2013年版 薬局経営の将来

本調査レポートでは、薬局経営を取り巻く事業環境がどのように変化するのか、経営持続のために必要なイノベーション、さらには都道府県別の必要薬局数を独自に算出するなどし、最新の情報をご提供いたします。加えて、300人以上の薬局薬剤師にご協力いただき、一般名処方や後発医薬品の取扱状況、在宅医療に対する取り組み状況などについてアンケート調査を実施いたしました。

発刊日
2013/06/28
体裁
A4 / 211頁
資料コード
C55110900
PDFサイズ
33.9MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

129,600
120,000
9,600
129,600
120,000
9,600
162,000
150,000
12,000
259,200
240,000
19,200
291,600
270,000
21,600

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 薬局経営の現状と今後について徹底分析
  • わが国に必要な薬局数を都道府県ごとに独自の手法で算定
  • 薬局薬剤師にアンケート調査を実施し、後発医薬品使用や一般名処方の状況などその実態について分析

■本資料の概要

第1章 薬局の現状とその将来
第2章 都道府県別必要薬局数
第3章 薬局薬剤師へのアンケート調査結果

■掲載内容

第1章 薬局の現状とその将来

薬局経営は片肺状態
  制度推進に背中を押されて成長を続けた薬局
  最小の経営リスクで最大の効果を求めた結果
  医療機関として認められた際の約束を果たすことが出来ているのか
  わが国の薬局は、どこまで成熟しているのか
  既存薬局の処方せん受付枚数が伸び悩むようになった

わが国の薬局経営の弱点
  コミュニケーションが目的化している
  今の広さで質の向上ができるのか
  患者との距離を埋められない薬剤師
  危機感が希薄
  だから日医総研のワーキングペーパーで指摘される

薬局が直面する経営課題
  OTCから処方せん薬まで広がるのかネット販売
  後発医薬品の拡大と薬局経営
  処方せん単価と経営
  薬価差経営からの脱却はできるのか
  薬剤師の在宅医療への参画は浸透するのか

薬局経営とイノベーション
  ICTの導入によるメリットとデメリット
  調剤業務のイノベーションには製薬企業や医薬品卸との一体改革が不可欠

薬局経営の未来を予測する
  数値で見る調剤を主体にした薬局の構造
  これからの薬局に求められる構造変革
  店舗見直しに着手しない薬局チェーンは経営危機に陥る
  これからの薬局経営を考察する上でのキーポイント

第2章 都道府県別必要薬局数

標準薬局形態と薬剤師数

第3章 薬局薬剤師へのアンケート調査結果

これからの薬局と薬剤師のあり方に関するアンケート調査結果
質問1.勤務店舗形態、経験年数、性別
質問2.1日あたりの対応患者数
質問3.服薬指導の状況
質問4.1週間あたりの平均疑義照会患者数
質問5.店舗内におけるカウンセリング個室の有無
質問6.一般名処方と疑義照会
質問7.薬局におけるOTCの取り扱いについて
質問8.OTCのネット販売に関する意見
質問9.一般名処方変更から1年経過した現場で生じている変化
質問10.一般名処方に関する今後の見通し
質問11.上市されている後発医薬品に関する感想
質問12.さらなる後発医薬品の使用拡大のために必要不可欠なこと
質問13.「多剤投与」に対する意見
質問14.「医薬品の適正使用」に対する意見
質問15.「薬局のICT(情報通信)化」に対する意見
質問16.薬剤師がフィジカルアセスメントを行うことに対する意見
質問17.薬局の質の評価を行う場合の基準をどこに置くべきか
質問18.薬剤師が在宅医療に関わることに対する意見
質問19.薬剤師が在宅医療のチーム医療において存在感を増すために必要不可欠なこと
質問20.薬剤師としての将来目標
質問21.薬剤師が患者との信頼関係を築く上で最も重要なこと
質問22.多くの患者は薬剤師業務にどのような感想を持っていると思うか
質問23.医薬分業を多くの国民に理解してもらうために必要なこと

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

129,600
120,000
9,600
129,600
120,000
9,600
162,000
150,000
12,000
259,200
240,000
19,200
291,600
270,000
21,600

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。