2013年版 業務用厨房(機器&洗剤)市場の展望と戦略

業務用厨房市場は、厨房衛生管理の推進、調理のシステム・マニュアル化、厨房環境の改善、電化厨房機器の普及など、刻々と進化と変化を続けています。また、消費者のライフスタイルの変化を受けて惣菜市場などの中食市場が定着し、コンビニエンスストアでの店内調理も一般化したことで、調理機器メーカーの業績向上に結びついています。2011年は東日本大震災とその後の原発被害が、個人消費、外食産業を中心とした設備投資需要に大きく影響を与えました。復旧が進むにつれて業務用厨房市場は緩やかに回復の兆しを見せておりますが、電力不足などの不安要素を抱え、依然として先行き不透明な状況が続いています。本調査レポートでは、厳しい市場環境は続いているものの、その注目度に何ら変わることのない業務用厨房市場に対し、代表的な機器類および洗剤類の品目別市場動向、将来性等を明らかにいたしました。

発刊日
2012/07/05
体裁
A4 / 447頁
資料コード
C54105800
PDFサイズ
3.0MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

115,500
105,000
10,500
115,500
105,000
10,500
148,500
135,000
13,500
231,000
210,000
21,000
264,000
240,000
24,000
346,500
315,000
31,500

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的
業務用厨房市場は、厨房衛生管理の推進、調理のシステム・マニュアル化、厨房環境の改善、電化厨房機器の普及など、刻々と進化と変化を続けています。また、消費者のライフスタイルの変化を受けて惣菜市場などの中食市場が定着し、コンビニエンスストアでの店内調理も一般化したことで、調理機器メーカーの業績向上に結びついています。2011年は東日本大震災とその後の原発被害が、個人消費、外食産業を中心とした設備投資需要に大きく影響を与えました。復旧が進むにつれて業務用厨房市場は緩やかに回復の兆しを見せておりますが、電力不足などの不安要素を抱え、依然として先行き不透明な状況が続いています。
本調査レポートでは、厳しい市場環境は続いているものの、その注目度に何ら変わることのない業務用厨房市場に対し、代表的な機器類および洗剤類の品目別市場動向、将来性等を明らかにすることを企画の目的としています。
調査対象
【業務用厨房機器】
・業務用電磁調理機・業務用レンジ・業務用テーブルコンロ
・業務用オーブン・業務用フライヤー・業務用焼き物器
・業務用ウォーマー・業務用炊飯器・業務用冷凍・冷蔵庫
・業務用食器洗浄機
【業務用厨房洗剤】
・食器洗浄機用洗剤・食器・調理器具用洗剤・厨房機器・設備機器用洗剤
調査期間:2012年4月~2012年6月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 注目度の高い業務用厨房市場の進化と変化を把握
  • 機器類および洗剤類の品目別市場動向、将来性等を明らかに
  • 消費者のライフスタイルの変化が調理機器メーカーの業績向上

■本資料の概要

1章 業務用厨房(機器&洗剤)市場の動向
2章 業務用加熱調理機器市場の展望と戦略
3章 業務用冷凍・冷蔵庫市場の展望と戦略
4章 業務用食器洗浄機市場の展望と戦略
5章 業務用厨房洗剤市場の展望と戦略
6章 注目需要分野の市場動向
7章 有力参入メーカーの個別動向
8章 業務用厨房関連企業名鑑

■掲載内容

1章 業務用厨房(機器&洗剤)市場の動向

1.業務用厨房機器、洗剤市場
  1)業務用厨房機器市場および洗剤市場を取り巻く市場環境
  2)参入企業動向
    (1)業務用厨房機器メーカーの動向
    (2)業務用厨房洗剤メーカーの動向
  3)注目商品と注目分野の動向
    (1)業務用厨房機器市場
    (2)業務用厨房洗剤市場
2.業務用厨房機器、洗剤市場の品目別市場規模と上位メーカー占有状況

2章 業務用加熱調理機器市場の展望と戦略

1.業務用加熱調理機器市場の市場動向と業界の概要
  1)業務用加熱調理機器の分類
  2)業務用加熱調理機器の市場動向
  3)業務用加熱調理機器の販売チャネル構成・流通経路
2.業務用加熱調理機器の熱源の動向とエネルギー各社の戦略
3.業務用加熱調理機器の主要品目の市場動向
  1)業務用電磁調理器
    (1)商品動向と市場の概要
    (2)市場規模推移(金額・数量)と将来展望(2008~2016年度予測)
     ①市場規模推移
     ②将来性展望
    (3)メーカーシェア動向(2011年度)
    (4)需要分野構成と動向
    (5)主要参入メーカーの市場開発動向
  2)業務用レンジ(一般、中華、電子レンジ)
    (1)商品動向と市場の概要
    (2)市場規模推移(金額・数量)と将来展望(2008~2016年度予測)
     ①市場規模推移
     ②将来性展望
    (3)メーカーシェア動向(2011年度)
    (4)需要分野構成と動向
    (5)熱源の動向
    (6)主要参入メーカーの市場開発動向
  3)業務用テーブルコンロ
    (1)商品動向と市場の概要
    (2)市場規模推移(金額・数量)と将来展望(2008~2016年度予測)
     ①市場規模推移
     ②将来性展望
    (3)メーカーシェア動向(2011年度)
    (4)需要分野構成と動向
    (5)熱源の動向
    (6)主要参入メーカーの市場開発動向
  4)業務用オーブン
    (1)商品動向と市場の概要
    (2)市場規模推移(金額・数量)と将来展望(2008~2016年度予測)
     ①市場規模推移
     ②将来性展望
    (3)メーカーシェア動向(2011年度)
    (4)需要分野構成と動向
    (5)熱源の動向
    (6)主要参入メーカーの市場開発動向
  5)業務用フライヤー
    (1)商品動向と市場の概要
    (2)市場規模推移(金額・数量)と将来展望(2008~2016年度予測)
     ①市場規模推移
     ②将来性展望
    (3)メーカーシェア動向(2011年度)
    (4)需要分野構成と動向
    (5)熱源の動向
    (6)主要参入メーカーの市場開発動向
  6)業務用焼き物器
    (1)商品動向と市場の概要
    (2)市場規模推移(金額・数量)と将来展望(2008~2016年度予測)
     ①市場規模推移
     ②将来性展望
    (3)メーカーシェア動向(2011年度)
    (4)需要分野構成と動向
    (5)熱源の動向
    (6)主要参入メーカーの市場開発動向
  7)業務用ウォーマー
    (1)商品動向と市場の概要
    (2)市場規模推移(金額・数量)と将来展望(2008~2016年度予測)
     ①市場規模推移
     ②将来性展望
    (3)メーカーシェア動向(2011年度)
    (4)需要分野構成と動向
    (5)熱源の動向
    (6)主要参入メーカーの市場開発動向
  8)業務用炊飯器
    (1)商品動向と市場の概要
    (2)市場規模推移(金額・数量)と将来展望(2008~2016年度予測)
     ①市場規模推移
     ②将来性展望
    (3)メーカーシェア動向(2011年度)
    (4)需要分野構成と動向
    (5)熱源の動向
    (6)主要参入メーカーの市場開発動向
4.業務用加熱調理機器の販売促進策および広告・宣伝策
5.業務用加熱調理機器の現状の課題と今後の可能性

3章 業務用冷凍・冷蔵庫市場の展望と戦略

1.業務用冷凍・冷蔵庫市場の概要と業界動向
2.業務用冷凍・冷蔵庫の市場動向
  1)市場規模推移(金額・数量)と将来展望(2008~2016年度予測)
    (1)市場規模推移
    (2)将来性展望
  2)メーカーシェア動向(2011年度)
  3)需要分野構成と動向
  4)販売チャネル構成・流通経路
  5)主要参入メーカーの市場開発動向
  6)業務用冷凍・冷蔵庫の販売促進策および広告・宣伝策
  7)業務用冷凍・冷蔵庫市場の現状の課題と今後の方向性

4章 業務用食器洗浄機市場の展望と戦略

1.業務用食器洗浄機市場の概要と業界動向
  1)業務用食器洗浄機市場の概要
  2)市場動向と業界動向
2.業務用食器洗浄機の市場動向
  1)市場規模推移(金額・数量)と将来展望(2008~2016年度予測)
    (1)市場規模推移
    (2)将来性展望
  2)メーカーシェア動向(2011年度)
  3)需要分野構成と動向
  4)販売チャネル構成・流通経路
  5)主要参入メーカーの市場開発動向
  6)業務用食器洗浄機の販売促進策と広告・宣伝策
  7)業務用食器洗浄機の現状の課題と今後の方向性

5章 業務用厨房洗剤市場の展望と戦略

1.業務用厨房洗剤市場の概略と業界動向
  1)食器洗浄機用洗剤市場
  2)食器・調理器具用洗剤市場
  3)厨房機器・設備機器用洗剤市場
2.業務用厨房洗剤市場の動向
  1)食器洗浄機用洗剤市場
  2)食器・調理器具用洗剤市場
  3)厨房機器・設備機器用洗剤市場
3.業務用厨房洗剤市場の動向
  1)市場規模推移(金額)と将来性展望(2008~2011年度)
    (1)市場規模推移
     ①食器洗浄機用洗剤
     ②食器・調理器具用洗剤
     ③厨房機器・設備機器用洗剤
    (2)将来性展望(2012~2016年度予測)
     ①食器洗浄機用洗剤
     ②食器・調理器具用洗剤
     ③厨房機器・設備機器用洗剤
     ④全体市場の将来展望
4.メーカーシェア動向(2011年度)
  1)食器洗浄機用洗剤市場
  2)食器・調理器具用洗剤市場
  3)厨房機器・設備機器用洗剤市場
5.需要分野構成と動向
  1)食器洗浄機用洗剤市場
  2)食器・調理器具用洗剤市場
  3)厨房機器・設備機器用洗剤市場
6.販売体制、販売チャネル構成と流通経路
7.販売促進策および広告・宣伝策
8.新商品動向、売れ筋動向
9.現状の課題、今後の方針、方向性

6章 注目需要分野の市場動向

1.病院給食
  1)市場動向
  2)参入企業動向
  3)市場規模推移(2005~2010年度)
  4)参入企業シェア
  5)現状の問題点と課題
  6)今後の市場見通し
  7)市場規模予測(2011~2015年度)
2.老人福祉施設給食
  1)市場動向
  2)参入企業動向
  3)市場規模推移(2005~2010年度)
  4)参入企業シェア
  5)現状の問題点と課題
  6)今後の市場見通し
  7)市場規模予測(2011~2015年度)
3.惣菜市場
  1)惣菜の市場規模推移(2005~2010年度)
    (1)商品別
    (2)販売チャネル別
  2)惣菜の市場構成比(2010年度)
    (1)商品別
    (2)販売チャネル別
  3)惣菜の地域別市場構成比(2010年度)
  4)惣菜の商品別市場動向分析
    (1)和風惣菜
    (2)洋風惣菜
    (3)中華惣菜
    (4)米飯
    (5)給食弁当
    (6)調理パン
    (7)ファストフード
    (8)調理麺

7章 有力参入メーカーの個別動向

【業務用厨房機器メーカー】
株式会社アイホー、株式会社ウィンターハルター・ジャパン、株式会社エフ・エム・アイ、
エレクトロラックス・ジャパン株式会社、オザキ株式会社、北沢産業株式会社、
クリナップ株式会社、株式会社コメットカトウ、サンウエーブキッチンテクノ株式会社、
大和冷機工業株式会社、タニコー株式会社、株式会社中西製作所、ニチワ電機株式会社、
日本洗浄機株式会社、日本調理機株式会社、服部工業株式会社、
パナソニックES産機システム株式会社、福島工業株式会社、富士電機株式会社、
株式会社フジマック、ホシザキ電機株式会社、ホバート・ジャパン株式会社、マッハ機器株式会社、
株式会社マルゼン、横河電子機器株式会社、株式会社ラショナル・ジャパン

【業務用厨房洗剤メーカー】
ADEKAクリーンエイド株式会社、エコラボ株式会社、サラヤ株式会社、攝津製油株式会社、
ディバーシー株式会社、株式会社ニイタカ

8章 業務用厨房関連企業名鑑

 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

115,500
105,000
10,500
115,500
105,000
10,500
148,500
135,000
13,500
231,000
210,000
21,000
264,000
240,000
24,000
346,500
315,000
31,500

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。