (3)業務用空気清浄機/消臭・脱臭・除菌機器関連の参入企業売上高一覧
6.業務用需要分野別の動向
  (1)空気清浄機/消臭・脱臭・除菌機器の需要分野全体
  (2)消臭・脱臭・除菌分野の需要分野別の動向
  (3)需要分野別の個別動向
    ①オフィス
    ②医療機関
    ③高齢者施設
    ④飲食店
    ⑤ホテル
    ⑥パチンコ店
    ⑦スポーツクラブ
    ⑧ペット関連
  (4)参考:家庭用アクティブ系機器の発売動向
7.製品概要
  IHIシバウラ、荏原実業、オーデン、オーニット、カルモア、共立電器産業、三洋電機、
  シャープ、神鋼アクテック、信州セラミックス、タムラテコ、ダイキン工業、
  トルネックス、日本デオドール、ハマネツ、三菱電機、中津川製作所、ミドリ安全、
  ダスキン(レンタル)
8.参入企業の取組み状況
  (1)業務用空気清浄機・分煙機器
  (2)業務用消臭・脱臭・除菌機器
9.市場の課題と問題点
10.市場における今後の方向性

第2章 市場参入企業各社の動向分析

1.株式会社IHIシバウラ
2.荏原実業株式会社
3.株式会社オーデン
4.オーニット株式会社
5.カールテクノ株式会社
6.株式会社カルモア
7.共立電器産業株式会社
8.三洋電機株式会社
9.株式会社J.G.コーポレーション(旧山武)
10.シャープ株式会社
11.株式会社信州セラミックス
12.神鋼アクテック株式会社
13.株式会社タムラテコ
14.ダイキン工業株式会社
15.株式会社ダスキン
16.株式会社トルネックス
17.日本デオドール株式会社
18.株式会社ハマネツ
19.三菱電機株式会社(中津川製作所)
20.株式会社増田研究所
21.ミドリ安全株式会社

第3章 参考資料

1.家庭用空気清浄機の動向
2.イオン発生装置付き家電製品の事例

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
110,000
100,000
10,000
143,000
130,000
13,000
220,000
200,000
20,000
253,000
230,000
23,000
330,000
300,000
30,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。